エコ名刺 環境保護、エコロジーに


 
TOP 森を育てる封筒 LINK FREE 日本の森を育て、地球温暖化防止に貢献する名刺

NPOレインボーは日本の木材を紙の原料に活用した「森を育てる名刺」の普及活動を始めることにいたしました。

この名刺はこれまでコストを理由にパルプ化を拒まれてきた国産材を紙造くんで無薬品パルプ化、古紙と混ぜ合わせる(国産材36%、古紙64%)ことに成功した画期的なエコ名刺です。

(古紙も利用する以上、現在流通している紙よりは環境負荷が低いということで、あくまで紙の消費量を減らすことこそがもっとも環境保全につながります)

なぜ国産材を活用することが日本の森を育てることになるのか、ぜひ以下をご覧下さい。

※今回の名刺の紙は東京の山林から産出された木材の製材残材と間伐材と古紙を活用いたしております。


驚きの安さを実現いたしました!

名刺発売記念特別価格 1パック(100枚入)  厚さ 150g/m2
名刺表面カラー    1,500円
名刺表面モノクロ   1,200円


ただいま名刺のご注文を承っております。
名刺の価格の詳細とご注文方法はこちらをクリックして下さい。

名刺見本 (どのようなデザインにも対応しております)

 

高級紙の印象を越えて、木の繊維が多少浮き立っているために、紙が木からできているという事実にあらためて気づかされ、目が覚める思いがする名刺です。
紙が森からの貴重な贈り物であることが実感でき、この名刺から紙を大切に使う心が広がるのではないでしょうか。

名刺の紙の厚さは 150g/m2とやや薄手ではありますが、これは古紙を使うにしても古紙の原料までたどると結局問題の多い外国の木材を多く使うことにつながるので、紙の使用量を減らすこともとても重要であるというメッセージが名刺の紙の厚さに含まれています(詳細はこちらをご覧下さい)。もちろん名刺としてはなんら問題ありません。またすべてを国産材にして名刺の紙をつくるととても高くなってしまうものですから36%というところでバランスをとっています。

名刺のご注文はNPOレインボーまで、できるだけメールでお願いいたします。
(普段お使いでないメールが立ち上がった場合、
送信トレイにメールが残ったまま送信されていない場合がありますのでご注意下さい)


TEL:080-3512-1482 (担当:岡本)
URL: http://rainbow.gr.jp


日本の木材を活用することが、なぜ森を育て、地球温暖化防止にもつながるのでしょうか。



日本の紙の原料としての木材の輸入量は世界貿易の70%も占めています。

日本で使われる紙の原料は古紙や国産パルプのもともとの原料までたどっていくと、ほとんどが輸入チップと輸入パルプから構成されます。その中には出所が明らかでない環境保全上大変問題のある木材や、貴重な天然林も数多く含まれ、取り返しのつかない森林破壊の原因となっているケースが世界各地で数々あります。

反対に日本の木材は使われなくなり、 手入れができなくなった日本の森林の多くが荒れ果て、機能不全を起こし、それによりつながりのある河川や海が同時に破壊されています。

さらに日本は地球温暖化防止京都会議で、温室効果ガスの排出を1990年レベルよりも6%削減することを世界に誓いましたが、その2/3は国内森林の活用によって吸収することになっています。(建材などで国産材使用量が増えなくても、紙の原料のうち約20%を国産材に転換するだけで、京都議定書の森林吸収の日本の約束が果たせるのですが残念ながら現状は捨て置き間伐となっています)

毎日なにげなく、莫大な量の紙が消費され続けていますが、 日本の木材や紙をめぐるほとんど知られていないこれらの事情を緊急に多くの人に伝えて現状を変えていく必要があるのではないでしょうか。

紙は汎用性があり、多くの消費者に国産材・地域材を選択活用することの重大さを伝える影響力が高いと思われ、とくに名刺や封筒は環境保全傾向のある紙の最新トレンドを反映し続けており、各方面で国産材活用が広がる先駆けとなることが期待されます。

日本の木材(国産材)を私たちが活用することは日本の森林を育て、海外の森林破壊速度を落とすことにつながります(古紙も利用する以上、現在流通している紙よりは環境負荷が低いということで、基本的には紙の消費量が減ることこそがもっとも環境保全につながります)。

 

特定非営利活動法人レインボー 岡本 功

■参考ページ

日本の紙消費による海外森林破壊について
使われずに荒れる日本の森林について
古紙の原料までたどると紙の原料のほとんどが輸入材
地球温暖化防止のために国産材の活用が極めて重要になってきている理由
森林を破壊しない木材を見分ける方法について
国産材の普及をめざす国産材マーキング活動について
CO2森林吸収分を下方修正 農水省、温暖化対策で
不法伐採問題について


はるか遠くから運ばれてくる木材は、その輸送に掛かるエネルギーも莫大です。それをわかりやすく提示するための指標(ウッドマイレージ)についてはこちらをクリックしてください。
木材の輸送距離4割延びる 二酸化炭素排出も増加

 

環境イベント エコロジーシアター


(C)Copyright .NPO RAINBOW All rights reserved.