月のダンス
画像をクリックすると動画サイトに移動します。

(震災以前につくられた作品で、津波のシーンが出てきます)


〜環境問題を21世紀末に迷い込んだ少女の視点から描く〜
「月のダンス」

心に深い悩みをかかえた少女スズが、21世紀末のゴミ捨て場にタイムトラベルしてしまうところから物語は始まります。

気のいいカップル、コウスケとハナにめぐりあい、貧しくとも楽しい生活をしていくうちに、過去と未来がつながる様々な体験を積み重ねていく。

地球温暖化、廃棄物問題、格差問題、資源問題、戦争、子供たちの心の痛み…。出口の見えない様々な不安が私たちを取り巻いています。

このままいくとこの社会はどうなってしまうのでしょう。ばらばらに見える問題になにか共通の根はないのでしょうか。

たくさんの支流が大河へと導かれるように、「水」が静かにスズを導いていきます。

大好評! 映像(スライドショー)と音楽でつづる朗読劇、エコロジーシアター。多くの人の共感と感動を呼んだ第7弾。

月のダンスに関してのお問い合わせは
エコロジーシアターまで

(普段お使いでないメールが立ち上がった場合、送信トレイにメールが残ったまま送信されていない場合がありますのでご注意下さい)

 

上善如水. 水善利万物而不争, 処衆人之所悪, 故幾於道. 居善地, 心善淵, 与善仁, 言善信, 正善治, 事善能, 動善時. 夫唯不争, 故無尤.  老子

 


 

■お越しいただきましたみなさまの感想から

久々に感動して泣きました。すてきな朗読劇でしたね。ピアノも絵も役者さんもみな素晴らしかった! 世界中の人にみてほしいと思いました。きて本当によかったです。ありがとうございました。

現代人の心の悩みとか、デリケートな問題をあえて選んで、丁寧に道を示している。うまく言えないけど、私も、なんだかちょっと 救われた気がした。同じような考え方をしている人が私のほかにも居て、この作品を見て涙を流した人は私だけじゃなくて、そして、こんなステキな形で世間にアピールしてる人が居るんだ ! ! って、ただただ励まされた。

この作品は、地球規模で起こっているさまざまな問題と豊かな国日本の問題をうまく組み合わせて作られています。これを見て(聞いて)納得するというだけではなく、これをきっかけとして、さまざまな問題点に対するよりよい解決方法をみんなで考えていかなければいけないと思いました。

この様な催しは、恥かしながら『初体験』でした。実際、参加してみて『目から鱗』状態でした。結論ですが、非常に得るものが多すぎて筆舌には現せません。したがって、今後も、是非、参加させていただき、行動を以って『感想』を表現させていただければ幸いです。小生から積極的に活動したいと考えます。

朗読劇は最高でした。クオリティーの高さは、地球の未来に関心のあるどんな人にも自信を持ってお勧めできるものです。特に、たくさんの子供たちに見てもらいたいですね。物語は、どんどん引き込まれていく内容でした。見終わった後には自分の心が少し優しくなっているのに気付きました。生の演奏と朗読はやはり素晴らしいです。これからも上映を続け、多くの人の心の中に優しさと感動と希望を残していってください 。

大変な労作だということがわかります。絵や構成も美しく感動しました。この作品のように良いものほど発表できる場が少ない時代ですが、今だからこそ、この作品はミニシアターとか、上映会などで沢山の人に見ていただきたいです。感銘いたしました。

驚いたし、胸がいっぱいになって涙が止まりませんでした。胸に迫るし、迫力がありました。物語の中に引きこまれるようでした。殺伐とした景色はより殺伐と、生き生きとした人々の様子もすごく伝わって来たし、懐かしい景色、悲しい風景、はりつめた緊張感、水の透明感、愛おしい笑顔…見事に伝わりました。皆さんが作られたような作品が、もしかしたら社会を動かす大きな力・切り札になるのかもしれませんね。学者先生のお話は、誰の話を信じればいいのか分からなくても、この作品を見れば分かります。私たちが大切にすべきものが何なのか。素晴らしい作品を見せてくださり、本当にありがとうございました。心の底から感動しました。

続きを読む





■「月のダンス」スタッフ
中山 由佳 (朗読)
演劇ユニットBASTAJAMに所属、舞台を中心に活動。早稲田大学日本語教育研究センター 日本語教師。演劇活動のかたわらで留学生に接する忙しい日々をおくっている。
月嶋 紫乃 (朗読)
(劇団)「トランス☆プロジェクト」代表。「万有引力」など舞台を中心に活動。映画、テレビ、ラジオ等への出演、ナレーションも。グループ「FARM」にも所属。
渡辺 久恵 (朗読)
劇団六月劇場、黒門町、なぎプロ、YUME語り塾など舞台を中心に活動。草薙幸二郎氏に師事し、語りの公演なども。舞台以外にも多くのテレビ番組等に出演歴を持つ。
松田 和義 (朗読)
環境問題に関心を持ち、3年前からエコロジーシアターの朗読を担当。(株)松田ホームサービス代表取締役。温暖化防止のための屋根・壁面塗装の普及活動をしている。
岡 さやか(動画内音楽作詞作曲・ピアノ・歌)
作詞作曲、弾語り、民族楽器とのコラボレーションなどで数多くのイベントで活動中。自然と心をテーマにした曲や即興演奏などでやすらぎと独自の世界を表現している。

飯塚 直美 (ピアノ・歌)
音楽講師を務める他、主に声楽、フルートの伴奏等アンサンブルを中心に演奏活動を行う。 現在はオペラのコレペティの勉強も行っている。
東山 高志
(音響効果 舞台制作)
音と映像の仕事を中心に活動。国際協力機構JICAの開発途上国向けマルチメディア教材作成も手がける。スマトラ島沖地震後の経済被害についてドキュメンタリー作品を作成。
岡本 功 (原作・画像)
NPOレインボーNPO国産材理事。環境問題に関する様々なイベントを企画・実施。森を育てる名刺や封筒の普及活動も行っている。

協力:アイデアイースト  (株)松田ホームサービス
企画:NPOレインボー




■上演・上映履歴


イベント名:エコロジーシアター in 都立大島高等学校
日 時:平成24年7月17日.18日
場 所:都立大島高等学校
同時上映「世界中からのメッセージ




イベント名:エコロジーシアター 京都公演
日 時:平成23年12月7日
場 所:京都精華大学
主 催:京都精華大学人文学部(プロジェクトじんぶんcrossover)
「月のダンス」上映
星ふりくまのこ」上演


イベント名:知立環境維新の日
日 時:平成22年9月26日(日)
場 所:知立市中央公民館
主 催:(社)知立市青年会議所
「月のダンス」「季節はずれのサンタクロース」上映
時の道」上演


イベント名:第一回府中エコ博「あきかん」
日 時:平成21年11月23日(月祝)
場 所:ルミエール府中
主 催:府中環境プロジェクト実行委員会 府中市
全体プログラム :
チャイルドフッドハンドフルート
エコロジーシアター「月のダンス」上演
エコレンジャー 他


イベント名:北区環境大学開校フォーラム
日 時:平成20年8月26日(火)
場 所:東京都北区 北とぴあ つつじホール
主 催:東京都北区
全体プログラム :
パネルディスカッション 「北区環境大学に期待すること」
東京室内管弦楽団メンバーによるアンサンブル
エコロジーシアター「月のダンス」上演


イベント名 : 第17回 環境フォーラム
日 時:平成19年6月1日(金)
場 所:日本ガイシフォーラム・レセプションホール(名古屋)
主 催: (株)エステム
全体プログラム :
基調講演 中村 靖彦 氏(東京農業大学客員教授)
エコロジーシアター「月のダンス」上演



イベント名 : あだち3Rフェア2006
日 時:平成18年10月21日
場 所:足立区役所庁舎ホール
主 催:東京都足立区 あだち環境・リサイクル協会
全体プログラム :
エコロジーシアター「月のダンス」上演
講演 今井通子 氏




PHOTO 奥田美紀  長田紀子




二戸演劇協会 The雲人のみなさんが自主上演して下さいました。
2011.2/27
 
 

上演報告はこちら



愛知県立春日井南高等学校図書部のみなさんが自主上演して下さいました。 
2008.11/5

いただいた報告から
「どこまでレインボーの意図したものを表現できたか,心もとないものがありますが,鑑賞した生徒・職員・保護者などの評価は非常によかったです。素晴らしい内容で特に多感な高校生に訴えるものが多く感激していました。」



※一瞬キャラの説明

ゴン太くん ピエロ 魔法使いサリー

ゴミで作られた部屋 AC

 

エコロジーシアターに関して
エンターテインメントとしての上演を楽しんでいただくことにより、様々な環境問題に関心を持って頂くきっかけづくりを目指しています。

 



坂の上の雲から

(レインボー エコロジーシアター) 岡本 功

世界銀行が「21世紀の戦争は水をめぐって戦われるだろう」と予告したように、水は世界が競合する資源となってしまいました。

国連は、水ストレス人口が2025年には世界人口の3分の2に達すると予測しています。

日本が輸入する農産品などの生産に使われる水の量は世界一ともいわれます。日本は今後、世界の水の動向に最も左右される国のひとつになるといっていいでしょう。すでに世界食糧危機をきっかけに農地争奪戦も激化しています。
(ちなみに残飯の量も日本が世界一フードマイレージも世界一)

仮に太陽活動の低下で一時的に温暖化の心配がなくなったとしても食品生産と輸送に必要な原油生産がすでにピークと言われます。

「地球白書」2010年版は「政府がどんな約束をしても、技術がどれだけ進歩しても、環境と気候のリスクから人類を救うことはできない」としました。

右肩上がりの時代。私たちは "坂の上の雲" を目指すという夢と希望に満ちた一方向の価値の中で生きていられました。

でもその価値は、地球には資源(水・化石燃料・レアメタル他)も、廃棄物の吸収力も"無限"が前提の経済の上にあるものでした。

しかし実際は前提こそが夢物語だったために、雲を追って坂の上まで来てみれば、いつの間にやら五里霧中、坂の先は崖、なのでしょうか。

ただ、足もと(前提)をよく見ることができたなら、その下に多様な森と海が広がっているのが見えるかもしれません。

崖がないことを信じ、これまでと同じように前に突き進むのか、足もとをしっかり見るのか少なくとも速度を落として方向をよくよく考えたほうがいいポイントには来てしまっているようです。

 


参考情報

人口爆発がもたらす「水」の足りない未来
2030年の世界の水の年間需要は6兆9000億立方メートルと、現在の持続可能な水供給量を40%上回ると見られている。

日本の「水輸入」は世界最大
日本は、水に恵まれた国のように見える。年間の平均降水量は約1700ミリで、世界平均の2倍にもなる。だが、利用できる水の量は案外少なく、1人あたりの水資源量では世界平均の半分以下だ。それでも普段、水不足を実感しないのはなぜか。一因は、多くの水を「輸入」しているからだ。

【動画】パン一斤をつくるのに必要な水の量は実に600リットルを超える。世界で水がなくなっている問題は日本の食卓に直結している。
(NHKおはよう日本 2010.2/4から)

世界「水戦争」の勃発?現実に地球で起きていることが、SF向けの絵空事以上にひどい状況であることに、私はひどく衝撃を受けた。

アジアが水危機にはまっていることは間違いない。時間が経てば状況はますますひどくなるだろう

ブルー・ゴールド:狙われた水の真実

中国など海外勢が狙う日本の水、森林買収進む−温暖化で世界的に不足

これまで地球温暖化の影響をあまり受けていないとみられていた東南極で2006年以降、数十億トンの氷が融解し、将来的に海面上昇につながる恐れがあることが明らかになった。‥‥ (AFP通信)

 

エネルギー制約により、世界経済のパイが大きくならない状況では、高生産性産業が出現しても、全体の生産量は、大きくできない。 従って、失業した人たちの多くは、必然的に、低生産性の職に就くか、失業を続けなくてはいけないことになる。これが格差、即ち貧富の差の拡大を生むことになるのである。‥‥IEAはWorld Energy Outlook 2012で、シェール革命によりアメリカが近い将来エネルギーを他国に依存しないようになると楽観的な予測を述べたが、多くの疑義が出されている

先進国における現在の経済的停滞は、化石エネルギーのポテンシャルを消費しつくしたことから直接きているのではないか「没落する文明」

金になるのであれば、枯渇性資源は「政治的物資」として、戦略的に使われるようになる。‥‥ただ、そうやって政治戦略化にしている間は、まだ文明には余裕があるということだ。本当に枯渇性資源が枯渇してしまったらそんなゲームすらできなくなる。 持てる国はもはや絶対に輸出しない。自国が生き残るために他国を犠牲にするようになる。そもそも、自国内でも限られた資源を求めて国民同士が奪い合い‥‥

‥‥資源枯渇の問題すなわち地球の資源が有限であるという明らかな事実を無視し、競争者間の資源配分という2次的な問題にのみ目を向けているのである。これは、経済学という学問の重大な欠陥である。‥‥ ‥‥都合が悪いことはすべて外部不経済。あるべき姿を描いてバック・キャスティングすることは学問の体系上できないのだろう。 ‥‥ ‥‥持続可能な文明へパラダイム転換、ここ10〜20年が正念場‥‥

人口や経済が地球の物理的限界を行き過ぎてしまったら、
引き返す道は二つしかありません

「地球のなおし方」
からシナリオ1


資源が無尽蔵だとしても(成長の限界)

修正モデルのシミュレーションは、2052年を過ぎるとすぐにコントロールしきれない崩壊が起きると予測した。これもまた2052年より先のことなので、私の予測では詳しくは述べていない。とは言え、私は、温暖化によって21世紀後半に気候変動が自己増幅し始め、それがもたらす結果は、確かに崩壊と呼ぶにふわしいものになると見ている。このことは、修正モデルの、「人類は地球の限界に極めて近いところにいる。2052年までは大丈夫だとしても、その後すぐに限界に達する」という予測と一致する。
2052 今後40年のグローバル予測」から

「エコロジカル・フットプリント」の指数が示す現在の負荷の規模は、地球1個が本来持っている1年間分の生産力を、50%も超過するまでになっています。

先進諸国は、近年は新興国を含めて、発展途上国の資源収奪によって生ずる『環境負債』を一向に支払おうとしない。

最も貧しい国々を貧困の民から脱出させるには、その金を必要なところへ投資すればよい。ところが、この行動に必要とされるわずかな費用と、それをしなかったときの結果の甚大さは比較にならないほどなのに、世界はまだ麻庫したまま動きだそうとしない。

底辺の10億人の国に対する私たちのアプローチは失敗し、これらの国の多くは上向くことなく下降している。そして世界から次々に落ちこぼれていく。私たちがこのまま放置しておけば、 私たちの子孫は絶望的に分裂した世界に直面し、そのすべての結果に苦しむことになるだろう。

レジで支払う金額は安いかもしれないが、あなたに見えないコストをどこかで誰かが支払っている

地球環境問題とは、経済活動により物質やエネルギーを再利用不能な形態で散逸させ、地球環境を人為的に変化させ、生態系を破壊し、人類の生命維持に危機をもたらすような現象であると言えるでしょう。

自分たちが利用している生態系サービスの対価や、サービスを持続可能な形で利用するための保全活動に必要なコストを直接支払う──これがPESの考え方だ。

あまりにも貧困な人たちはフェアトレードというかたちで、 彼らから商品を買うというかたちで支援するのは難しいところがあります。 が、日本からのフェアトレードによる支援というよりも、 正確には現地の生産者団体やNGOなどからの支援を受けて、 貧困状態から抜け出した人はたくさんいます。

単にお金やものを与えてもそれだけでは力の回復にはつながらない。お金やものが、労働と生計の手段の獲得や、情報・知識・技能の獲得、さらにはそれにより社会ネットワークが形成されたときに、初めてエンパワーされ貧困から抜け出す道が開かれるのである。‥‥貧困は南の国々だけの問題でない。エンパワーメントを必要としているのは、実は私たち自身でもある。その共有と支え合いの発想こそが真の協力につながるのです。

援助を実施するさまざまな機関は、 貧しい人々の生活を助けることを 意図して、多種多様の活動を展開してきた。問題はこの両者の活動がお互いに 合致するものであったかどうかである。(PDF)

「日本人の生活はシンプルだから貧しい者はいっぱいいるが、そこには悲惨というものはない」と書き、日本人に欧米諸国の貧困層がもつ野蛮さがないことに驚嘆したうえで、それがしだいに失われていく日本を哀惜した。

“独立”する富裕層 〜アメリカ 深まる社会の分断〜

資源浪費と貧富の差という2つの社会状況が生まれると、その文明は崩壊する。

福島では史上最も汚れた水を人類のすべての叡智をかけても循環させなくてはならない状況になっている…。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

地球温暖化ニュース
文明を地球のシステムに合わせる早急なチャレンジを。



「月のダンス」の上演、上映に関してのお問い合わせは
エコロジーシアターまで

 

   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Copyright (C) NPO RAINBOW. All Rights Reserved.