RAINBOW PARADE 1997

地球温暖化防止条約に基づく第3回締結国会議が開催されるのに先立って、
東京で市民レベルの論議を高めようと多くの人たちが集まって「レインボーパレード」が開催された。

 

       

 


        




        



        





        




        





           


       





 
      

 

     

公園の中で開かれたフリーパーティ。ソーラーによって繰り出される音楽に人、人、人。
 

 

東 京 新 聞  1997年11月21日付

熱気球 ◇…「地球温暖化京都会議(CおP3)を成功させよう」――。NGO(非政府組織)などが主催して二十四日、東京の代々木公園で開く数万人規模の「レインボーパレード」をPRしようと、高校生らが二十日、JR原宿駅前でチラシを配った。     ◇…青山学院高等部や和光高の高校生のほか、NGOスタッフら約四十人が参加。「京都会議成功を願う」の横断幕を先 頭に、五十㌢四方の布に環境保護のメッセージを書き込ん だ「キルト・メッセージ」約二百枚を掲げて竹下通りを歩き、 チラシ約二万枚を学校帰りの高校生らに配った。        ◇…パレードの実行委員になっている青山学院高等部二年 、桜井愛子さん()は「私たち若い世代が動かないといけな い問題。皆で楽しみながら、考えていきたい。パレードに参 加を」と呼びかけた。

 

                                               

朝 日 新 聞  
1997年11月25日付

毎 日 新 聞  
1997年11月25日付

テクノに乗って「温暖化防止」  
 来月1日から始まる温暖化防止京都会議を盛り上げようと24  日、非政府組織(NGO)などの呼びかけで、若者たち約6000  人が東京・渋谷、原宿の街をパレードした。会議への首都圏の  市民の関心はいまひとつで、若者を引きつけるにはこれしかな  い、と、主催者が招いたのはミュージシャンやクラブDJらだ。シ  ュプレヒコールのかわりに、テクノ音楽に乗って奇抜な服装の若  者たちが踊り歩く、異色のデモンストレーションとなった。 
「ストップ!地球温暖化大パレード実行委員会」の実行委員は、以前、国会議事堂前で温暖化防止を訴えたときの市民の関心の低さから、今回のパレードを思い立った。 
PRのチラシは中学、高校のほか、渋谷周辺の若者が集まりそうな店に配った。パレードは、コンサートなどの後、代々木公園を  出発、若者向けの店が並ぶ後援通りなどを約1時間かけて歩い  た。トラックの1台には、若者に人気のDJ.KEISUKEさんが乗り、大音量でテクノ音楽を流した。

京都会議へ向け東京でレインボーパレード   
来月1日から開催される気候変動枠組み条約第3回締約国会議(地球温暖化防止京都会議)への関心を高めようと24日、「ストップ!地球温暖化。いい虹(にじ)かけよう レインボーパレード」(同実行委員会主催)に約3000人が参加し、東京・原宿周辺をねり歩いた。思い思いの横断幕などを掲げ「温暖化はだれの身にもふりかかる問題、京都会議に向けて、私たちの思いをアピールしましょう。」と訴えた。代々木公園で行われたオープニングセレモニーでは、青山学院高等部2年の桜井愛子さんら高校生7人が、「環境問題は大きな問題だけれど、前向きに考えて、少しずつ行動しよう」と呼びかけた。ステージでは女優の中野良子さんの歌やレゲエ演奏などが続いた。 
                            

 

毎 日 新 聞  
1998年9月19日付

夢を追う                     
「地球温暖化を訴えパレードする」  
                            小林一朗さん 

 地球温暖化防止京都会議を前にした昨年11月、地球温暖化 
防止を訴える若者らが東京・代々木公園を中心に行進した「レ  
インボーパレード」。今年は、シンポジウム、自然素材の服のフ  
ァッションショー、薪能、雑誌発行、ラジオ番組への出演など、多  
彩な催しが企画され、京都、金沢、水俣など全国10都市以上で 
関連イベントも行われる。                         
 昨年に続いて実行委員会事務局を務め、事務を仕切る小林一 
朗さん(28)は、ボランティアらと準備にてんてこ舞いの毎日だ。  
 大学卒業後、半導体のエンジニア、排水処理会社の研究員な 
どに就いた。2年前から環境問題を勉強したり、自然農法を試し 
たりしていたが、石油を大量に消費しながら汚染物質の処理技  
術を開発することに限界を感じた。「汚染物質を出さないよう努  
力することを訴えることこそ必要」と考えて退職し、レインボーパ  
レードの運営に参加した。                        
 パレードでは、カラフルな衣装の若者たちが原宿、渋谷の目  
抜き通りをテクノ音楽に乗って踊って行進し、遊び心にあふれ   
たイベントになった。                           
 しかし、非政府組織(NGO)のメンバーとして参加した京都会 
議で討議された削減目標は、温暖化を止めるのに必要とされ  
る値を大幅に下回った。政府代表団との感覚のズレを感じ、会  
合で「国の合意に関係なく、僕らは2000年までに温暖化ガス   
の排出量を1990年比で20%減らす」と宣言した。         
 その後自分の生活を見直し、水道の蛇口は必ず締める、電 
気製品のコンセントは抜く、生ゴミは畑に戻し、いらないものは  
買わない――など、個人でできる排出削減策を実践した。自分  
の出す二酸化炭素の量を計算すると、1人当たりの平均排出  
量を30%も下回ったという。                      
 昼間は事務局で働き、夜は居酒屋でアルバイトする日々。会 
社をやめ、持ち物を減らすにつれ、心が自由になったと感じて  
いる。「参加した人が楽しくないと環境問題への関心は高まら  
ない。パレードでは楽しみながら環境問題に関心を持ち、いろ  
いろな人が発するメッセージに触れて欲しい」            
                          
 

 

97年11月24日 第1回 レインボーパレード開催概要 

主催 ストップ!地球温暖化パレード実行委員会

協賛 ボルボ・カーズ・ジャパン(株) 東京電力(株) 北越製紙(株) 大倉紙パルプ商事(株) 世界救世教 (株)I.H.I創生ワールド(株) 日本電気(株) 日本電子通信(株) (株)ダイエー (株)リクルート 伊藤忠商事(株)  (株)エコロジー・コーポレーション (株)タカキュー 住友スリーエム(株)                             

協力 (株)タキオン RAINBOW2000 (財)地球環境平和財団                                                
後援 環境庁 通産省 外務省 文部省 運輸省 科学技術庁 東京都                                       

参加アーティスト TSUYUSHI Hi-go 大倉正之助 おおたか清流 岡野弘幹 
KEISUKE  ランキン・タクシー  中野良子 どんと Dr.Seven GOCOO


呼びかけ人 
秋葉忠利(衆議院議員) 浅岡美恵(気候フォーラム事務局長) 浅見哲(税理士) 麻生英臣(パシフィック・フォーラム21代表) (五十音順・敬称略) 天野礼子(公共事業チェックを求めるNGOの会代表) A SEED JAPAN 安在尚人(気候フォーラム東京事務所)飯田敏雄(民主統一同盟) 池谷泰文((財)埼玉県生態系保護協会会長) 石井史(ストップフロン全国連絡会代表)石井紘基(衆議院議員) 石川光男(国際基督教大学理学部教授) 石川友一(秩父の環境を考える会)石多エドワード(歌劇「蓬莱の国」徐福伝説実行委員会) 石田桃子(グローバル・ルネッサンス代表)板倉敏雄(日本・ブラジルネットワーク(JBN)) 今井澄(参議院議員) 岩崎駿介(市民フォーラム2001共同代表/筑波大学社会工学系助教授) 上田信(緑の地球ネットワーク世話人/立教大学教授)エコシティ志木 枝野幸男(衆議院議員) 江本勝(I.H.M国際波動友の会会長) おおえまさのり(作家/いのちの祭り’88代表) 大犠見薫(財団法人日本セイルトレーニング協会会長) 大倉正之助(飛天代表) 大塚勝男(早稲田大学教授、屋代村塾代表) 大野由利子(衆議院議員) 大森福雄(松会空手連盟陽空会館長) 大谷ゆみこ(ライフ&フードアソシエーション代表)岡島成行(日本環境教育フォーラム) 小野寺ゆうり(地球の友コーディネーター) 柿坂御酒祐(天河神社宮司) 片山敬済(スポーツ&アーティスト協会会長) 加納時男(東京電力副社長:経団連地球環境部会長) 鎌田東二(宗教学舎) 川手光春(全国青年環境連盟:エコリーグ) 菊池豊(砂漠森林ボランティア協会会長) 木田直子(アクションネットFOR COP3共同代表)喜納昌吉(ミュージシャン) 工藤忠雄(オム・ネットワーク(株)代表) 久保田昌治(ウォーターデザイン研究所理事長)熊岡路夫(日本国際ボランティアセンター代表) 公文寿(民主党職員) 黒野吉金(財団法人オイスカ理事)児井英義(宇宙精神振興会会長) 小杉敏(ジャズメン地球会議) 古武正志(前経団連自然保護基金事務局長) 小林嘉一(青山デザイン研究所代表) 小森義峯(憲法学者) 佐藤和子((社)日本消費生活アドバイザーコンサルタント協会) 佐藤謙一郎(ボランティア洗心洞) C.W.ニコル(樹木・環境ネットワーク協会(JENING)代表) 塩沢達俊(宇都宮YMCA)陣内一士(アーティスト・国際美術村) 杉本吉充(財団法人日本鳥類保護連盟) 鈴木宏美(ラリグラス・JAPAN)住野節子(市民フォーラム2001共同代表) 千秋毅将(全国青年環境連盟(エコリーグ)事務局長) 高木旭(世界連邦建設同盟横浜支部代表) 高木善之(ネットワーク地球村代表) 高橋良典(日本学術探検協会代表)高見裕一(日本リサイクル市民運動の会代表) 竹内謙(鎌倉市長) 武村正義(衆議院議員) 竹村泰子(参議院議員) 達増拓也(衆議院議員) 龍村修(スペースガイア代表) 龍村仁(映画監督:地球交響曲ガイアシンフォニー) 田中甲(衆議院議員)田中正則(社団法人国土緑化推進機構専務理事) 田中優(市民フォーラム2001共同代表) 田端正広(衆議院議員)千葉景子(参議院議員) 辻元清美(衆議院議員) 都築建(自然エネルギー事業協同組合レクスタ理事長) 津村喬(関西気孔協会代表) ツルネン・マルテイ(前湯河原町議会議員) 東京都環境学習リーダー 堂本暁子(参議院議員)遠山正瑛(日本砂漠緑化実践協会会長) 鳥打正治(自然エネルギー推進市民フォーラム事務局長) 鳥山敏子(賢治の学校)中野良子(WILL国際文化交流センター(女優)) 長濱直(日本砂漠学会事務局長) 中丸薫(太陽の会総裁) 中村章((社)日本外国特派員協会) 中村敦夫(俳優) 仲山順一(むすびの会代表) 西川武彦(ウィンズ(日本航空機内誌)代表) 日本消費者連盟 野口一夫(全国有志大連合事務局長) 服部待(京都YMCAボランティアビューロー事務局長)  羽仁カンタ(地球環境パートナーシップオフィス) 浜四津敏子(参議院議員) 濱須光由(新エネルギー研究所所長)林義人(市民ネットワーク相模川・世話人) ピーター・バラカン(ブロードキャスター) 肥田美代子(衆議院議員)平井雷太(セルフラーニング研究所代表) 広中和歌子(参議院議員) 深井利春(宇宙環境・草の根愛代表) 深野一幸(21世紀研究所所長) 深海博明(慶應義塾大学経済学部教授) 福澤和子(生ゴミリサイクルネットワーク事務局長) 藤村コノエ(エコ企画) ボーイスカウト志木第12団 堀田力(さわやか福祉財団理事長) 松田弘之(能楽・森田流笛奏者)松本憲二(日本オーガニック&ナチュラルフーズ協会(JONA)事務局長) 円より子(参議院議員)真弓定夫(小児科医・武蔵野市医師会) 三島昭男(環境ジャーナリスト・人心緑化協会会長) 水野誠一(参議院議員)南研子(熱帯雨林保護団体) 宮入三郎(21世紀環境整備を考える有志の会代表) 村田佳寿子(オフィス アンジェラス)森良(環境教育情報センター事務局長) 簗瀬進(弁護士) 矢野等子(地球環境平和財団事務局長)矢野正広(栃木ボランティア情報ネットワーク事務局長) 山口洋(出光興産(株)安全環境室)湯川れい子(音楽評論家/WOMEN1000代表) 横澤和也(横笛・石笛奏者) 吉川宗男(ハワイ大学名誉教授)吉田浩子(あじながPウォーク10実行委員会・全国実行委員長) 和田重宏(子供文化協会(CLCA)) 渡辺耕一(財団法人世界自然保護基金日本委員会(WWF)) 渡辺光子(横浜・ゴミを考える連絡会) 実行委員 朝河まり子(アースフォーラム東京事務所) 浅見哲(税理士) 安在尚人(気候フォーラム東京事務所) 飯田敏雄(民主統一同盟)(五十音順・敬称略) 猪狩和則(サイボーグ・谷崎テトラオフィス) 井川良子(会社員) 池上恵理(日本電子通信株式会社) 池上真理(大学生) 伊佐良次(中央大学経済学部公共経済学科) 石原裕子(Y’sホリスティックアロマセラピー) 石村章子(日本砂漠緑化実践協会)稲田英昭(有限会社ソーラーシステム) 井上光祥(キュー・エックス・クリエーション) 上杉陽子(フリー) 牛島聡美(弁護士)牛山上(RAINBOW2000) ACE SATO(レインボー2000) 海老原良行(RAINBOW2000) 大熊健(民宿経営) 大田篤(宇宙環境・草の根愛) 大塚栄一((株)植樹房) 岡野弘幹(有限会社アンビエンス) 岡本功(アースネットワーク)長田紀子(東京地球村) 越智純(レインボー2000) 小野志郎(株式会社アコースティック) 小野上真也(高校2年生) 粕谷明彦(立教大学社会学部) 勝間田晃(中学生) 加藤正樹(高校3年生) 金子あや子(主婦) 金子哲朗(キングレコード)河千田健郎(地球環境蘇生化実践協会) 川手光春(全国青年環境連盟(エコリーグ)) 河端康征(ハーブ&アロマサロン(カモミール)顧問) 大和ファイナンス(株) 河村元博(あざぶ政策ボード) 岸達夫(アンテナ市民の会) 倉地鉄雄(東京都環境学習リーダー) 黒川直美((株)ナチュラルグループ本社)  小池ひろみ(東京地球村) 向達壮吉(NEC環境管理部) 腰塚昌子(高校生) 児玉圭司(E.C.O日吉) 後藤夏子(「あんふぁんて」事務局) 小林一朗(埼玉・東京地球村) 小林聡(志木市役所)小林善則(ストップ・フロン埼玉、日本砂漠緑化実践協会) 近藤和徳(魁援隊) 斉藤浩(エコシステム研究会)斉藤基雄(車社会を問い直す会) 三枝信子(会社員) 坂口雪子(ストップ・フロン埼玉) 佐久間かおり(ジャーナリスト) 桜井愛子(高校生) 佐藤正義(有限会社C.C.P) 重川風天(ちきゅうの応援団) 清水安治康二(魁援隊・アンテナ市民の会) 鈴木幸一(南兵衛:アースガーデン) 鈴木尊吉(日本砂漠緑化実践協会) 鈴木美穂(慶応大学サークルE.C.O) 住野節子(市民フォーラム2001) 千秋毅将(Cool Earthキャンペーン推進協議会) 高橋勇一(東京大学大学院農学生命科学研究科) 高橋洋介(オーガニック技術研究所所長) 滝澤富士夫(アンナトゥモール有限会社) 滝澤優子(アンナトゥモール有限会社) 竹内泉((株)タキオン) 竹内美和子(RAINBOW2000) 田中秀一郎(ひとりNGO:大和投信) 田中正直(人類生き残り研究会)谷崎テトラ(有限会社谷崎テトラオフィス) 丹沢恵(漫画家) 塚崎知美((株)いだき) 寺山正幸(東むさし地球の会)藤堂正基(産業カウンセラー) 中島英樹(有限会社シーシーピー) 中村いづみ(ハッピーアロマ・プラネット)  西岡達(環境保護ネットワーク) 野口理佐子(樹木・環境ネットワーク協会) 野本公夫(日本自然塩普及会) 長谷川卓史(ストップ・フロン横浜ローランド=モーリナ会) 畑中稔(株式会社タキオン) 服部奈々子 濱本高広(グンゼ販売株式会社)   藤村建一郎(アーストレイン実行委員会) 星健一(アンテナ市民横浜) 松尾直子(Officeナオ:NOW) 松田奈津代 松本基淳(株式会社荘美舎) 三浦英也(「環境時代」) 三関じゅん(株式会社タキオン) 道尻賢治(株式会社新エネルギー研究所)   村田佳寿子(環境ジャーナリスト) 銘刈盛暁(亜細亜大学) 本山洋文(2050) 森清和(よこはまかわを考える会)森内康裕(森内会計事務所) 八木雄二(グリーン・ボランティア) 薮田徹(星空を守る会) 山崎量子(会社員) 山中善紀((株)アルチザン) 米田晃(人間科学研究所) 和久正一(プロジェクトレインボー) 和沢秀子(たまごの会)    

昨年の大会報   第1回レインボーパレードで作成された大会報