ページ内検索方法 Windowsの場合「Ctrl+F」、Macの場合「command+F」で検索窓が開きます。
現在【地球温暖化ニュース (資源枯渇、種の絶滅ほか、文明の持続に関係するニュースも紹介)】は、エコロジーシアターから発信しております。
ユーラシア大陸:「厳冬は地球温暖化の影響」
‥‥海氷が多いと厳冬になる確率が6・2%だったが、少ない場合には14・4%と2倍以上高くなった。海氷が少ない年は、大陸中央部を中心に時計回りの空気の流れが生まれ、北極海の冷たい空気が大陸側に流れ込みやすくなると考えられるという。‥‥
(2014年10月27日毎日新聞から抜粋)
事態は深刻!? 地球温暖化が予想以上の速さで進行中!

温室効果ガスによって引き起こされるという地球温暖化、その存在を疑う声もあるが、気温の上昇が起きていることは確かだ。そして、われわれが思っているよりも、その状況は深刻かもしれない。というのも、今まで南半球の海水温の観測が不正確だったため、温暖化の状況を過小評価していたようなのだ。‥‥
(2014年10月27日TOCANAから抜粋)

参考
地球温暖化の「停滞」、海による熱吸収ではない
海洋の温暖化はどこで起こっているのか

30年までに温室効果ガス4割削減、EUが「野心的」な目標で合意

再生可能エネルギーの比率も同じく今後16年間で全体のエネルギー消費量の27%に拡大し、エネルギー効率を27%改善させるとした。‥‥
(2014年10月24日AFPから抜粋)

CO2排出量は30年間で最大の増加:国連の科学者の報告
1984年以降、2012年から2013年までの間に最も多くの二酸化炭素が大気に排出され、人類を取り返しのつかない地球温暖化へ急速に向かわせていることが、火曜日に発表された国連の気象機関による報告書で明らかになった。‥‥
(2014年10月8日国連大学0urWorldから抜粋)
海洋酸性化が進行、科学者が警告
二酸化炭素(CO2)排出量の増加により、海洋の酸性度が産業革命前と比べて25%以上上昇し、食料源としての海洋の将来に懸念が出ていると、科学者らが8日、警鐘を鳴らした。‥‥酸性化の帰結は数千年単位で長期化する恐れがある。‥‥
(2014年10月8日AFPから抜粋)
1970─2010年に野生生物(脊椎動物)の個体数が世界で52%減少した。減少ペースが大幅に加速

世界自然保護基金(WWF)が30日発表した2年に1度のリポートによると、1970─2010年に野生生物(脊椎動物)の個体数が世界で52%減少した。‥‥
(2014年9月30日ロイターから抜粋)

参考
地球上の3分の1以上の生物に絶滅のおそれがある

海水温上昇が警告する地球異常気象の活発化 ――16年間の温暖化猶予期間は終焉へ

地球温暖化は止まったわけではない、海洋が熱を吸収してくれていただけだ。しかしそのモラトリアムも終わりに近づいた。上昇した海温は異常気象をさらに激しいものにするだろう。
(2014年9月26日nippon.comから抜粋)

南極の氷が将来崩壊せずにすむ限界点を超えてしまった

南極大陸の一部で、温暖化する海の影響により氷床の融解に歯止めがきかなくなり、将来の大幅な海面上昇が避けられそうにないとする研究結果を、米航空宇宙局(NASA)などの研究チームが12日発表した。NASAの研究者は「南極の氷が将来崩壊せずにすむ限界点を超えてしまった」と警告。‥‥
(2014年5月13日共同通信から抜粋)

参考
南極の氷は小さな栓で持ちこたえている

「原発抜きでも温室ガス削減可能」 IPCCが文書公表
‥‥報告書公表後、原発を推進する立場から「温暖化対策として必要」との声が大きくなるなか、原子力なしの選択肢が成り立つことを示す内容だ。‥‥
(2014年4月21日朝日新聞から抜粋)
温室効果ガス:今世紀末までに「ほぼゼロかそれ以下」必要 IPCC報告書

具体的には、再生可能エネルギーなど低炭素エネルギーを50年までに3〜4倍に増やし、電力部門ではその比率を現在の30%から80%以上に伸ばす必要がある。また、30年までの対策が遅れれば、CO2の回収・貯留など未実現の技術に大きく頼らざるを得ず、目標達成は困難になるとの認識を示した。 2度未満にする対策費については、世界全体の消費拡大率を年0.04〜0.14ポイント鈍化させるだけで、必ずしも経済成長の妨げにならないと評価した。‥‥
(2014年4月14日毎日新聞から抜粋)

参考
IPCCの温暖化抑制シナリオは実現できるか

米海洋大気局、地球温暖化で警告 CO2濃度また400ppm超え
‥‥観測所では昨年5月9日、1958年の観測開始から初めてCO2濃度が400ppmを超えた。地球温暖化による危険な気温上昇を防ぐには濃度を400ppm未満に抑えるのが望ましいとされており、危険水準に入ったことがあらためて示された。昨年より約2カ月早い大台超えに、NOAAの研究者は「化石燃料からの大気中へのCO2排出が続く以上、この傾向は続く」と警告している。
(2014年3月22日共同通信から抜粋)
地熱大国アイスランドにみる自然エネルギー立国
世界最北の島国アイスランドが、地熱発電を柱とする自然エネルギー立国への挑戦を進めている。地震と火山の国という厳しい自然環境を生かして経済成長を目指す取り組みは、世界の注目を集めつつある。‥‥
(2014年3月20日ケンプラッツから抜粋)
温暖化:今世紀末6.4度上昇 洪水被害、年6800億円
‥‥海面は60〜63センチ上昇すると予測。海面上昇による浸食で、砂浜は最悪の場合、83〜85%消失。干潟も12%が失われ、日本の風景が激変する可能性もあることが分かった。‥‥
(2014年3月17日毎日新聞から抜粋)
やっぱり人類は滅亡することがNASA出資の調査で判明。資源浪費と貧富二極化で
‥‥持続可能な状態がだいぶ長く続くと思われているが、極一部のエリートの将来を枯渇スピードが一番緩いシナリオで占ってみても、エリートは浪費が行き過ぎて、平民に飢餓をもたらし、それが引いては社会の崩壊をもたらす。この種のLラインの崩壊は自然崩壊が原因で起こるのではなく、不平等が原因で飢餓が起こり、それが労働者喪失に繋がって起こる。これは頭に刻んでおくべき重要なポイントだ。解決策は主に2つ。資源がもっと平等に配分できるよう、経済の不平等を減らすこと。資源負担の軽い再生エネルギーに依存し人口増加を抑制することで、資源消費を劇的に減らすこと‥‥
(2014年3月17日gizmodoから抜粋)
オーロラ、英国の空彩る 各地で異例の観測

赤や緑の幻想的な輝きを放つオーロラが2月27日夜、英国の広い範囲で観測された。英国の空にオーロラが出現するのは珍しく、英メディアは「荘厳な光のショー」と大きく取り上げている。‥‥
(2014年3月1日共同通信から抜粋)

参考
巨大オーロラ発生危険 太陽活動数十年間低下か

気候変動を回避するため原子力発電を選択肢として検討すべきではない7つの理由
‥‥原子力を推進する利益団体は石炭利用を推進する団体と同一である。それらの団体とは、経済官庁、電力会社、重機メーカー、エネルギー多消費産業だ。こうした団体は省エネ対策に関して積極的とはとても言えない。なぜなら省エネ対策は彼らのビジネスモデルを損なうからだ。‥‥
(2014年2月24日0urWorld2.0から抜粋)
「気候変動の原因は太陽」という説を覆す研究結果が発表される
‥‥14世紀半ばから19世紀半ばにかけて続いた、過去1000年の間でも最も長い気候変動の1つである小氷期は、主に火山の噴火によって大気中に噴出されたエアロゾルにより、地球に届く太陽光が遮断されていたことが主たる原因であることがわかり、1900年以降続いている気候変化についても、太陽ではなく人間が排出している温室効果ガスが大きく影響していることも同時に判明しました。‥‥
(2013年12月25日gigazineから抜粋)
太陽活動の低下、地球への影響は?
最近の太陽表面は、驚くほど穏やかな状態が続いており、黒点の数が20世紀のどの時期よりも少なくなっている。この現象に興味をそそられた科学者たちは、それがこの地球上で何を意味するのかに思いを巡らせている。‥‥
(2013年12月2日AFPから抜粋)
COP19閉幕、新枠組み作りへ課題が山積
‥‥世界は、日本の震災に同情を示しても、CO2排出を見逃してくれるわけではない。京都議定書第2約束期間からの離脱で、日本は国連の排出権クレジット取引を制限された。仮にも、すべての国が参加する取り組みに、消極的と受け取られる態度を取り続ければ、孤立を招きかねない。次期枠組みの自主目標提出まで1年4カ月ほどしかない。
(2013年11月28日東洋経済から抜粋)
(CO2排出量)”増加目標”の提示。恥ずかしくはないのか。

目の前の気象危機から逃れるために、温室効果ガスの削減目標を高めよう−。気候変動枠組み条約ワルシャワ会議(COP19)の主要議題。そこへ“増加目標”の提示。恥ずかしくはないのか。‥‥
(2013年11月20日東京新聞から抜粋)

参考
日本、「CO2排出量25%削減」を「3%増」へ変更
<地球温暖化>イチからわかるCOP19 日本はどうする?
CO2排出量の問題から手を放した日本とドイツ。そして温暖化防止がまるで進まないCOPの不毛

温暖化で世界の降水パターンが変動
‥‥今回の研究は、地球規模で、降水量が気候モデルの予測通り変化し始めていることを初めて示したものだ。同じモデルが干ばつや嵐の激化を予測している以上、これは悪い知らせと言えるだろう。‥‥
(2013年11月19日WIRED. jpから抜粋)
太陽元気なし 寒冷化予兆 11年周期の磁場転換起きず、黒点も最少
‥‥NASAは今年8月5日、「黒点は少ないが、3〜4カ月以内に極域磁場転換が起きるだろう」と予測したが、3カ月半が過ぎた今でも、明瞭な兆しは現れていない。‥‥今後、地球は寒冷化に向かうのだろうか。太陽活動の低調化による波及効果は温室効果ガス排出量増加による温暖化現象を打ち消すには至らないとう見方がある一方で、「地球は間違いなく寒冷化に転じる」(大気海洋地球物理学者の中村元隆氏)と断言する専門家も決して少なくない。
(2013年11月18日産経から抜粋)
海の酸性化「前例ないスピード」 過去3億年で最速か
‥‥「海洋の酸性化が進めば、今のように大気中のCO2を吸収することはできなくなり、気候変動を和らげる役割を十分果たせなくなる」 またCO2の排出が減らず酸性化が進めば、海の生態系は大きな影響を受ける。‥‥
(2013年11月15日CNNから抜粋)
CO2出さない水素製造事業、巨大市場見据え世界で始動

‥‥水素社会を実現するために不可欠な取り組みとして注目されているのが、CO2の排出を伴わない(CO2フリー)水素製造プロジェクトである。背景には、先進国が「2050年までに先進国全体のCO2排出量を80%削減する」という、2009年のG8ラクイアサミットにおける合意がある。‥‥
(2013年11月13日日経から抜粋)

参考
電気自動車と大規模太陽光発電所の普及で、二酸化炭素(CO2)の排出量は50%削減できる

温暖化対策会議でフィリピン代表がハンスト

台風30号(ハイエン)で壊滅的な被害が出たフィリピンの政府代表が12日、ポーランドの首都ワルシャワで開かれている第19回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP19)で、地球温暖化対策の具体的な進展を訴えてハンガーストライキに入った。‥‥
(2013年11月13日CNNから抜粋)

参考
COP19:温暖化止めて 比交渉官、涙の大演説 台風被害訴え
“観測史上最強”、台風30号

地球温暖化減速、フロン規制の効果か

‥‥現在の地球温暖化減速は、これが初めての例ではない。以前にも、2回の世界大戦や1930年代の世界大恐慌の際に、地球温暖化のペースが落ちていたことが今回の研究で判明している。大恐慌の時期には、世界的な不況により、温室効果ガスの排出量が減少したと考えられる。 ‥‥
(2013年11月12日ナショナルジオグラフィックニュースから抜粋)

参考
温暖化懐疑論にみる「トマト殺人鬼の論理」

海洋温暖化のペース、過去1万年で最速
地球温暖化により生じた熱を、海洋がこれまで推測されていた以上に吸収している可能性があることが、インドネシア沖の海底堆積物をもとに算出した、過去1万年間の海水温の記録によって判明した。‥‥
(2013年11月1日ナショナルジオグラフィックニュースから抜粋)
温暖化:今世紀末の東京、2000キロ南西の気候に
地球温暖化が進んで気温と降水量が変化すると、21世紀末の東京は、約2000キロ南西にあたる今の中国・揚子江南部の沿岸都市に近い高温多湿の土地になるとの分析結果を、筑波大の日比野研志研究員らのグループがまとめた。ローマは北アフリカ並みになるという。‥‥
(2013年10月31日毎日jpから抜粋)
【地球温暖化は疑う余地がない】「気候システムに対する人間の影響は明確だ」。IPCCが初めて断言
今こそ世界を挙げた早急かつ実効的な取り組みが求められる「地球温暖化は疑う余地がない」。国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が6年ぶりにまとめた報告書は、強い調子でこう切り出した。執筆・編集に携わる850人の専門家たちの危機感が伝わる言い回しだ。‥‥
(2013年10月21日神奈川新聞から抜粋)
始まるか北半球の寒冷化 世界の平均気温は、上昇停止している
「地球は間違いなく寒冷化に転じると思いますよ」 大気海洋地球物理学者の中村元隆さんは断言する。‥‥国連の「気候変動に関わる政府間パネル(IPCC)」による最新版の将来予測とは、真反対の見解だ。‥‥中村さんも二酸化炭素などによる温室効果を認めているが、それを打ち消す気温の低下を見込んでいるのだ。‥‥
(2013年10月20日産経新聞から抜粋)
ニューヨーク、47年に気温の転換点−平均に戻らない見通し

‥‥各年の平均気温が1860−2005年の平均を超える「クライメート・デパーチャー(気候離脱)」が起きるのはインドネシアのジャカルタとナイジェリアのラゴスで2029年、北京で46年、ロンドンで56年と予想される。 同研究は、温暖化で絶滅に追い込まれる種が出るほか、食物供給が危機に陥ったり病気がまん延したりする恐れがあるとして温暖化ガスの排出削減の緊急性を訴えている。50年までには50億人が極端な気候に見舞われ、移民や天然資源争奪が活発化し暴動や混乱のきっかけとなる可能性があるという。 ‥‥「結果は衝撃的だ。想定に関係なく変化は間もなく起きるだろう。私の世代に、これまでなじんできた気候が過去のものになりそうだ」との声明を発表した。 ‥‥
(2013年10月8日ブルームバーグから抜粋)

参考
「経験ない高温」20年代に 熱帯域、温暖化で打撃

「死のトリオ」、海へのリスクを科学者が警告
‥‥現在のCO2排出速度は年間約30ギガトン(300億トン)で、約5500万年前に先の大規模な種の絶滅があった時の排出速度に比べて、少なくとも10倍は速くなっているという。さらに、海洋酸性化も、少なくとも過去3億年で類を見ない水準で進行しているという。‥‥
(2013年10月8日AFPから抜粋)
気候変動で水不足が深刻化、5億人以上に影響か−独研究所
‥‥気温が5度上昇し世界の人口が増え続けるとすると、10億人以上が新たに気候変動の影響を受ける。 研究報告によれば、2度の上昇で高等植物独特の生息地の1%で生態系に「大きな」変化が生じ、5度上昇だとその割合が74%に増える。 ‥‥
(2013年10月8日ブルームバーグから抜粋)
猛スピードで解けていく世界の氷河が、IPCC最新の警告を裏づける
‥‥もし人間が地球の気候を変えることなく、自然に委ねるとすれば、1000年か2000年のうちに氷河期が再び訪れるだろう。逆に私たち人間が、地下にある石炭や石油や天然ガスを燃やし尽くせば、地球上の氷は残らず解ける。 氷河は私たちが、重要な分岐点にいることを思い出させてくれる。  アルプス山脈にかつて存在した氷の半分が、20世紀までに解けてしまった。‥‥
(2013年10月8日ナショナルジオグラフィックから抜粋)
温暖化評価報告 まいた種は刈らねば
‥‥想像してほしい。今世紀末、世界人口は百億を超えている。このままでは、どうなるか−。 人間一人の力は小さい。だがそれが集まれば、地球を変え得る力を持つ。ただし、発電時にはCO2を出さないという口実で、原発を増やすのはもってのほかだ。原発に頼らない削減策はある。
(2013年10月7日東京新聞から抜粋)
地球温暖化否定論者、ペース減速データ誤解−国連条約事務局長
人類が温暖化の原因を作っていることを否定する人たちは地球の気候に関する科学について「原始的な理解」しか持ち合わせていないと指摘した。 ‥‥
(2013年9月26日ブルームバーグから抜粋)
日本の地熱再始動、政府が開発後押し 規制見直し、全国で発電事業化調査
‥‥地熱発電の開発を進める民間企業幹部は「事前調査から稼働開始まで10年以上かかるため、政府が推進姿勢を維持し続けることが明確にならないと一時的なブームに終わりかねない」と釘を刺した。‥‥
(2013年9月7日SankeiBizから抜粋)
動物は、従来の1万倍のスピードで進化しないと絶滅する!?:研究結果

‥‥動物種は通常、ニッチと異なる気候条件に適応するためには1度あたり平均100万年相当の進化を必要とすることが明らかになった。このデータにIPCCの予測である「今後100年間で地球の平均気温が4度上昇」というシナリオを適用すると、気候変動への適応にはこれまでの1万倍以上の進化スピードが必要‥‥
(2013年9月4日WIREDから抜粋)

参考
環境危機時計は9時19分 生物多様性喪失が深刻

高温や偏った雨‥‥今夏は「異常気象」 気象庁の検討会
‥‥検討会によると、6〜8月はフィリピン周辺の海面水温が高く、海面上で活発に上昇気流が発生。偏西風を北に押し上げた結果、中国大陸からチベット高気圧が張り出し、太平洋高気圧と重なる「ダブル高気圧」の状態に。‥‥
(2013年9月3日朝日新聞から抜粋)
排出CO2が電力源になる可能性
‥‥しかし商業への導入は、数年先かもしれない。「天然ガスの値段が非常に低いため。クリーンなエネルギーを利用するインセンティブがないのです」‥‥
(2013年9月2日0urWorld2.0から抜粋)
地球温暖化促進の新たな要因は「海洋酸性化」、研究
‥‥CO2は、世界の海のpH値を低下させ、酸性度を高めて、プランクトンによる硫黄化合物の「硫化ジメチル(DMS)」の生産を阻害する、と論文は指摘している。  大気中に放出されるDMSは、地球に注がれる太陽放射を反射して、地球の表面温度を下げる助けになる。  研究チームは気候シミュレーションを使って、DMSの放出量が2100年までに18%減少することが原因で、地球温度が最大0.48度上昇する可能性があると試算‥‥
(2013年8月26日AFPから抜粋)
気候変動、世界は元の姿に返らない
‥‥温暖化か寒冷化か、乾燥化か湿潤化かはともかく、我々ないし我々の直接の子孫がこれまで見知ったものとは異なる世界に生きることになる、という思考を、もはや受け入れるべきだ。古き慣習、伝統を断ち切り、新たな時代を生き抜くための効果的な戦略を開発するべきなのだ。‥‥
(2013年8月23日ロシアの声から抜粋)
気候変動の原因は「人間」、95%の確率 国連パネル草案

‥‥国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が、気候変動は人間の活動によって引き起こされている可能性が「95%」に上るとの報告書をまとめていることが21日までに分かった。‥‥
(2013年8月21日CNNから抜粋)

参考
IPCC報告書最新案 温暖化で海面最大81センチ上昇 平均気温は最大4・8度上昇すると予測
ブラジル、100年後に砂漠化か アマゾンで洪水と干魃の繰り返し

大量の酸素を生産し「地球の肺」と呼ばれるアマゾン熱帯雨林を抱える南米ブラジルで、地球温暖化による洪水と干(かん)魃(ばつ)が繰り返され、生態系に変化が出始めている。北東部の高地は最悪の場合、100年後に砂漠になるとの予測もあり、専門家は「今すぐ行動しなければ手遅れ。地球全体にとって深刻な問題だ」と訴えている。‥‥
(2013年8月14日産経から抜粋)

参考
干ばつ深刻なアマゾン、CO2排出源になる危険性
アマゾンが砂漠へ

平均気温上昇の原因は? 地球全体の傾向、やはりCO2
‥‥世界的には地球温暖化が止まったかもしれないとの説もある。過去60年間で見ると、2000年ごろまで上昇していた世界平均気温が頭打ちし、以降はほぼ横ばいに推移しているからだ。‥‥「地球全体で見れば熱エネルギーが移動しただけなので温暖化が止まったとまでは言いがたい。平均気温が再び上昇に転じる可能性もある」‥‥
(2013年8月13日産経から抜粋)
中国を取り込んだオバマ大統領の温暖化対策の「落とし穴」
‥‥シェールガス革命により二酸化炭素は減り、先進国で最も競争力のある米国の電気料金も維持されている。さらにシェールガスを利用すれば石炭比率を下げることが可能とオバマ大統領は考えているようだ。しかし、そうではない。これまでと事情は異なり、今後米国の電気料金は大きく上昇する。‥‥
(2013年8月13日WEDGEから抜粋)
北極海氷喪失とCO2排出、2012年は過去最高を記録 国際報告
‥‥この報告書を読むと、温暖化ガスの排出を削減する取り組みが、かつてないほどの急務となっているとの結論に達せざるを得ない‥‥
(2013年8月7日AFPから抜粋)
地球温暖化で紛争や殺人が増加?

‥‥気温や降水量が通常の値からわずかに逸脱しただけでも、紛争のリスクは明らかに増大するというのだ。ここで紛争というのは、殺人やレイプのような個人間の攻撃から、国内の政情不安、国際紛争まで、さまざまなレベルのものを含んでいる。 ‥‥気候変動によって叩きのめされた多くの文明は、周辺地域と比べて、あるいは地球全体で見ても、当時としては最も進んだ社会を形成していた。おそらく何にでも対応できるような気になっていただろう。‥‥
(2013年8月2日ナショナルジオグラフィックニュースから抜粋)

参考
自然を一方的に搾取した文明はすべて崩壊してるわけですよ。どういうときに崩壊するか、それは気候変動や、天変地異があったときに崩壊してるんです。

地球温暖化の熱、海が吸収か‥‥今後、再び気温上昇が始まる可能性が高い
20世紀後半から上昇していた地球全体の平均気温が、今世紀に入ってほぼ横ばいとなっているのは、海洋の深層部が熱を吸収しているため‥‥「約10年間隔で起きる海洋循環の変化が影響しているようだ。今後、再び気温上昇が始まる可能性が高い」‥‥
(2013年7月23日読売新聞から抜粋)
温暖化による海の酸性化 殻つくる生物の試練に

‥‥「炭酸カルシウムを何らかの形で利用している生物は多く、海の酸性化が急速に進むと生物の大量絶滅を招く恐れもある」と指摘する研究者は多い。‥‥
(2013年7月21日日経から抜粋)

参考
浮遊性巻き貝の殻が溶解=南極海「酸性化」で−欧米チーム

北極海の海氷、夏季はほぼ消滅‥‥今世紀半ばに

地球温暖化が加速すると、北極海の夏季の海氷が今世紀半ばに、ほぼ消滅するとの予測を、米中のチームが米科学アカデミー紀要に発表した。‥‥
(2013年7月20日毎日新聞から抜粋)

参考
北極海の氷、減るとどうなる?

止まらない小水力発電の勢い、2020年にエネルギー自給率77%へ
小水力発電の導入量で全国トップの長野県はエネルギー自給率が極めて高い。2010年度で50%を超えていて、さらに2020年度には77%へ引き上げる計画だ。小水力発電を着実に増やすのと並行して、太陽光発電を大幅に伸ばしていく。大規模なメガソーラーの建設も始まろうとしている。‥‥
(2013年7月16日スマートジャパンから抜粋)
温暖化、気温1度上昇するごとに海面2メートル上昇か−調査
‥‥「継続的な海表面上昇は世界の気温が下がらない限り避けられない。適応する必要がある。政権を選ぶ時間尺度で考えると海表面の上昇を鈍化させることは可能かもしれない。しかし、海表面の上昇は不可避で、今後何世代にもわたって海岸沿いに何かを建設するほぼ全てのケースで強く関連してくる」と述べた。 ‥‥
(2013年7月15日ブルームバーグから抜粋)
ドイツ主導で10カ国が「エネルギーシフト・クラブ」を結成
‥‥エネルギーシフト・クラブを結成した10カ国は、ヨーロッパのいわば環境技術の先進国であるデンマーク、ドイツ、フランス、イギリスに、新興国の大国である中国、インド、アフリカの南アフリカ、モロッコ、中東のアラブ首長国連邦、それに南太平洋の島嶼国トンガで、いずれもIRENAへの加盟国である。‥‥
(2013年7月15日環境ビジネスから抜粋)
猛暑日、過去40〜50年で3倍に 地球温暖化が影響
最高気温が35度以上になる猛暑日の全国の年間日数が、過去40〜50年間で3倍近くに増えていることが気象庁のまとめで分かった。‥‥
(2013年7月11日朝日新聞から抜粋)
原子力を電力改革回避の口実にするな
‥‥廃炉など原子力利用に伴うコストは、これまでの日本政府の強力な原発推進政策がつくり出したもので、電力会社だけの責任で生じたわけではない。日本全体として、このコストはもはや回避はできない。しかし原子力コストを賄う必要から電力会社の利益を守り、電力市場の改革を遅らせることがあってはいけない。長い目でみれば日本全体の競争力を弱め、電力の利用者により重い負担を押しつける結果になる‥‥
(2013年7月10日日経から抜粋)
エジプトに例示されたピークオイル革命

エジプトで起きていること、あるいはちょうど起きたばかりのことは、最初のピークオイル革命と言い得るものであり、世界中の多くの国々で何度も繰り返されることは確実だ。‥‥
(2013年7月6日シフトムから抜粋)

参考
「始めにエネルギーありき」であり、全てのものはそれからなのです。言い換えれば、私たちの感じる繁栄と幸福のどちらも、エネルギーから派生しているのです。

地球温暖化:前例のないペースで進行、海面上昇など−国連
国連の発表によると、地球温暖化が2001年以降、過去最大のペースで進んでいる。海面はほぼ2倍のペースで上昇し、熱波に関連した死者は約20倍に増加した。 ‥‥
(2013年7月3日ブルームバーグから抜粋)
温暖化とサンゴ礁保全国際会議「早急な対策を」

‥‥地球上のサンゴは、海水温の上昇でサンゴが大量死する「白化現象」や、二酸化炭素が海水に溶け込む海洋酸性化によって衰退傾向にあると指摘。‥‥
(2013年6月30日読売新聞から抜粋)

参考
海洋の酸化、過去3億年で最速ペースで進行 海の生命体に懸念

オバマ大統領腕まくり、温暖化対策「脇役ダメ」
オバマ米大統領は、火力発電所に二酸化炭素(CO2)の排出基準を設けることなどを盛り込んだ「気候行動計画」について、25日午後(日本時間26日未明)、ワシントンにあるジョージタウン大学の中庭で演説して正式に発表した。‥‥
(2013年6月26日読売新聞から抜粋)
マレーシアにおける森林破壊、115%拡大=NASA調査

NASAが地球観測衛星を使用して実施した調査によると、マレーシアではペラ州の西海岸地域で森林破壊のホットスポットが確認されたという。また、サラワク州やマレーシア半島でも多くの地域で森林破壊が進んでいる。‥‥
(2013年6月25日アジアエックスから抜粋)

参考
マレーシア・サラワク州の先住民族と日本木材市場の切れない関係 」

温暖化で大洪水、被害最大で1億人…東大チーム
地球温暖化が今世紀末まで進むと、豪雨や長雨によって大洪水が起きる危険性がアジアやアフリカ、南米で高まり、最大で1億人の被害者が出るという試算を、平林由希子・東京大准教授(河川工学)らのチームがまとめた。‥‥
(2013年6月18日読売新聞から抜粋)
厄介者CO2で燃料生み出せ!実用化できるか「人工光合成」日本が世界をリード

地球温暖化の原因として嫌われ者の二酸化炭素を使って、燃料やプラスチックなどを作り出す夢の技術「人工光合成」の研究が日本、欧米で広がっている。‥‥センターのリーダーは「今後3年間で、植物の10倍以上の効率にすることを目指している」と語る。‥‥
(2013年6月18日J-CASTから抜粋)

参考
なにかの技術を発見すると、すぐさまより高い効率を求める人類の技術は地球全体で調和する視点を失っている。

2012年の米国電源開発の主役は大方の予想に反して風力
2012年の米国電源開発の主役は大方の予想に反して風力だった。年間電源開発量全体の42%を占めたが、これは全ての電源中のNO1で、シェールガス革命に湧く天然ガス火力発電を上回った。まさに風力発電が経済成長を牽引した。‥‥
(2013年6月17日日経ビジネスから抜粋)
IEA、CO2排出削減の鈍化に警鐘
国際エネルギー機関(IEA)は気候変動に関する最新の報告書で、2020年までに何らかの実効ある措置を取らないと手遅れになると警告している。‥‥
(2013年6月12日ナショナルジオグラフィックニュースから抜粋)
IEA試算:今すぐ温暖化対策強化なら費用3分の1以下に
国際エネルギー機関(IEA)は10日、各国が今すぐ、効率の悪い石炭火力発電所の建設を禁止するなど温暖化対策強化に乗り出せば、対策を2020年以降に先送りした場合に比べ、必要な費用を3分の1以下に抑えられるとの試算を盛り込んだ報告書を発表した。‥‥
(2013年6月11日毎日新聞から抜粋)
世界のCO2排出量過去最高に、 日本は高い伸び
IEA=国際エネルギー機関は10日、2012年の世界の二酸化炭素排出量が過去最高だったことを明らかにしました。国別では、アメリカは石炭からシェールガスへ、燃料の転換が進んだため、3.8%の減少。 一方、福島第一原発事故の影響で火力発電が増えた日本は、5.8%増とおよそ20年ぶりの高い伸びです。 また、世界最大の排出国中国は3.8%増と、この10年で最も低い伸び率となっています。‥‥
(2013年6月11日TBSから抜粋)
温暖化、アジア、アフリカで洪水激増の恐れ 最大で14倍に
‥‥大洪水の被害に遭う恐れがある人は約560万人とされるが、温暖化対策が取られず気温が3・5度上がった場合は約8000万人と14倍に増えるという。
(2013年6月10日産経ニュースから抜粋)
エベレストの氷河面積14%縮小 50年でペース6倍に加速
世界最高峰エベレストの氷河の総面積が過去約50年で約14%減少したとの調査結果を、イタリア・ミラノ大などの研究グループがまとめたことが6日分かった。近年の縮小のペースは、1958〜75年の平均の6倍近くに加速しており、地球温暖化が原因とみられる。‥‥
(2013年6月6日中国新聞から抜粋)
大西洋岸森林=1年で235平方キロ消失=08年以降最大の面積=現存の原生林は8・5%
世界環境デーの5日、2011/12年の大西洋岸森林(マッタ・アトランチカ)の消失面積は、2008年以降最大の235平方キロメートルだったと伯字紙が報じた。大西洋岸森林は国内で最も消失度が高く、今も残る原生林は8・5%に過ぎない。‥‥
(2013年6月6日ニッケイ新聞(サンパウロ)から抜粋)
「人新世」議論活発に 水の危機回避へ6つの行動
‥‥「人新世」とは地学などで最近、用いられるようになった新語で「人間が地球の生態系や気候に大きな影響を及ぼすようになった、18世紀後半の産業革命以降の時期」を指す。要するに人間の作り出したダム、灌がい、土地の改変が水循環のあり方を大きく変え、それに気候変動が拍車をかけているというのだ。‥‥
(2013年6月5日日経から抜粋)
3年で日本と同じ面積失う−世界の砂漠化、国連局長が警告
‥‥スーダン西部のダルフール紛争や、フランス軍が介入したマリ北部の内戦も「報道では政治や宗教に関連付けられがちだが、実は水や耕作地の奪い合いが真因になっていることが多い」と指摘した。‥‥
(2013年6月4日時事ドットコムから抜粋)
温暖化で赤道上空の成層圏東西風弱まる
地球温暖化によって、赤道域の上空約18〜50キロの成層圏を東西に流れる風が、過去60年間にわたって弱まり続けていることを海洋研究開発機構などのチームが発見し、英科学誌ネイチャーに発表した。‥‥
(2013年6月3日産経ニュースから抜粋)
気候変動、犯罪の温床に 国連事務総長が懸念
‥‥気候変動に伴う干ばつなどを原因とした食料不足が政情不安につながり「過激派や国際犯罪の潜在的な温床になっている」と語り、懸念を示した。‥‥
(2013年6月2日産経ニュースから抜粋)
人災としての気候変動の新たな予測
‥‥他の研究者も、新たに示された推測から安心材料はほとんど得られないと述べている。彼らは、温室効果ガスの排出量は、21世紀のこの段階までに 予測されていたよりもはるかに急速に増加しており、これからもこの傾向は続くと見込まれるため、温暖化がどれほど進行するかの推測も上乗せせざるをえないだろうと警告する。‥‥
(2013年5月31日0urWorld2.0から抜粋)
気候変動の人為的要因に科学的コンセンサス
地球温暖化と気候変動に関する科学者による論文を新たに分析したところ、人間が主な原因であるとの意見でほぼ一致していることが分かった。 気候に関する査読済みの論文の包括的検証によると、最近の温暖化現象の大部分は人為起源、すなわち人間の活動の結果であるとする科学者たちの圧倒的なコンセンサスが示された。‥‥
(2013年5月29日0urWorld2.0から抜粋)
海洋酸性化は気候変動の「邪悪な双子」
‥‥現在、世界の海の表層水の平均的な酸性度は、産業革命が始まった時より約30%高くなっている。 ‥‥今すぐ二酸化炭素の排出を止めたとしても、酸性化は何万年も続きます。‥‥
(2013年5月24日0urWorld2.0から抜粋)
風力エネルギーの影、タービンの限界
‥‥ただし、風力エネルギーが天井に達する要件は、「何十億基というオーダーになる」とジェイコブソン氏は話す。‥‥2011年末現在、全世界で稼働するタービンは20万基弱だという。‥‥ 地球上を吹く風から最大の電力を得ようとすれば、大気中の二酸化炭素が倍増した場合と同等の気候変動を引き起こしかねないというのだ。 ‥‥
(2013年5月20日ナショナルジオグラフィックニュースから抜粋)
温室効果ガス 削減公約いったん撤回へ
2020年までに温室効果ガスを25%削減するとした国際公約について、日本政府が、国連への登録をいったん撤回し、11月に開かれる温暖化対策を話し合う会議=COP19までに新たな目標を登録したいとする文書を、近く国連に提出することが分かりました。‥‥
(2013年5月19日NHKから抜粋)
今後2週間、大型の太陽フレアに注意、人工衛星・GPS・短波通信障害の恐れ

独立行政法人 情報通信研究機構は、日本時間2013年5月13日(月)から5月15日(水)までの2日間に合計4回の大型(Xクラス)太陽フレア現象の発生を確認しました。この現象の最大X線強度は、通常の100倍以上に及ぶ大型のものです。また、この現象に伴い、ほぼ同時刻にデリンジャー現象の発生が観測されました。‥‥
(2013年5月16日情報通信研究機構から抜粋)

参考
巨大オーロラ発生危険 太陽活動数十年間低下か
2013年5月に新たな人類の危機、巨大な太陽フレアによる「ソーラーストーム」が地球に到達する可能性(2010年の記事)

温暖化進むと動植物の生息域半減 英大学などの研究班が予測
温室効果ガスの抜本的な削減策を取らずにこのまま地球温暖化が進むと、2080年までに世界の動物の34%、植物の57%の種が生息に適した地域を半分以上失うとする予測を英イーストアングリア大などの研究チームがまとめ、12日付の英科学誌に発表した。‥‥
(2013年5月13日東京新聞から抜粋)
大気中のCO2量が歴史的水準を突破、専門家らが行動を呼びかけ
大気中の二酸化炭素(CO2)の量が人類史上初めて400ppmを超えたことが、米監視当局の10日の発表で明らかになった。 ‥‥大気中のCO2量は、人類が存在するはるか以前の300万〜500万年前から400ppmを超えたことはないとされる。当時の地球は、現在より気温が数度高く、海水面が20〜40メートル高かったと推定されている。 ‥‥「われわれが今、生み出しつつあるのは先史時代の気候であり、人間社会は膨大かつ破滅的な可能性を秘めたリスクに直面することになる」‥‥
(2013年5月11日AFPから抜粋)
太陽の異変がもたらす日本の異常気象
‥‥「太陽の異変は進行中で、寒冷化も起きていますが、もちろん温暖化も深刻です。両者が進行し綱引きしている状態で、気象が激甚化しています。今後は、夏に雪が降ったり、ゲリラ豪雨や竜巻など、いつ何が起きるか分からない状況になる可能性があります」  恐ろしい時代になってきた。 ‥‥
(2013年5月9日ゲンダイネットから抜粋)
急速に進む北極海の酸性化、科学者らが警鐘
‥‥二酸化炭素の排出が原因で北極海の酸性化が急速に進んでおり、北極海の壊れやすい生態系に悲惨な結果をもたらす恐れがあると警鐘を鳴らした。‥‥CO2の排出をすぐに停止したとしても、海の酸性度を200年前に産業革命が始まる以前のレベルに戻すには、数万年かかるだろうという。‥‥
(2013年5月8日AFPから抜粋)
「崩壊」回避する5つの行動 未来からの警告

‥‥明らかに私は、自分が予想する未来を好ましいとは思っていない。もっと素晴らしい未来が技術的には実現できるはずであり、費用的にも可能だ。しかし、そこには断固とした意思決定が必要とされ、民主主義社会ではそれがなかなか難しい。幸い、2052年が実際にどうなるかは、その時になってみなければわからない。小さな努力を積み重ねることで、大きな効果がもたらされ、悲しむべき未来を避けることができるかもしれない。 そう考えれば、よりよい未来を目指して奮闘しつづける意欲も沸いてくる。そして私の予想が外れることを願う。
(2013年5月2日日経から抜粋)

参考
エコデモクラシー

「効率80%の太陽光技術」をIBMが開発
通常の太陽光発電では太陽光のうち最大30%しか利用できないが、IBMは残りの7割の多くを熱として再利用することで、システム全体の熱損失を入射エネルギーの約20%まで減らせる「HCPVT(High Concentration Photovoltaic Thermal)」を開発した。‥‥
(2013年5月1日WIREDから抜粋)
168カ国におよぶ砂漠化の危機
‥‥国連食糧農業機関(FAO)は、食料需要が2050年までに60パーセント増加すると予測している。専門家は、求められる食料生産を支えるためには農地をさらに1億2000万ヘクタール増やす必要があると言う。つまり南アフリカと同じ広さの農地が新たに必要になるのだ。‥‥
(2013年4月30日0urWorld2.0から抜粋)
中国が世界の気候変動対策のリーダーに、報告書
気候変動問題で、中国は米国と並ぶ世界の指導的立場を急速に確立しつつあるとする新たな研究報告が29日、発表された。同時に報告書は、世界の温室効果ガス排出量が強い増加を続けていると警告している。‥‥
(2013年4月29日AFPから抜粋)
代表団からNGO外す 温暖化国際交渉で政府
地球温暖化対策を協議する気候変動枠組み条約の国際交渉で、日本政府代表団の一員として参加してきた環境保護の 非政府組織(NGO)の枠を、政府がスリム化を理由に除外した ことが26日、分かった。‥‥
(2013年4月29日共同通信から抜粋)
真剣さ見えない温暖化対策
‥‥日本はこの問題に背を向けたかのようだ。安倍政権は「20年に1990年比で25%削減」とした現行の削減目標を見直す方針だが、新目標をどうするかの議論は進んでいない。‥‥
(2013年4月28日日経から抜粋)
石油の需給逼迫とユーロ圏危機
‥‥心に留めておかなくてはならない重要な点は、レポートの著者らは石油の価格高騰が明日にでも起こると言っているわけではないことだ。そうではなく、彼らが示唆しているのは、石油供給の低下が今から2020年までの間のどこかで起こる可能性があり、それを公共政策において考慮しなければならないということだ。‥‥
(2013年4月26日0urWorld2.0から抜粋)
電力の50%を風力と太陽光で得たドイツ、記録更新中

ドイツのシンクタンクInternationales Wirtschaftsforum Regenerative Energien(IWR、再生可能エネルギー国際経済フォーラム)は2013年4月18日の正午、ドイツ全国の電力のうち、50%以上を風力発電と太陽光発電がまかなったと発表した。  欧州の主要な電力取引所であるEEX(European Energy Exchange)のデータによれば、風力発電と太陽光発電の合計が初めて36GWに達した。これは原子炉30基分以上に相当する出力だ。IWR所長のNorbert Allnoch博士によれば、長期休暇などを除き、電力需要の多い平日に50%を達成したのは初めてのことだという。‥‥
(2013年4月24日スマートジャパンから抜粋)

参考
石原環境相は「再生可能エネルギーは、基幹エネルギーに位置付けられない」との認識を示したという。

景気後退には勝てないか? EUの温暖化防止政策、制度崩壊間近
‥‥ここ数年の景気後退により、多くの工場で生産量や電力消費量が減少し、二酸化炭素(CO2)自体の排出量が減少してきたため、取引をする排出枠が過剰供給となり、その価格が暴落。当初の効力が薄れてきているという。‥‥
(2013年4月22日マイナビニュースから抜粋)
もしも人類が絶滅したら

‥‥もし一夜にして人類が滅亡したらどうなるのか?制御されないダムや発電所、分解しない合成樹脂や放射性物質が残り続け、他の生物が住めない死の星へと変えるだろう。‥‥原子力発電の燃料や砲弾に使われるウラン235は約7億年、ウラン238はおよそ45億年とケタ外れに長い。‥‥
(2013年4月21日マイナビニュースから抜粋)

参考
【動画】人類消滅後の地球

地球温暖化が減速か、各国の政策や企業経営にも影響
異常気象の原因になっているとされる地球の温暖化。ただ一部では温暖化スピードが減速しているとの見方が出ており、科学者らはその現象を説明するのに苦慮している。100年単位など長いスパンでの傾向を分析する多くの気候モデルでは、気温上昇のスピードが2000年ごろから減速するとは予想されていなかった。科学者らは原因の解明を急いでおり、この減速が一時的なものか、より長期的な傾向なのかを見極めようとしている。 ‥‥
(2013年4月18日ロイターから抜粋)
温暖化ガス排出量、過去20年間は横ばい−大気汚染対策停滞
IEAは17日発表したリポートで、風力や太陽光といった再生可能エネルギーブームや、温暖化ガス排出規制を目指し1997年に採択された京都議定書もトレンドの歯止めにはならなかったとの見方を示した。 ‥‥
(2013年4月17日ブルームバーグから抜粋)
火力発電でCO2排出量が増加、最大の問題は石油
‥‥電力会社は原子力発電所の安全性を強化するためにコストをかけるよりも、石油火力から高効率のLNGあるいは石炭火力に発電設備を転換するほうが長い目で見れば得策だろう。‥‥
(2013年4月17日スマートジャパンから抜粋)
2030年までの大幅削減不可欠 温室効果ガスでIPCC部会
温室効果ガスの排出量を2030年までに大幅に減らすことができなければ、気温上昇を抑えるために大気中から人工的に除去しなければならなくなる―。ロイター通信は15日までに、国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の作業部会がこんな内容の報告書素案をまとめたと報じた。‥‥
(2013年4月16日共同通信から抜粋)
風力やバイオマスで自給率35%へ、復興を加速するエネルギー拡大戦略
岩手県は2020年までに電力需要の35%を再生可能エネルギーで供給する計画を推進中だ。特に拡大が期待できるのは風力発電で、洋上における事業化の検証も始まった。釜石市をはじめ各市町村が復興を目指して意欲的に取り組む。豊富にある木質バイオマスを活用する動きも広がってきた。‥‥
(2013年4月16日スマートジャパンから抜粋)
ほぼ全ての氷河が後退=最大97メートル、温暖化の影響−オーストリア
オーストリア山岳会は12日、2012年に観測した国内の氷河95カ所のうち、93カ所が1年前から後退したことを明らかにした。中でも同国を代表するパステルツェ氷河は1879年の観測開始後、最大となる97.3メートルも後退していた。‥‥
(2013年4月13日時事ドットコムから抜粋)
CO2激増の一方、気温は予想より上昇せず
‥‥この15年間、世界のCO2排出量は激増しているものの、地球表面の平均気温が上昇していないというのだ。実は英国気象庁も同様の発表をしており、昨年12月24日に、2020年までの温暖化進展に関する見通しを大幅に下方修正する見通しを発表した。‥‥
(2013年4月13日アゴラから抜粋)
今世紀末の洪水リスク、温暖化で最大4倍超も
地球温暖化が今のまま進むと、今世紀末には大雨が増加し、河川の洪水リスクが現在と比べると1.8〜4.4倍になると予測した報告書を環境省と文部科学省、気象庁が12日、公表した。‥‥
(2013年4月12日日経から抜粋)
温暖化対策 「空白」は不信を招く
‥‥原発を勘定に入れて、削減計画を立てようというのなら、間違いだ。原発事故の放射能汚染は身に染みているはずだ。再生可能エネルギーへの移行こそ、温暖化対策の未来を開く王道である。 日本はいわば京都議定書の生みの親。それだけに国際社会はこの対策の空白に、不信を募らせている。‥‥
(2013年4月12日東京新聞から抜粋)
「大気汚染の死者は年600万人超」、国連機関が半減目標を提唱
国連工業開発機関(UNIDO)は9日、大気汚染が原因で死亡する人の数が世界で毎年600万人以上に上り、その危険性が過小評価されていると警告した。クリーンエネルギーを導入すれば、2030年までに死者数を半減できるとしている。‥‥
(2013年4月10日AFPから抜粋)
中国 世界一のトウモロコシ輸入国の座を日本から近々奪う
トウモロコシや大豆の消費がこれ以上増えると、世界の穀物の需給関係が一気に逼迫しかねない。‥‥
(2013年4月10日NEWS ポストセブンから抜粋)
温暖化、ここ100年で急速進行 米研究チームが調査
‥‥7千年前ごろをピークに気温が下がってきたが、ここ100年で一転して急上昇。現在の気温は1万年のうち9千年間より高くなっているという。
(2013年4月10日朝日新聞から抜粋)
温暖化の脅威「闘う科学者」ハンセン博士 NASA退職
‥‥私には2人の孫がいます。彼らの世代が大人になったとき『将来、こうなると分かっていたことについて、どうして声をあげなかったの?』と非難されたくないのです。そんな不道徳なことができますか?
(2013年4月7日SankeiBizから抜粋)
南極の海氷:温暖化で記録的拡大 塩分濃度減で
地球温暖化は、かえって南極大陸周辺の海氷を拡大させるとの分析を、オランダ王立気象研究所がまとめ、3月31日付の英科学誌ネイチャー・ジオサイエンス(電子版)に発表した。‥‥
(2013年4月1日毎日jpから抜粋)
北極圏、今後数十年で大幅「緑化」 温暖化影響
地球温暖化の影響で今後数十年以内に北極圏の氷や永久凍土が溶けて草木が茂り、爆発的に「緑化」される可能性が高いとする研究が、3月31日の英科学誌ネイチャー・クライメート・チェンジに掲載された。‥‥
(2013年4月1日AFPから抜粋)
北極海が暖かいと寒い冬に? 大気の流れ変わり寒気流入
北極海の氷が減ると日本の冬は寒くなる――。国立極地研究所や海洋研究開発機構(JAMSTEC)の研究で、そんな関係がわかってきた。‥‥
(2013年3月31日朝日新聞から抜粋)
太陽がおかしい

‥‥今秋以降、黒点数は減っていく。その減り方などから数百年ぶりに長期にわたる極小期が訪れるかどうかが明確になってくる。世界の太陽研究者の間では、太陽の活動低下を予測する声が増えているという。太陽活動が長い極小期に入れば、その影響は無視できない。二酸化炭素による地球温暖化と、太陽に起因する地球寒冷化が、大気現象としてせめぎ合い、より複雑な気候変動をもたらすことも考えられる。‥‥
(2013年3月19日産経ニュースから抜粋)

参考
太陽活動数十年間低下か

太陽活動の変化、グリーンランドの気温変動に影響−極地研発見
‥‥グリーンランドの気温は太陽活動の強い時、北半球の気温変動よりも寒く、逆にその活動が弱いと、暑くなることを突き止めた。‥‥
(2013年3月18日日刊工業新聞から抜粋)
日本の温暖化対策が後退――環境保護団体が強い懸念
‥‥国際交渉でも日本は後ろ向き 気候ネットワークも温対法の改正に対して、「2020年の中期目標のみならず、閣議決定済みの2050年80%削減の長期目標すら明記されていない。地球温暖化対策推進本部は、温室効果ガスの80%削減を目指しているのにもかかわらず、目標に関する文言はどこにも見当たらない」と指摘した。‥‥
(2013年3月18日オルタナから抜粋)
温暖化対策法改正案を閣議決定=数値目標は明記せず
‥‥政府は民主党政権が掲げた20年までに温室ガスを1990年比で25%削減する目標を11月までにゼロベースで見直す方針だ。
(2013年3月15日時事ドットコムから抜粋)
首相がTPP交渉参加を正式表明

‥‥政府の試算によると、TPPに参加した場合の国内への影響は、農業分野の生産額が3兆円減少する一方で、消費や工業製品の輸出は増加し、全体では実質国内総生産(GDP)を3兆2千億円(0・66%)押し上げる効果があるという。
(2013年3月15日産経から抜粋)

参考
自由貿易は先進国も途上国も利さない。

北海道の太陽光発電、100万キロワット超に 稼働時間の抑制検討

問題は北海道での送電網の容量が本州に比べて小さいこと。経産省によると、道内には40万〜60万キロワット程度しか太陽光の受け入れ容量がないという。認定される設備の総出力は容量を上回る見通しで、このままでは全ての設備が売電することはできない。‥‥
(2013年3月15日日経から抜粋)

参考
再生可能エネルギー 買い取り義務「名ばかり」

パワー・トゥ・ザ・ピープル 〜グローバルからローカルへ〜
10年かけて100%クリーンエネルギーを実現したデンマークの小さな島、サムソ。人口4200人のこの島では、本土の電力会社を通さずに電力を確保するため、海上風力発電と太陽光による自家発電を取り入れているほか、農業中心の土地柄を利用してバイオマスやバイオ燃料を製造。その結果、余剰電力を売って利益を得ることができることになっている。‥‥
(2013年3月14日VPRO)
地球温暖化で2040年までに花粉量2倍以上に? 米研究
地球温暖化に伴い各地で異常気象が頻発する中、花粉症の原因となる花粉の飛散量が今後数十年で急増すると予想されている。‥‥
(2013年3月14日CNNから抜粋)
最近の気温、過去1万年で最高 人為的な温暖化を裏付け

特に過去100年ほどの気温上昇幅が大きく、産業革命以降の大気中の二酸化炭素(CO2)の増加傾向と一致した。現在の地球温暖化が人間活動によって引き起こされたことを裏付ける結果で、チームは「このままでは今世紀末にかけてさらに気温が上昇する」と警告している。
(2013年3月8日共同通信から抜粋)

参考
1万年の気温変動を推定、「100年前からの急増」がより顕著に
Scientists Find an Abrupt Warm Jog After a Very Long Cooling
海水温データを示す海底コアの時間軸を、現在の方に1008年間ずらしたり、過去の方に191年間ずらしたりしてから平均していた。

1.5度の気温上昇で永久凍土がとける?
「世界の平均気温が1.5度上昇するだけでシベリアの永久凍土の融解が始まるだろう」と2月21日、科学者たちが警告した。 シベリアの永久凍土内の広範囲の融解は、 気候変動に深刻な影響を及ぼす可能性がある。‥‥
(2013年3月7日0urWorld2.0から抜粋)
皇太子さま:国連で水問題テーマに講演へ

‥‥日本の皇族が国連でスピーチするのは初めて。皇太子さまが特別会合で講師となったのは、「水問題」の研究に長年取り組んできたことが背景にある。‥‥「水問題はあらゆる人類の問題に関わる」との認識を強めていったという。‥‥
(2013年3月6日毎日jpから抜粋)

参考
狙われている日本の水資源
日本の国民一人当たりの水資源は世界平均の半分程度。日本の食生活を支えるだけの水資源が日本にはない。
日本の「水輸入」は世界最大
21世紀末に迷い込んだ少女の、水をめぐる物語

木くずから水素 新技術、燃料電池車に活用
木くずや下水汚泥などから水素をつくり出す新技術が注目されている。ドイツからの技術導入をもとに実用化技術を磨いてきたベンチャー企業、ジャパンブルーエナジーを中核に、岩手県宮古市で水素を利用する地域復興プロジェクトが始まった。‥‥
(2013年3月6日日経から抜粋)
「従来と同等以上を」=温暖化対策で要請−石原環境相

‥‥3月末に期限が切れる京都議定書の目標達成計画に代わる新たな計画の策定が遅れているため、当面は現行の取り組みを最低限維持するよう呼び掛けたものだ。
(2013年3月5日時事ドットコムから抜粋)

参考
中央環境審議会の委員に内定していた脱原発や温暖化対策強化を訴える環境NPO代表や大学教授らが、政権交代直後に就任を取り消されたことがわかった。石原伸晃環境相の意向とみられる。

再生可能エネルギー固定価格買い取り制度 買い取り義務「名ばかり」
‥‥実はこの法律には穴があいている。例えば、同じ5条の第2項には「電気の円滑な供給の確保に支障が生ずる恐れがあるとき」という例外規定がある。つまり、大手電力は送電線や変電所の容量を超える電力は受け入れなくてもよいわけだ。 そのうえ、送電線や変電所へ接続するためのインフラは、発電業者の負担。その接続工事を担う会社は電力会社の子会社が多いため、競争原理が働かず、コストは高止まりという具合だ。その高コストが新規発電業者には過大な負担になる。 ‥‥
(2013年3月5日東京新聞から抜粋)
大いなるペテン、シェールガス
‥‥採掘は猛スピードで資本を食いつくし、生産が行き詰ると業者に借金の山の上を残してきた。この生産量の低下で経営者たちの懐を痛めないようにするために、企業は次から次へと汲み上げなくてはならなくなり、涸れた油井の分を他の油井で補うのである。他の油井も明日には涸れるだろう。悲しいかな、遅かれ早かれこういう図式は壁に突き当たる。現実という壁である‥‥
(2013年3月ル・モンド・ディプロマティークから抜粋)
大異変!ホッキョクグマが生き残りをかけて前代未聞のハンティング!原因は温暖化?

海鳥を捕るために断崖絶壁をよじ登る、泳ぎでは勝てないセイウチに海の中で挑みかかる…。カナダのハドソン湾周辺に暮らすホッキョクグマが、通常はしない方法での狩りを強いられている。‥‥
(2013年3月1日テレビドガッチから抜粋)

参考
Nat Geo Wild Ice Bear(その動画)

いよいよ動き出す?国立公園での地熱発電事業が本格化!?
これまで、地熱発電には様々なハードルがあり、なかなか前進できなかった。 しかし、今春にも北海道上川町の大雪山国立公園内で、地熱発電所の建設に向けた地表調査が始まる見込みとなった。‥‥
(2013年3月1日マイナビニュースから抜粋)
『銃・病原菌・鉄』のジャレド・ダイアモンド来日講演

多くの人――特にエンジニアリングや技術系の人――は技術革新で、すべてが解決できると思い込んでいるのですが、それは間違いです。 なぜかと言うと、すべての科学技術はマイナス面が予測不可能な形で出てくるからです。エンジニアが新しいテクノロジーを作ったとします。プラス面ももちろんありますが、マイナス面がまったくないものも絶対にありません。 ‥‥
(2013年3月1日ガジェット通信から抜粋)

参考
文明崩壊 滅亡と存続の命運を分けるもの

シェル:太陽光が今後50年で最大のエネルギー源になる可能性
欧州最大の石油会社、英蘭系ロイヤル・ダッチ・シェル は太陽光が今後約50年間に最大のエネルギー源になる可能性があるとのリポートを発表した。同社は4年前に太陽光事業から撤退している。 ‥‥
(2013年2月28日ブルームバーグから抜粋)
「経済成長」という呪縛からの解放

‥‥20世紀に日本を含めた先進国が豊かになる上での大前提だった「ただ同然の石油」も今や当時の何十倍、何百倍に高騰している。結果的に新興国でさえも、低成長経済への転換を迫られ始めているというのだ。もはや人類は地球の果てまで開発をし尽くし、地球上には夢の未開地=フロンティアが存在しない。常に先進国の成長の大前提だった搾取の対象を、既にわれわれはしゃぶり尽くしてしまったというわけだ。そのような状況の下で、相も変わらぬ成長神話にすがりついた政策を無理矢理推し進めれば、当然そのバックラッシュは避けられない。こうした世界経済の潮流の中で、日本はどこへ向かうべきなのか。成長を前提としない資本主義は成ち立つのか。その場合、民主主義はどうなるのか。‥‥
(2013年2月23日ビデオニュース・ドットコムから抜粋)

参考
今後10年で、石油の需給ギャップの拡大によりエネルギークランチが起きる可能性は高い 加工貿易といった自由貿易体制の恩恵は殆ど失われる
近代民主主義に基づく代表制政治では、現代の環境問題のすさまじいまでの規模と新しさには対応できない

人類を待ち受ける「暗くて不愉快な未来」「地球社会への最終警告書」を読み解く

‥‥今、持続不可能な領域に足を踏み入れている我々は、そこから簡単に抜け出せるのだろうか? 持続可能な状態にソフトランディングしていけるのか、それとも世界は崩壊するのだろうか?‥‥人類は、私が恐れていた通り、動きが鈍く、素早い決断ができないため、本来なら十分に避けられるはずのダメージを回避することができない。民主主義国の意思決定が、いかに複雑で時間がかかるかを見れば、よく分かるだろう。
(2013年2月20日日経ビジネスから抜粋)

参考
エコ・デモクラシー

生産量が減っても、経済成長はできる

旧式な技術に戻って生産量が減少することにより、経済成長が実現することもあるのだ。‥‥
(2013年2月18日東洋経済から抜粋)

参考
"人の手”こそ石油に代わる資源 あえて手作りにすることで雇用機会を10倍にし、生産者の生活を支援

米 気候変動への対策求めるデモ

アメリカの首都ワシントンで気候変動の問題への対策を求める大規模なデモが行われ、2期目の政権運営を始めたオバマ大統領に対し、積極的な取り組みを求めました。 ワシントンのホワイトハウスの周辺で17日、3万人を超える人々が集まって大規模なデモを行いました。‥‥
(2013年2月18日NHKから抜粋)

参考
オバマ大統領、気候変動対策に強い決意

世界の風力・太陽光発電が「記録的成長」
‥‥世界の太陽光発電の全設備容量は100GWの大台を上回ったという。‥‥太陽光と風力の発電容量が記録的に増加しているとはいえ、全体の枠組みから見れば、いまだにかなり小さい規模なのだ。‥‥
(2013年2月15日WIREDから抜粋)
気候変動による湿潤化で東シベリアの森林の枯死が進行中
海洋研究開発機構は、地球温暖化の影響による北極域の気候変化に伴い、冬季の降雪量と夏季の降雨量が増加し、東シベリアの地表付近の永久凍土の融解が促され、さらにその過剰な湿潤状態が森林の枯死を進行させていることを明らかにしたと発表した。‥‥
(2013年2月12日マイナビニュースから抜粋)
太陽光・風力に続け 実用化狙う海洋エネルギー発電
‥‥NEDOの調査によると、日本近海で理論上利用可能な波力エネルギーの資源量は約2億kW。現状の技術水準でも、そのうち539万kWを活用できそうで、およそ原発5基分の電力を賄える計算だ。‥‥
(2013年2月12日日経から抜粋)
私たちは危機のサインを見逃してきた

脱化石燃料なくして繁栄は得られない ‥‥実際、現在、原油高にも拘らず石油大手は儲かっていない。‥‥化石燃料に大きく依存した日米欧の多くの国は、今後とも不況を抜け出すことは不可能という陰鬱な結論が得られる。‥‥
(2013年2月11日アゴラから抜粋)

参考
失業と貧困は、なぜ生み出されるのか?
石油生産がピークを過ぎた。 ポスト・ピークオイル

米の原油輸入6.9%減 12年、シェール革命で
新型天然ガスや石油の生産増につながる「シェール革命」が、米国経済の構造変化を後押ししている。米貿易統計によると2012年の原油輸入量は15年ぶりの低水準となり、3年ぶりに貿易赤字が減少する要因となった。‥‥
(2013年2月10日日経から抜粋)
露学者「氷河期はもう来年から始まる」

ロシアの学者らは、グローバルな地球の温暖化に異を唱え、逆に、今後数年のうちに寒冷化が始まると予想している。‥‥
(2013年2月8日ボイスオブロシアから抜粋)

参考
太陽両極の磁場異変を確認

気候変動の影響で食品価格2倍上昇の可能性も
気候変動の影響でアジアの穀物生産は今後40年間で最大4分の1減少し、中国など主要消費国は輸入の急増を余儀なくされ、食品価格は最大で現在の水準の2倍に上昇する可能性があると国際食糧政策研究所(IFPRI)は明らかにした。‥‥
(2013年2月8日WSJから抜粋)
スターン報告書よりはるかに深刻な現実
英国政府の委託によりスターン卿が著した気候変動に関する報告書は、政治家や環境保護論者の議論の拠りどころになっていた。だが、当のスターン卿は今日、自分はリスクを過小評価していた、気温の上昇が経済にもたらす脅威について、もっと「直截的」になるべきだったと話している。‥‥
(2013年2月8日0urWorld2.0から抜粋)
温暖化対策推進法改正案を提出へ
政府が温室効果ガス削減の国際枠組みである京都議定書にことし4月以降参加しないため、環境省は日本独自の削減計画を策定して対策を取ることを定めた温暖化対策推進法の改正案を今の国会に提出する方針を決めました。‥‥
(2013年2月7日NHKから抜粋)
電子書籍は本当に紙の本よりエコか?
‥‥結局のところ、紙の本と電子書籍リーダーのうち、最も環境持続性の高い選択は、良識をもって製造された本を選ぶという条件であれば、紙の本なのだ。さらに言うなら、本の交換や、中古本市場や公共図書館を利用することが、よりエコな行為であることは間違いないだろう。
(2013年2月4日産経から抜粋)
グリーンランド:温暖期、氷床の厚さ400メートル減少−−国際チーム調査

エーム期が始まったばかりの12万6000年前ごろが最も温暖で、気温は現在(年平均氷点下29度)より約8度高かったことが分かった。また、12万8000年前からの6000年間で氷床の厚さが約400メートル減った。‥‥
(2013年2月4日毎日jpから抜粋)

参考
12万5千年前の海水面は現在より最大9mも高かったことが明らかに

誰が気候変動のコストを負担すべきか?
‥‥ハリケーン・サンディが米国沿岸を襲った1ヶ月後、ボーファ台風(台風24号)がフィリピンを直撃した。これは、この4年間で4番目に大規模な自然災害で、経済に大打撃を与え、2000人もの命を奪った。現在の見積もりでは総コストは8億3900万ドルにのぼる。フィリピンは6500万ドルの緊急援助を要請したが、現在のところ、1200万ドルしか得られていない。‥‥米国では国民の59%が海外援助の削減を望んでいることがわかった。‥‥
(2013年2月1日0urWorld2.0から抜粋)
太陽両極の磁場異変を確認

‥‥次の太陽活動の極大期は半年ほど後ろにずれ込んで、今年秋ごろになるとみられ、その時の平均相対黒点数は69と予想される。これは、過去100年で最低の極大期黒点数であり、当面、太陽活動は低調に推移するものと考えられるという。 こうした太陽活動の異変は、地球が寒冷期となったマウンダー極小期(1645〜1715年ごろ)やダルトン極小期(1790〜1820年ごろ)に似ているとも言われる。‥‥
(2013年2月1日ナショナルジオグラフィックニュースから抜粋)

参考
地磁気減少で寒冷化?=化石に「証拠」
巨大オーロラ発生危険 太陽活動数十年間低下か

積雪面積が10年で20%減少 北半球、予測上回るペース
‥‥この地域の年間平均気温は10年間で0.3〜0.5度のペースで高くなっており、これが雪に覆われた面積の減少の原因と考えられるという。 太陽光の反射率が高い積雪面が減ると、地表で吸収される熱が増え、温暖化が加速する恐れがあり、チームは「生態系や人間生活に大きな影響を与える可能性がある」と警告している。
(2013年1月30日日経から抜粋)
南極の氷は急激に溶ける可能性がある 60%が溶けやすい状態にある
地球温暖化によって気温が今より最大3度高くなると予測されている2100年、同じ気温だった12万5千年前の海水面は現在より最大9mも高かったことが明らかに。‥‥
(2013年1月29日クローズアップ現代から抜粋)
公表相次ぐ新指標、温暖化ガスの削減貢献量
企業の環境活動を示す数値として、温暖化ガスの削減貢献量を公表する動きが広がりを見せている。製造過程などで生じる温暖化ガスの削減目標は、以前から設定・公表が進んでいた。削減貢献量はこれとは異なり、製品の使用段階などでどれだけ排出量を削減できたかを算出したもの。自社製品の「効果」を明示できることが特徴だ。算出方法が企業や業種によって異なるなどの課題は残されているが、日本が国際標準化を主導する取り組みも始まっている。‥‥
(2013年1月29日日経から抜粋)
温室ガス削減目標見直しへ 首相「25%は実現不可能」
菅義偉官房長官は24日の記者会見で、温室効果ガスの排出削減をめぐり民主党政権が掲げた「2020年に1990年比で25%削減」の国際公約について、「とてつもない目標であって、実現不可能だ」と述べた。‥‥
(2013年1月25日朝日新聞から抜粋)
失業と貧困は、なぜ生み出されるのか?
‥‥エネルギー制約により、世界経済のパイが大きくならない状況では、高生産性産業が出現しても、全体の生産量は、大きくできない。 従って、失業した人たちの多くは、必然的に、低生産性の職に就くか、失業を続けなくてはいけないことになる。これが格差、即ち貧富の差の拡大を生むことになるのである。‥‥IEAはWorld Energy Outlook 2012で、シェール革命によりアメリカが近い将来エネルギーを他国に依存しないようになると楽観的な予測を述べたが、多くの疑義が出されている‥‥
(2013年1月23日BLOGOSから抜粋)
人工光合成の研究加速 実用化へ日本が先陣 資源・温暖化で脚光
植物の光合成のように、太陽光のエネルギーを使って水と二酸化炭素からアルコールなどの有機物を工業的に製造する「人工光合成」の研究が日本で急展開している。‥‥パナソニックが早くも植物と同じ変換効率を達成した。‥‥
(2013年1月21日産経ニュースから抜粋)
低炭素社会を目指して豊かになるガイアナ
‥‥気候変動の原則からわかることですが、基本的に、自然資源のシステムが気候変動により衰弱したり、脆弱になったり、破壊されたりすると、それによって経済は崩壊します‥‥
(2013年1月18日0urWorld2.0から抜粋)
成長限界のゴードン説に挑むダボス会議−ダイナミズム議論へ
‥‥ゴードン教授が意味した「終わり」というのは、幸せな日々はまだ戻っていないがあと1四半期待てばいいというような程度のものではない。完全な終わり、終えんであり、二度と幸せな日々は戻らないという意味だ。「1人当たりの実質国内総生産(GDP)は将来、19世紀後半以降の期間で最も低い伸びになる」と教授は論じている。‥‥
(2013年1月18日ブルームバーグから抜粋)
経済低迷下で日本が示す新たな標準
‥‥私たちは経済成長のために生きているのではありません。日常に幸せを見出すために生きているのです。そして将来の世代も幸せを享受できる事を願っています。経済と社会はこの目的を果たすべきであり、それが達成できないのであれば異なった形態や構造をとらなければなりません‥‥
(2013年1月17日0urWorld2.0から抜粋)
経団連、2020年までのCO2削減計画取りまとめ
計画は自主的なもので、未達成の際の罰則はなく、産業界全体としての目標も設定しない。 また、政府のエネルギー政策の策定が遅れているため、将来の原発比率が見えないことなどから、削減目標の設定を先送りした団体・企業もある。‥‥
(2013年1月17日産経ニュースから抜粋)
2013年は過去最高の暑さになる、NASA
‥‥海洋が暖まっている。これは地球がバランスを失っていることを示している。放出されるエネルギーより入るエネルギーの方が多くなっている。それゆえ、今後10年間が過去10年間より暖かくなることを確信を持って予測できる‥‥
(2013年1月16日AFPから抜粋)
2013年、世界各地で異常気象の年明け

またしても世界が異常気象に襲われている。エルサレムは吹雪となり、オーストラリアでは山火事が収まらず、中国は寒波に見舞われ、ブラジルは熱波の真っただ中にある。年明けの2週間から判断するかぎり、2013年も2012年の気象傾向がそのまま続きそうだ。‥‥
(2013年1月16日ナショナルジオグラフィックニュースから抜粋)

参考
豪シドニー 史上最高45度8分の猛暑
欧州西部に寒波や強風、事故が多発

すすの温暖化、2倍も強力 東大などの国際チーム
‥‥ディーゼル燃料などからの排出を減らすことで効果的に温暖化を抑制できると指摘。大気汚染による健康被害も減らせるとして各国に早急な対策を求めている。
(2013年1月16日河北新報社から抜粋)
米国:12年は気温最高 異常気象も深刻

2012年の米国は、観測史上で最も平均気温が高かったと米海洋大気局(NOAA)が8日発表した。大きな被害をもたらしたハリケーン「サンディ」や干ばつにも見舞われ、過去2番目に異常気象が激しい年だったとも分析している。‥‥
(2013年1月9日毎日jpから抜粋)

参考
異常気象は「終末の前兆」と捉える米国人、3割超

エネルギー大変革 〜岐路に立つ日本の資源戦略〜(1) (2)

気候変動報告書案また流出 経済成長への悪影響指摘
国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は9日、地球温暖化による社会や自然への影響を評価する第2作業部会の報告書草案がインターネット上に流出したと発表した。昨年12月には第1作業部会の報告書草案が流出したばかり。‥‥
(2013年1月9日共同通信から抜粋)
サンゴ分布、大幅縮小の可能性 海洋酸性化の影響予測

二酸化炭素(CO2)をこれまで同様に排出し続けると、海水温の上昇や海水の酸性化によって、日本近海でサンゴが生息できる海域が今世紀中に大幅に縮小する可能性があるとする予測を、北海道大や国立環境研究所(茨城県つくば市)などのチームが9日発表した。‥‥
(2013年1月9日共同通信から抜粋)

参考
海洋の酸化、過去3億年で最速ペースで進行 海の生命体に懸念

地磁気減少で寒冷化?=化石に「証拠」−神戸大など

地球を取り巻く磁場(地磁気)の変化と、気候の寒冷化が関連する可能性を示す証拠を、神戸大などの研究チームが花粉の化石などの分析で発見し、7日までに論文をまとめた。‥‥
(2013年1月8日時事ドットコムから抜粋)

参考
巨大オーロラ発生危険 太陽活動数十年間低下か

気候変動は私たちの目の前で起きている
凍結と解凍を毎年繰り返す北極の 海氷は今年9月、 観測史上、最小の面積となり、その後、さらに50万平方キロメートル縮小した。こうした状況に、海氷学者の小さなコミュニティーは衝撃を受けた。‥‥
(2013年1月1日0urWorld2.0から抜粋)
世界の温暖化対策後退 京都議定書、第1期間終了へ 景気低迷で後回し
二酸化炭素(CO2)など温暖化ガス削減の国際的な枠組みを定めた京都議定書の約束期間が31日で終わる。2013年からは日本やカナダ、ロシアが参加を見送るため、削減義務を負う国・地域の割合は世界全体の約15%に下がる。‥‥
(2012年12月30日日経から抜粋)
気候変動による損害支払い請求急増‥‥保険業界の対応は
気候変動による損害は年間1兆2,000億ドルと推定され、保険支払い請求は1980年代以降、10年ごとに倍増している。‥‥ロイズ(ロンドンにある世界的な保険市場)は、気候変動を保険業界が抱える最も大きな問題と見ている。
(2012年12月26日産経ニュースから抜粋)
「地球温暖化」でも厳冬なのはなぜ? 原因は夏の北極海に

‥‥温暖化による北極海の海氷の消失は今後も続きそうで、負の北極振動(AO)や北大西洋振動(NAO)はますます起こりやすくなる。温暖化時代の厳冬という逆説的な現象はこれからもしばしば現れそうだ。
(2012年12月24日日経から抜粋)

参考
寒波で200人超死亡=東欧、旧ソ連

西南極氷床が予想以上の温暖化、国際チームが報告

気候変動による海面上昇幅の約1割は西南極氷床の融解によると推測されているが、西南極の気温は以前に考えられていた2倍のスピードで上昇しているとみられることが分かった。‥‥
(2012年12月24日AFPから抜粋)

参考
北極海を覆う氷の温度は、以前の予想の約2倍の速度で上昇している。

未公表のIPCC報告書流出「海面最高82センチ上昇」
国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が2013年9月に公表を予定している第5次評価報告書の一部が、ネット上に流出していることが分かった。IPCCは「評価や査読を妨害し、残念だ」とのコメントを発表した。報告書では、人間の活動が気候変動の原因である「可能性が極めて高い」とし、今世紀中に海面が最高82センチ上昇するなどと予測している。‥‥
(2012年12月17日朝日新聞から抜粋)
肉食は自動車よりも二酸化炭素を排出する:研究結果
週に一度しか肉を食べないことで、死亡率を下げて、自動車の走行距離750億kmに相当する二酸化炭素の排出量を削減することができる。という研究が、世界自然保護基金によってドイツで行われた。‥‥
(2012年12月11日WIREDから抜粋)
地球の海面、20年で11ミリ上昇 温暖化で氷床溶ける
米航空宇宙局(NASA)や欧州宇宙機関(ESA)などの国際研究グループは、地球温暖化による南極やグリーンランドの氷床の減少で、地球の海面が最近20年間で11ミリ上昇した、とする論文を30日付米科学誌サイエンスに発表した。 ‥‥
(2012年11月30日朝日新聞から抜粋)
再生可能エネルギーは従来型のエネルギーよりも多くの雇用を創出する
輸入エネルギーを再生可能エネルギーに置き換えていくことで、ドイツの貿易収支は改善し、エネルギー安全保障は強化されるのである。すでに再生可能エネルギー部門で、38万人の雇用が国内で創出されている。これは従来型のエネルギーの雇用をしのぐ規模である。この中には製造業に従事する人もいるが、他の多くは、設置やメンテナンス業に従事している。ドイツはこのようにして、他の諸国よりも経済・財政危機をうまくしのぐことができているのである。‥‥
(2012年11月28日ハインリッヒ・ベル財団 訳:気候ネットワークから抜粋)
COP18関連
浮遊性巻き貝の殻が溶解=南極海「酸性化」で−欧米チーム

‥‥石油・石炭の燃焼などで排出される二酸化炭素(CO2)が海水に溶け込む量が増え、海水の弱アルカリ性が酸性側に近づく「酸性化」が進んでいる影響とみられ、生態系への打撃が懸念される。
(2012年11月26日時事ドットコムから抜粋)

参考
海の酸性化が止まらない!とうとう巻き貝の殻が溶け始めた【南極】
牡蠣の大量死は二酸化炭素が原因
二酸化炭素が世界中のサンゴ礁に影響を及ぼしています。2050年までに完全に消滅
警告!「海洋生態系の"ティッピング・ポイント"が近づいている」
海水の酸性化、急速に進行(最近2千万年の中で最も変化が激しかった時に比べても100倍) 50年には今の2.5倍に
世界の海は過去6500万年の間には見られなかったペースで化学変化が進んで‥‥
海洋酸性化、今世紀末までに海洋生物の崩壊をもたらす

温室ガス削減、最大130億トン不足=世界気温3〜5度上昇も−国連

国連環境計画は21日、世界各国による温室効果ガスの排出削減目標の合計量が、地球温暖化防止に向け2020年までに必要な削減量に80億〜130億トン不足しているとする最新報告を発表した。現行の取り組みのままでは、世界の気温は今世紀中に、18世紀半ばの産業革命時と比べ3〜5度上昇する可能性があると警告している。
(2012年11月21日時事ドットコムから)

参考
国連は地球のゆるやかな破滅を予告するか

二酸化炭素を食べる虫 ミドリムシの恐るべき潜在パワー
‥‥通常の何倍もの濃度のCO2にさらすとかえって成長が阻害されるが、ミドリムシに関しては通常の350倍の濃度まではOK。収量が通常の30〜40倍に増えるという。 そこでユーグレナが目を付けたのは、CO2をたっぷり含む火力発電所や製鉄所の排ガスだ。すでに沖縄電力の火力発電所に培養槽を持ち込んだ実証実験も済ませ、増殖加速を確認した。 ‥‥
(2012年11月19日日経から抜粋)
化石燃料の補助金見直しを 温暖化で世銀報告書
‥‥報告書は、各国が温暖化対策を強めなければ、18世紀後半に始まった産業革命以降の気温上昇が、今世紀末に世界平均で4度に達すると予測。その場合、0・5〜1メートルの海面上昇や、地域によっては6度以上の気温の上昇、農業や水資源への深刻な打撃が予想されるとした。  キム総裁は「世銀の重要な役割は化石燃料から再生可能エネルギーに移るよう積極的に後押しすることだ」と強調。
(2012年11月19日共同通信から抜粋)
温暖化対策基本法が廃案 現行の計画、期限切れ迫る
‥‥温暖化対策の現行計画は期限切れが今年度末に迫っている。このままでは日本の対策は法的な根拠や具体的な計画を失うことになりかねない。 ‥‥
(2012年11月16日朝日新聞から抜粋)
米が最大産油国、世界の需給変化
国際エネルギー機関(IEA)は、水圧破砕が世界のエネルギー情勢を一変させ、2017年までにアメリカがサウジアラビアを抜いて世界最大の産油国となるとの見通しを明らかにした。さらにアメリカは、ガス生産でも3年以内にロシアを上回り、世界最大の生産国の座に着くとも予測されている。‥‥エネルギーの需要と生産が高まると予測される中、温室効果ガスの排出抑制の取り組みについて報告書は悲観的な見方を示している。エネルギーに関連する二酸化炭素排出量は2011年の31.2ギガトンから2035年には37ギガトンに増加、平均気温の長期的な上昇幅は3.6度になると予測されている。‥‥
(2012年11月15日ナショナルジオグラフィックニュースから抜粋)
気候変動で花粉の量が2倍以上に、今後30年で 米研究
‥‥2000年に比べて40年には花粉飛散量が2倍以上に増えるとの結果が出たという。また、アレルギーのシーズンが始まる時期も年々早くなることが分かった。‥‥「二酸化炭素の濃度が高くなると、アレルギー原因植物の花粉生成は3〜4倍まで促進される。そのうえ花粉自体も強力になると考えられる」と話している。‥‥
(2012年11月14日CNNから抜粋)
2011年の世界CO2排出量は過去最高、1位は中国
2011年の世界の二酸化炭素(CO2)排出量は前年から8億トン増の340億トンと過去最高になり、温室効果ガス排出量が最も多い国は引き続き中国だった‥‥
(2012年11月14日AFPから抜粋)
ドイツの電力料金は再生可能エネルギーの急増で低下
‥‥火力発電は一定出力での運転時が発電コストが最も低いため、電力需要の変動に合わせて時間的に変動させることはコストアップ要因になる。変動分の電力需要を再生可能エネルギー、特に太陽光発電が供給するようになったことで、火力発電の発電コストが大きく低下したというのである。「再生可能エネルギーの促進策は、ドイツのここ10年の政策の中でも最も成功したものの一つ。電力を大量に使う産業ほどこの電力料金低下の恩恵を受けるだろう」‥‥
(2012年11月13日日経Tech-On!から抜粋)
地球温暖化、最悪のシナリオが現実に?
‥‥相対湿度の観測値と最も一致していた3モデルはどれも、最も暖かい未来を予測している。21世紀末までの気温上昇は4.4度という値だ。最も不正確とされるモデルは、相対湿度の値を高く、気温上昇を低く予測していた。 ‥‥
(2012年11月13日ナショナルジオグラフィックニュースから抜粋)
ハーフカーボンビルも登場 節電が救う日本のエネルギー危機

‥‥節電を深掘りすれば政府が革新的エネルギー・環境戦略で「30年までに10年比3倍の3000億キロワット時に増やす」と意欲的な目標を掲げる再生可能エネルギーの導入量が少なくても電力需給をバランスさせることができる。再生可能エネの導入量が増えると天候で出力がぶれやすい太陽光や風力発電の導入拡大に対応し、蓄電池を増やすなど電力系統を安定させるコストもかさむが、このコストも抑制できる。‥‥
(2012年11月12日日経から抜粋)

マヤ文明の衰退は気候変動のせい?

文明の盛衰は世の常だが、高度なマヤ文明の衰退は謎に包まれている。滅びた原因はどこにあったのか。最新の研究によると、壊滅的な火山噴火や地震、伝染病ではなく、気候変動が大きな要因だったという。‥‥
(2012年11月12日ナショナルジオグラフィックニュースから抜粋)

参考
現代文明てのはね、2050年〜2070年ぐらいに崩壊するっていう説を出したんですよ

温暖化ガス削減、46業界が目標 20年までに達成めざす
京都議定書の約束期間が2012年末で切れるのを受け、鉄鋼、化学など46業界は20年までに達成をめざす温暖化ガスの自主的な削減目標をつくる。温暖化ガスを大量に排出する産業界が、自主的な目標で「ポスト京都」の空白を埋める。ただ、原子力発電の依存度が見通せないため、産業界全体の目標は設定しない。本当に効果を上げるかは不透明だ。‥‥
(2012年11月11日日経から抜粋)
海洋大調査、北極海の温暖化進む 熱量90年代の3倍超
‥‥北極海の海氷面積は今年、80年代の半分以下に激減しており、その原因の一つに温暖化した海水が影響した可能性がある。島田准教授は「床下暖房の上に氷が載っているような状態だ。いったん温められた海水は冷めにくく、今後も氷の減少が続く恐れがある」と警告している。
(2012年11月10日共同通信から抜粋)
人類のCO2排出、氷河期の到来を遅らせる−ヨーテボリ大
人類の二酸化炭素(CO2)排出が気温上昇を招き氷河期の到来を遅らせる可能性があるとの研究結果をスウェーデンのヨーテボリ大学が発表した。 ‥‥
(2012年11月8日ブルームバーグから抜粋)
IHI、藻類バイオ燃料を16年に事業化 航空機向けなど出荷へ
IHIは7日、同社が実用化を目指している藻から燃料を作り出す「藻類バイオ燃料」の実験施設を報道陣に公開した。光と水、CO2(二酸化炭素)があれば燃料が作れ、食料競合もしないのが特徴。2014年からジェット燃料向けなどにサンプル出荷を始め、16年以降に事業化する。‥‥
(2012年11月8日SankeiBizから抜粋)
中国など海外勢が狙う日本の水、森林買収進む−温暖化で世界的に不足
‥‥森林取得の背景にあるのは、地下に豊富に蓄えられた上質な水資源の存在だ。国連の報告書によると、水資源のランクで日本は上位10%に入っているのに対し、人口増の続く中国やインドは30年から水不足に陥る。経済協力開発機構(OECD)は温暖化による水不足で、同年には水不足に直面する人口が10億人増えて39億人に達すると警告。‥‥
(2012年11月6日ブルームバーグから抜粋)
エネルギー自給:現実的な目標か夢物語か?
‥‥自給性の追求は世界の原油価格や地政学に著しい影響は及ぼさないだろう。なぜなら石油は、世界市場で刻一刻と価格が変わる代替可能商品だからだ。‥‥エネルギーを輸入しているか生産しているかにかかわらず、すべての国は世界のエネルギー市場の一部である。こう考えると、エネルギーを自給すれば欧米諸国に敵対的な中東の石油輸出諸国を弱体化できるという通俗的な主張にも疑いが生じる。‥‥長続きする真のエネルギー安全保障を確立するために、私たちは自給性を、競合的な燃料市場パラダイムと差し替えなければならない。そのためには、輸送部門を燃料競争にさらす他に方法はない。‥‥
(2012年11月6日0urWorld2.0から抜粋)
なぜ今、スマートハウスなのか

このところスマートハウスに大きな関心が寄せられている。わが国が抱えるエネルギー問題の解決策のひとつとして、家庭で取り組むことができる最も有効な方法と考えられるからである。‥‥
(2012年11月1日スマートジャパンから抜粋)

気候変動で伝染病深刻化=「世界地図」で警告−WHOなど
‥‥気候変動が健康に及ぼす影響を分かりやすく警告し、各国に必要な対策を促すことが狙い。  地図では、蚊の媒介によって毎年約100万人が死亡しているマラリアやデング熱が、洪水で流行が深刻化することが示された。‥‥
(2012年10月29日時事ドットコムから抜粋)
北極海航路 貨物輸送量が急増

地球の温暖化によって新たな海上輸送ルートとして注目を集めている「北極海航路」の、ことしの貨物の輸送実績が100万トンを超え、この2年間で10倍近くに伸びていることが分かりました。‥‥
(2012年10月27日NHKから抜粋)

参考
北極圏海氷面積最新情報 JAXA
地球温暖化という危機でさえも欲望達成の手段にしようとする人類

絶滅危惧種2万超に=「レッドリスト」最新版−IUCN
国際自然保護連合(IUCN)は17日、インドのハイデラバードで記者会見し、絶滅の恐れのある世界の動植物を列挙した「レッドリスト」最新版を公表した。調査対象6万5518種のうち絶滅危惧種は2万219種で、6月公表の前回より402種増えた。‥‥
(2012年10月17日時事ドットコムから抜粋)
南極の海氷面積増加、その意味は?

南極は各種モデルが予測したほど速いペースでは温暖化していません。しかし、ペースが遅いだけで温暖化していることは確かです。したがって、地球温暖化の傾向とはまったく矛盾していません。 ‥‥
(2012年10月15日ナショナルジオグラフィックニュースから抜粋)

参考
温暖化でも南極の氷が溶けない理由

温暖化ガス25%削減目標、事実上撤回 首相が表明
野田佳彦首相は15日、都内で講演し、2020年に温暖化ガスを1990年比で25%削減する政府目標を事実上撤回する考えを示した。省エネの徹底や再生可能エネルギーの普及に努めるとしながらも「そうした努力を尽くしても、原発によって賄うことを想定していた二酸化炭素(CO2)排出の抑制を代替するのは厳しいものがある」と認めた。‥‥
(2012年10月15日日経から抜粋)
高度な長期戦略で結実 オランダの「持続可能な社会」
したたかな戦略と真摯な姿勢で、持続可能(サステナブル)な社会を構築しつつあるオランダ。九州ほどの国土面積しかないにもかかわらず、高度な機械化と情報化によって、同国は世界第2位の農産物・食品輸出国になった。二酸化炭素(CO2)排出量の削減やエネルギー利用の高効率化の進捗も著しい。‥‥
(2012年10月15日日経から抜粋)
藻類の超高速増殖で日本が産油国になる?
‥‥燃料の常識を一変させるもしれない研究が進んでいる。微小藻類だ。旺盛な繁殖力を生かして大量に培養した藻類から油分を搾り出し、石油やガソリンを代替しようというのである。 ‥‥
(2012年10月15日日経ビジネスから抜粋)
日本の短期および長期のエネルギーリスク
‥‥これが日本の抱える本当のエネルギー安全保障の問題、つまり海外の石油やガス、石炭への依存という問題なのだ。日本のエネルギーバランスに原子力を残しておくことは、こうした依存性に伴う短期的および長期的リスクを改善するのにほとんど役立たない。‥‥
(2012年10月11日0urWorld2.0から抜粋)
環境税、きょう導入 16年度、負担1200円増
政府は1日、地球温暖化対策税(環境税)を導入した。原油や液化天然ガス(LNG)にかかる石油石炭税に上乗せし、2016年度にかけてさらに段階的に増税する。ガソリンや電気料金への転嫁により消費者にも影響が出る。‥‥
(2012年10月1日共同通信から抜粋)
50年後、魚が2割小型化 温暖化で、漁業影響も
地球温暖化がこのまま進むと、2050年ごろには世界各地の海にすむ魚の体の大きさが今より2割近く小型化し、沿岸の環境や漁業に大きな影響が出るとの予測結果を、カナダや米国の研究チームが9月30日付の英科学誌に発表した。‥‥
(2012年10月1日共同通信から抜粋)
仏トタル、北極海での石油掘削に警鐘
仏エネルギー大手トタルが北極海では石油を掘削すべきではないと述べ、同地域沖合の油田探査に反対する意向を石油大手として初めて公表した。 ■原油流出のリスクが高すぎる‥‥
(2012年9月26日日経から抜粋)
実質的に崩壊した排出権取引
世界で唯一のグローバルシステム、温室効果ガス排出権取引は、貧しい国々にグリーンテクノロジーを広めることがそもそもの目的だったが、崩壊したに等しい。これによって途上国の資金供給の流れも危機にさらされている。‥‥
(2012年9月25日0urWorld2.0から抜粋)
北極の海氷面積、温暖化で観測史上最小に 米研究所

米雪氷データセンターは19日、北極の海氷面積が観測史上最小になったことを確認したと発表した。  今年最も海氷面積が小さくなる日と予想されていた今月16日に撮影された衛星画像を分析したところ、北極の氷は約340万平方キロまで縮小していたことが分かった。これは1979年に観測が始まって以来最小の記録だという。‥‥
(2012年9月20日AFPから抜粋)

参考
海氷溶解で北極圏での汚染進む=国連環境計画
北極圏で資源獲得競争  温暖化で氷減、油田注目

竹製自転車に乗って持続可能な発展へ

交通渋滞が急増するガーナは、経済成長が著しく、都市部と農村部の格差が激しい。こうした状況の国にとって、竹で自転車のフレームを作ることは持続可能な開発を促進する鍵となり得る。しかも、竹製の自転車は丈夫で長持ちする。‥‥
(2012年9月18日0urWorld2.0から抜粋)

参考
世界を変えるアフリカンバンブーバイク

藻から次世代燃料 「油1リットル100円以下」挑む
微小な藻から搾り取る油がガソリンやジェット燃料の代わりに――。水中に漂う藻類が有力な次世代燃料として浮上してきた。日米の大手やベンチャー企業が開発を競い、コストを商業生産可能な水準に下げる培養技術にもメドが立ち始めている。次世代燃料の代表格であるトウモロコシとの「主役交代」も視野に入りつつある。 ‥‥
(2012年9月16日日経から抜粋)
温室効果ガス削減 達成できない状況
削減率を巡って国際社会では、ヨーロッパなどを中心に目標をさらに引き上げるべきだとする意見が出ています。 政府は「実現は難しくなったが、公約を撤回すると決めたわけではない」としていて国際社会にどう説明するのか検討したいとしています。 ‥‥
(2012年9月15日NHKから抜粋)
熱波で数を減らす生物種
‥‥野生動物が数を大幅に減らす原因は、地球温暖化による漸次的な気温上昇ではなく、異常気象が度々発生するからだと警告する。  残念ながら、もはや「異常」と呼べない状況になりつつある。地球温暖化が進むにつれ、海水の蒸発量が増加。大気中の水分が右肩上がりに上昇すると、熱波や干ばつ、豪雨までも日常化する可能性が高い。 ‥‥
(2012年9月14日ナショナルジオグラフィックニュースから抜粋)
米干ばつでエタノール生産に強い批判
‥‥今夏、アメリカでは深刻な干ばつが本土48州の63%にまで広がり、燃料用トウモロコシを巡って論争が起きている。5月の時点では、トウモロコシは豊作が予想されていた。しかし、7月下旬には「優」と「良」を合わせた割合が26%まで低下、価格は史上最高を更新した。農地は乾燥し、道路には枯れたトウモロコシの皮が舞っている。だが、RFSでは今年度の国内生産高の42%をエタノール精製に使用するよう義務づけている。‥‥
(2012年9月7日ナショナルジオグラフィックニュースから抜粋)
石油の可採年数は減らないが安い石油は枯渇している
石油の価格が高騰している。‥‥サウジは最近の無理な増産で石油資源の枯渇化に拍車がかけられ来年以降は急速に産油量が減少することは避けられない ‥‥高い原油は新しく見つかる場合もあるが、これまでのような安い石油は無くなっている ‥‥
(2012年9月5日 財経新聞から抜粋)
「自然資本」情報開示が始まる、CO2の次は水、大気、土壌
企業活動が水や空気などの「自然資本」に与える影響はどれだけあるか。その負荷を定量評価し、開示する新しい動きが始まった。原材料の調達から、製品の生産、流通、使用、廃棄に至るまでのサプライチェーン全体で、温室効果ガスの排出量を算定して開示する「スコープ3」。企業は今、このスコープ3対策のため、温室効果ガスの算定に追われている。‥‥
(2012年9月3日 日経BP環境経営フォーラムから抜粋)
協力的進化のとき
‥‥ダーウィンは進化しなければ種は死ぬと述べたが、それは現状の私たちのとるべき選択肢を浮き彫りにしてくれる。多くの人々は適応と自分勝手は同じものだと考えているようだ。しかし私たちが現在の苦境にあるのは集合的適応を達成するために協力する能力がないからではなく、成功の過程で私たちを支える自然のシステムの有限でもろい性質を十分に考慮に入れなかったためなのである。‥‥
(2012年8月31日 0urWorld2.0から抜粋)
洋上風力、原発8基分に再生可能エネルギー

環境省がまとめた、再生可能エネルギー4分野を大きく伸ばすための戦略が30日判明した。「2030年時点で原発ゼロ」を選択した場合、政府の試算では4分野で総発電量の約10%をまかなう必要があるため、潜在力が最も高い「洋上風力発電」を30年には原発約8基分にあたる803万キロワット(10年度は3万キロワット)に伸ばす目標を設定。海上に発電設備を浮かせる「浮体式」技術を20年までに商用化する必要があると位置づけた。‥‥
(2012年8月31日 毎日jpから抜粋)

参考
洋上風力発電を7社が事業化へ、10年後に数百MWの発電所を建設
風力発電の送電網、特別会社が整備へ‥‥経産省

溶け出す北極圏のCO2と南極圏のメタン、温暖化の悪循環にも
地球温暖化で北極圏の永久凍土や南極の氷床が融解し、何万年にもわたって閉じ込められていた二酸化炭素やメタンが放出されていると英科学誌ネイチャーに掲載された2本の研究論文が警告している。‥‥
(2012年8月30日 AFPから抜粋)
北極の海氷、史上最小に 米学会「原因は人類」
北極海の海氷面積が、2007年に記録した最小値よりもさらに縮小し、史上最小となったと、米雪氷データセンター(NSIDC)が米航空宇宙局(NASA)と共同で発表した。8月26日現在、北極海の海氷面積は410万平方キロメートルだった。これは非常に不穏なニュースだ。というのも、例年、北極海の氷が最も少なくなるのは9月下旬なのだ。つまり、例年通りに推移すれば、海氷面積の縮小はもっと進んでしまうのだ。‥‥
(2012年8月27日 Forbes.comから抜粋)
北極の海氷面積、観測史上最小更新する勢い 米研究所

‥‥米コロラド大学ボルダー校の研究者らによれば、夏の溶解期はまだ終わっていないのにもかかわらず、北極の海氷は既に史上最小水準に縮小しつつあるという。同大学雪氷データセンターのマーク・セリーズ所長はAFPに対し、「出てきた数字を見て、われわれも驚いている」と語った。‥‥
(2012年8月22日AFPから抜粋)

参考
北極海の海氷、最速ペースで縮小‥‥宇宙機構観測
北極圏海氷面積最新情報 JAXA
中国の砕氷船が初めて北極海を横断
地球温暖化という危機でさえも欲望達成の手段にしようとする人類

福島原発事故から地熱発電へ

‥‥固定価格買取制度、実現可能性調査や試掘への新たな助成金、また原子力発電の全盛期が終わりを迎えたという世間の認識により、地熱エネルギー分野のシェアが飛躍的に伸びると科学者たちは考えている。 日本の地熱発電量は現在55万キロワットに満たないが、その潜在的な生産能力はアメリカ、インドネシアに次ぐ2,400万キロワットに上るという推定もある。‥‥
(2012年8月21日0urWorld2.0から抜粋)

参考
インドネシア、地熱に550億円 円借款供与、官民でインフラ輸出
原発29基分の再生可能エネルギー、日本の高温岩体地熱発電
高温岩体発電 マグマ発電

「猛暑増加は気候変動が原因」、NASA科学者が警鐘

近年、世界各地で増加している夏の猛暑は人類の活動により進む気候変動に起因し、つい20年前に出された予測よりも状況は悪くなっているという米航空宇宙局(NASA)の科学者の見解が、4日の米紙ワシントン・ポストに掲載された。‥‥
(2012年8月7日AFPから抜粋)

参考
世界で異常気象、洪水や干ばつ 温暖化で増加の恐れ
50年で最悪の米干ばつ、熱波が追打ち

深海にCO2を蓄積する「渦」、南極海で発見 英豪研究
地球上のCO2の約4分の1は海中に吸収・隔離されているが、その約40%は南極海に集中している。水深約1000メートル付近に数百年〜数千年にわたって閉じ込められているとされるものの、CO2がどのようにして深海にたまっていくのかは究明されていなかった。‥‥
(2012年7月31日AFPから抜粋)
地球規模で歴史的な「暑い年」に 北極圏の氷、急速に消失
5〜6月の地球の陸地の平均気温が、統計の残されている1880年以降の同時期としては過去最高を記録した。米海洋大気局の調べで、29日分かった。7月以降も同じで、日本だけでなく、北半球の多くの地域が酷暑に。今年の世界は歴史的な「暑い年」になりそうだ。今月16日、グリーンランド北西部の氷河から巨大な氷山が生まれたことが確認された。面積は山手線内側の面積のほぼ2倍。以前から注目されていた氷河の亀裂が完全に割れた。 北極圏の氷は今夏、記録的なペースで失われている。米科学者はAP通信に「グリーンランドの形が急速に変わりつつある」と警告した。
(2012年7月29日共同通信)
日本に根付く協働的資本主義
‥‥持続可能な経済へ前進するために、私たちは競争ではなく協働に、もっと重点を置く必要がある。さらにポリット氏は「人類が進化に成功するにあたって、協働は競争より重要でなかったとすれば、少なくとも同等に重要だったと証明する学術研究が多数」あると論じる。それにもかかわらず、私たちのビジネスへのアプローチは協働的な方法ではなく、現在の資本主義の土台である「適者生存」の競争方式に固執している。ポリット氏はまた、「ダーウィン自身が異なる種の間での協働的行動の重要性を雄弁に記している」と論じている。‥‥
(2012年7月27日0urWorld2.0から抜粋)
グリーンランドほぼ全域 氷とける
‥‥グリーンランドを覆う氷の表面は毎年夏に全面積のおよそ半分がとけるものの、これほどの規模で氷がとけたのは、30年余りの観測史上、例がないということです。 また、島の中心部に位置する標高およそ3200メートルの山の頂上付近の氷も、およそ120年ぶりにとけ出したことが確認されたということです。‥‥
(2012年7月25日NHKから抜粋)
最もエネルギー効率が高い国は英国 日本は4位
‥‥調査対象となった12カ国の順位は以下の通り。1位英国、2位ドイツ、3位イタリア、4位日本、5位フランス、6位EU、オーストラリア、中国(3カ国同順位)、9位米国、10位ブラジル、11位カナダ、12位ロシア。
(2012年7月24日日刊温暖化新聞から抜粋)
自然資源の争奪戦はこれから
‥‥オックスフォードで開催された会議「資源 2012(Resource 2012)」で、学術界および経済界の要人たちは、食料からエネルギー、貴金属まで、自然資源をめぐる世界の争奪戦はまだ序盤を迎えたばかりで、今後は激化して各国で大問題になるだろうと述べた。‥‥
(2012年7月24日0urWorld2.0から抜粋)
やはり南極などの氷床融解の原因は人為的な温暖化のせい? - 東大が発表
東京大学 大気海洋研究所(大気海洋研)は7月19日、現在進行中の南極氷床及びグリーンランド氷床そして山岳氷河の融解が、2万年前の氷期から引き続き起こっている氷床融解現象ではなく、近年に特有の現象、すなわち人為起源の気候変調による極域氷床の変動である可能性を示唆する結果であることを明らかにしたと発表した。‥‥
(2012年7月20日マイナビニュースから抜粋)
京都議定書、達成ピンチ 温暖化ガス6.6%増
日本の2011〜12年度の温暖化ガスの排出量が平均13億4400万トンとなり、京都議定書の基準年である1990年度に比べ6.6%増えることが環境省の試算でわかった。原子力発電所事故を受け、代替する火力発電を増やしたため、二酸化炭素(CO2)の排出量が急増した。‥‥
(2012年7月20日日経から抜粋)
米国の干ばつ、国土の6割に 穀物の被害深刻

‥‥トウモロコシや大豆の世界的産地である中西部を直撃している形だ。両作物とも8割弱の生産が熱波で何らかの被害を受け、凶作の恐れが急速に広がっているという。米海洋大気局の基準では全米の55%が干ばつ状態にあり、1956年以降で最悪の状況だという。‥‥
(2012年7月20日日経から抜粋)

参考
米国のエタノール生産量が過去2年で最低、干ばつの影響で

地球温暖化を信じる米国民が70%に増加、記録的熱波で−調査

過去1年の気温が米史上最高を記録 異常気象の原因は?
猛暑や大規模な山火事、死傷者を出した暴風雨――。米国各地で6月、異常な天候による災害などが相次いだ。9日には、米本土の過去1年間の気温が1895年の観測開始以来最高を記録したとのニュースも流れた。世界各地で続く異常気象の原因には、気候変動がかかわっているのだろうか。‥‥
(2012年7月11日CNNから抜粋)
温暖化続けば梅雨1カ月長く 気象研が予測
気象研究所の楠昌司第一研究室室長らは地球温暖化が進むと60〜90年後には、今は7月中旬ごろの梅雨明けが8月半ば以降までずれるという予測をまとめた。スーパーコンピューターで温暖化の影響で気候が変化する様子を模擬実験した。‥‥
(2012年7月9日日経から抜粋)
グリーン経済から目をそらす指導者たち

‥‥多くのNGOやサステイナビリティの専門家が希望を捨てつつあり、歴史的な大惨事が起こらないかぎり、世界は変わらないと思い始めているところで、事態はますます急を要している。 ジャクソン教授は次のように語った。「代わりになるものはないと、これまでずっと聞かされてきました。しかし、私たちは他の世界があると言っています。私たちは立ち上がり、欧米型の持続的成長は不公正で不適切で不安定な状態を招くおそれがあるものだと言いました。そう言ってから、政府がなぜ、そのようにするのかを理解しました。私たちには、他の筋書きもあることを示し、目指すところにたどり着くのに必要な構造改革を明確にする責任があります」
(2012年7月6日0urWorld2.0から抜粋)

参考
化石エネルギーが経済成長をもたらした

国連、億万長者に課税案=開発・気候変動対策の財源に
国連は5日、途上国開発や気候変動などへの対応で必要な資金を確保するアイデアをまとめた報告書を発表した。その一つとして、現時点では実現性は乏しいとしながらも、億万長者への課税という大胆な案を盛り込んだ。  報告書によると、2012年現在、10億ドル(約800億円)以上の資産を持つ人は世界に1226人。総額は4.6兆ドルになり、年に1パーセントの税を課すだけで、460億ドル(3兆6800億円)が集まる計算。報告書は、今のところ現実味は薄い案だと自ら認めつつも、「この程度で大富豪の負担になるだろうか」と賛同を求めている。
(2012年7月6日時事ドットコムから)
有象無象、「発電成金」を目指せ! 再生可能エネルギーバブルの経済効果

再生可能エネルギーで発電した電力を、一定期間、一定金額で電力会社が買い取る新制度の開始を受けて、エネルギービジネスに新規参入する企業は後を絶たない。7月1日の制度開始から当面は、かなりの好条件が設定されていることから、産業界は色めき立っている。‥‥
(2012年7月4日日経ビジネスから抜粋)

参考
太陽光発電事業への参入相次ぐ、全量買取制度を受けて

ピークオイル政策の概観
‥‥どのようにすればエネルギー革命が可能か、なぜそれに意味があるのかについて、説得力のある議論を構築しなければならない。これらの困難で複雑な問題にまずは真剣に取り組み、そして劇的な変化をもたらすように尽力する政治指導者も必要だ。なかなか叶えられない要求だが、無理というわけではない。今、これらはすべて必須である。もう時間がないのだ。
(2012年6月29日0urWorld2.0から抜粋)
NYが沈む? 米東海岸で海面上昇進行 地球温暖化で海流減速
人口が密集する米国の東海岸は、世界のほかの地域よりも3〜4倍速いペースで海面上昇が進んでいるとの研究結果を米地質調査所(USGS)が25日までに発表した。‥‥
(2012年6月26日産経ニュースから抜粋)
リオ+20:途上国、環境より成長 グリーン経済に不信

ブラジル・リオデジャネイロで開幕した「国連持続可能な開発会議(リオプラス20)」は、地球環境保全と経済成長に向けた新しい道を探るため、国連史上最大規模の約130カ国の首脳ら5万人が集結した。しかし、最終日の22日(日本時間23日)に採択される成果文書案は、先進国と途上国の対立が解消されず、具体的な目標や施策に欠ける内容となっている。92年の「国連環境開発会議(地球サミット)」以降、環境問題や貧困が深刻化しているにもかかわらず、国際社会の一致点は見えない。‥‥
(2012年6月22日毎日新聞から抜粋)

参考
【グリーン経済は失速】15年に新たな開発目標  リオ会議が閉幕

新潟県沖に大規模油田か、来春にも試掘
経済産業省は18日、新潟県沖で油田・天然ガス田の商業開発に向けて試掘に入ると発表した。 来年4月にも掘削を開始し、埋蔵量を3年かけて調査する。地質調査の結果では国内最大の油田・ガス田となる可能性もある。 試掘地点は、新潟県の佐渡島から南西約30キロの水深約1000メートルの海底。2003年に周辺海域で試掘した際、少量の石油やガスの産出が確認されていた。‥‥
(2012年6月18日読売新聞から抜粋)
ピークオイルへの政策立案者の遅い対応
‥‥国際エネルギー機関や国際通貨基金など世界で最も影響力を持つ組織がピークオイルを事実として言及している。ところがほとんどすべての国々で政策立案者は相変わらず無言のまま行動を起こさないかより悪質な場合には、この問題が消えてなくなることを期待して意図的に無視している。‥‥
(2012年6月15日0urWorld2.0から抜粋)
地球の生態系、わずか数世代以内に崩壊か 新研究

気候変動や人口増加、環境破壊によって地球の生態系は今後わずか数世代で崩壊すると警告する報告が、6日の英科学誌ネイチャーに発表された。‥‥こうした変化を引き起こす要素には、今世紀半ばまでに現在の70億人から93億人前後に達すると見込まれる人口増加や、気温上昇を2度未満に抑えるという国連目標を上回る地球温暖化などが挙げられる。‥‥
(2012年6月8日AFPから抜粋)

参考
国連報告「地球は既に限界点」

温室ガス減、20年5〜15%=6案提示、公約達成は困難−環境省審議会
2020年の削減率は1990年比で5〜15%になると試算しており、国際公約である25%削減は困難な情勢だ。‥‥
(2012年6月8日時事ドットコムから抜粋)
ILO報告書:グリーン経済への移行、1,500万〜6,000万人の雇用を創出
国際労働機関(ILO)は5月31日付けのリリースで、よりグリーンな経済へ移行すれば、今後20年間に1,500万〜6,000万人の雇用が創出され、数千万人の労働者が貧困から抜け出す可能性を示す新しい報告書について発表した。‥‥
(2012年6月8日日刊温暖化新聞から抜粋)
気候変動で発電量低下〜水温上昇が原発・火力発電に影響

気候変動が川の水温上昇や水量低下を招き、欧米の原子力発電所や火力発電所の発電量を低下させているという調査報告書が、英ネイチャー誌系列の「ネイチャー・クライメート・チェンジ」最新号に掲載された。‥‥
(2012年6月6日usfl.comから抜粋)

参考
干ばつが原子力発電所の操業に脅威を与えている

地球がおかしい? 海氷解けて雲減少 北極圏の温暖化加速か
海氷の減少が進む北極海で、低く垂れ込めた雲が減り、高度1キロ以上にある高い雲が増えているとする観測結果を、海洋研究開発機構などのチームがまとめ、31日付の米学術誌に発表した。海氷減少により雲が変化し、それがさらに北極圏の温暖化を加速させている可能性があるという。‥‥
(2012年5月31日SankeiBizから抜粋)
太陽活動低下、電波観測でも=過去20年のデータ分析−国立天文台など

太陽の活動が長期低下傾向にあり、最近では北半球と南半球の活動周期にずれが生じていることが31日、国立天文台と米航空宇宙局(NASA)などの研究で分かった。同様の異変は太陽観測衛星「ひので」のデータでも明らかになっており、この傾向が続く可能性があるという。‥‥
(2012年5月31日時事ドットコムから抜粋)

参考
巨大オーロラ発生危険 太陽活動数十年間低下か
太陽磁場、来月に4極化か‥‥300年前は寒冷に

地球温暖化、危険レベルの3.5度超える気温上昇も 欧州共同研究
温暖化による地球の気温上昇は危険レベルとされる3.5度を超え、将来は干ばつや洪水、海面上昇の危険性が高まるとの研究結果が、ドイツ・ボンで25日に閉幕した地球温暖化対策の次期枠組みを話し合う国連気候変動枠組み条約の会合で報告された。‥‥
(2012年5月29日AFPから抜粋)
温暖化会合、進展なく閉幕=先進国と途上国が対立
‥‥「温室効果ガスの主要排出国の一部は前進ではなく、引き返すことにエネルギーを浪費した」と述べ、先進国に重い責任を担うよう繰り返し求め、議論を停滞させた中国を暗に批判した。
(2012年5月26日時事ドットコムから抜粋)
昨年の世界CO2排出量、中国急増で過去最高に
2011年の世界の二酸化炭素(CO2)排出量が過去最高を記録したと発表した。中国の排出量が急増し、米国や欧州での減少分が相殺されたという。‥‥
(2012年5月25日時事ドットコムから抜粋)
酷暑で15万人死亡増も 米都市部、今世紀中に
米シンクタンクの天然資源保護協会(NRDC)は地球温暖化が今世紀末まで現在のペースで進行した場合、暑さに起因した病気による死者が全米の都市部で約15万人増えるとの研究結果を公表した。‥‥
(2012年5月24日産経から抜粋)
シェールガス革命で米CO2排出量が大幅減

米国で新型天然ガス「シェールガス」の生産急増を受けて発電用燃料の石炭から低価格のガスへの切り替えが進み、同国の二酸化炭素(CO2)排出量が大幅に減少した。‥‥
(2012年5月24日英フィナンシャル・タイムズ紙から抜粋)

参考
シェールガス開発に沸く米国、エネルギー純輸出国化の予測も
加速するシェールガス革命
シェールガスに期待し過ぎてはいけない 

温室効果ガス削減 目標達成困難か

原発事故後の温暖化対策を巡り、環境省の審議会は、総発電量に占める原発の比率を最も高く想定した場合でも、2020年の温室効果ガスの削減率は最大でも19%にとどまるという試算を公表し、日本が国際公約としている25%削減の達成は困難な見通しとなりました。‥‥
(2012年5月23日NHKから抜粋)

参考
【原発の不都合な真実】原発は温暖化対策に役立たない 原発頼みの日本の温暖化対策が完全に失敗

海草は森林よりも大量のCO2を吸収

世界の沿岸海域の海草は単位面積当たりで陸上の森林以上の二酸化炭素(CO2)を吸収していることが分かった。海草が気候変動問題解決に一役買う可能性がある。‥‥
(2012年5月22日時事ドットコムから抜粋)

来年にかけて巨大オーロラ発生の危険高まる。その後太陽活動数十年間低下か。

(来年にかけて発生危険が高まっている)地球全体を覆うような巨大オーロラが現代社会を襲ったら。(アメリカの場合)主要な変電所がすべてダウンし全米が停電、復旧に4年から10年もかかる。損害は日本の国家予算の2倍近く。 太陽の活動周期が11年から13年(今年)に変化したあとは過去3回太陽活動が低くなっている。前回(マウンダー極小期)は70年間弱くなり欧州全体が異常な寒さに襲われた。
(2012年5月20日【動画】NHKスペシャルから抜粋)

参考
マウンダー極小期はいつ頃始まるのか

スベンスマルク効果 wiki

国内太陽光発電の12年度出荷量、前年の2倍にはなる
太陽光発電協会によると、2011年(暦年)の国内総出荷は前年比30.7%増の129万キロワットで初めて1ギガワットを超えた。片山代表理事は「昨年の2倍くらいにはなる」との見方を示した。‥‥
(2012年5月17日ロイターから抜粋)
CO2濃度、初の400ppm超=1987年から毎年更新−気象庁
気象庁は16日、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)の月平均濃度が、岩手県大船渡市で3月に401.2ppm、4月に402.2ppmを記録し、1987年の観測開始以降初めて400ppmを超えたと発表した。  また、2011年の年平均濃度も、大船渡市を含む国内の3地点全てで観測史上最高値を更新。更新は87年以降連続で、CO2排出に歯止めがかからないことが改めて裏付けられた形だ。
(2012年5月16日時事ドットコム)
1970年以降、地球上に存在していた生物種のうち3割近くが絶滅
世界自然保護基金(WWF)は15日、1970年以降、地球上に存在していた生物種のうち3割近くが絶滅したとの報告書を発表した。熱帯地方は特に深刻で、約6割が失われた。  地球上の哺乳類や鳥類、魚類など約2700種を調査した結果。森林伐採や地球温暖化などが原因という。  WWFは「われわれ人類は、地球が再生産できる資源よりも5割も多い資源を消費している」と警告。ブラジル・リオデジャネイロで6月に開かれる国連持続可能な開発会議(リオ+20)で、人口増大が続く中での持続可能な資源の利用方法を議論すべきだとしている。
(2012年5月15日共同通信)
従来のビジネスの終えん
‥‥たとえ気候変動など無視し、学術的な理由でそれをでたらめだと仮定しても、今日私たちが直面する他の様々な難題には悩まされるだろう。‥‥グローバル経済を構築できたのは、原油価格が比較的低い時代のことであり、石油がこの先も安価で安定していることを前提としていた。だが現在は上昇し続ける石油価格の現実と折り合いをつけなければならない。現在の高価格には様々な要因がある。例えば、新たな油田の発見数は減少しており(ピークは1960年だった)、発見されても小規模になってきている。石油の掘削作業もはるかに高額になった。 「以前よりずっと深く掘削しなければなりません」とロバーツ氏。「北極、シベリアなど過酷な環境で作業しなければならず、そのコストは著しく上昇しています」 また石油価格を左右する別の問題は、ほとんどの油田は世界で最も不安定な国々、主に中東に集中しているという点である。これを考慮に入れると「私たちの経済はこれらの様々な要因によっていわば人質となっている商品に基づいたものだとお分かりでしょう」と氏は続けた。‥‥
(2012年5月14日0urWorld2.0から抜粋)
南極:海氷量、琵琶湖分消滅 世界の気候に影響も

この海域では多くの海氷が生成され、相対的に周囲の海水の塩分濃度を高めてきた。その影響で、海水は重くなって深層に沈み、世界中をめぐる「海洋大循環」の起点となった。今回の現象は海洋大循環にブレーキをかけることになる。‥‥
(2012年5月13日毎日jpから抜粋)

参考
海流の循環が止まってしまうと北大西洋地域は一気に寒冷化してしまう。
熱塩海洋循環の停滞は何をもたらすのか

ホッキョクグマ、687キロも遠泳‥‥温暖化で

大きな氷は見あたらない海域で、大半は休まずに泳ぎ続けたとみられるという。泳いだ時間と距離は、平均すると3日余りで154キロ・メートルだが、最大では10日で687キロ・メートルの例もあった。一帯は地球温暖化で氷が減り、海面が拡大している。クマはエサを取る必要から最近になって遠泳を迫られるようになった可能性がある。‥‥
(2012年5月11日読売新聞から抜粋)

参考
ホッキョクグマも原告 「温暖化は公害」東京地裁に提訴

10億年前からの自然の電池、エネルギーを貯めるカギを握る

‥‥酵素が電池のようにエネルギーを貯蔵する時間の長さを、数秒から数時間へ延長できることを示す新しい研究について述べた。‥‥研究者たちが注目している理由として、こうした古来からの自然のシステムは、カーボン・ニュートラルで、太陽や二酸化炭素や水など、豊富にある資源を使用するからであると述べた。‥‥
(2012年5月11日日刊温暖化新聞から抜粋)

参考
すごい自然データベース

地球の気温は52年までに2度上昇=ローマクラブ
スイスに本部を置くシンクタンク、ローマクラブは8日、世界各国の政府や産業界が気候変動に対して十分な措置を取る公算が小さいことから、地球の平均気温は2052年までに2度、80年までに2.8度上昇するとの予想を発表した。‥‥
(2012年5月9日ロイターから抜粋)
急増する世界の風力発電容量
最近発表された2つの報告書によると、2011年の世界の風力タービン市場は大幅に発電容量を増やしたばかりでなく、新記録も達成した。‥‥二つの報告書が相互に確認しあったのは、世界経済の苦境にもかかわらず、風力エネルギー市場は依然、目覚しい成長を続けているという事実だ。‥‥
(2012年5月8日AFPから抜粋)
経済成長は人を幸福にするか
‥‥最も幸せなのは社会民主主義のデンマーク、ノルウェー、フィンランド、オランダの北欧各国で、高評価の7.6となった。このような国家主導の社会的意識の高い社会形態を支持する人々は、アメリカやイギリスなど経済成長第一と考える英語圏の国々より北欧の国民がより幸福だという結果にほくそ笑んでいるはずだ。‥‥
(2012年5月8日0urWorld2.0から抜粋)
牡蠣の大量死は二酸化炭素が原因

簡単に言うと、 米国オレゴン州立大学が発表した海洋酸性化のニュースは一大事だった。科学者たちは、ウィスキークリーク牡蠣養殖場における稚貝の死滅という謎の解明に乗り出し、原因が二酸化炭素濃度の増加であることを突き止めたのだ。 これは、 化石燃料を燃焼する自動車や石炭火力発電所、その他の機械が引き起こす汚染による現象である海洋の酸性化が、北米の北西太平洋岸地域において、商業的に貴重な種とビジネスに打撃を与えていることを示す最初の具体的な証拠である。‥‥
(2012年5月8日0urWorld2.0から抜粋)

参考
海洋の酸化、過去3億年で最速ペースで進行 海の生命体に懸念

南極大陸を覆う氷の層は急速な勢いで薄くなっている

南極大陸を覆う氷の層は急速な勢いで薄くなっている。その原因は水と接触している下層の氷の溶解速度が急速化したことにある。こうした米国航空宇宙局(NASA)の最新の調査報告をBBCが伝えた。 人工衛星が行った450万枚にもおよぶ計測結果では、南極の表層の氷の厚さは年間7メートルも減少している。しかも主な氷の減少は下層で進行しており、その原因となっているのが南極海の水温の上昇だった。‥‥
(2012年4月27日The Voice of Russiaから抜粋)

参考
NASA Warm Ocean Currents Cause Majority of Ice Loss from Antarctica

ガイア理論のラブロック氏が間違いを認める、「気候変動の予測が行き過ぎていた」

地球を一つの大きな生命体と見なす「ガイア理論」で知られるジェームス・ラブロック氏は、著書「ガイヤの時代」が出版された 2006 年に、このまま地球温暖化が進めば「今世紀末までに何十億もの人が死に、ほんの数組の男女だけが北極で生き延びる」と述べていた。だが MSNBC との電話インタビューで、当時の「予測は行き過ぎていた」と述べ気候変動の「alarmist (人騒がせな人物)」だったことを認めた ‥‥
(2012年4月27日財経新聞から抜粋)

参考
地球は10万年も続くかもしれない熱病に罹りつつある ジェームズ・ラブロック

太陽光発電の価格42円、全量買い取り制度で経産省委原案
再生可能エネルギーの全量買い取り制度の買い取り価格を協議してきた経済産業省の「調達価格等算定委員会」は25日の会合で、太陽光で発電した電気の買い取り価格を1キロワット時当たり42円(税込み)、買い取り期間を20年とする委員長案を提出した。‥‥
(2012年4月24日ロイターから抜粋)
持続可能なエネルギーへのロードマップ
報告書によると、統合的に結びつけられた再生可能エネルギー、エネルギー効率性、送電網技術を受け入れることにより、国々は経済的に発展しながら、エネルギーシステムをより持続可能な進路へとのせることができるとのこと。‥‥
(2012年4月24日日刊温暖化新聞から抜粋)
欧州へ北極航路利用可能に 温暖化進み氷減少
地球温暖化の影響で氷が急激に減っている北極海が、欧州との間を行き来する日本船の航路として利用される可能性が出てきた。スエズ運河を通る南回りの従来ルートに比べ距離は3分の2になり、航行日数の短縮や燃料代の削減が期待できる。インド洋で多発する海賊被害を避けるメリットもあるという。‥‥
(2012年4月24日共同通信から抜粋)
オール電化「環境にいい?」 市民団体など指摘

原発事故後、電力供給に余裕がなくなっている中、台所やお風呂など、住宅の全エネルギー源を電気にする「オール電化住宅」に環境団体などが厳しい目を向けている。「消費電力が多い」「環境に優しいといえない」などと主張し、「原子力発電と関係が深い」とも指摘。「原発が減ったのだから、普及させる意義も薄れたのでは」と問題提起している。‥‥
(2012年4月23日中日新聞から抜粋)

参考
オール電化住宅、普及裏目‥‥原発2基分の消費増

太陽磁場、来月に4極化か‥‥300年前は寒冷に

国立天文台などは19日、5月にも太陽の磁場が反転し、北極と南極にN極(プラス磁場)、赤道付近に二つのS極(マイナス磁場)が出現する「4重極構造」に変化するとの予想を発表した。約300年前に地球が寒冷化した時期と太陽活動の特徴が一致しており、温暖化の一時的な抑制につながる可能性もある。‥‥
(2012年4月20日読売新聞から抜粋)

参考
「ひので」が太陽極域磁場の反転をとらえた

原発ゼロでもCO2削減25%可能 環境省が経産省上回る試算
‥‥経済産業省の総合資源エネルギー調査会は11日に原発が稼働しないと30年の二酸化炭素(CO2)削減は16%にとどまるとの試算を示しており、見通しの違いが鮮明になった形。‥‥
(2012年4月12日中國新聞から抜粋)
OECDが警告、環境問題に今取り組まなければ手痛い結果に
この予測は、新たな思考が至急必要なことを浮き彫りにしている。それがなければ、環境資本が浸食されて回復不能な変化のリスクが高まり、過去2世紀にわたる生活水準の向上が危機にさらされるだろう。‥‥
(2012年4月11日日刊温暖化新聞から抜粋)
鹿児島に国内最大の太陽光発電所、京セラなど3社が7月着工へ
太陽電池メーカー大手の京セラが大規模な発電事業に乗り出す。再生可能エネルギーの全量買取制度が7月から開始されることをにらみ、太陽光発電の普及拡大に向けて、みずから発電所の建設・運営に取り組む計画だ。‥‥
(2012年4月10日スマートジャパンから抜粋)
南極半島のラーセンB棚氷、17年で85%縮小
‥‥ESAの地球観測衛星エンビサットが捉えた画像からは、1995年には中東カタールの国土に匹敵する1万1512平方キロメートルの面積があったいわゆる「ラーセンB」棚氷が、現在ではわずか1670平方キロメートルまで縮小している事が分かる。‥‥
(2012年4月6日AFPから抜粋)
氷河期:CO2が幕引き役 深海から大量放出、気温上昇
‥‥「地球の軌道変化がきっかけではあるが、CO2が増加したことによる影響が大きい。現在も大気中のCO2は増え続けており、温暖化がより進行するのではないか」と指摘している。
(2012年4月6日毎日jpから抜粋)
あなたは気候変動を信じますか?
‥‥気候変動の現実を捉えようと思うならば、私たちは全体的な視点から物事を見る必要がある。 Met Officeの調査によると、人間の活動が気候変動を生み出したという証拠は、 IPCC(気候変動に関する政府間パネル)の最新の報告書が出されたときよりも、さらにはっきりと現れている。‥‥
(2012年4月4日0urWorld2.0から抜粋)
太陽光発電システムの価格が低下、設置容量は急拡大へ
メーカーの過当競争で太陽光発電システムの価格が下がっている。しかも、余剰電力の「全量買取制度」といった政策的支援が加わることで、2012年の太陽光発電システムの設置容量は急激に拡大する見通しである。‥‥
(2012年4月2日日経から抜粋)
気候変動で加速する異常気象、「リスクどこにでもある」とIPCC
‥‥IPCCは2007年に発表した第4次評価報告書で複数の誤りが指摘され、閉鎖性と透明性の欠如が批判されたことがある。今回の報告書作成には62か国、220人の科学者や経済学者が参加し、公表済みの何千件もの研究を精査した。その上で作成された原案を、専門家や政府関係者による外部の審査にかけ、3回の審議で約1万9000件の論評を集めた。
(2012年3月29日AFPから抜粋)
異常気象は地球温暖化に関連=独研究所チーム
‥‥論文は「過去に例を見ないようなこの10年間の異常気象のいくつかは、人間が原因となる温暖化がなければ起こらなかった可能性が高い」としている。世界気象機関(WMO)によると、この10年はおそらく、過去少なくとも1000年間で最も気温が高く、昨年は過去11番目の高さを記録した。‥‥
(2012年3月26日時事ドットコムから抜粋)
シェールガスに期待し過ぎてはいけない 持続的と考えられてはいない米国のLNG輸出

‥‥もし米国からのLNG輸入を期待するならば、積極的な日本側からのトレードオフ提案を伴っているべきです。問題は、あまりに外交力のない今の日本にめぼしい交渉カードが見当たらず、足元を見られてどんな厳しい要求を飲まされるかわからないということです。おまけに要求を飲んだ上でも、実際に安いLNGが長期的に輸入できる保証はありません。 ‥‥
(2012年3月26日日経ビジネスから抜粋)

参考
日本はLNGバカ高購入 日本の電力事情知るカタールがふっかけた
シェールガスはバブルに過ぎない
なぜ交渉は行き詰まったのか  イラク巨大油田争奪戦
北米発エネルギー革命 「石油の世紀」ヤーギン氏に聞く

世界の平均気温 過去最高に
2001年から2010年までの10年間の世界の平均気温は、これまでで最も高かったことが分かり、調査に当たった国連の専門機関「WMO=世界気象機関」は、地球温暖化の対策が急務であると訴えています。‥‥去年1年間の平均気温は、14.4度と推定され、東太平洋の赤道付近で海面水温が下がり、世界的に気温も低下傾向になるとされる「ラニーニャ現象」が続いた年としては、これまでで最も高かったということです。‥‥
(2012年3月24日NHKから抜粋)
違法伐採の収益、年1兆円規模=犯罪組織の関与警告−世銀

世界銀行は20日、森林の違法伐採による収益が、世界全体で年間100億〜150億ドル(約8400億〜1兆2500億円)に上るとの報告書を発表した。多くのケースで犯罪組織の広範な関与が判明しており、「麻薬を売りさばく犯罪組織へと同様のやり方で対抗する必要がある」と警告している。‥‥
(2012年3月21日時事ドットコムから抜粋)

参考
日本の消費によるタスマニア森林破壊

太陽光発電、年内600万キロワットへ 原発6基分 家庭向け需要が急増
太陽光発電の国内導入量が年内に500万キロワットを超え、600万キロワット近くまで伸びる見通しになった。原子力発電所6基分に相当する。再生可能エネルギーでつくった電気を割高な価格で全量買い取る制度が7月に始まるほか、家庭での需要が伸びる。企業によるメガソーラー(大規模太陽光発電所)建設も今後数年で150万キロワットが導入される計画だが、買い取り価格が安く設定されれば投資が見送られる可能性もある。‥‥
(2012年3月20日日経から抜粋)
公正なパーム油生産を求めるバリ宣言
アブラヤシから採れるパーム油は様々な用途に使えるため、ありとあらゆる商品に利用され、世界中の多くの加工食品の基本的成分である。化粧品や家庭用洗剤として最も広く使われている油で、使用量は世界全体で劇的に増加している。しかしながら配慮を欠いたアブラヤシプランテーションは森林を破壊し、泥炭地を枯渇させ、危機に瀕した動物をさらに脅かし、空気や水路を汚染して気候変動を悪化させている。先住民は土地を奪われ、農村部の貧困層はさらなる貧困に追いやられている。それらの事実を 示す証拠は数多くある。大規模なアブラヤシのプランテーション栽培による環境への影響として、生物多様性の喪失、温室ガス排出、大々的な森林伐採、土壌栄養素の枯渇、干ばつ、砂漠化、有毒廃棄物による水質汚染が挙げられる。‥‥
(2012年3月17日0urWorld2.0から抜粋)
温室ガス、50年に50%増=破壊的気候変動の可能性―OECD見通し

経済協力開発機構(OECD)は15日、2050年時点での気候変動など環境の見通しを発表した。新たな地球温暖化対策を講じなければ、世界の温室効果ガス排出量は10年比で50%増えると予測。産業革命以降の気温上昇を2度以内に抑える国際目標は難しくなり、「破壊的な気候変動が起こる可能性がある」と警告した。
(2012年3月15日時事ドットコムから抜粋)

参考
OECDが2050年を大胆予想 悪化する地球環境に商機を見いだす新資源ビジネスも過熱へ

2度目標なら40年代に化石燃料排出ゼロに 今後10年間で気温の上昇傾向が再び顕著に

人口増、環境悪化‥‥訪れる「転換点」
世界人口の増加や地球環境の悪化などをこのまま放置すれば、現代の文明をカオス(混沌)に陥れる転換点がやってくる。米国の民間シンクタンク、アース・ポリシ―研究所のレスター・ブラウン所長はそう主張する。カオスを避けるには大きな社会変革が要ると説く。‥‥
(2012年3月14日日経から抜粋)
1.6度上昇で氷床融解 温暖化のグリーンランド
グリーンランドの氷床はこれまで考えられていた以上に地球温暖化の影響を受けやすく、産業革命前と比べ1・6度の気温上昇を境に、融解を止めるのが難しくなるとする解析をドイツなどの研究チームがまとめ、12日までに英科学誌ネイチャークライメットチェンジに発表した。  現時点で平均気温は既に0・8度上昇しており、余裕はあと0・8度しかない。完全に解けてしまうと、地球の海面が現在に比べて約7メートル上昇する恐れがあるという。‥‥
(2012年3月14日共同通信から抜粋)
サウジアラビアが石油輸入国になる日

‥‥昨年の7月、サウジアラビアの著名な投資会社Jadwa Investmentが衝撃的な報告書を発表しました。それによると、 ・サウジアラビアの原油輸出量は2005年の7.5mbd(mbd: 百万バレル/日)から既に減少し始めている・国内石油消費量は2030年には6.5mbdまで増大し、原油輸出量は4.9mbdを下回る としています。これをグラフにしたものが図3です。原油生産量が増加するのにもかかわらず、輸出量は減少してしまいます。 ‥‥
(2012年3月12日日経ビジネスから抜粋)

参考
イラン制裁で試されるサウジの原油生産能力

脱原発「正しい決断だった」‥‥ドイツ首相

ドイツのメルケル首相は10日公開の録画ビデオで、東日本大震災後にドイツが22年までの全原発稼働停止を決めたことを「正しい決断だった」と振り返った。‥‥
(2012年3月11日毎日新聞から抜粋)

参考
独の脱原発政策、76%が「正しい」 独世論調査
独、太陽光全量買取13年廃止へ 買取負担重荷に

浮体式風力、正式決定‥‥福島沖
福島県沖の大規模洋上風力発電所の建設計画で、政府は6日、丸紅や三菱重工業、清水建設など10社と東大を共同事業体として正式に決定した。船のように浮かべる浮体式風力発電の実用化は世界初で、再生可能エネルギーの切り札として国内企業が総力を挙げて取り組む。‥‥全体の発電能力は最大で原子力発電所1基分の100万キロ・ワットにする計画だ。‥‥
(2012年3月7日読売新聞から抜粋)
環境税創設など予算関連4法案、月内にも成立へ
自民、公明両党の幹事長、国会対策委員長らが7日会談し、2012年度予算関連法案のうち、地球温暖化対策税(環境税)の創設などを盛り込んだ税制改正関連など4法案に賛成する方針を確認した。これにより、4法案は月内にも成立する見通しとなった。‥‥
(2012年3月7日読売新聞から抜粋)
世界の陸氷の消失量をNASA衛星データで初調査
‥‥2003年から2010年の間の地球の陸氷すべての消失量を調べた。 調査した期間に、グリーンランド、南極、地球の氷河と氷冠で溶けた氷の量は、合計約4兆3,000億トンで、世界の海面は12ミリ上昇した。‥‥
(2012年3月6日日刊温暖化新聞から抜粋)
イラン制裁で試されるサウジの原油生産能力

‥‥クウェートとアラブ首長国連邦(UAE)の生産量は既に上限に近い。そのため、すべてはサウジアラビア次第になる‥‥サウジが今回直面する試練は過去のケースより厳しい。IEAによれば、サウジの1月の生産量は日量990万バレルに達しており、過去30年間で最も多い。背景には、南スーダン、シリア、イエメンで生産が滞っていることや、アジアの原油需要が旺盛なことがある。‥‥不足分を埋めるサウジの原油は、欧州諸国、日本、インド、韓国、中国に輸出される。タイミングも、余剰生産能力にかかる圧力を増大させる。サウジでは、夏場に原油の国内需要が高まる。エアコンの利用が増え、原油を燃やして発電せざるを得なくなるからだ。‥‥
(2012年3月2日日経から抜粋)

参考
サウジアラビアの楽観的な増産見通しに大いなる疑惑!
「楽な」石油は枯渇へ−鍵を握るサウジ重油プロジェクト
サウジアラビアにすべての命運を託している事態は異常だ
サウジアラビア以外は増産余力はゼロ
日本の原油輸入 中東への依存度は87% 外交青書2010
産油国における国内消費が増えていけば、世界市場に出回るアブラの量は相対的に減ってしまう
枯渇性資源の問題は、まず持たざる国から政府を追い詰めていく
サウジアラビア石油埋蔵量は40%誇張されていた

石油生産がピークを過ぎた。

海洋の酸化、過去3億年で最速ペースで進行 海の生命体に懸念

‥‥過去の海洋酸化は、小惑星が地球に衝突し二酸化炭素が発生した際や、火山爆発で地球全体の気温が上昇した時などに起きていた。だが、海洋生物の固体数激減という観点から現在と同程度の状態が見られたのは、大気候変動が起きた約5600万年前‥‥海洋酸化が進行する速さは現在、5600万年前の10倍以上で、少なくとも過去3億年で最も早いペース‥‥「海洋生態系の変化に関して、われわれは未知の領域に踏み込みつつある」‥‥
(2012年3月2日AFPから抜粋)

参考
二酸化炭素が世界中のサンゴ礁に影響を及ぼしています。2050年までに完全に消滅
警告!「海洋生態系の"ティッピング・ポイント"が近づいている」
海水の酸性化、急速に進行(最近2千万年の中で最も変化が激しかった時に比べても100倍) 50年には今の2.5倍に

世界の海は過去6500万年の間には見られなかったペースで化学変化が進んで‥‥
海洋酸性化、今世紀末までに海洋生物の崩壊をもたらす

再生可能エネルギー、20年に倍増も‥‥中環審委
中央環境審議会の小委員会は2日、政府が最大限の普及策を取った場合、2020年に再生可能エネルギーによる発電量を現状の約2倍にまで拡大できるとする報告書を公表した。‥‥最大のケースでは化石燃料購入により海外に流出する資金を年間9100億円分抑制でき、温室効果ガスを8000万トン削減できると試算。これは10年度の日本の排出量の約6%にあたる。
(2012年3月2日読売新聞から抜粋)
石油生産の上昇局面に比べて下降局面は急峻になる
石油生産の上昇局面に比べて下降局面は急峻になることが予測され、それはセネカの崖と名付けられた。危機が本格化してから準備をするわけにはいかないのだから、今から崩壊後を見越して準備をした方がよい。このことをASPO(Association for the Study of Peak Oil)の会議で発表して、準備を促したつもりだったが、頭でわかっているはずの人も行動に移せていないことが嘆かれる。‥‥
(2012年2月28日ShiftM.jpから抜粋)
独、太陽光全量買取13年廃止へ 買取負担重荷に

ドイツ政府は太陽光発電の全量買取制度を2013年から廃止することを決めた。 同制度のもとで太陽光の導入量が急拡大し、電気料金を通じた電力消費者の買取負担額が膨らんでいるためだ。‥‥
(2012年2月28日電気新聞から抜粋)

参考
ドイツが太陽光発電の全量買取制度を終了 2017年には補助金全廃も

北半球の大雪、原因は北極海の海氷融解か 米中研究

‥‥研究グループは、海氷融解によって大気中の水分が増え、例年は冷気を北に追いやる気流および西向きの風に影響を与えたと考えている。このため冷気が通常より中・低緯度の地域に多く流れ込んで「欧州や米国北東部・中西部の大雪につながった」とジョージア工科大学のJiping Liu上級研究員は述べた。
(2012年2月28日AFPから抜粋)

参考
気象庁の異常気象分析検討会、今冬の大雪の要因はシベリア高気圧などの見解発表

地球を目の敵にするエネルギー業界
‥‥地球温暖化についての報道は、この2年間で 40%減少した。たとえば、1月の竜巻のように稀なことが起こると、テレビ番組の司会者は形式通り、「極端な天候」については議論をするが、気候変動については、あえて口にされることのない災害なのである。 そして誰かが沈黙を破れば、エリートメディアが喜び勇んで登場し、公然と否定を繰り返す。たとえば先月、ウォール・ストリート・ジャーナルは、「16人の科学者と技術者」による 論説を掲載した。「地球温暖化でパニックに陥る必要はない」と題されたその記事こそ、 でっちあげであることはすぐに明らかになった。それは、かなり前に誤りが指摘された説の混ぜ合わせだったのである。しかも、それらを語っていたのは 結局、気象学者などではなかった。彼らは他の科学者の説を引用していたが、引用された科学者たちは即座に、実際の研究結果が示しているのは真逆のことだと反論したのだった。 このような否認主義の根源は秘密でもなんでもない。資金源は化石燃料業界だ(たとえば、先の16人の著者のうち、5人が エクソンと結びついていた)。‥‥
(2012年2月22日OurWorld2.0から抜粋)
核燃料サイクル「無限ムリ」 原子力委が見直し
原発の使用済み核燃料から取り出したプルトニウムを再利用する「核燃料サイクル」について、内閣府の原子力委員会は現状ではリサイクルは数回だけに限られる、という考えに改めることを決めた。‥‥
(2012年2月17日朝日新聞から抜粋)
気候科学をオンラインで議論する
気候変動のような差し迫った国際的問題に関して言えば、科学者がピアレビュー誌だけに論文を発表し、他の誰もがつながっている社会から、自分たちだけを蚊帳の外においていれば、より効率的に多くの人々に研究内容を知ってもらうことは難しい。‥‥インターネットがさらに進化すれば、科学の情報の伝達手段も徐々に変化し、科学者は真空状態の中で働くわけにはいかなくなる。研究者仲間だけではなく、一般大衆に対しても、よりオープンで透明性の高い伝達方法が求められている。
(2012年2月17日OurWorld2.0から抜粋)
米、地球温暖化防止連合の立ち上げを目指す
アメリカのクリントン国務長官は16日、「アメリカは、カナダ、メキシコ、スウェーデン、ガーナ、バングラデシュ、国連環境計画と連携して、気候とクリーンエア連合の立ち上げを目指している。われわれは、二酸化炭素、メタン、亜酸化窒素3種類の汚染物質排出量削減を目指して取り組んでいく」と明らかにしました。‥‥
(2012年2月17日CRIonlineから抜粋)
温暖化で海洋内部の水温も長期的に上昇
地球温暖化に伴って、水深700メートルまでの海水温が、世界全体平均で10年あたり0.02度のペースで上昇していることが、気象庁の解析で明らかとなった。‥‥
(2012年2月15日ナショナルジオグラフィックニュースから抜粋)
「地球温暖化のせいで寒冷化‥‥」 なぜそんなことが起こるのか

‥‥地球温暖化とは「地球全体の平均気温が均等に数度上がる」ことではなく、「平均気温の上昇で従来の気候システムが変化し、予期せぬ異常気象が増える可能性が大きくなる」現象だ。それを考えれば、局地的な寒冷化の頻繁な発生は、これからもますます増えていくだろう。‥‥熱塩循環が温暖化によって減速しつつあるのか、それが欧州に寒冷化をもたらすのかといった事象について、まだ決定的なことは分かっていない。ただ、地球の複雑な気候メカニズムを考えると、このように「風が吹けば桶(おけ)屋がもうかる」式の、一見温暖化とは逆にも思えるような現象が局地的に起こる可能性が、十分にあるということだけは確かだ。
(2012年2月6日日経から抜粋)

参考
海流の循環が止まってしまうと北大西洋地域は一気に寒冷化してしまう。
熱塩海洋循環の停滞は何をもたらすのか

日本の厳寒は北極の海氷減少が原因
地球の温暖化によって北極域の海氷が少なくなると、北極で発生した低気圧の進路が変わり、シベリア地方に寒気が入りやすくなることが、海洋研究開発機構(JAMSTEC)の研究で分かった。日本の今冬の厳寒や大雪も、こうしたことが一因とみられる。‥‥
(2012年2月3日ナショナルジオグラフィックニュースから抜粋)
ソマリアに「飢饉終息宣言」=234万人の支援継続必要−国連

「待ちわびた雨と農機具や肥料の確保、人道支援により飢饉の終息宣言に至った」と強調。一方で「危機は終わっていない」とも述べ、援助を続けなければ再び飢饉に陥る恐れがあると警告した。‥‥
(2012年2月3日時事ドットコムから抜粋)

参考
最大50万人のスーダン人が紛争や食糧不足で難民となり、隣国の南スーダンに流入する可能性がある

グリーン経済と成長のゆくえ
‥‥私たちは熱心に技術をもてあそんでいる。しかし、無条件に拡大し続ける経済は(それが効率的だとしても)もはや実行不可能だという重大な事実と将来的には折り合いを付けなければならない。少なくとも、生物圏のエネルギーや資源には限界があり、拡大し続ける経済には不平等が付き物だからだ。したがって、自然と社会の関係に介在する物理的インフラストラクチャーを国が追求する場合には、検討されている設計が充足性の評価を内在化かつ保証し、生産と消費のバランスの統制を資本からコミュニティーへ転換できる方向に、国は焦点を移さなければならない。‥‥
(2012年2月2日OurWorld2.0から抜粋)
生物多様性の危機:気候変動より深刻
‥‥種の絶滅と生態系の悪化は、急速に起きており、そのスピードも増している。世界では、自然の絶滅率の100〜1,000倍の速さで種が失われている。人間という一つの種と、その他の生物すべての間で資源をめぐる争いが行われた結果、現在は第六の絶滅を迎えている。絶滅を引き起こすものとしては主に、生息環境の悪化があり、それが生物多様性に与える影響は、進行中の人間に起因する気候変動によってさらに深刻化している。‥‥
(2012年2月1日日刊温暖化新聞から抜粋)
温暖化による酷暑で小麦が老化、2度上昇で収穫2割減
地球温暖化によって熱波や酷暑がより厳しくなると、小麦が「老化」し、世界的に収穫高が減少することを示す研究結果が、29日の英科学誌「ネイチャー・クライメートチェンジ」に発表された。‥‥
(2012年1月30日AFPから抜粋)
温暖化対策、ポスト京都はアジアで共同達成を
さて、そこで改めての提案であるが、温暖化ガス削減の次期枠組み(ポスト京都)に向けて、世界の3分の1以上の排出量を占めるアジア諸国を束ねて「アジアバブル」構想として臨むことを求めたい。ここで言うバブルとは「共同達成」の意味だ。‥‥
(2012年1月30日 日経から抜粋)
2005年がピークオイル ネイチャー
‥‥In an opinion piece released on Wednesday by the journal Nature, James Murray of the University of Washington and David King of the University of Oxford point out that global oil production appeared to hit a cap of about 75 million barrels a day in 2005. Since then, they note, small supply bumps have caused big price gyrations, yet even when prices spike above $100 a barrel, supply appears incapable of rising to meet the demand.‥‥
(2012年1月25日 NYTimesから抜粋)
太陽活動低下で地球温暖化は鈍らない=専門家報告
英気象庁と同国レディング大学の専門家は23日、今世紀の太陽活動の低下によって地球温暖化が大幅に鈍ることはなさそうだとの研究報告を発表した。‥‥
(2012年1月23日 時事ドットコムから抜粋)
北極海の淡水が増加、欧州の気温低下も=英研究チーム
英国の研究チームは22日、北極海で淡水のたまっている膨大な水域が拡大しており、それによって海流の動きが遅くなって欧州の気温が下がる可能性があると発表した。この結果は科学誌ネイチャー・ジオサイエンスに掲載された。‥‥
(2012年1月23日 時事ドットコムから抜粋)
CO2の排出量増、魚の中枢神経系を侵す恐れ オーストラリア研究
二酸化炭素(CO2)の排出量が増えると海の魚たちの脳と中枢神経系が侵され、魚の生存が脅かされる危険性があるとする論文が、16日の英科学誌「ネイチャー・クライメートチェンジ」に発表された。今世紀末までに予想される海水中のCO2濃度は、魚の聴覚と嗅覚、および捕食者から逃げる能力を妨げる恐れがあるという。‥‥
(2012年1月17日 AFPから抜粋)
「地球を冷やす」分子発見 「掃除」効果も 英グループ
‥‥検出されたのは「クリーギー中間体」と呼ばれる小さな有機分子。1950年代から存在が予想されていたが、直接見つかっていなかった。汚染物質から、大気を冷やす効果がある硫酸塩など浮遊粒子(エーロゾル)を作る能力を持つ。‥‥
(2012年1月15日 asahi.comから抜粋)
2011年の食料価格、過去最高を記録 国連
国連食糧農業機関(FAO)は12日、2011年の食料価格は過去最高だったとする調査結果を発表した。‥‥
(2012年1月13日 AFPから抜粋)
メタン削減で気温上昇を低減効果 大気浄化と一石二鳥
大気汚染の主な原因となるメタンと「すす」の排出量を削減すれば、2050年までの地球の平均気温上昇を約0・5度低くすることが可能とする一石二鳥の結果を、米航空宇宙局(NASA)などのチームがまとめ、13日付の米科学誌サイエンスに発表した。‥‥
(2012年1月13日 共同通信から抜粋)
IEA報告書:今後5年間の世界の石炭需要は大幅な拡大を続ける
‥‥すでに石炭は世界で最も利用されている発電用資源となっており、今後予想される需要増加の主な理由は、新興国における発電の急激な伸びであると報告書は指摘している。‥‥
(2012年1月12日 日刊温暖化新聞から抜粋)
ピークオイルを世界エネルギー戦略に含めること
‥‥グローバル規模のエネルギー戦略を推進するには、これまで挙げたような機関の結束が不可欠であり、そのゴールは低エネルギー計画の策定とすべきである。低エネルギー計画とは、各国がどのように協調して石油枯渇の問題に取り組むかを規定した石油減耗議定書のようなものだ。‥‥
(2012年1月9日 国連大学OurWorld2.0から抜粋)
排出枠価格が「ただ同然」になる日 下落の発生源はロシア・東欧に
「排出枠価格がただ同然になる日が来るのではないか」。温暖化ガスの排出量取引の関係者の間で、そんな本気とも冗談とも取れない話がささやかれている。買い手が欧州連合(EU)と日本にほぼ限定されているマーケットに、東欧諸国から大量の排出枠が流入。供給過剰が明らかになってきているためだ。2013年以降の市場の仕組みに不透明感も抱えたまま、需給バランスが崩れた市場はどこに向かうのか。‥‥
(2012年1月9日 日経から抜粋)
石原慎太郎 地球は滅びるだろう
‥‥年の明けた今昨年暮れのある出来事を思い返すと新年早々縁起でもない話だが、やはりこの地球は間もなく滅びるような気がする。昨年十二月のダーバンでのCO2に関する世界会議の体たらくはどういうことなのか。会議を延長して得られた合意とは、重病の病人に手当てをしないことへの合意としかいいようない。‥‥
(2012年1月9日 産経ニュースから抜粋)
CO2、25%削減撤回へ 政府、現実的な目標提示
政府は、2020年までに温室効果ガス排出量を1990年比で25%削減するとした現在の目標を下方修正する作業に本格的に着手する。東京電力福島第1原子力発電所事故を受けたエネルギー政策の見直しで、発電中に二酸化炭素(CO2)を排出しない原発の推進が困難になったためで、現実的な目標を提示する方針だ。‥‥
(2012年1月6日 産経ニュースから抜粋)
世界の自然災害での損失額、昨年は過去最高
世界最大の再保険会社、ミュンヘン再保険は4日、日本の大震災やニュージーランドの大地震など昨年の世界の自然災害による経済的損失が過去最高の3800億ドル(29兆1000億円)に上ったと発表した。これは前年の倍以上、過去10年間の平均の3倍。‥‥
(2012年1月4日 時事ドットコムから抜粋)
研究報告:地球温暖化は「スローダウンしていない」
英国物理学会は12月6日付けのリリースで、地球温暖化が減速している兆候はなく、今後数十年間でさらなる温暖化が予測されることを示しながら、世界の気候の傾向について一層明確にした。‥‥
(2011年12月31日 日刊温暖化新聞から抜粋)
2011年、カナダのオイルサンド開発
‥‥国際エネルギー機関(IEA)が発表した2011年版の『世界エネルギー展望(World Energy Outlook)』によると、2035年までに世界の石油需要は24%も上昇する。増加の主な要因は、中国やインドなどの発展途上国である。ただしIEAの見通しでは、発展途上国が温室効果ガスの削減目標を達成したとしても、15%の需要上昇は免れない。「需要を抑える対策と継続的な新エネルギー開発が不可欠」とIEAのレポートは強調するが、先進国における需要を削減し、発展途上国での消費拡大に歯止めをかける措置はほとんど講じられていない。しかし供給面では、カナダのオイルサンドが膨大なエネルギー源として新たに登場した。 ‥‥
(2011年12月28日 ナショナルジオグラフィックから抜粋)
地球の救済はなぜ難しいのか?
‥‥ニコラス・スターン氏によると、気候変動を食い止めるためのコストが世界のGDPの約1%なのに対し、このまま安穏として気候変動に何の対処もせずにいたら、そのコストはGDPの5〜20%に達する。 現時点の世界のGDP1%というと6,300億米ドルだ。それに対して、 ブルームバーグの報道によると、米国連邦準備制度理事会(FRB)は2009年の3月までに、7兆7,700億米ドルを銀行救済に充てた。たった1国の政府による資金援助でこの額である。世界の気候変動に年間で支払うべき額の12倍だ。他国の資金援助も合わせたら、さらに何倍にもなるだろう。‥‥
(2011年12月27日 国連大学OurWorld2.0から抜粋)
COP17と日本 義務なくとも削減努めよ
地球温暖化の影響を最小限にとどめるためには産業革命以来の平均気温の上昇を2度未満にすることが必要とされる。国際目標であり日本も受け入れている。そのためには15年には世界の排出量増を止め、減少に向かわせる−が多くの科学者の指摘だ。だが国際交渉はそれに比して速度が遅すぎると言わざるを得ない。‥‥
(2011年12月21日 福井新聞から抜粋)
再生エネ、原発上回る=総発電量の2割に―ドイツ
ドイツのエネルギー・水道事業連盟は17日までに、今年の同国の総発電量に占める風力など再生可能エネルギーの割合が初めて原発を上回る見通しになったと発表した。 再生可能エネルギーが前年の16.4%から19.9%に拡大し、原発が22.4%から17.7%に低下する見込み。
(2011年12月18日 asahi.comから抜粋)
国連、「年間砂漠化面積は1200万ヘクタール」
‥‥「世界で毎年砂漠化した土地の面積は1200万ヘクタールに達している。この勢いが続けばアフリカの3分の2の耕地は砂漠になってしまう」と述べました。  「国連砂漠化対処条約」のデータによりますと、世界の110カ国で砂漠化の現象が見られたりまたその可能性があります。‥‥
(2011年12月18日 CRI onlineから抜粋)
記録的短時間大雨情報100回 「猛烈な雨」増加傾向 気象庁
数年に1度程度しか発生しない1時間に100ミリなどの大雨が観測された地域を対象に出る「記録的短時間大雨情報」の発表回数が、豪雨災害の相次いだ今年は全国で100回(11月末現在)に達したことが17日、気象庁のまとめで分かった。‥‥
(2011年12月17日 産経ニュースから抜粋)
ナノ粒子を用いた新たな電極により、風力や太陽光の大規模利用が可能になるかもしれない

‥‥実験室で行われた試験では、この電極は4万回の充電と放電の繰り返しに耐えた上に、その後でも当初の充電容量の80%以上の電気を蓄えられたという。これと比較すると、平均的なリチウムイオン電池は、劣化により実用に耐えられなくなるまでの充放電回数はおよそ400回とのこと。‥‥
(2011年12月17日 日刊温暖化新聞から抜粋)

私たちに残されている時間はたった5年

‥‥災害は不公平を暴き現状に挑む。ぺリング教授はその研究において、バングラデシュ、ニカラグア、メキシコなどの国々で災害が民主的改革に導いたことを示している。さらに最近の例で言えば、2008年に中国で起こった地震により、公立の小学校が複数倒壊し、 重度の腐敗が明らかとなった。それらの学校は建築基準に則って建てられていなかったのである。そのためデモが起こった。‥‥
(2011年12月16日 OurWorld2.0から抜粋)

参考
IEA、『世界エネルギー展望2011年版』を発表

COP17(気候変動枠組み条約第17回締約国会議)情報
二酸化炭素が世界中のサンゴ礁に影響を及ぼしています。2050年までに完全に消滅

‥‥私が研究を続けている間に、そういったほぼ無傷のサンゴ礁の数は急激に減少していき、今では私たちが排出する二酸化炭素が世界中のサンゴ礁に影響を及ぼしています。その影響の大きさから、私を含む多くのサンゴ礁の研究者は、1970年代に見られた状態のサンゴ礁は2050年までに完全に消滅すると考えています。人間はこれまでも種の絶滅を引き起こすのがとても上手でしたが、生態系全体を世界的に消滅させてしまうのは、今回が初めてとなるでしょう。‥‥
(2011年12月8日 OurWorld2.0から抜粋)

参考
警告!「海洋生態系の"ティッピング・ポイント"が近づいている」
海水の酸性化、急速に進行(最近2千万年の中で最も変化が激しかった時に比べても100倍) 50年には今の2.5倍に

世界の海は過去6500万年の間には見られなかったペースで化学変化が進んで‥‥
海洋酸性化、今世紀末までに海洋生物の崩壊をもたらす

世界のCO2排出量が急増、08年金融危機の影響消える
2010年の化石燃料とセメント産業による二酸化炭素(CO2)排出量は、開発途上国での急増を受け、前年比5.9%増加して過去最大になった‥‥
(2011年12月5日 AFPから抜粋)
人類起源の気候温暖化に対する独立した確証
‥‥これまで人類活動が原因となった温度上昇の見積もりは、さまざまな原因による空間的および時間的な温暖化のパターンを正確にシミュレーションする気候モデルの能力に依存してきた。新しい結果は、この仮定に基づいておらず、したがって最近の温度上昇に対する人類起源の原因の重要性をさらに確実なものとしている。‥‥
(2011年12月5日 Natureから抜粋)
温暖化:アマゾン川流域、今世紀末にも干上がる?
地球温暖化の影響で、緑豊かな南米アマゾン川流域が今世紀末までに乾燥化する恐れがあるとの分析を、国立環境研究所(茨城県)のチームがまとめた。‥‥
(2011年12月5日 毎日新聞から抜粋)
極寒の北極海がなぜ 温暖化の「加速器」に 海氷減り、暖流引き込む悪循環
気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の報告書は北極は21世紀末に6〜6.5度上がると予測しているが、北極の海の温暖化は予測を上回る速度で進んでいる。‥‥
(2011年12月4日 日経から抜粋)
城南信金、東電の電気買いません 「脱原発」取り組み
契約の切り替えに伴い、年間の電気料金は従来の約2億円から1千万円減らせるという。‥‥
(2011年12月2日 中日新聞から抜粋)
再生可能エネルギー投資、初めて化石燃料抜く−温暖化対策に追い風
新規の発電施設への投資で、再生可能エネルギーが初めて化石燃料を上回り、金融危機に伴う停滞と国連の地球温暖化防止に向けた協議の行き詰まりの打開につながる兆しが示されている。 ‥‥
(2011年11月25日 ブルームバーグから抜粋)
IEA、『世界エネルギー展望2011年版』を発表

‥‥今後25年間の累積CO2排出量は、過去110年間分の全排出量の3/4に達し、長期的な平均気温の上昇が3.5℃となる軌道をたどる。2035年には、中国の一人あたり排出量は、OECD平均に並ぶ。もし仮に新政策が実施されなければ、6℃上昇という、さらに危険な軌道をたどることになるという。
(2011年11月24日 日刊温暖化新聞から抜粋)

参考
世界エネルギー展望2011年版 エグゼクティブサマリー

北極海の氷が「前例のない」割合で縮小、気候変動が原因か−研究
北極海の氷が過去1000年以上の間で「前例のない」割合で消えつつあるという研究が発表された。研究は、その原因が人間が影響を与えている気候変動にあることを示唆している。 英科学誌ネイチャーに24日発表された研究によると、過去数十年の傾向は、近い将来に北極で夏季に氷が消滅する可能性を示唆している。‥‥
(2011年11月24日 ブルームバーグから抜粋)
FAO:気候変動と対峙するには、伝統作物の保全が鍵となる
国連食糧農業機関(FAO)は11月14日、「食料及び農業に用いられる植物遺伝資源に関する国際条約」の採択から10周年を迎え、世界中の伝統作物と植物品種を、気候変動などの環境ストレスから緊急に保護する必要があると訴えた。‥‥
(2011年11月22日 日刊温暖化新聞から抜粋)
温室効果ガス濃度、史上最高レベルに 世界気象機関
世界気象機関は21日、地球温暖化の主要因となっている温室効果ガスの平均濃度が2010年、史上最高レベルに達したと発表した。‥‥
(2011年11月22日 AFPから抜粋)
破滅に突き進む気候変動
たぶん、これからの5年間も、世界はこれまでどおり数多くの化石燃料発電所、大量のエネルギーを消費する工場、そしてエネルギー効率の悪いビルの建設を続けるだろう。 世界的なエネルギー機構の詳細な分析によると、このまま行けば、世界的温暖化を安全なレベルに保つことは不可能になり、危険な状態につきすすむ気候変動を救う最後のチャンスも「永遠に失われる」という。‥‥
(2011年11月21日 OurWorld2.0から抜粋)
IEA試算 疑問だらけ
原発発電量「30年に18%」←20年で10% CO2「削減困難」←自然エネ考慮せず 経済負担「増大」←省エネ効果を無視 「原子力ムラが外圧利用」‥‥
(2011年11月19日 東京新聞から抜粋)
"世界で異常気象深刻”報告書
温暖化の影響で、世界各地で猛暑や大雨といった異常気象が深刻化しており、温室効果ガスの排出を削減することが急務だとする特別報告書を、IPCC=「国連の気候変動に関する政府間パネル」が発表しました。‥‥
(2011年11月19日 NHKから抜粋)
2050年に自然エネルギー100%は可能 WWF
‥‥自然エネルギーによって日本のエネルギー需要を満たすことは、少なくとも技術的には十分可能であることを示しました。 電力と熱・燃料の総合的な姿として、2050年に自然エネルギー100%への移行を完了するには、2020年には20.0%、2030年には49.6%、2050年には76.6%に達していることが必要であることがわかりました。‥‥
(2011年11月18日 WWFホームページから抜粋)
終末的光景へ:加アルバータ州のオイルサンド
環境と気象との因果関係をはっきりさせなければ、アルバータ州での石油抽出が終末的光景をもたらすのは明らかだ。原生林や湿地は荒廃・枯渇し、荒れた丘と有毒な沼に変り果て、周辺生物の再生には何世紀もかかることだろう。‥‥
(2011年11月18日 WIRED. jpから抜粋)
海面上昇、氷河縮小、温暖化が各地で顕著に―中国気候変動レポート
‥‥約50年間で中国の陸地表面平均温度が1.38度上昇したことや、青蔵高原の氷河が年7.8メートルのペースで縮小していることなどが明らかとなった。‥‥1950年代以降、中国沿海の海面は平均で毎年2.5センチメートル上昇しているという。‥‥
(2011年11月17日 サーチナから抜粋)
地球の気温上昇を2度以内に抑えるには、この10年間に確固たる行動が必要
‥‥2度以内という目標への実現可能な経路となる排出シナリオはたくさんあるが、この目標に近づくためには、国々はより高い目標を履行する必要がある‥‥
(2011年11月16日 日刊温暖化新聞から抜粋)
段階的な脱原発8割、代替策として9割が再エネ発電を選択
‥‥日本における原子力発電およびエネルギー政策に関しては、約49%が「1〜2年以内」もしくは「2020年まで」に原子力発電所を操業停止して廃炉プロセスに入るべきと回答し、2050年までの段階的な廃止を含めると約83%が日本における脱原発を支持した。原子力発電による電力供給量が減少した場合の対策(複数回答可)として、約90%が「再生可能エネルギーによる発電を増やす」をあげた。‥‥
(2011年11月15日 環境ビジネスから抜粋)
北極は瞬く間に温暖化している。今や、最も大きな氷山が解け始めているとの研究者の情報がある。
北極海の沿岸に浮かぶ漂流ステーション「北極」が、土台を据えられるだけ大きな氷山を見つけることが難しくなりつつあることから、ロシア人の学者も、この北極の温暖化を身をもって知らされている。‥‥
(2011年11月14日 VORから抜粋)
ラニーニャ現象が発生 来春まで続く見通し
気象庁は10日、南米・ペルー沖で海面水温が下がって異常気象の原因となる「ラニーニャ現象」が発生していると発表した。‥‥
(2011年11月10日 NNNから抜粋)
オーストラリア、来年7月から炭素税導入へ
オーストラリア上院議会は8日、気候変動の原因とされる温室効果ガスの排出量削減を目指し、石炭火力発電所などに炭素税を課す「クリーンエネルギー法案」を可決した。下院でも前月可決されており、来年7月1日に施行される。‥‥
(2011年11月10日 AFPから抜粋)
沈みゆくバンコク、洪水は不吉な未来の序章か
タイの首都バンコクが、ゆっくりと沈んでいる――もともと湿地だった土地に作られたバンコクを襲った洪水は、気候変動による暗い未来への序章にすぎないと専門家たちが警告している。‥‥
(2011年11月9日 AFPから抜粋)
地球温暖化は「確かに」起こっている
この10月、Berkeley Earth Surface Temperatureプロジェクトが、これまでで最も包括的なデータ解析結果に基づいて、地球が温暖化しているという結論を示した。このプロジェクトは、気候変動の懐疑論者からも一部資金援助を受けて運営されている。 ‥‥「今回の解析結果で、一部の懐疑論者が地球温暖化の現実に関する考え方を変えるかもしれない、と私は考えています」とMullerは語った。
(2011年11月7日 natureから抜粋)
CO2、年間増加量が最高の伸び 最悪シナリオ上回る
2010年の世界全体の二酸化炭素(CO2)排出量は09年に比べて18億8千万トン増え、1年間の増加量としては過去最高の伸びを記録したことが3日、米エネルギー省のまとめ(速報値)で分かった。 ‥‥AP通信によると、排出量の増加は、今世紀末の平均気温が20世紀末に比べて4度上がるとした「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」の最悪シナリオの想定を上回る勢いで、さらなる気温上昇の恐れも出てきているとしている。
(2011年11月4日 共同通信から抜粋)
アジア大陸でジャワサイが絶滅
世界自然保護基金(WWF)は10月25日、アジア大陸部ではジャワサイが絶滅したと発表した。‥‥
(2011年10月31日 ナショナルジオグラフィックニュースから抜粋)
EU世論調査:気候変動は非常に深刻な問題とする回答者は68%

欧州連合(EU)が10月7日に発表したユーロバロメータ調査(EUの世論調査)によると、欧州の人々の68%は気候変動を非常に深刻な問題だとみており、約80%の人は気候変動対策によって経済や雇用が促進されると考えている。‥‥
(2011年10月30日 日刊温暖化新聞から抜粋)

参考
地球温暖化を信じる米国民が増加

米国の水資源不足、気候変動で深刻に=専門家が警告
‥‥問題は砂漠の都市ラスベガスのように明らかに水の必要な地域で水を確保するかだけではないと指摘する。降水量が多く、真水の供給源が豊富に見える地域でも、需要が供給能力を超えるようになっていくという。  同教授は「米国の人口は2050年までに4億2000万人になるとみられている。新たに増える1億2000万人分の水をどこから調達するのか」と問いかけた。
(2011年10月28日 時事ドットコムから抜粋)
世界人口70億人へ、資源争奪など不穏な時代の幕開けか

国連の推計によると、世界の人口は10月31日に70億人を超える。人類はこれまで経験したことのない人口密集時代に突入するが、急速な都市化や環境の悪化、医療や教育への需要急増、資源や雇用の配分など、70億人突破は世界がこれから不穏な時代を迎えることを暗示しているとの指摘もある。‥‥
(2011年10月26日 ロイターから抜粋)

参考
70億人突破 地球は増える人口を養えるか

CO2「25%削減」方針変わらず 細野環境相
細野豪志環境大臣は25日の衆議院環境委員会で、‥‥「25%削減の考えを変えているわけでない。議論には柔軟に対応していきたい」と法案の修正に柔軟に対応していく姿勢を示しながらも、CO2削減の数値については政府として考えを変えていない旨を語った。‥‥
(2011年10月25日 サーチナから抜粋)
世界の気温上昇幅、数十年で「2度」超える可能性も=論文
世界の気象学者は23日に英科学誌ネイチャーに掲載された2本の論文で、温室効果ガスの排出量が増え続けると、地球の気温の上昇幅はわれわれの多くが寿命を迎えるまでに、一部の地域で「安全」とされる水準のセ氏2度を超える恐れがあると警告した。‥‥
(2011年10月24日 時事ドットコムから抜粋)
地球温暖化で動植物が小型化? 化石調査と実験で判明
地球温暖化の影響で多くの動植物の小型化が進み、いずれ人間の栄養源にも影響が及ぶかもしれない――。‥‥温暖化と降雨不順の影響は、海中の微生物から地上の肉食動物に至るまで生態系の隅々にまで及んでいるという。同大学のデービッド・ビックフォード氏は、特に温度変化の影響を受けやすいカエル、カメ、ヘビなどの外温動物は、水中でも地上でも既にかなりの小型化が進んでいると指摘する。‥‥
(2011年10月18日 CNNから抜粋)
温暖化ガス「25%削減目標、撤回すべきでない」
‥‥やればできるのだが、制度が邪魔をしてきた。自律分散型の電力供給をやろうとすると、電力系統への接続で周波数が不安定になるなど電力会社などから技術的な理由をあげられ、なかなか踏み切れないできた。冒頭であげた北九州のエコタウンなどはやればできるという例だと思う。思い切って変えていけなければ、日本全体が沈んでいくだけだ
(2011年10月12日 日経から抜粋)
地熱発電の利用拡大、開発規制緩和へ‥‥政府方針

‥‥地熱発電所の有望地点の多くは、国立公園などの開発が制限されている地域にあり、新規開発が進まない要因になっていた。公園内で開発前の掘削調査を行うには、自然公園法や温泉法に基づく開発許可を得ることが必要となるほか、森林法の保安林解除の手続きが課せられる場合もある。このため、政府は関係法の運用を見直し、地熱発電目的の開発に限り許可手続きを簡素化することにした。
(2011年10月12日 読売新聞から抜粋)

参考
なぜ増えない 日本の"地熱"

太陽活動衰退期にも可視光放射増加、改めて問われる温暖化の原因
太陽活動の衰退期は、予想されてきたほど地球の冷却化に貢献していないとする研究結果が7日の英科学誌ネイチャーに発表された。‥‥温暖化懐疑派は、地球は太陽活動の影響で冷却化と温暖化を周期的に繰り返していると指摘してきたが、衰退期に温暖化効果を持つ可視光放射が増えるということは、太陽が気候に与える影響について認識を改める必要があることを意味する。 ただしヘーグ教授は、衰退期に温暖化効果が現れるのであれば、活発期には冷却効果が現れているかもしれないと指摘する。 その場合、過去100年間の平均気温の上昇は、これまで考えられてきた以上に温室効果ガスに起因していると言うことができる。‥‥
(2011年10月8日AFPから抜粋)
パナマ会議 ポスト京都枠組み、COP17採択絶望的

12年末に先進国の温室効果ガス削減義務の期限が切れる京都議定書後の枠組みを協議してきた国連気候変動枠組み条約の特別作業部会が7日午後(日本時間8日)、パナマ市で閉幕した。主要議題で各国の主張は対立し目立った進展はないまま1週間の協議を終えた。今回は11月末から南アフリカで開かれる同条約第17回締約国会議(COP17)に向けた最後の事前交渉で、COP17でポスト京都の新たな枠組みを採択することは絶望的になった。‥‥
(2011年10月8日毎日新聞から抜粋)

参考
「ポスト京都」合意絶望的 交渉、進む「日本外し」

公害排出国は気候変動会議を欠席せよ

北極オゾン層、8割が破壊
‥‥生物に有害な紫外線を遮るオゾン層の破壊は南極上空で顕著な現象で、北極では少なかった。だが、今年4月に高度18キロ〜20キロメートルでオゾン量が80%も破壊されていたことが分かった。‥‥
(2011年10月3日日経から抜粋)
熱帯雨林を伐採、パーム油洗剤のアブラヤシ植林で温暖化進む
エコ商品、思わぬ反エコ 国立環境研が分析  
熱帯雨林を伐採しアブラヤシを植林すると、森林が本来ため込むことができた炭素量が30年後で65%減っていたことが、国立環境研究所(つくば市)などのチームの分析で分かった。減少分は大気中の二酸化炭素となって地球温暖化を悪化させた恐れがある。アブラヤシは、環境にやさしい洗剤やバイオ燃料の原料になるパーム油を採ろうと、栽培面積が急増している。消費者の高まるエコ意識が、環境悪化を招くことを示唆する結果として注目される。‥‥
(2011年9月30日毎日JPから抜粋)
雲は温暖化の原因ではない
米国、テキサス州カレッジステーション―実は雲が気候変動の根本的原因であるという最近の主張に反論し、テキサスA&M大学教授のアンドリュー・デスラー氏は9月6日、雲は気候変動を増幅させるだけだとする研究を米国地球物理学連合の学会誌『Geophysical Research Letters』に発表した。‥‥
(2011年9月30日日刊温暖化新聞から抜粋)
アマゾン巨大ダム計画、連邦裁が中止命令 ブラジル

ブラジルの連邦裁判所は29日、アマゾン川流域に計画されている総工費110億ドル(約8400億円)規模の巨大ダムの建設計画の中止を命じた。‥‥
(2011年9月29日AFPから抜粋)

参考
米最大のダム撤去計画、解体作業始まる
八ッ場ダム問題 国の検証に疑義相次ぐ

地熱発電 開発資金を支援へ
経済産業省は、将来の再生可能エネルギーの柱の1つとして期待される「地熱発電」の開発を促すため、地熱発電に取り組もうとする企業に対し、巨額の初期投資の一部を支援する新たな制度を設ける方針を固めました。‥‥
(2011年9月25日NHKから抜粋)
京都議定書、EUが延長主導へ
‥‥EUは昨年、京都議定書の条件付き延長容認に転じた。デルベケ総局長の発言は、11月28日に南アフリカで開幕する国連気候変動枠組み条約第17回締約国会議(COP17)で、EUが議定書の延長論を主導する姿勢を鮮明にしたものだ。‥‥
(2011年9月25日読売新聞から抜粋)
太陽光発電、10年後には1兆7千億円市場に

矢野経済研究所は、国内の太陽光発電システム市場を調査した結果を発表した。それによると、2020年度の同市場は、2010年度比263.2%となる1兆7,250億円まで拡大する見通し。‥‥
(2011年9月21日環境ビジネスから抜粋)

参考
宮崎駿:現在の太陽光発電もあんまり好きになれないんだけどね。
GDP信仰から脱却 国連決議

トヨタ、水とCO2のみで人工光合成 温暖化解決手段にも

トヨタ自動車グループの豊田中央研究所(愛知県長久手町)は20日、太陽光、水、二酸化炭素(CO2)のみを原料に、人工光合成を実現する技術を開発したと発表した。特殊な光や薬品を加えて人工的に光合成させる技術はあったが、添加物を使わない方法は世界で初めてという。‥‥
(2011年9月20日日経から抜粋)

史上2番目に小さい面積=北極海の氷、融解進む−宇宙機構

北極海の海氷面積が今月9日時点で453万平方キロと、2007年の425万平方キロに次いで衛星観測史上2番目に小さくなったことが分かった。‥‥
(2011年9月20日時事ドットコムから抜粋)

動かぬ台風、前線なしでも豪雨 温暖化一因の指摘も
大規模な河川の氾濫や土砂災害で深刻な被害を出した台風12号。奈良県や三重県の南部では、降水量の記録を塗り替える地点も出た。勢力だけをみると、もっと大きな台風は数多くあったが、ここまでの雨は降らなかった。様々な要因が重なったためとみられているが、地球温暖化で今回のようなケースは珍しくなくなるとの指摘もある。地域防災に新たな課題が浮上した。‥‥
(2011年9月18日日経から抜粋)
地球温暖化を信じる米国民が増加
ロイター通信が15日発表した世論調査結果によると、地球温暖化を信じている人の割合は昨年より増えており、この変化は共和党の大統領選挙候補者指名争いの議論によって影響されている公算が大きい。  地球温暖化を信じている米国民の比率は83%で、昨年の75%を上回った。‥‥
(2011年9月16日時事ドットコムから抜粋)
温室効果ガス「25%削減目標の撤廃を」 経団連が提言

経団連は15日、「2020年までに温室効果ガスを1990年比で25%削減する」とした政府の中期目標を撤廃すべきだとする提言を発表した。震災や原発事故を機に、国のエネルギー政策が再構築を迫られているためで、国際的な公平性や実現可能性、国民負担の観点から「改めて透明で開かれた国民的な議論を行う必要がある」としている。‥‥
(2011年9月15日産経ニュースから抜粋)

参考
「上から目線」経団連会長に枝野氏チクリ
経団連が原発を死守したい訳

黒色炭素の排出削減、温暖化対策として最も効果が早く経済的
‥‥黒色炭素は、ディーゼル車両や船舶などの排気から、また途上国で調理や暖房用に燃やされる薪や動物の糞などから排出される。この研究の計算によると、黒色炭素の排出を減らすことで、北極圏の一部の気温上昇を15年間で1.7℃近く抑えることが可能だという。 同博士は、「このような即効性のある温暖化対策は他にはない」と述べ、「黒色炭素の排出は二酸化炭素に次いで大きな温暖化要因であるが、これまでの気候モデルでは過小評価されており、国内的にも国際的にも十分規制されてこなかった」と語る。‥‥
(2011年9月14日日刊温暖化新聞から抜粋)
GDP信仰から脱却 国連決議

GNH(グロス・ナショナル・ハピネス=国民総幸福)。「社会の最終目標は国民の幸福実現にある」と、ヒマラヤの仏教王国ブータンが追求する国家理念が、世界の注目を浴びている。人口70万人、九州とほぼ同じ面積の小国を一つのモデルに、日本政府や熊本、福岡両県などが「幸福度」を研究。国連はGNHを新しい開発指標とする決議を採択した。東日本大震災、福島原発事故を受け、経済的繁栄を最優先するこれまでの価値観、生き方が問い直される中、3度目のブータン訪問で見聞きしたGNHの現状を報告する。‥‥
(2011年9月14日西日本新聞から抜粋)

参考
経済的な会計計算(例えばGDP)が間違っているのは、資源の消耗・枯渇と(それにともなう)エントロピーの増大を、富の創造と取り違えているからである

今の経済システムは「エネルギー中毒者」だ

‥‥米国では常に9.11が話題に上がるが、3.11の方が世界にとって重要な日付になるはずだ。自然を破壊すれば、我々は生きていけない。それなのに便利な生活を求めて、大地、海、空気を汚染してしまった。生活様式を江戸時代まで戻そうとは言わない。ただ、いずれ食料や水は人口増加に追いつけず不足する。畑を増やすために森林をこれ以上伐採するのは無理だし、そもそも人類は(酸素供給減として)森林にも頼っている。人口増加は人類にとって自殺行為になる。フクシマの原発事故はこうした現状に対する警告だ。
(2011年9月13日日経ビジネスから抜粋)

参考
指数関数的に増殖する成長システムは必ず実在的世界との乖離を生じる。真の富は、化石燃料資源の使い尽くしにもとづくのではなく、太陽からのエネルギーの現在のフローにもとづくものだ。

20年あまりの世界の食料価格の推移をグラフ化してみる
‥‥今データは1990年以降にFAOが世界の食料価格の月ごとの変化を定期的に監視・統計した上で食料価格指数として発表しているもので、昨今の各種商品市場の動向や政治情勢を判断する際に、重要な指針となりうるものである。‥‥
(2011年9月10日サーチナから抜粋)
ソマリアの飢饉さらに悪化、75万人に餓死の危険迫る
国連食糧農業機関(FAO)は5日、ソマリアで人道援助を必要としている人が400万人に達し、75万人に餓死の危険が迫っていると発表した。‥‥
(2011年9月6日CNNから抜粋)
北極圏の海氷量が記録的低水準に=米科学者グループ
アクセル・シュワイガー氏ら米ワシントン大学の科学者グループによると、夏季における北極海の海氷量は昨年、過去最低水準に落ち込んだと見られる。氷の溶解ペースが結氷ペースを上回っていることを示唆するもので、この研究結果は近く発表される。 夏季の最低海氷量は2007年に過去最低を記録していた。今回の研究は、北極圏での急激な気候変動によって夏季の海氷が今世紀中にゼロになるとの見方を裏付けるものだ。‥‥
(2011年9月6日時事ドットコムから抜粋)
「石油作る藻」仙台市が実験 東北大・筑波大と共同研究

仙台市は筑波大学、東北大学と共同で、藻を使って石油を作る実証実験を始める。オーランチオキトリウムという藻を使い、水中の有機物を吸収して石油(炭化水素)を作る。市は下水処理場「南蒲生浄化センター」を藻の培養の実験場所として提供する。実用化できれば再生可能エネルギーを使った復興のモデルとなりそうだ。‥‥
(2011年9月6日日経から抜粋)

参考
IHI、「藻から重油」に本格参入 原油高騰のヘッジ期待

ドイツの再生可能エネルギー、初の電力の20%越え!

2010年度実績で、電力の17%、総エネルギーに対して11%を再生可能エネルギーで賄うという実績を積んでいるドイツ。脱原発路線を確実にして、さらに2011年上半期で、再生可能エネルギーが電力の20%越え、速報値で20.8%を達成しました。‥‥
(2011年9月5日ソフトエネルギーから抜粋)

参考
(日本) 自然エネルギーなぜ "1%" に?

地球環境に変動?太陽北極域で異例の磁場反転

宇宙航空研究開発機構の太陽観測衛星「ひので」が、太陽の北極域で磁場が反転し始めた様子を観測することに成功した。  太陽の北極、南極の磁場は約11年周期で反転することが知られているが、今回は予想時期より2年も早いうえ、南極域では反転が見られないなど異例の様相を呈している。地球の環境変動につながる恐れもあるという。‥‥
(2011年9月2日読売新聞から抜粋)

参考
これまで見たことのない太陽面大爆発

経済成長という夢の終えん

今の世界はどの程度までリアルか? 過去60年間の経済成長のうち、本当の成長はどのくらいあっただろうか? 富、快適な暮らし、給料、お年寄りが一般的あるいは必要だとして受け取る年金のうち、リアルなのはどの程度までか? そして様々なレベルの借り(金銭的および生態学的な借り)が作り上げた持続不可能な幻想は、どの程度まで本物だろうか? アイルランドに行けば、レンガやモルタルでさえ蜃気楼だということが分かる。負債の上に建てられた新経済の驚異は、価値もなく空虚なたたずまいを見せている。‥‥
(2011年9月1日国連大学OurWorld2.0から抜粋)

参考
『借金を燃料としてくべる成長』という幻想・・・は、結局のところ社会的な災厄を招き、経済的な負債と地球生態環境的な負債を将来世代と貧しい人びとに押しつけ、たらい回しにすることになるだろう。指数関数的に増殖する成長システムは必ず実在的世界との乖離を生じる。

IEA:世界の電力、2060年までに大半が太陽エネルギー利用に
国際エネルギー機関(IEA)は、今後50年以内に世界の電力の大半は太陽エネルギーを利用したものになるとの見通しを示した。環境を破壊する地球温暖化ガスの排出量が削減されるという。 ‥‥
(2011年8月30日ブルームバーグから抜粋)
「気候が紛争のきっかけに」、初めて科学的研究で示される

気候の変化は、ときに紛争の原因だと指摘されてきた。たとえば、気候の変化で収穫量が激減し、飢えた農民が都市部に流れ込んだことが、1789年のフランス革命に燃料を注いだとされている。この説を支持する証拠は「粗雑」あるいは「逸話的」だと批判されることが多かった。だが、気候変動と暴力との間に明白な関連があること結論づけた初の科学的な研究が英科学誌ネイチャーの8月25日号に発表された。‥‥
(2011年8月29日AFPから抜粋)

参考
気候変動は精神的にも悪影響、豪研究
地球規模の自然災害頻発・深刻化は人災
気候の安定と文明の期間は重なる

国会で可決された「再生可能エネルギー法」を全文紹介!
電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法案‥‥
(2011年8月29日EOLニュースから抜粋)
北極海の海氷面積、7月は観測史上最小

JAXA(宇宙航空研究開発機構)によると、北極海の平均海氷面積は先月、およそ750万平方キロメートルと、7月としては観測史上最も小さい面積だったということだ。‥‥
(2011年8月25日北極圏ニュースから抜粋)

参考
減る北極海の氷河‥‥“秋の寒波”来るのか
北極海に100キロ超の渦=生態系研究に活用―海洋機構
北極海の海氷が急速に縮小する原因判明?
北極の海では、もはや後戻りのできない変化が始まろうとしている
北極圏海氷面積最新情報 JAXA

自然エネルギーなぜ "1%" に?

‥‥その方向性を決めたのは経済産業省の審議会での議論です。
議論をリードしたのは電力関係の出席者だったといいます。
報告書に盛り込もうとした、「新エネルギーは我が国のエネルギー源の一翼を担うことも可能」という一文が問題視されたのです。

「一翼」というのはいったいなんなのだと申し上げたくなる。(東電 勝俣氏)

補完的エネルギー源が「一翼を担う」という意味合いはよくわからない。過度な期待を抱かせないような文面をはじめに書くべきだ。(電力総連 妻木氏)

自然エネルギーは主食ではない。餅に巻く海苔のようなものだ。(電事連 殿塚氏)‥‥
(2011年8月25日NHKスペシャルから抜粋)

参考
ドイツの再生可能エネルギー初の電力の20%越え

水資源不足と人口急増、世界食料危機に直面 国連
人口増加と水資源問題で地球が食料と環境の危機に向かっており、唯一の解決策は農業技術の向上と生態系のより賢明な活用しかないとの報告書を、国連が22日、スウェーデンのストックホルムで開幕した水問題の国際会議「世界水週間」で発表した。‥‥
(2011年8月23日AFPから抜粋)
食料価格と世界的政情不安:まもなく「臨界点」に?

政情不安の発生は食料価格の高騰と関係しており、近年の北アフリカや中東等で見られた政変は、さらに大規模な混乱の前触れを示す可能性があるとする研究結果が発表された。‥‥ ‥‥主に商品投機、農作物の燃料への転用、および肥料と石油の価格上昇がもたらしているこの傾向は、2012〜2013年の間に、問題の数値を超えるとみられる。 「そのレベルに到達してしまえば、価格の急騰はもはや問題ではない。問題はこの傾向のほうだ。そして傾向を軌道修正するほうが、より困難だ」とバー=ヤム所長は述べる。このレベルに到達したとき、北アフリカや中東より安定した国々でも、広範囲に及ぶ政情不安や社会不安が発生するおそれがあるという。
(2011年8月19日WIREDから抜粋)

参考
自己組織化臨界

動物の生息域、温暖化で移動か 高く涼しい場所へ
世界各地の動物の生息域が、予想を超えるペースで緯度や標高のより高い場所へ移動しているとの研究結果を、科学誌サイエンスが18日、公開した。‥‥
(2011年8月19日CNNから抜粋)
温暖化懐疑派、警鐘鳴らす学者に嫌がらせや脅し

米国やオーストラリアで、地球温暖化に警鐘を鳴らす著名な気象学者らが、温暖化に懐疑的な勢力から嫌がらせや脅しを受けている。  危機感を強めた科学者団体が、個人攻撃を非難する声明を出し防戦する事態となっている。‥‥
(2011年8月17日読売新聞から抜粋)

参考
進化論も気候変動も否定、米大統領選に名乗り上げたペリー氏

生物多様性の損失、保護地域のみでは抑制不可能
‥‥保護地域という戦略に大きく依存し続けることが、「予測されている保護地域の増加率が低すぎる」「保護地域の規模と結合性が不適切」「保護地域は人間による脅威の一部のみを改善」「資金不足」「人間の開発との対立」という、五つの主な技術的及び実用的な限界があると指摘されている。 モラ博士は、「明らかに、生物多様性の損失の問題は過小評価されており、この問題を解決するための保護地域の能力が過大評価されている」と述べた。‥‥
(2011年8月16日日刊温暖化新聞から抜粋)
大気からCO2を除去、アメリカで研究
大気中の二酸化炭素(CO2)を、化学物質を利用して直接取り除く「CO2直接回収技術(DAC)」の研究が進められている。木などの緑色植物もCO2を吸収するが、より効率的な環境技術が実現するかもしれない。‥‥
(2011年8月15日ナショナルジオグラフィックニュースから抜粋)
ソマリア食糧危機 ガーナの少年が基金を立ち上げ

干ばつによる深刻な食糧危機が続くソマリアの助けになりたいと、ガーナに暮らす11歳の少年が基金を立ち上げた。夏休みの間に2000万ガーナセディ(約10億円)を集めたいとしている。‥‥
(2011年8月15日AFRICA Business Newsから抜粋)

参考
ソマリアの子供「40万人が餓死恐れ」 数か月間で数万人が死亡し、1200万人以上が食糧不足
東アフリカ、過去60年で最悪の干ばつ 飢饉がせまる

原発は温暖化対策に役立たない−この世界には、はるかに有効な二酸化炭素の排出削減政策がたくさんある
‥‥グラフにある8カ国の中で、原発建設を強力に進めている唯一の国である日本の排出量だけが目立って増えていることが分かる。このことは、原発頼みの日本の温暖化対策が完全に失敗していることを示している。逆に言えば、この世界には原発に頼ることよりも、はるかに有効な二酸化炭素の排出削減政策がたくさんあるということだ。‥‥
(2011年8月11日 47NEWSから抜粋)
北極の氷床面積、7月観測で過去最低水準 米機関が報告
米国の国立雪氷データセンターは6日までに、今年7月の北極の氷床面積が同月の記録としては観測史上、最低水準を示したと発表した。平均面積は約7925万平方キロで、2007年7月に記録されていた最低数値より約21万平方キロ減っていた。‥‥
(2011年8月6日 CNNから抜粋)
石油ピークを迎えた世界が直面するエネルギーと経済の危機
  • 世界の石油生産はピークを迎えている
  • 現代文明を築いたのは化石燃料であり、それに取って代わる代替エネルギーはない
  • 「腐敗」した米国および世界の経済システムではその危機に対処することはできない
  • 米国の外交政策はエネルギーコントロールに基づいている:イラク戦争は石油のためのもの
  • 大規模農業の化石燃料への依存により緑の革命が引き起こされたが、土壌を駄目にしてしまった エタノール補助金は無意味であり、世界が食料として必要とする穀物を消費するものである
  • この経済の破滅の根本原因は、社会の石油依存にある 政策立案者はゼロ成長の経済を作り、出産の自由など微妙な問題を提起しなければならない
  • 代替エネルギー事業は政府の監視下に入り、実用的な量のエネルギーを迅速に生み出さなければならない
  • 食糧の地産を始めとする地域による自給は必要不可欠である
    (2011年8月3日ITmediaから抜粋)

参考
石油生産がピークを過ぎた

温暖化後の地球ではエルニーニョ現象はより大規模化し、頻発する
‥‥地球が温暖化していた鮮新世にエルニーニョ現象があったのかどうか。これは、長年議論が続けられてきたテーマだった。「地球全体の温度が上がると、太平洋の東西で水温差が小さくなり、海水のダイナミックな対流が滞るのでエルニーニョ現象は起こらない」という、人類にとって“都合の良い”仮説が提唱されていたのだ。今回の研究成果は、その仮説を否定するものとなった。そして「温暖化後の地球では、太平洋の東西の水温差はさらに拡大し、エルニーニョ現象はより大規模化し、頻発する」という逆の仮説が、にわかに信ぴょう性を帯びてきた。今後、この時代の研究がさらに進めば、より正確な予測が可能になるだろう。いずれにしても、温暖化で大気中の水蒸気量が増した環境下で発生するエルニーニョ現象の被害は、現在よりも格段に大きくなることは容易に想像ができる。今回の研究成果は、温暖化防止の切実さを改めて浮き彫りにしたようだ。
(2011年8月1日日経から抜粋)
"自然エネ" 抑制の恐れ 国会審議の「特別措置法案」
太陽光や風力など、自然エネルギーで発電された電気の買い取り制度創設を柱とする再生エネルギー特別措置法案。国会審議が本格化する中、自然エネルギー普及を目指す環境団体と、電力料金の値上げを抑えたい経済界の溝が表面化している。「経済界寄りに内容が修正されるのでは」と警戒する声も上がっている。法案の国会審議は、七月中旬にスタート。環境団体はほっとしたものの、審議が進むにつれ、不満を募らせている。「自然エネルギーの促進法ではなく、制限法になってしまいそう」など懸念の声まで聞かれる。‥‥
(2011年8月1日東京新聞から抜粋)
再生可能エネルギー:特許、日本最多 世界の55% 実用化技術力は遅れ
世界各国で出願された4万7000件余りの再生可能エネルギーに関する特許のうち、日本で出願された特許件数が全体の55%を占めることが、環境省のまとめで分かった。日本の活発な研究現場の実態を示す一方、生産現場の技術力は他国に及ばないとの専門家の評価もあり、実用化に向けた幅広い展開が今後の課題になりそうだ。‥‥
(2011年 7月31日毎日jpから抜粋)
米国:再生可能エネルギーの生産量、原子力を上回る

米国エネルギー情報局(EAI)が6月28日に発表した『月次エネルギー報告2011年6月』(Monthly Energy Review June 2011)によると、米国における今年1月から3月までのエネルギー生産量は、化石燃料が14.767千兆Btu、再生可能エネルギーが2.245千兆Btu、原子力が2.125千兆Btuと、再生可能エネルギーが原子力を上回っていた‥‥
(2011年 7月26日日刊温暖化新聞から抜粋)

参考
脱原発、米政府「検討する考えない」 大統領補佐官明言
米 “脱原発”の詳しい説明求める
日米原子力協定によって米国からの濃縮ウラン購入を義務付けられて今に至っている

アフリカ東部食糧危機 支援を

アフリカ東部のソマリアを中心に深刻な干ばつが続き、食糧危機が起きている問題で、FAO=国連食糧農業機関は、ローマで国際会議を開き、食糧の不足に苦しむ人々を救うためには、今後1年間で日本円で1500億円に上る支援が必要になるとして各国に協力を呼びかけました。‥‥
(2011年 7月26日NHKから抜粋)

参考
東アフリカ、過去60年で最悪の干ばつ 飢饉がせまる

サウジアラビアの楽観的な増産見通しに大いなる疑惑!
一連の状況から読み取れるのは、「サウジの石油生産はすでにピークを打っており二度と生産量が1000万b/dを超えることは不可能であるだけでなく現在の900万b/dが最大限の生産能力」ということだ。 僕が出した結論に対し、昨年秋(とはいっても最新)に発表された『世界エネルギーアウトルック2010』によると、「サウジアは2009年の960万バレルから2035年には1460万バレルまで増産し世界最大産油国の座をロシアが奪い返す」‥‥としている。足元の最大増産幅1250万b/dから更に200万b/d以上、増産されるとの見通しだ。 仮の話しだが、この見通しを、まともな感覚で発表しているのだとするなら、統計元のIEAは、よほどの保守派の集まりか、あるいは事実を知っていないがら隠している確信犯ということになる。 日本の原発事故後がそうだったように、You are screwed(あなたはだまされている)のか?!‥‥
(2011年 7月21日ドットコモディティから抜粋)
地球温暖化対策法案 成立もう断念‥‥早すぎ批判も
民主党は20日、今通常国会に政府が提出した法案のうち、野党の協力を得るメドが立たない約10本の成立を断念する方針を固めた。‥‥
(2011年 7月21日読売新聞から抜粋)
ベネズエラの原油埋蔵量、サウジを抜く=OPEC
石油輸出国機構(OPEC)は年次統計報告の中で、2010年時点のベネズエラの原油確認埋蔵量がサウジアラビアの埋蔵量を超え、世界最大の原油埋蔵量を持つ国になったことを明らかにした。ベネズエラの確認埋蔵量は2965億バレルで、前年から40%増え、サウジアラビアの2645億バレルを上回ったという。 ‥‥
(2011年 7月19日ウォールストリートジャーナルから抜粋)
危機的状況が進む世界の水産資源

食料、水資源、レアメタル‥‥と人口増加と経済拡大によって、資源が次々に危機的状況に陥っている。なかでも、水産物の現状は深刻をきわめている。最近公表された国連食糧農業機関(FAO)の「世界漁業・水産業白書2010」では、世界における水産物の1人当たり供給量は2008年に過去最高に達し、持続的な生産の維持がいよいよ困難になっていると警告している。‥‥
(2011年 7月19日ECO JAPANから抜粋)

参考
海洋生物専門家の国際パネルが6月20日に報告書を発表し、「世界の海は人類史上例のない海洋種の絶滅期に入るリスクが高い」と警告した。
海洋生物大量死の危機5500万年ぶり 専門家集団
50年までに漁業不可能の恐れ 国連環境計画が警告
「40年で天然海産物が無くなる」:深刻な魚の激減
ブリから放射性物質検出 大型魚が早期汚染してるのは不気味

森林は温暖化防止に想定以上の貢献=豪研究者が調査報告

‥‥報告によると、森林破壊を考慮に入れても、石炭燃焼など人間活動によりこれまで排出された二酸化炭素(CO2)の10%超を森林が吸収していることが分かった。‥‥ ‥‥カナデル氏を中心とする研究者チームは、森林のCO2吸収量は150億トン弱で、世界全体の排出量のほぼ半分に達することを突きとめた。 しかしカナデル氏らによると、森林破壊によるCO2排出量が107億トンに上ると推定され、森林を破壊せず保護していた場合の森林の温暖化防止効果ははるかに大きくなるという。‥‥
(2011年 7月15日時事ドットコムから抜粋)

参考
地球温暖化でのカーボンシンク効果は過大評価か

電気自動車の蓄電池を電力系統につなぐ試み始まる

デンマークは、世界に先駆けて「Vehicle-To-Grid(V2G)」(ビークルツーグリッド)を市場試験することになった。ビークルツーグリッドとは、EV(電気自動車)の蓄電池に蓄積されている電力を、電力系統に供給する技術。電気自動車の所有者は蓄電池を配電グリッド網と接続して電力の安定供給に貢献する傍ら、自動車の寿命中に約10.000ドル相当を稼ぐことが可能になるということで、高価な電気自動車を購入する際のインセンティブなることが期待される。 ‥‥
(2011年 7月11日エコロジーオンラインから抜粋)

参考
日産自動車、EVの充電に太陽光発電を利用する実験を開始

日本のエネルギー、現在と未来の課題
‥‥アンドリュー・デウィット氏は、「方法はいくらでもある」と話す。「理想論に聞こえるかもしれないが、日本では再生可能エネルギーの需要が存在しながら、これまで抑え込まれてきた。今後の1〜2年で、驚異的に拡大する可能性もある」。  ただし、原子力推進派も簡単にはあきらめないとデウィット氏は述べる。「風力発電はうるさ過ぎる、風車にぶつかった鳥が命を落とすなど言い訳はたくさんある。この国のエネルギー経済は今後の数カ月で決まる。おそらくカギを握るのは、真夏の暑さと原発事故の深刻度だろう」。
(2011年 7月8日ナショナルジオグラフィックニュースから抜粋)
IHI、「藻から重油」に本格参入 原油高騰のヘッジ期待

IHIは7日、藻を光合成で増殖させる過程から重油を抽出する「藻バイオ燃料」事業に本格参入すると発表した。8月上旬をめどに、藻の育成技術を持つベンチャー企業2社とともに新会社を設立。横浜市のIHI横浜事業所内に設備を導入して大量培養に向けた実証実験を始め、3年後をめどにサンプル燃料の販売開始を目指す。‥‥
(2011年 7月8日SankeiBizから抜粋)

参考
藻由来バイオ燃料で米国の輸入石油17%代替も可能に
植物プランクトンから作る「未来の燃料」、CO2も吸収 スペイン
日本が産油国になる日

史上最速の海面上昇が温暖化に関連

‥‥紀元前200年から紀元1000年まで比較的安定していた海水面は、11世紀に400年間毎年約0.5ミリずつ上昇して中世の異常気象として知られる温暖期の一因となった。その後の小氷河期とよばれる寒冷期には、19世紀末まで続く2回目の海水面安定期を迎えた。19世紀末以降は、年間平均2ミリ以上ずつという、史上最速の海面上昇となっている。
(2011年 7月3日日刊温暖化新聞から抜粋)

参考
温暖化で海面上昇が加速 今世紀末までに1メートルの予測

異常気象 干魃、洪水、噴火、熱波、寒波‥‥ 各地で頻発、地球の叫び声が聞こえる
この地球はいったいどうなってしまったのだろうか。近年、世界中で指摘されるようになった異常気象による自然災害が、今年も各地で頻発している。干魃(かんばつ)による山火事、集中豪雨による大洪水、火山の噴火、熱波、寒波‥‥。海外通信社からは連日のように、猛威をふるう災害の現場やその爪痕をとらえた世界各国の写真が送信されてくる。 ‥‥
(2011年 7月3日産経ニュースから抜粋)
東アフリカ、過去60年で最悪の干ばつ 飢饉がせまる

東アフリカは「アフリカの角」を中心に過去60年で最悪の干ばつに見舞われており、約1000万人が何らかの影響を受けているとする報告書を、国連人道問題調整事務所が28日発表した。一部地域は飢饉(ききん)の瀬戸際にあるという。 報告書によると、雨季に雨が少なかったことに加えて食料価格が高騰したため、ジブチ、エチオピア、ケニア、ソマリア、ウガンダなどでは深刻な食糧不足に陥っている。 食料価格は現在も上昇を続けており、ケニアの一部地域では穀物価格が過去5年間の平均を最大80%も上回り、エチオピアでは消費者物価指数が約41%も跳ね上がった。 ‥‥
(2011年 6月29日AFPから抜粋)

参考
ウガンダからの支援物資 ノートとえんぴつを日本に
干ばつが続くケニアの村で保健指導に携わるJICA専門家が、村で採れた豆を日本の被災者にと声を掛けられた
エチオピア政府は、東日本大震災の義援金として、544万ブル(約2500万円)を在エチオピア日本大使館に寄付した。
震災への子供たちの祈り〜ケニア・キベラ・マゴソスクールの子供たち
東北地方太平洋沖地震 ジブチにおける「日本国民との連帯の一日」について
ソマリア干ばつ深刻化、数千人が近隣国へ流入の末に餓死
世界中からのメッセージ

IEA、石油備蓄6000万バレルの放出を決定

国際エネルギー機関(IEA)は戦略石油備蓄6000万バレルを協調放出すると発表した。内戦状況にあるリビアなどからの原油輸出停止で生じた供給問題を緩和するためで、これを受けて石油価格が低下した。 ‥‥
(2011年 6月24日WSJから抜粋)

参考
2度目は効かない IEAの原油押し下げ介入
IEA加盟国の備蓄日数
アジアにおける石油備蓄日数 日本:175日 韓国:130日 台湾:90日 中国:25日 フィリピン、ベトナム、タイ、シンガポール:15日程度 それ以外:なし
多くの産油国が既に生産能力の限界に達している中、余剰生産能力を持っているのはOPEC諸国だけ
サウジアラビア以外は増産余力はゼロ
ピークオイル説は、今では仮説ではなく、現実の話しなのである。

もんじゅ炉内落下の装置、引き抜き完了

日本原子力研究開発機構は24日午前4時55分、高速増殖原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)の原子炉容器から、約10カ月間落下したままになっていた重量3.3トンの装置の引き抜き作業を終えた。 ‥‥
(2011年 6月24日asahi.comから抜粋)

参考
保安院の西山審議官「年度内に本格稼働に結び付けたい」と発言
今年度内に、発電を伴う出力40%での試験運転を行う予定
福島第2やもんじゅは例外=原発再稼働で海江田経産相」 枝野氏、原発再稼働「できない」
テレビ朝日ドキュメンタリ宣言 「もんじゅ事故‥‥原子炉内部を取材」
「想定外」の事態になれば、現システムで打つ手はない。
高速炉もんじゅに出た『生殺し』死亡宣告
「もんじゅ」以上に生殺し状態の高速増殖炉「常陽」。 「常陽」の事故とその重大性
高速増殖炉の危険な特徴
衆議院議員・河野太郎―虚構の核燃料サイクルで日本の原子力政策は破綻
世界は高速増殖炉に見切りをつけた
東芝の原子力事業の広告とその周辺の記事を時系列で並べました。
エネルギー問題に関しては、「技術が解決してくれる」という楽観的な見方もある。しかしその場合の「技術」とは、往々にして「より複雑でより高度な技術」である。ところが歴史は、高度な複雑化が逆に文明崩壊の引き金になることを教えている。

海洋生物大量死の危機、5500万年ぶり 専門家集団

海洋汚染と地球温暖化は、世界中の海で、海洋生物を過去5500万年見られなかった大量絶滅へと追いやっているとする報告書が、20日公開された。 報告書は、海洋研究国際計画(IPSO)の後援のもと、世界トップクラスの海洋専門家27人が今年4月に英オックスフォード大に集まり、最近の研究を総括した際にまとめたもの。 海の環境を悪化させる要因は主に3つある。温暖化、酸性化、低酸素化で、いずれも人間活動が直接的にもたらしたものだ。 これまでは、これらの要因は個別に研究されることが多かった。これらの要因がどのように相互作用するかが理解されるようになったのは近年になってのことだ。 そして、最近の研究を総括した専門家らは、海洋環境が国連の「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」が2007年に発表した最悪のシナリオの場合と同じか、それを上回る速度で悪化していることを見出した。このことは、生物学的要因と化学的要因が複雑に絡み合った「地球系」の広範な崩壊をもたらす前兆ととらえることができるかもしれない。今の海洋環境の状況は、深海生物の50%以上が死滅した5500万年の「暁新世/始新世境界温暖化極大イベント(PETM)」の前の状況と多くが同じだという。「われわれはこれまで、総合的なリスクを過小評価してきた。個別の要因が重なると、海洋環境は最終的に、それぞれの影響を足したものよりも大きく悪化する。そして海洋環境は予想を超えるスピードで悪化しつつある」と、IPSOを率いるオックスフォード大のアレックス・ロジャース教授は言う。海の酸性化へつながる連鎖反応は、地球の気候系に大量の二酸化炭素(CO2)が流入することが発端となる。海は大気中のCO2の25%以上を吸収する巨大なスポンジの役割を果たすが、飽和状態になると、海、ひいては地球上のすべての生態系の微妙なバランスが崩れることになりかねない。報告書によると、海に吸収されるCO2の割合は、既にPETMの時をはるかに上回っているという。‥‥
(2011年 6月21日AFPから抜粋)

参考
海洋生物、6億年で6回目の絶滅の危機も?科学者団体が警告

菅首相が執心する「再生可能エネルギー法案」は本当に有効なのか?
‥‥ということで、一番のこの制度の「肝」である、「価格と買取り期間」が明示された上で議論がはじまっていません。まさに雲をつかむような話なので、批判や分析のできようもありません。今後、政令・省令などによっても、策定が進むとは思いますが、まずはここを明らかにしないことには、本当にこの法律が再生可能エネルギーの推進を成し遂げるものなのかどうかは一切不明ですから、注意が必要でしょう。‥‥
(2011年 6月16日エコロジーオンラインから抜粋)
後ろ向き発言の日本に2度目の「化石賞」

‥‥日本政府代表が「京都議定書に基づく新たな削減義務をいかなる条件でも拒否する」との従来の立場をあらためて表明したのが理由。同ネットワークは「あまりに硬直した交渉姿勢だ。年末に南アフリカで開かれる条約の締約国会議が台無しになる恐れがある」と指摘した。

前回の受賞は、発展途上国への原発輸出で先進国が温室効果ガスの排出枠を得られる仕組みをあらためて提唱したのが理由だった。福島第1原発事故後も変わらない産業重視の姿勢が、各国の環境保護団体の批判を浴びた。
(2011年 6月16日日刊スポーツから抜粋)

参考
菅政権はなんと日本が途上国に建設する原発による二酸化炭素削減分を、日本の京都議定書の目標にカウントするように申し入れ、福島の事故後にそんなことをまだ言うのかと、国際社会の大ヒンシュクをかった。
ベトナムへの原発輸出は日ベト両国民への民主党政権による史上最悪の犯罪行為だ。
参議院 ヨルダンとの原子力協定案を可決 3/31  賛成した議員
東芝は6000億円突っ込んでるからそれを取り戻さなければいけないのですよ

「顔見たくないなら法案通して」=菅首相、自然エネルギー普及に意欲

首相はあいさつで、電力会社に自然エネルギーによる電力の買い取りを義務付けた「固定価格買い取り制度法案」の今国会成立に強い意欲を表明。「『菅の顔を見たくない』という人も国会にはいる。それならこの法案を通した方がいい」と述べ、同法案成立までは退陣しない姿勢をにじませた。‥‥
(2011年 6月15日時事ドットコムから抜粋)

参考
エネルギーシフト勉強会 17分過ぎから菅首相のトーク
自然エネルギーに関する「総理・有識者オープン懇談会」出演: 菅直人・枝廣淳子・岡田武史・小林武史・坂本龍一・孫正義

自然エネルギー:推進へ首相が新組織検討の意向
原発利権問題各種
菅おろし 裏の事情
この瞬間だけは支えないとまずいです 本当にまずいです

グーグル、太陽光発電に巨額投資

‥‥グーグルは2億8000万ドル(約225億円)の基金を設立し、住宅の屋根に太陽光パネルを設置する事業へ投資すると発表した。同社で過去最大規模のクリーンエネルギーへの資金投入となる。‥‥
‥‥ 「人々は手ごろな価格であればクリーンなエネルギーを望んでいるが、屋根に設置する太陽光パネルを購入する金銭的余裕に乏しい場合が多い」というのが同社の事業コンセプトだ。 ソーラーシティをはじめとしてさまざまな企業が、太陽光発電システムの購入をユーザーに求めず、貸し出しによって価格問題を解消しようとしている。 ‥‥
(2011年 6月15日ナショナルジオグラフィックから抜粋)

参考
自立国債で太陽光発電

自然エネルギー協議会ソフトバンク19道県参加

村上春樹氏「原発疑問の人にはエアコンなしを脅される」

原子力発電に危惧を抱く人々に対しては「じゃあ、あなたは電気が足りなくなってもいいんですね。夏場にエアコンが使えなくてもいいんですね。」という脅しが向けられます。
村上春樹氏 カタルーニャ国際賞受賞スピーチ
(2011年 6月10日報道ステーションから抜粋 ノーカット版はこちら)

参考
関電節電要請に対し 橋下府知事『原子力発電所が必要でしょ』という議論に持っていくためのブラフ(はったり)にしか見えない」
ピーク時の電力需要と供給力 (原子力市民年鑑2010)
原発なしでも電力足りてる 小出裕章
日本、原子力発電不足分補う石油火力発電の余剰ある=IEA
「原発は必要悪」ウソだった?“全停止”でも大丈夫なワケ

原発がまったく稼働しなくても火力と水力で十分賄えます。
東電また"情報操作"「電力不足キャンペーン」にモノ申す
「脅し」でなく適切な「政策」で 今夏の電力は充分足りる! 飯田哲也
経産省と東京電力が「飯田(哲也)さえ潰せばいい」
地下式原子力発電所政策推進議員連盟 大物が勢ぞろい 超党派議連発足の狙いは?
初の市民運動出身宰相は、この国の禁忌に触れたのではなかったか。エネルギー政策の見直しを打ち出した菅首相はこれだけの勢力を敵に回した可能性がある。

人類のソフトウェアもうすぐ更新へ
‥‥まだプロセスの途上ではあるが、本記事で概要を示した新たなビジョンの片鱗は、21世紀を通じて私たちの集団としての行動と意思決定を導く、人類の新たな知性を形成しうるのではないだろうか。 最も重要なのは、この新たな現実認識が、精神と物質の間の大きな溝を埋め、近代科学によって内なる生命に関するあらゆる概念が否定されてきた物質世界に「再 び魔法をかける」貴重なチャンスを呈していることだ。自然が生きていて、それ自体に特有の価値を持つと考えられる世界においては、経済成長の名の下に地球 環境を破壊し続けることは誤りとされる。そうなれば、地球上の気候問題や生態系保護への取り組みは、至極当然のこととして進められるようになるかもしれない。 地球で最も優れた科学者たちの中に、地球も人類も生きていて、相互に結びついているという新たなビジョンを唱える人たちが出てきたことは、決して些細な出来事ではない。
(2011年 6月10日国連大学Our World 2.0から抜粋)
「原発は安い」は破綻しています。

‥‥というわけで、財政支出を加えた総合の発電コスト(1970〜2007年平均)は一般水力が3.98円/kWh、火力が9.9円/kWhで原子力は10.68円/kWh。揚水発電とのセットで考える「原子力+揚水」は12.23円/kWhになります。財政まで加味したコストは、原発が一番高いわけです。 ‥‥
‥‥再処理費用もそうですが、廃棄物の最終処分を含めたバックエンド費用はまだ確定していません。見えてきた段階で順次、追加的に消費者の負担が増えていく仕組みだったわけです。 そして今回の事故です。発生した大量の汚染水の処理など収束までにかかる費用さえ見えていません。被害補償や廃炉はどうなるのか。将来起こりうる事態を想定した対策や補償のためのコストをどう考えるかもいずれ大きなテーマになるはずです。 これから日本のエネルギー政策を再検討する際、重要な論点として原発のコストをもう一度、洗い直す作業は欠かせません。「原発は安い」は破綻しています。
(2011年 6月9日ECO JAPAN から抜粋)

参考
「原発はエコ」は大ウソ
「原子力=コスト安」そのカラクリを独自検証

これまで見たことのない太陽面大爆発

‥‥私が太陽の画像を見始めて、まだ3年くらいですが、もちろんこんな光景は、見たことがないですし、 見慣れているはずの NASA の人たち自身が大変に驚いた心境のコメントを述べているところを見ても、普通ではないことのようです。‥‥
‥‥NASA のゴダード宇宙飛行センターの太陽物理学者アレックス・ヤング氏によると、これは太陽フレアが爆発後に、また太陽表面へ戻っていっていることを示しているという。 ヤング氏はこのように言う。 「私は物質がこのように太陽から放出される様子を見たことがない。誰かが空中で太陽フレアを蹴り上げているように見える! とにかく驚きだ! これは驚きなのだ!」。‥‥
(2011年 6月8日In Deepから抜粋)

参考
NASAによる映像
太陽嵐の被害予防で「宇宙天気予報」刷新へ=世界気象機関
磁気嵐が活発化、衛星通信で支障の恐れも 日本では9日
太陽南西部の黒点群でM2.5の中規模フレア、激しいCME(太陽ガス放出)が発生
太陽フレアと地震
地球と太陽フレアの大きさ比較
チリのプジェウエ火山が半世紀ぶりに大噴火
今日の宇宙天気情報
太陽が極小期に突入する3つの証拠
月や太陽フレアと地震についてのこと
NICT、約4年ぶりの大型太陽フレア現象を確認 - 太陽活動の活発化を示唆
無黒点太陽の磁場が気候を変えた ―樹木年輪から解明した17-18世紀の急激な太陽地球環境変動―
屋久杉を使って1100年前の太陽活動の復元に成功
過去1200年間における太陽活動および宇宙線変動と気候変動との関わり(PDF)
2013年5月に新たな人類の危機、巨大な太陽フレアによる「ソーラーストーム」が地球に到達する可能性
太陽活動、次のピークは2013年5月?
活発な太陽活動は地球寒冷化を招く?
地球は一時冷却化へ? IPCCの予測を否定するものではない
今年の太陽活動は過去最低の水準だ。それなのに気温が過去最高を記録するのは注目すべきことだ。
20世紀半ば以降の黒点数はほぼ横ばい、最近の温暖化は温室効果ガスの増加が原因
最近の急激な温暖化は太陽活動の活発化だけでは説明できない
太陽活動だけでは地球温暖化は説明できない
「地球温暖化の原因は太陽の活動」説を否定する新論文
宇宙線減少は地球温暖化の原因ではない
太陽活動周期は、ループ状のプラズマ流の影響で長引いた?
太陽この100年で一番元気なし
太陽風、ここ50年間で最も弱く
強力な太陽嵐で2012年に大停電? 対抗策は
磁気シールドに破れ、太陽嵐の影響懸念 次の太陽活動極大期は2012年に始まると予測されている。

2012年までに石油の余剰生産能力は完全に消失 (アメリカ統合戦力軍2010年報告書)

‥‥世界の安全保障への数々の脅威については、アメリカ統合戦力軍による 2010年の報告書(JOE報告書)に最も詳細に記されている。その脅威の中には食料やエネルギー安全保障、気候変動も含まれる。同報告書はピークオイルについて特筆し、「エネルギー供給が需要に追いつかず、減耗するエネルギー資源を軍事的に確保する必要があると国が考えた場合、将来的に紛争が生じる可能性は高い」と論じている。‥‥
‥‥軍事支出バブルは崩壊し、世界は減耗するエネルギー資源、特に石油をめぐる紛争に翻弄される可能性がある。さらに同報告書は「2012年までに石油の余剰生産能力は完全に消失し、早ければ2015年に生産不足量が10MBD(100万バレル/日)に達するだろう」と推測している。‥‥
‥‥しかしフリードリヒ氏がより大きな懸念を寄せているのは、エネルギー不足への歴史的反応の他の2例だ。すなわち全体主義的な経費節減(例えばソビエト連邦崩壊後の北朝鮮)、および略奪的軍国主義(例えば米国の制裁措置によって石油の供給を妨害された、第2次世界大戦前の日本)と彼が表現した状況である。 したがって強い軍事力を持つ国々にとってより大きな課題とは、未来のエネルギー危機に対して全体主義的反応あるいは軍国主義的反応を避けることだろう。私たちにはそれができるのか、それとも歴史上の愚行を繰り返すしかないのか、私たち全員が考えなければならない問題である。
(2011年 6月7日国連大学OurWorld2.0から抜粋)

参考
石油生産がピークを過ぎた。

ドイツ:「脱原発」閣議決定 22年までに 主要先進国初

ドイツは6日、22年までに国内全17基の原発を停止することを盛り込んだ改正原子力法案を閣議決定した。福島第1原発の事故後、各国が原発政策を巡って揺れる中、主要先進国で「脱原発」を正式決定するのは初めて。  ‥‥法案成立は確実とみられる。‥‥
(2011年 6月7日毎日jpから抜粋)

参考
再生産可能エネルギーで先行するドイツを、日本が追ったらどうなるか  10 年以内に原発への依存を半減できる

現在のCO2排出ペース、「温暖化極大期」の10倍
現在、地球の大気に二酸化炭素(CO2)が放出されるペースは、5600万年前に地球の気温が5度以上上昇した「温暖化極大期」と比べて10倍に達しているとの米大学などの研究が、5日の英科学誌「ネイチャージオサイエンス(Nature Geoscience)」に発表された。‥‥
(2011年 6月6日AFPから抜粋)
気候変動、作物が生育不能になる「ホットスポット」を特定
気候変動は、貧困にあえぐアジア・アフリカの広い地域で、生命線となる食用作物をおびやかしつつある。国際農業研究協議グループが3日、このような報告書を発表した。 報告書は、国連の「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」が出した2050年までの予測通りに地球の平均気温が上昇すると、作物の栽培可能期間が短くなり、気候も変動しやすくなることから、零細農業で成り立っている多くの地域で主食となる作物の栽培ができなくなると指摘する。これらの地域が慢性的な食糧不足に陥っている場合は致命的となり、3億5000万人以上がこうした「最悪の事態」に直面していると警鐘を鳴らしている。‥‥
(2011年 6月6日AFPから抜粋)
外れた東電のくびき スマートシティは加速するか

福島の原子力発電所事故で揺らいだのは、東日本の電力供給体制だけではなさそうだ。発電設備などを納入する電機、重電メーカーに対する東電の影響力もひとつだろう。「電力自由化につながる」と東電が嫌がったとされるスマートグリッド(次世代送電網)の国内への普及も大きく前進する可能性がある。‥‥
(2011年 6月6日日経から 抜粋)

参考
スマートシティー構想が加速 復興・原発事故で需要拡大
スマートシティの国際標準を狙え
スマートシティが「業界」の壁を崩す日
世界中に広がるスマートシティ構想、日本はビジネスチャンスをつかめるか
スマートシティとは何か?都市を効率化する3つのIT
都市ではスケール・メリットが生じたり、効率的なサービスを提供することが可能になる
自然エネルギー:那須野ケ原、電力も地産地消 「自給率100%村」構想 /栃木

温室ガス25%減目標を削除=基本法案で修正案浮上−民主党

国会に提出されている地球温暖化対策基本法案をめぐり、温室効果ガス排出量を2020年までに1990年比で25%削減する中期目標を削除する修正案が民主党内で浮上したことが6日、分かった。‥‥
(2011年 6月6日時事ドットコムから 抜粋)

参考
温室ガス25%削減の棚上げ濃厚 産業界反発、再生エネルギーにも不信感
25%削減目標を取り下げる「修正試案」は撤回すべき

現在の破局を現代文明の危機と闘う絶好の機会に転換する

‥‥つまり、半世紀にわたって日本の中心にあったこれまでのエネルギー政策は破棄し、炭素とウランに依存しない再生可能なエネルギーシステムに転換すべきだと言いたいのである。こうした戦略的決定ができれば、現在の破局を現代文明の危機と闘う絶好の機会に転換する革命的アジェンダになるが、その実現のためには全国民が力を合わせて強い意志で政府に圧力をかけなければならない。日本がこうした危機にきちんと対処していれば、どのような方向に進もうと世界はついてくるだろう。この挑戦は基本的に政治の問題である。日本の市民社会は憲法で保証されている主権を徹底行使できるのか、そして、日本を現在の危機に追い込んだ無責任な官僚や政治勢力から国家のかじ取りを奪還できるのかが問われている。‥‥
(2011年 6月5日ル・モンド・ディプロマティークから 抜粋)

参考
民主主義に隠された官僚独裁主義

「原発はエコ」は大ウソ
‥‥地球温暖化が叫ばれるようになって以来、原子力発電のPRには必ずといっていいほど「CO2を排出しない」という文言が入るようになったが、これはあくまでも“発電時にはCO2を排出しない”ということだ。燃料のウラン採掘やウラン原鉱の製錬、ウラン濃縮、そして燃料棒の形への加工、それらの運搬など、それぞれの過程ではおびただしい量のCO2を排出しているのである。‥‥
(2011年 6月5日新刊JPから 抜粋)
サウジ、2030年までに原発16基導入へ

‥‥世界最大の産油国サウジでは人口増や経済成長に伴い、電力需要の急増が予測されている。外貨獲得源の原油を輸出用に温存するため、原発導入を含むエネルギー源の分散を進めている。‥‥
(2011年6月2日読売新聞から 抜粋)

参考
「楽な」石油は枯渇へ−鍵を握るサウジ重油プロジェクト
サウジアラビアにすべての命運を託している事態は異常だ
サウジアラビア以外は増産余力はゼロ
日本の原油輸入 中東への依存度は87% 外交青書2010
産油国における国内消費が増えていけば、世界市場に出回るアブラの量は相対的に減ってしまう
枯渇性資源の問題は、まず持たざる国から政府を追い詰めていく
サウジアラビア石油埋蔵量は40%誇張されていた

石油生産がピークを過ぎた。

CO2濃度が最高値=87年から毎年更新−気象庁
気象庁は1日、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)の2010年の年平均濃度(速報値)が、国内の観測3地点全てで観測史上最高値を更新したと発表した。化石燃料使用によるCO2排出に歯止めがかからないことなどが要因という。‥‥
(2011年 6月1日時事ドットコムから 抜粋)
世界のCO2排出量、2010年は過去最悪のレベル

国際エネルギー機関(IEA)によると、世界のエネルギー消費による二酸化炭素(CO2)排出量は昨年1年間で306億トンと、年間排出量として過去最悪のレベルを記録した。 昨年の排出量は、これまで最大だった2008年の記録を5%上回った。 昨年メキシコで開催された国連気候変動枠組み条約第16回締約国会議(COP16)では、世界の平均気温の上昇を2度以内に抑えるという目標が設定された。これを達成するには、2020年時点のCO2排出量を320億トン以下とする必要がある。 IEAの主任エコノミスト、ファティ・ビロル氏は、昨年の数字はすでにこの上限に「信じ難いほど近付いている」と指摘し、このままでは目標の達成が「著しく困難」になると警告した。IEAによれば、目標達成のためには今後10年間の排出量増加を、09年から10年までの増加幅以内に抑制する必要がある。 地球温暖化で予想される気温の上昇については、一部の科学者らが「2度以内」は楽観的すぎると主張。21世紀中に4度上昇、海面が2メートル上がり、世界の人口の約2.5%が移住を余儀なくされる可能性も指摘されている。
(2011年 5月31日CNNから)

化学肥料使用は安全基準の2倍、農薬の7割は残留=中国
‥‥大量の化学物質投入に依存した、いわゆる“現代農業”は、危害が多すぎ、「持続不能な農法」と主張。地下資源の大量利用や地球温暖化ガスの排出原因にもなっているばかりか、耕地そのものも植物の成長に適さなくなり、結局は減産や耕作不能になっていく。しかも、食の安全に対する重大な脅威をもたらしている。   さらに農業は、「自ら作りだす汚染」だけでなく、工場廃水などによっても汚染されている。中国の河川水は70%が汚染されており、うち40%は「基本的に使用できない状態」だ。都市部を流れる川の95%は「重度の汚染状態」という。
(2011年 5月27日サーチナから 抜粋)
日本の送電網「低い柔軟性」 自然エネルギーへの対応、最低水準
国際エネルギー機関(IEA)は26日までに、日本の送電網の再生可能エネルギーへの対応能力が世界の主要国の中で最低水準にあるとする報告書をまとめた。菅直人首相は25日にパリの経済協力開発機構(OECD)会合で、太陽光発電の整備方針を表明したが、新たな課題を突きつけられた形だ。‥‥
(2011年 5月27日SankeiBizから 抜粋)
自然エネルギーを20%に高める、菅首相がOECD演説

菅直人首相は25日夕、フランスのパリ市内で開かれた経済協力開発機構(OECD)の設立50周年記念行事で演説し、太陽光発電など自然エネルギーによる発電比率を、現状の数%から、2020年代のできるだけ早い時期に20%に高める目標を示し、「大胆な技術開発」に取り組む姿勢を表明した。‥‥
(2011年 5月26日IBTIMESから 抜粋)

参考
太陽光パネル、1000万戸に 菅首相、OECDで表明
菅首相の太陽光目標「聞いていない」 海江田経産相しばし沈黙
石油連盟会長:首相発言は「温室効果ガス削減より現実的」
このままでは新しいエネルギー社会は作れない:菅総理のG8での発言を受けて
自然エネルギー「2030年に40%」 民主党部門会議

「楽な」石油は枯渇へ−鍵を握るサウジ重油プロジェクト

‥‥糖蜜ほどの粘り気のある重油は、軽質油に比べ、地中からの取り出しが困難で、ガソリン精製にもコストがかかる。しかし、サウジアラビアとクウェートは、両国間に広がる広大な砂漠地帯のワフラ油田から、重油を回収するという野心的な実験に乗り出した。  そのようなプロジェクトをサウジが検討しているという事実は、世界の石油需要を満たすことがますます困難でコスト高になりつつあることを示すと同時に、将来の予想外の需要増の事態に、サウジでさえすぐに増産で対応できない可能性をも示唆している。  「『easy oil』は終わりつつある」と、スコットランドのエネルギー・コンサルティング会社、ウッド・マッケンジーの中東アナリスト、アレックス・マントン氏は言う。マントン氏によると、ペルシャ湾地域の主要油田は、すでに埋蔵量の半分以上の産出を終えている。埋蔵量の半分に達すると、通常、油田の産出量は減少に向かう。‥‥
‥‥このような困難に満ちたプロジェクトに、一部の専門家は「お手上げ」と言う。  シェブロンの元エンジニア、ロバート・トロニー氏は、このプロジェクトでシェブロンが大きな利益を上げるのは難しい、との見方を示した。 ‥‥
(2011年5月25日ウォールストリートジャーナルから抜粋)

自然エネルギー普及へ協議会=休耕田で太陽光発電も−ソフトバンク主導19道県参加
ソフトバンクは25日、太陽光発電や風力発電などの自然エネルギー普及を促進するため、北海道など19道県と共同で「自然エネルギー協議会」を7月上旬に設立すると発表した。‥‥
(2011年 5月19日時事ドットコムから 抜粋)

参考
ソフバンク社長:電力業界に一石、自治体との大規模太陽光構想で
自然エネルギー協議会
「普及の突破口に」ソフトバンクが太陽光発電で専業会社
風力発電事業:発電用風車建設、ワタミが融資へ 子会社で電力使用
太陽熱の巻き返しなるか 東京都が20億円で導入促進

環境分野の産業が経済をひっぱり安定的な雇用をもたらす

環境分野の産業が経済をひっぱり安定的な雇用をもたらしているデンマーク。国をあげた職業訓練の成果と言われています。
(2011年 5月19日クローズアップ現代から 抜粋)

参考
グリーン雇用
政策とともに成長する環境雇用
漂流する「グリーンニューディール」 米国の雇用対策から日本が学ぶこと
2010年、独の再生可能エネルギーの割合は17%へ、雇用は37万人へ増加
EUの再生可能エネルギー20%目標は280万人の雇用を生むことが欧州委員会の調査で明らかに

IPCCが再生可能エネルギーの可能性を発表

先日発表された画期的な報告書によると、今後40年間で再生可能エネルギーは世界のエネルギー需要の80パーセント近くを供給できるようになるが、そのためには各国がグリーン電力を促進するのに必要な政策を実行することが条件だという。 国際連合によって招集された世界有数の気候科学者の組織、 気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は、再生可能エネルギーのあらゆる技術が導入された場合、温室効果ガス濃度は450ppm以下に抑えられると発表した。450ppm以下というレベルは、 科学者たちが安全性の限界だと推測した数字であり、これを超えれば気候変動は壊滅的で不可逆的な影響を及ぼすとされている。‥‥
(2011年5月18日 国連大学OurWorld2.0から抜粋)

東京電力の解体論が現実味を帯びてきた。

‥‥枝野幸男官房長官は16日の会見で、東電の事業形態について発電と送電部門の分離は「選択肢として十分あり得る」と明言。発送電分離は、電力会社の地域独占体制を崩して競争を促すだけでなく、再生可能エネルギーの大量導入の基盤になる可能性も秘めている。‥‥
(2011年5月17日 サンケイビズから抜粋)

参考
発送電分離論が政府内で拡大
5/16報道ステーション
5/5モーニングバード!
田中優さん緊急講演会 1:30分過ぎ
10年前に東電が政治力で潰した「発送電分離」案が電力業界を大変革する  原発と独占による高収益は表裏一体

飯田哲也氏に聞く、日本のエネルギーの未来
飯田哲也氏のアイデアは、急進的だが明快だ。日本は100%再生可能エネルギーに移行できる、というのである。飯田氏は数十年にわたって原子力に反対し、再生可能エネルギーを支持し続けている。このアイデアを前進させるために、飯田氏は2000年、自らが旗振り役となって 環境エネルギー研究所 (ISEP)の設立を果たした。同研究所は、地域や国、国際レベルで住民参加型のエネルギー政策を推進する独立系シンクタンクである。‥‥
(2011年5月17日 国連大学OurWorld2.0から抜粋)
石油を作る“藻”が被災地を救う?

‥‥オーランチオキトリウムという藻が大量な石油(正確には炭化水素)を作り出すと言うのです。それも1リットルあたり50円程度の実用レベルのコストで! だいたいこういった話は眉唾的なものが多かったり、思い込みがかなりの部分を占めていたり、実用に途方もない時間がかかるものだったりということが多かったのですが、今回ばかりは本物のようです。‥‥
(2011年5月17日 ニコニコニュースから抜粋)

参考
藻由来バイオ燃料で米国の輸入石油17%代替も可能に
植物プランクトンから作る「未来の燃料」、CO2も吸収 スペイン
日本が産油国になる日

米国、原油高対策でアラスカ備蓄の開発拡大、国産油田増強へ
オバマ米大統領は14日の国民向けビデオ演説で、連邦政府が備蓄用に管理する「アラスカ国家石油保留地」の開発を拡大する方針を明らかにした。大西洋の石油調査も急ぐ。原油高が米景気の回復に脅威となるなか、輸入原油への依存を脱却する狙いだが、環境破壊への影響が懸念されるなど論議を呼びそうだ。‥‥
(2011年5月14日 産経ニュースから抜粋)
「原子力=コスト安」そのカラクリを独自検証

白書をつくるときに10年前のデータをそのまま載せてること自体にかなり意図的なものを感じる。
日本の原発は老朽化しているので10年後に(発電割合)10%ぐらいに落ちる。
新規の原発をつくるとき事故コストを保険でカバーするとコストが3倍になる。
現実に立った議論では原発は急速に少なくなる。世界では再生可能エネルギーが爆発的に増えている。
最大の障害は電力会社が送電線を独占し自然エネルギーを排除していること。G20で発送電分離をしていないのは日本だけ。
(2011年5月14日 【動画】ウェークアップ!ぷらすから抜粋)

参考
経産省、原発重視の方針堅持へ 安全宣言で電力確保目指す
エネルギー政策賢人会議、原子力寄りの人選
原子力発電のエネルギー収支が推進派と反対派で大きく食い違う点は、使用済み核燃料、その他の放射性廃棄物の処理、寿命が尽きた原子力発電所の解体や廃炉に関して発生するエネルギーの消費をどう考えるか、です。
原子力発電とは、石油消費を減らすのではなく、逆に増やしてしまうシステム。環境問題や資源問題の答えにはなっていないどころか、公害をまき散らしながら市場の延命に寄与しているだけ。
原発 事故前から最も割高 再生可能エネルギーは市場でも十分に離陸できる。
エネルギー源としては、EPTが寿命(Tlifetime)より十分小さいこと、もしくはEPRが1より十分大きいことが求められます。再生可能エネルギーの多くは、この条件を満たします。
環境省 再生可能エネルギー導入ポテンシャル調査の結果を公表
IPCC 再生可能エネルギーで、2050年の世界のエネルギー消費量の最大77%をまかなえる。再生可能エネルギーの温暖化対策への貢献度は原子力発電などより大きい

原発事故の正体
  • 近代化の勝利そのものが、私たちに制御できない結果を生み出しているのです。そして、それについてだれも責任を取らない、組織化された無責任システムができあがっている。こんな状態は変えなければいけません。
  • 保険制度は原子力事故のリスクに対応しきれません。
  • チェルノブイリ原発事故による犠牲者について、数十人という見方もあれば、はるかに多い数を挙げる説もある。なぜ、そうなるのか。事故の影響が広範で複雑で長期にわたるからです。
  • 自転車用のブレーキしかついていないジェット機に乗せられた。
  • 問題が起きて、その負担を国や市民に回すのなら、それは資本主義ではありません。
  • 私たちは制御不能な結果をもたらす温暖化も原発も避けなければなりません。
  • 自然エネルギーへの投資は、国民にとっても経済にとっても大きな突破口になる
  • 市民運動がないと、産業界と政府の間に強い直接的な結びつきができる。
  • 産業界や技術的な専門家は、今まで、何がリスクで何がリスクでないのか、決定する権限を独占してきた。彼らはふつうの市民がそこに関与するのを望まなかった。
  • (2011年5月13日朝日新聞から抜粋)

    参考
    原発事故賠償問題 5/16 TVタックル
    河野太郎氏 賠償金は支払えないから国民が負担しますということになっていいはずがない。
    環境エネルギー政策研究所 「被害救済と国民負担最小化のための福島原発事故賠償スキーム」
    ■チェルノブイリ原発事故 死者数認識 立場が違うとこんなに違う
    日本政府官邸2011.4.15発表 原発内被ばく28人 周辺住民15人
    IAEAの圧力を受けてWHOが減らしたとされる人数 4,000人
    その後WHOが修正した人数 9,000人
    ソ連側の事故処理責任者による推計 4万人
    ニューヨーク科学学会発行 チェルノブイリ〜大惨事の環境と人々へのその後の影響  98万5千人

    なぜ増えない 日本の"地熱"

    地熱発電の技術 日本は最先端
    世界3位の地熱資源
    電力供給量に占める地熱発電の割合 0.3%
    (2011年5月13日 【動画】ニュースウォッチ9から抜粋)

    参考
    [日本はもっと地熱発電を](東洋証券)
    地熱発電、日本企業が世界シェアの7割 課題は環境規制との両立
    風力や地熱の潜在力大きいと発表 東北のエネルギー調査
    原発より強かった 東北地方の地熱発電所
    日本は自国のエネルギー経済の中心に地熱を据えるべきである
    地熱開発に本腰を入れていた国は一気にブレーキを踏んだ

    菅首相「エネルギー計画白紙に戻し議論」 省エネ推進

    菅直人首相は10日、首相官邸で記者会見を開き、総電力に占める原子力の割合を将来的に50%に高めるという政府のエネルギー計画について、「いったん白紙に戻して議論する必要があるだろうと考えている」と述べた。  首相は、現在54基の原発を2030年までに14基以上増やし、発電時に二酸化炭素を出さない原子力などが総電力に占める割合を約70%に――とする昨年決定の政府の「エネルギー基本計画」に言及。内訳を「原子力が50%以上、再生可能エネルギーが20%」と指摘した上で、「この従来決まっている基本計画は白紙に戻して議論する」と強調し、原発の新増設計画を認めない可能性もあることを示唆した。  さらに、議論の方向性について「原子力と化石燃料は電力では二つの柱だったが、太陽光や風力、バイオマスといった再生可能エネルギーを基幹エネルギーに加える。もう一つは省エネ社会を作ることだ」と述べた。一方、「原子力については一層の安全性を確保する」とも述べた。 ‥‥
    (2011年5月10日 asahi.comから抜粋)

    温暖化、世紀末海面1・6m上昇 北極の氷融解進む
    地球温暖化のため北極やグリーンランドの氷の融解が進み、今世紀末までに世界の海面が最大1・6メートル上昇する可能性があるとの研究結果を、北極圏に位置する米国やロシアなど8カ国でつくる北極評議会の研究チームが4日までにまとめた。‥‥
    (2011年5月4日 くまにちコムから抜粋)
    発電用の原油価格が上昇 東電の火力シフトが影響

    火力発電向けの原油の価格がアジア地域で上昇している。 東京電力福島第1原子力発電所の事故を受け、火力発電所の稼働率引き上げを急ぐ東電が調達量を増やしているためだ。‥‥
    ‥‥生だき用原油の約3分の1を占めるインドネシア産スマトラライトの3月積み価格は1バレル114.16ドルと、前月に比べて8.8%上昇した。 中東・北アフリカ情勢の緊迫化でサウジアラビア産など多くの原油が値上がりしているが、これらに比べても前月比上昇率は1ポイント程度高い。‥‥
    ‥‥東電は2010年度に約500万キロリットルの石油を火力発電用に使ったが、火力へのシフトで「今年度は2倍以上を調達する可能性がある」(商社)。 東電の事故の余波で、原発の稼働に慎重となっている関西電力など他の電力会社も生だき用原油の量を増やす公算がある。 東電などの火力シフトをにらみ、既に天然ガスの国際価格は上昇。 ‥‥
    (2011年4月28日 日経から抜粋)

    参考
    世界的に食料や原油の価格が高止まりするなか、インド洋の島国モルディブでは、食料など物価の上昇に抗議するデモ隊と、警官隊が衝突し、数十人がけがをしました。
    モルディブでも地震直後に、テレビやラジオを通じた被災者支援キャンペーンが始まった。36時間で700万ルフィヤの義援金が集まった。人口31万人の国民の多くは貧しく、約4600万円の義援金は「記録的」。お金が出せない人はツナの缶詰を持ってきた。

    ふたつの「25%削減」 節電をCO2排出削減のチャンスに

    ‥‥「3.11」の東日本大震災によって引き起こされた東京電力の福島第1原子力発電所事故で、首都圏では今夏の需要ピーク時には500万〜1000万キロワット程度の電力不足が生じる見通しだ。不足をカバーするために政府は大口需要家である企業に対し節電を求める考えで、大企業では当初、節電目標が「前年比25%減」になる見込みだった。東電が供給力を上積みできたため、結果的に目標は15%減にとどまるもようだが「25%節電」は企業に強い圧力となった。  鳩山前首相のCO2削減の公約と、くしくも同じ「25%」。このふたつの「25%」は一見関係ないようにみえるが、実は結びつけることができる。節電こそCO2排出削減策そのものだからだ。‥‥
    (2011年4月25日 日経から抜粋)

    参考
    COP17の事務局長「25%削減、維持できる」
    温室ガス削減「見直し」 外交戦略 軌道修正へ

    植物プランクトンから作る「未来の燃料」、CO2も吸収 スペイン

    高さ8メートルの筒400本が竹林のようにそびえ立つスペイン東部の施設で、「未来の燃料」が産声を上げた――かもしれない。科学者たちが期待をかけるのは、植物プランクトンと工場から排出される二酸化炭素(CO2)を組み合わせたバイオ原油だ。緑色の筒の林は、アリカンテ(Alicante)郊外の平野に、セメント工場に併設して立っている。筒の中は数百万の微細藻類で満たされており、セメント工場から排出されるCO2がパイプラインで筒へと送られてくる。‥‥
    (2011年4月25日 AFPから抜粋)

    参考
    日本が産油国になる日

    震災電力回復、再生可能エネのほうが原発・火力より低コストで早い
    米国のシンクタンク「ノーチラス研究所」は21日までに、東日本大震災で失われた電力の供給を回復するには原子力や火力の発電所を再稼働、新設するよりも、省エネや再生可能エネルギー、小規模分散型の発電を拡大する方が、供給を早期に実現できる上に、年間の費用も安く済むとの調査報告書をまとめた。‥‥
    (2011年4月21日 共同通信から抜粋)
    風力や地熱の潜在力大きいと発表 東北のエネルギー調査

    環境省は21日、風力や地熱、水力発電など再生可能エネルギーの利用可能性について、東北地方(新潟県を含む)では、火力や原子力などによる現行の発電量を上回る潜在力があるとする調査結果を発表した。福島第1原発事故を受け原子力を含むエネルギー政策の見直しが避けられない中、注目を集めそうだ。‥‥
    (2011年4月21日 共同通信から抜粋)

    参考
    Google、世界最大の風力発電所に1億ドルを投資 自社データセンター向け電力を風力発電会社から20年間購入へ
    インド、「風力エネルギーでグリーンな経済成長を」
    「自然エネ基地に」 玄葉担当相、脱原発を強調

    ソフトバンクの孫社長、脱・原発のため「自然エネルギー財団」を設立へ

    ‥‥脱・原発の具体的な例として、孫氏は「東日本ソーラーベルト構想」を挙げた。東日本大震災で津波により潮をかぶった農地は、塩害のため10年間ほど農地として使えない。しかし、その土地を政府主導で、太陽光発電などを行う「ソーラーベルト」として利用したらどうかという提案だ。  孫氏の提案は、太陽光のほか風力や地熱など様々な自然エネルギーを利用した発電を行うというもの。孫氏は「世界最大のソーラーベルトを作ろう。希望あふれるビジョンを作ろう」と語った。‥‥
    (2011年4月21 IBTimesから抜粋)

    参考
    自由報道協会主催 孫 正義 記者会見
    孫正義氏 講演 震災復興に向けて
    今回の事故で思い知らされた。自分も今心から反省した。これは我々の子や孫やその後の世代に残しちゃいけない問題。

    再生可能エネルギーへの100%転換は可能か?

    ‥‥同教授が懸念するのは、日本では再生可能資源の開発の可能性が十分に追求されていないのではないかということだ。そして、次のように述べた。「本当に望むのであれば、100%再生可能エネルギーにするのが不可能な理由はありません。これは技術の問題ではなく、意志の問題です。技術と資源はあるのですから。特別な利権や補助金が間違ったグループ(つまり化石燃料と原子力に関わるところ)にむやみに流れていることが足かせになっているのです。政治的に環境汚染源からクリーンエネルギーに補助金の行き先を切り替えられれば、問題の解決に向けて大きく前進することができます」‥‥
    (2011年4月20国連大学OurWorld2.0から抜粋)

    参考
    官邸を経産省がジャックしたかのようである。

    CO2排出量25%削減、原発頼らず可能

    原子力発電所に頼らなくても、政府が掲げる温暖化対策の目標「2020年までに温室効果ガス排出量を90年比25%削減」は達成できるとする試算を、環境NGO「気候ネットワーク」(浅岡美恵代表)が19日、公表した。再生可能エネルギーを増やすほか、火力発電の燃料を二酸化炭素(CO2)排出量が比較的少ない天然ガスに切り替える内容だ。 ‥‥
    (2011年4月19asahi.comから抜粋)

    参考
    COP17の事務局長「25%削減、維持できる」

    原発より強かった 東北地方の地熱発電所

    東日本大震災では、大きな地震と津波に襲われた福島第1原発が重大な事故を起こした。一方で、同じ揺れに見舞われた東北電力の地熱発電所3カ所(岩手県、福島県、秋田県)は無事だった。地熱発電のCO2排出量は原子力発電の1KWh当たり20gに比べて、同13g(電力中央研究所調べ)と少なく、温暖化対策にも有効なことが分かっている。地熱発電は、ポスト原発の有力候補になる可能性を秘めている。‥‥
    (2011年4月18日オルタナから抜粋)

    参考
    火山国の日本、地熱エネルギーの先駆者に
    風力発電フル稼動、被災地支える 地震耐え無傷

    風力・太陽光エネが原発を逆転 福島事故で差は拡大へ

    2010年の世界の発電容量は、風力や太陽光などの再生可能エネルギーが原発を初めて逆転したとする世界の原子力産業に関する報告書を米シンクタンク「ワールドウオッチ研究所」が15日までにまとめた。‥‥
    (2011年4月16日産経ニュースから抜粋)

    参考
    歴史的な日!太陽光発電が原発を超えた ドイツ

    ドイツ全州・政府、脱原発の早期実現で一致

    福島第一原発事故を受けて原発政策の見直しを進めるドイツのメルケル政権は、15日にドイツ全16州の代表と行った協議で、脱原発を出来るだけ早期に実現する方針で一致した。‥‥
    (2011年4月16日読売新聞から抜粋)

    参考
    EU、2050年まで再生可能エネルギーに完全移行
    ドイツ政府の諮問機関、「2050年までに100%再生可能電力の供給は可能」

    自然エネルギーを加速させる世界と立ち後れる日本
    東電は再生可能エネルギーの発展を防いできた。

    長期的な視点で原発からの脱却を進めたい。

    ■社説:震災後 地震国の原発 政策の大転換を図れ
    ‥‥大災害を転機に、長期的な視点で原発からの脱却を進めたい。既存の原発を一度に廃止することは現実的ではないが、危険度に応じて閉鎖の優先順位をつけ、依存度を減らしていきたい。第一に考えるべきは浜岡原発だ。‥‥
    (2011年4月15日毎日jpから抜粋)

    ■社説:震災後「低エネ」社会 日本モデルは可能だ
    ‥‥カナダのエネルギー経済学者ジェフ・ルービン氏は(1)東京電力とBPというエネルギー巨大企業の管理下で起きた事故であること(2)いずれも原油枯渇に対応するプロジェクトであること、をあげている。2点目がより重要だ。海面から数千メートルもの地点で、サーカスのような危なっかしい石油採掘をなぜBPはやらなければならないのか。それは楽に石油掘削ができるところが陸になくなったからだ。いま、新規油田の大半が深海である。他方の原子力発電。これもまた、化石燃料の枯渇あるいはコストの高騰に対処するため、非常なリスクを冒してエネルギーを取り出そうとしている点で、深海油田と本質は変わらない。ルービン氏は「自然は何かを私たちに語りかけているのではないか」と言う。「何か」とは「もっとエネルギーを」という人間のあくことなき欲望への警告である。‥‥
    ‥‥しかし、過度の悲観論は排し、3・11の意味をもっと前向きにとらえたい。エネルギー制約を逆手にとって、日本を低エネルギー社会の先進国に転換していく覇気をふるい起こすべきであろう。‥‥
    ‥‥窮乏生活をする必要はない。浪費を避け、資源の再生につとめ、リサイクルを促進する。そして、小型水力発電などでエネルギーの地産地消を可能な限り進めたい。分散型の国土形成で防災力を高める。エネルギー制約は早晩、ほかの国をも襲う。それに先だって低エネルギーでも福利の低下しない日本モデルを構築することこそ、3・11への何よりの鎮魂となるだろう。‥‥
    (2011年4月16日毎日jpから抜粋)

    ピークオイル説は、今では仮説ではなく、現実の話しなのである。

    ‥‥今回、サウジの民間石油企業からの見解として伝えているところでは、減産の理由は「世界の原油需要の伸び悩みに対応ため」だとしている。表向きはそうだとしても中東での供給不安で原油価格の高騰が続いているわけだから、額面どおりに咀嚼することはできにくい。‥‥となると、構造問題ではないのか、という疑念も否定はできない。 サウジの原油生産は日量約900万バレルだが、実のところ、その原油を抽出するため、その900万バレルを上回る1000万バレル以上の海水を入れることによって油圧を上げ、無理・無理、原油を押し出しているのが現状なのである。そのやり方を最も強烈に行っているのが、世界最大の埋蔵量を誇るサウジのガワール油田。原油枯渇の問題、ピークオイル説は、今では仮説ではなく、現実の話しなのである。‥‥
    (2011年4月15日ドットコモディティから抜粋)

    参考
    アメリカは原油を余剰確保?! ピークオイル説背景
    サウジアラビアにすべての命運を託している事態は異常だ
    サウジアラビア以外は増産余力はゼロ
    日本の原油輸入 中東への依存度は87% 外交青書2010
    中東民衆デモ「新政権アメリカ離れ」で日本深刻
    エネルギー問題は、もともとピークオイルという根源的な部分が十分に議論されないまま、将来的なエネルギー供給に不安を抱えたまま推移しているわけで、その状況下で起こっている目下の中東の動乱は強い脅威である。
    産油国における国内消費が増えていけば、世界市場に出回るアブラの量は相対的に減ってしまう
    枯渇性資源の問題は、まず持たざる国から政府を追い詰めていく
    サウジアラビア石油埋蔵量は40%誇張されていた

    石油生産がピークを過ぎた。

    ドイツを、日本が追ったらどうなるか 10 年以内に原発への依存を半減できる
    ‥‥ドイツが過去 10 年間に行ったのと同じペースで、もし日本が再生産可能エネルギーの開発をしたな ら、10 年後に 120TWh の供給増加を見るであろう。 また、もし日本がドイツの過去 5 年間の 猛烈な太陽エネルギー開発に追随したなら、より著しい数字を見るであろう‥‥。 ‥‥国内の制度を弱めてしまう原子力の開発とは違い、再生産可能エネルギーの開発はその給電料金制度 が大なり小なりの全ての参加者に対して同様に公平な機会を作り出し、多くに分散することによって、 民主社会を強めることが出来のである。 日本もこのようなコミットをすれば、そしてそれを今年から実行すれば、風力、バイオマス、そして 太陽光等の発電の設置がドイツの 2000 年~2010 年に匹敵するペースで急速に増えるであろう。‥‥
    (2011年4月14日wind-works.orgから抜粋)
    城南信用金庫が脱原発宣言〜理事長メッセージ

    ‥‥われわれは安心して電力の供給を受けていたのがですね、こんなに福島県の方々に迷惑をかけてしまったと、今までこういった問題に関心を持っていなかったことに対して非常にこれはいけないことだったなと、反省したわけなんですね。そうしますと、今まで原発反対というと一部の市民運動の方々がやっていることなのかなと思っていましたが、われわれ普通の人間、あるいは普通の企業としてもですね、これに対して真剣に考えてですね、これに対する態度というのをはっきり決めていかないと、この日本全体が大変なことになるということに改めて気づかされました。‥‥
    (2011年4月14日YouTubeから抜粋)

    参考
    ソフトバンク孫社長 僕は去年までは原発しかたないと思ってる側の人間だったんですよ。無知だったから。でも今回の事故で思い知らされた。自分も心から反省した。これは我々の子や孫やその後の世代に残しちゃいけない問題。
    全国漁業協同組合連合会 原子力発電所すべての停止を求めていく方針

    毎日新聞 長期的な視点で原発からの脱却を進めたい。

    東芝社長 原発1兆円達成「遅れる」  東芝が処理システムの設計・建設を請け負う  原発の新設計画 今後も事業を継続する方針を強調
    経団連会長 原発「津波に耐え素晴らしい」

    東電は再生可能エネルギーの発展を防いできた。

    ‥‥送電と発電の分離は絶対にやるべきだ。これをやらせないように東電は経産省から天下りを受け入れてきた。送電と発電の分離をすることにより、再生可能エネルギーの導入もスムーズになる。これまで送電部門も握ることによって、東電は再生可能エネルギーが送電を利用することを拒み、再生可能エネルギーの発展を防いできた。これも与野党の電力族が経産省と一緒に守ってきたものの一つだ。‥‥
    (2011年4月14日BLOGOSから抜粋)

    参考
    10年前に東電が政治力で潰した「発送電分離」案が電力業界を大変革する
    東京電力:発電と送電の分離案 政府、大手と統合検討
    田中優さん緊急講演会

    アメリカは原油を余剰確保?! ピークオイル説が背景か
    ‥‥「今回、日本でも水や食料などの買占めが起こりました。  同じことが世界のオイル市場で起こっているとの指摘もあるのです」 どういうことでしょう?!アメリカは原油を余剰確保しているということ?! 小針さんが長期的展望として解説くださったのはピークオイル説。 サウジアラビアにある世界最大の埋蔵量を誇るガワール油田。 原油を掘削する際の自噴圧力維持のために、現在では1日に数百万バレルもの 海水が圧入されており、それが掘削できる原油量とほぼ変わらない程度の 海水圧入量となっているとの指摘があります。 つまり油田の老齢化、枯渇による生産減退が起こっているのではないか。 海水圧入量の増加は枯渇に向かう兆候ではないのか。 となると、原油価格は・・・・・
    (2011年4月13日ラジオNIKKEI こちらが録音 から抜粋)

    参考
    サウジ、原油を減産か 減産幅は日量50万バレル前後
    ピークオイル説は、今では仮説ではなく、現実の話しなのである。
    米原油在庫は予想以上に増加=EIA週報
    サウジアラビアにすべての命運を託している事態は異常だ
    福島原発の事故が世界的な食糧危機につながる恐れ
    石油生産がピークを過ぎた。

    「原子力からシフトを」 自然エネルギー、50年までに100%に

    ――「戦略的エネルギーシフト」とは何ですか。  
    原子力に電力の約3割を依存する従来の体制から、自然エネルギーなどへ比重を移し、エネルギーの全体バランスを漸進的に変えていこうという案です。現行では10%程度である自然エネルギーの割合を2020年までに30%、50年には100%に上げることを目標に掲げています。自然エネルギーの内訳は水力や太陽光、風力、バイオマス、地熱発電などです。ドイツは、電力に占める自然エネルギーの割合を過去10年で6%から16%に高めた。今後10年で35%に伸ばす目標も持っている。政府が政策的にテコ入れをすれば投資や技術開発が進み、市場が広がっていくという見本です。 ‥‥
    (2011年4月13日 asahi.comから抜粋)

    参考
    代替エネルギー関連の特許、日本が世界の55%を占め圧勝
    原発に頼らない安心できる社会へ 城南信用金庫

    東電の悪夢、問われる原発の合理性

    ‥‥これまで原発は安全性に難点はあるものの、燃料コストが安く、経済合理性に優れているとされてきた。だが、今回の事故とその後広範な周辺地域に及んだ数万人規模(半径20キロ圏内だけで約8万人)の住民避難、農産物、海産物への被害、そして「最大10兆〜11兆円」(外資系証券会社の試算)ともいわれる補償額を考慮すると、「原発の経済合理性」は説得力を持たなくなる。仮に原子力損害賠償法の下で政府が負担を肩代わりするとしても、その原資は税金であり、「社会のコスト」として果たして国民が受け入れるかどうか疑問符がつく。

    なにより、電力会社の経営者が事業上のみならず心理的な“原発リスク”に耐えられなくなる可能性が高い。東電の経営陣は事故発生後の1カ月間、暴落する株価を見ながら株主代表訴訟の悪夢が脳裏をかすめたに違いない。事故のエスカレートによって、もはや資金的にも心理的にも民間企業の経営者が負えるリスクの限度をはるかに超えているように見える。

    事故さえ起こさなければ、原発にはまだ合理性が‥‥という議論があるかもしれない。しかし、この10年間を見る限り、その合理性は大きく揺らいでいる。原発1基あたりの建設費は4000億〜5000億円で初期投資は火力発電所の1.5倍。これを40年以上長期運転をすればコスト競争力は高いとされてきた。ところが、原発建設には地元対策として巨額の支援事業(例えば、東電が福島県楢葉町・広野町に130億円を投じて建設したスポーツ施設「Jヴィレッジ」)など見えないコストがあるほか、加えて事故・トラブルが余りにも多すぎる。

    東電に限ってみても、2002年に原発点検時のデータ改ざんが発覚、翌03年には同社の原発全17基が停止を余儀なくされ、その過程で当時の南直哉社長はじめ荒木浩会長、那須翔相談役、平岩外四相談役の歴代社長経験者4人がそろって辞任を余儀なくされている。

    さらに07年の中越沖地震では柏崎刈羽原発1〜7号機が全基停止。火災などの被害を受け、08年3月期と09年3月期に合計2500億円の特別損失を計上した。中越沖地震の後遺症は尾を引き、連結純損益も08年3月期は1501億円、09年3月期は845億円のともに赤字。07年3月期に3兆335億円あった株主資本は09年3月期に2兆3786億円と6500億円も目減りした。

    これほどやっかいな原発を電力会社の経営者は「国策事業」として背負い続けていくのか。株主は大事故を起こせば株価が暴落するリスクに耐えられるのか。そして危険を覚悟で事故処理に立ち向かう従業員を今後も確保できるのか――。‥‥
    (2011年4月12日 日経から抜粋)


    参考
    原発 事故前から最も割高
    経団連会長 原発「津波に耐え素晴らしい」
    原発事故 放射線/東日本大震災に関する情報リンク

    ピークオイルの予行演習

    ‥‥食料やペットボトル入り飲料水の不足、停電、燃料配給、ジャスト・イン・タイム方式による製造システムの崩壊は、いずれもピークオイル論を真剣に考える者たちによって予測されていたことだ。日本のその他の地域には実質的な影響は出ていないものの、東日本はまるでピークオイルの予行演習をしているかのようだ。ピークオイル論の支持者が正しいとするなら、今後5〜10年以内に、世界中が似通った経験をすることになる。だからこそ、現在の状況に対する日本の対応から、重要な教訓を得る必要があるのだ。

    現状とピークオイルの違いは何か?

    ピークオイルのシナリオ下では、世界規模での石油生産の継続的な減少に、一カ国だけでなく世界全体が影響を受ける。ここで重要なのが、減少率である。もし、きわめて緩やかな減少(年に2〜3パーセント程度)であれば、経済、そして食料やエネルギー生産、流通システムなどは特に、適応する余地があるだろう。

    こうした状況下においては、世界中で人や物資の流れが著しく減少し、そのスピードが遅くなるだけでなく、停止してしまうことも考えられる。ピークオイルのシナリオが現実化すれば、日本のように、自給率わずか40%でかなりの部分を輸入食料に依存する国に与える影響は甚大だ。‥‥
    (2011年4月9日国連大学OurWorld2.0から 抜粋)

    参考
    石油が入らなくなるや(原発)冷却のコストを払えなくなる
    石油を使わない時代の人々に長期間の冷却と放射能の監視が必要な放射性廃棄物を押し付けることは無理

    荒ぶる神の鎮め方 内田樹

    ‥‥なんだ、そうなのか。あれはただの金づるなのか。なんだ、そうか。そうなら怖いことなんか、ありゃしない。ははは。ただの金儲けの道具なんだ、原子力って。 全員がそういう語り口を採用したのである。 政治家も、官僚も、もちろん電力会社の経営者も、原発を誘致した地方政治家も、地元の土建屋も、補償金をもらった人々も、みんな「あれはただの金儲けの道具なんだよ」と自分に言い聞かせることによって、原子力に対する自分自身の中にある底知れぬ恐怖をごまかしたのである。‥‥
    ‥‥福島原発のふざけた書き割りを見たヨーロッパやアメリカの原発関係者はかなり衝撃を受けたのではないかと思う。 その施設の老朽ぶりや、コストの安さや、安全設備の手抜きに心底驚愕したのではないかと思う。 どうして原子力のような危険なものを、こんなふうに「雑に」扱うのだろう・・・と海外の原子力研究者は頭を抱えたはずである。 そこまでして「コストカット」したかったのか?日本人は命より金が大事なのか? もちろんそうではない。話は逆なのだ。‥‥
    (2011年4月7日BLOGOSから 抜粋)

    参考
    原発建設現場には原発の危険を知り尽くした熟練した現場監督がおらず、ズブの素人がいい加減な工事をしている。
    官邸を経産省がジャックしたかのようである。
    もののけ姫

    福島原発の事故が世界的な食糧危機につながる恐れ

    ‥‥原油など石化エネルギーの構造的なピークオイルの時代を迎え、原発事業が後退すれば、ますます世界のエネルギー事情は緊迫する。そのエネルギー事情から、例えば供給補填のため一層トウモロコシがバイオエタノール向けとしての需要にまわされるのであれば、トウモロコシの高騰とともに、大豆や小麦などの租粒穀物価格も高騰するのは避けられまい。 となると、現在、中東で起こっている民主化デモの発端となった食糧危機は、より世界中に飛び火して、一段と由々しき事態となることが予想されるし、食糧の価格高騰とともに本格的な食糧の世界争奪戦が始まる恐れも出てくるわけだ。‥‥
    (2011年4月6日ドットコモディティから)

    参考
    世銀:食料価格、依然08年のピーク付近に高止まり−貧困層に脅威

    COP17の事務局長「25%削減、維持できる」

    国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP17)の作業部会が開催中のバンコクで4日、フィゲレス条約事務局長が会見し、2020年までに温室効果ガスを90年比25%削減するという日本の目標は「維持できる」との期待感を示した。  福島第一原発の事故を受け、作業部会に参加した南川秀樹・環境事務次官が3日、エネルギー政策の変化は避けられず、「25%という数字も議論の対象」と見直しを示唆していた。  フィゲレス氏は「(25%の目標を)日本が変えなければならないか知るには時期尚早」としながらも、「災害を克服し、前進すべきだ」と述べた。
    (2011年4月4日asahi.comから)

    参考
    COP17見通し見えず。第一回作業部会終了
    太陽光発電で安全とCO2削減の二兎を追う
    脱原発、省エネ、節電...再生可能エネルギー100%の未来を!WWF
    原発は温暖化防止に役立つか

    広がる藻類の将来性、放射能を除去できる可能性も

    ‥‥藻が放射線に耐えられるかどうかなどの問題もありますが、この方法が成功すれば、1時間足らずでストロンチウムを除去することができ、コストと時間の大幅な節約になると期待されてます。
    (2011年4月4日スゴモリから抜粋)

    参考
    日本が産油国になる日
    ヒマワリが放射能汚染を20日で95%除去
    チェルノブイリで放射線を食べる菌が見つかる
    土壌から放射能を吸収「菜の花プロジェクト」

    原発 事故前から最も割高 再生可能エネルギーは市場でも十分に離陸できる。

    ‥‥国家財政からの資金投入は、一般会計と電源特会から行われている。電源別に計上された財政資料は存在しないため、「国の予算」を基に可能な限り再集計した。1970〜2007年度の合計で見ると、95%が原子力に費やされていた。火力の106倍、水力の27倍だ。  そして、(1)(2)に(3)を加えた「総単価」を電源別にみると、原子力10・68円▽火力9・90円▽水力7・26円。一般水力3・98円、揚水53・14円で、「原子力+揚水」は12・23円に跳ね上がる。原発は安価ではないどころか、国民にとっては最も割高であることが明らかになった。  −−バックエンド費用に問題があると指摘されているが。‥‥
    (2011年4月3日毎日jpから抜粋)

    ‥‥東電には事故に伴う原発自体の被害と周囲への被害補償費が生じる。全容は不明だが、少なくとも数兆円規模になるだろう。議論が先行している農業被害や漁業被害は全体の一部で、観光産業や原発のため操業できない事業などにも及ぶ。住民の健康や資産への被害もある。健康被害はアスベスト(石綿)と同様に長期的に見る必要がある。避難に伴う経済的損失も大きい。土地の価格も下がるだろう。人が住めなくなれば、その地域の人々の全財産が対象となり、天文学的金額になる。想像を絶するとしか言いようがない。 次に原発自体も廃炉が必要で、その費用も膨大になるだろう。これまでも廃炉費用は積み立てられてきたが、以前、見積もりが甘かったとして積立額が引き上げられている。事故による汚染もあって膨れ上がるのは間違いない。‥‥

    ‥‥他の電力会社も当然、津波対策や耐震強化の見直しが必要になる。震度も従来の想定でいいのか。福島第2原発も、女川(東北電力)も止まっており、きちんと検証する必要がある。新潟県中越沖地震(07年7月)で被災した柏崎刈羽原発もそうだったが、何年も要するだろう。今回の震災を基準にすれば全国の原発全てが基準外になるのではないか。浜岡原発の1、2号機は新潟県中越沖地震の後、より厳しい耐震性が求められて廃止を決めたが、そんな事態に及ぶ可能性がある。原子力損害賠償保険の限度額(1200億円)も大幅に引き上げる必要があるだろう。  また、今回の事故では使用済み核燃料の危険性も浮き彫りになった。前述のように廃棄物の処理コストは一応は計算されてきたが、過小評価であり、今回の震災でさらに見直さないといけない。‥‥

    ‥‥今まで電力会社は原発推進で一枚岩だったが、東電が原発を失い、路線を転換する影響は大きい。東電以外は置かれた状況がまだ分かっていないかもしれないが、東電に出来て、他社はなぜ出来ないのかとなる。大きな転換点だ。原発の安全神話は崩壊した。新規立地は全国どこでも無理だろう。事故防止のコストが高くなり過ぎて、電力会社にとっても割に合わなくなる。加えて事故処理と放射性廃棄物の「負の遺産」がある。原発はもはや割に合わない産業に成り果てた。他の原発も今後次々と廃炉となっていくから、20年、30年先を見るとなくなっていくしかない。  国として「脱原発」に転じれば、原発向けの予算をほとんど再生可能エネルギーに使える。国の財政資金は原発費用として年間4000億円ぐらいある。さらに、再処理費をやめれば、その分の11兆円も回せる。再処理のため税金のようにキロワット時当たり0・5円ほど電気料金に上乗せ徴収されている金額は年間3000億円くらい。これらを使えば、再生可能エネルギーは市場でも十分に離陸できる。
    (2011年4月10日毎日jpから抜粋)

    参考
    廃棄物処理の真のコストもいまだによくわかっていない。廃炉の費用もさらによくわからない。
    原発を全部止めたら?
    原発なしでも電力は足りている

    東電の悪夢、問われる原発の合理性

    ■飯舘村に避難勧告を=IAEA  ■「避難見直す必要なし」 原子力安全委員会

    ■国際原子力機関(IAEA)のフローリー事務次長は30日、ウィーンの本部で記者会見し、事故を起こした福島第1原発の北西約40キロにあり、避難地域に指定されていない福島県飯舘村について、高い濃度の放射性物質が検出されたとして、住民に避難を勧告するよう日本政府に促した。‥‥
    (2011年3月31日時事ドットコムから抜粋)

    ■国際原子力機関(IAEA)が福島第1原発の北西約40キロの福島県飯館村で放射性物質の数値が避難基準を上回ったと指摘したのを受け、国の原子力安全委員会は31日、避難区域の設定を見直す必要はないとの考えをあらためて示した。‥‥
    (2011年3月31日共同通信から抜粋)

    参考
    日本はきわめて激しく官僚主義化されているので、現状をそのまま維持しようとする特別に強い圧力に支配されている。そして、なんとか現状を維持しようというその目的のために、偽りのリアリティ像を守り抜くことがとくに必要なのだ。
    内橋克人「原子力安全神話はいかにして作られたか」/ 正統性を喪失したエリート支配層
    たとえ癌になっても、福島原発が原因だと証明することは極めて難しい。政府や御用学者が「大丈夫だ」とまやかしの安全宣言をすることは止めるべきだ
    原子力安全・保安院と経産省を始めとする原子力推進ロビーに支えられ「奢り高ぶった」企業の体質が、原発内の事象や技術報告の隠蔽を生み出した温床ではないか
    なんと5億円! 寄付講座だけでも、これほどの大金が、東京電力から東京大学大学院の工学研究科に

    東京大学大学院工学系研究科教授 原子力安全委員会委員長 班目氏「安心なんかできるわけないじゃないですか、あんな不気味なの。」
    原発関連団体は「天下り」の巣窟だった 年収1000万円超の経産省、文科省OBがゾロゾロ
    原子力監督機関と電力会社は一心同体

    東大など、氷期終焉期の急激な温暖化時に起きた大規模氷床崩壊時期を特定
    東京大学(東大)などの研究グループは、地球の気候が氷期から現在の間氷期に移行した際に起きた、大規模かつ急激な氷床崩壊の規模とタイミングの正確な決定を行ったと発表した。日米欧が中心となって行っている統合国際深海掘削計画(IODP)の第310航海にて得られたタヒチ沖のサンゴ礁掘削試料の化学分析に基づくもので、東大大気海洋研究所の横山祐典准教授、奥野淳一研究員、仏国CEREGE研究所と英国オックスフォード大学らにより、成果が「Nature」に掲載された。‥‥
    (2011年3月30日マイナビニュースから抜粋)
    「子供にヨード剤(ヨウ素剤)を!」チェルノブイリ現地支援の菅谷昭医師

    ‥‥チェルノブイリでもって甲状腺がんの子どもが増えたのが5年後なんですよね。 5年後から出てきているんですよね急激に。そしてその事故前の時の子どもの発症率というのは100万人に1人か2人でこれはチェルノブイリのとこも同じなんですよ。  それが汚染地になるとそれが100倍になったり、ひどい時には130倍ですね、ゴメリ市なんか。 だから将来のことを考えれば、これは本当に申し訳ないけれど、作っている方々に。しかしこれはそんな事を言っても色々ありますけれど、風評ではなくて事実として、これはやはり押さえておかなければいけないと私は思って、パニックでなくて国民も冷静に聞いてくれて、そして今の時期は食も少しひかえてもらうということ、そのためにも早くにヨードをやらないと、もう入ってしまったら終わりなのです。‥‥
    (2011年3月29日ガジェット通信から抜粋)

    参考
    チェルノブイリ周辺で甲状腺癌治療に従事した菅谷昭 松本市長の記者会見(動画)
    朝ズバ  菅谷「だから、とにかく早くやらないといけない」 ここで、子どもへのヨード剤投与をめぐって言い合いになった。(菅谷氏の意見に反対した諸葛氏)
    プロジェクトX 挑戦者たち チェルノブイリの傷 奇跡のメス 菅谷昭 (動画)
    福島県飯館村の汚染レベルが、チェルノブイリ原発事故による強制移住レベルを超えている
    ベラルーシ、ウクライナ、ロシアの小児甲状腺がんの発生数
    チェルノブイリ原発事故後、小児・思秋期甲状腺ガンの発症率
    放射線から身を守る
    汚染マップの作製こそ急務‥‥IAEA調整官
    避難地域の設定に科学的な基準を
    ヨウ素剤(ヨード剤)について

    原発事故を巡る国内と海外のあまりに大きな温度差
    今回の原発事故ほど、日本と欧米との受け止め方に大きな「温度差」のある現象にこれまで出会ったことがない。自国民を日本から避難させ、甲状腺がん予防の安定ヨウ素剤を送りつける欧米と、実感とかけ離れた発表を繰り返している政府や東京電力との差はどこからくるのだろうか。‥‥
    (2011年3月29日ECO JAPANから抜粋)
    私たちは最後まで闘う─原発から東電社員がメール

    福島県の原子力発電所で働く東京電力社員の電子メールを見ると、めったに報道されない彼らの一面を垣間見ることができる。不眠不休で震災対応に当たる一方で、愛する人と再会できない苦しみにいかに耐えているかを。

    「実家の両親は津波に流され、いまだに行方がわかりません。本当なら、すぐにでも実家のあるところに飛んでいきたい・・・。でも、退避指示が出ている区域で立ち入ることすらできません」‥‥

    (2011年3月28日ウォールストリートジャーナルから抜粋)

    参考
    「もう限界です」東電女性社員メール―原発作業員使い捨て 全文
    福島第1原発作業員 食事は1日2回、毛布1枚で雑魚寝
    福島原発は異常事象と作業員の被曝が日本で最も多い発電所
    「日本の放射線防護政策は、何より原子力産業の保護を優先する」として、原発作業員が白血病などを発症しても、めったに労災と認定されないと批判。
    福島原発 非正規社員募集中 日給9,000円〜11,000円
    実際に炉心にはいって作業するのは、電力会社本体の社員ではなく、末端の下請け会社の従業員が多いんです。そこで私がいつも気にしていたのは、“タマがあるかないか”ということでした。
    隠された被爆労働〜日本の原発労働者 沈黙をお金で買われている姿でありまして、原発を受け入れている地域は民主主義が破壊されている。
    東京電力にも元官僚がたくさん天下っている。政治家や国民を無視することに慣れ、また質問に答えるより命令を下すことに慣れた人々だ。
    行政機関や事業者を指導する役割を担い、他の審議会より強い権限を持つ原子力安全委員会委員長 高放射線量の汚染水への対応について「知識を持ち合わせていない。まずは事業者(東京電力)が解決策を示すとともに、原子力安全・保安院にしっかりと指導をしていただきたい」
    福島第1原発:「神のみぞ知る」 池田副経産相、発言撤回
    原子力安全・保安院と経産省を始めとする原子力推進ロビーに支えられ「奢り高ぶった」企業の体質が、原発内の事象や技術報告の隠蔽を生み出した温床ではないか
    テレビコマーシャルなどで「原発はいいものだよ」とPRするたびに、それも経費として3.5%利益としてとれる。その結果、あらゆるメディアは電力会社にビビって、電力会社の意向に逆らうことだけは言えなくなった。

    なんと5億円! 寄付講座だけでも、これほどの大金が、東京電力から東京大学大学院の工学研究科に
    なんと5億円! 寄付講座だけでも、これほどの大金が、東京電力から東京大学大学院の工学研究科にジャブジャブと流し込まれている。これは、東大の全86寄付講座の中でも、単独企業としてあまりに突出した金額だ。東大だけではない。東工大や慶応義塾大学など、全国のあちこちの大学の大学院に、東京電力は現ナマをばらまいている。これらの東京電力のカネの黒い本性は、2002年の長崎大学大学院で暴露された。そもそも東京電力が、自分の管区とはほど遠い長崎大学に手を伸ばしたことからも、手口の異様さがわかるだろう。‥‥
    (2011年3月26日INSIGHT NOWから抜粋)

    参考
    東京大学大学院工学系研究科教授 原子力安全委員会委員長 班目氏「安心なんかできるわけないじゃないですか、あんな不気味なの。」
    班目氏 汚染水への対応について知識持ち合わせず 首相への勧告権限も持つ専門家集団トップの発言だけに、その役割について議論を呼びそうだ。

    原発関連団体は「天下り」の巣窟だった 年収1000万円超の経産省、文科省OBがゾロゾロ

    ‥‥「この原発推進運動を支えてきたのが、天下り団体。例えば、経産省関連の『日本立地センター』は、住民向けのセミナーやクイズ大会、メディアへの広報活動などを展開し、『原発で地域振興』『原発は安全』と刷り込みをしてきた。‥‥ ‥‥驚くことに、こうした原子力関連の「天下り団体」は無数にある。原発地域の振興策などを手掛ける「電源地域振興センター」(東京)、原子力推進を掲げる「日本原子力産業協会」(東京)、原子力の基礎研究を行う「日本原子力研究開発機構」(茨城)、大型混合酸化物(MOX)燃料などを研究する「核物質管理センター」(東京)、原発の安全管理などを行う「原子力安全基盤機構」(東京)、海外のエネルギー事情を研究する「海外電力調査会」(東京)‥‥。数え上げるとキリがないが、共通するのは、理事クラスに旧通産省、科技庁、文科省出身者が名を連ね、年収で1000万〜1500万円も得ていることだ。‥‥ ‥‥これだけ多くの団体が税金で原子力を研究しながら、いざという時には役に立たない。甘い汁を吸ってきた官僚OBは、率先して現場で汗を流したらどうか。自衛隊や消防、警察、東電協力会社に尻拭いさせて、知らんぷりは許されない。

    (2011年3月26日日刊ゲンダイから抜粋)

    参考
    原発推進組織の資金源としての電気料金
    公的な領域(つまり国)に送電線を返して欲しい
    官邸を経産省がジャックしたかのようである。

    東電側は『全員撤退したい』と伝えてきた。撤退したら終わりだった。

    「(3月14日に)2号機の燃料棒が露出したとき、東電側は『全員撤退したい』と伝えてきた。撤退したら終わりだった。絶対に止めなければならなかった」

     あの時点で撤退とは無責任極まりない。この政府関係者は、事故の初動から東電の対応に不信感を抱いていた。‥‥

    ‥‥福島第1原発の現場責任者は、吉田昌郎・執行役員発電所長である。その陣頭指揮は光っていたようだ。「吉田所長は勇敢で現実的だった」と政府関係者は言う。「しかし、本店を経由してしか現地に連絡できなかった。だから12日朝、菅直人総理がヘリで現地に飛び『ベントしろ』と言った。吉田所長の背中を押しに行ったんだ」(政府関係者)。

    ‥‥政府側が現地に連絡すると、吉田所長らが懸命に注水作業をしているところだった。そして、「水が入った」と言っているのに東電はいっこうに発表しない。

    「とにかく、本店と現地に温度差があった。そもそも予備電源が切れたときの想定がなくて驚愕した。最初から自衛隊でも警察でも使えと言っていたのに、本店はあまりにも悠長だった」と、政府関係者は言う。‥‥

    ‥‥それに対して、東電の武藤栄副社長は「全員撤退については言っていない。プラントや通信の状況が悪いなかで、ともかく人身の安全が重要だという判断 で、プラントの保守や保安に必要な人間だけを現場に残し、それ以外の人を一時的に避難させた」と言う。初動についても「状況を見ながら適切に判断してきた。最大限の努力はした」と話す。

     いずれにせよ、当初は東電内で事をすませようとしたことは間違いないようだ。‥‥

    ‥‥「放水作業のなか電線工事をすることは作業員の安全を確保できるものではなかった。何が起こるかわからないからだ。本店と現地は何時間も議論した。本店は『自衛隊の放水は止めてもらえ』とまでなった。だが吉田所長が『やる』と判断した」

     ぎりぎりの選択だったが、この工事は成功。現場でも本店でも拍手が起きた。「本店がいろいろと言っても吉田所長は『評論家はいらない』と取り合わなかった。彼がいなければ現場も本店もパニックだったろう」(東電関係者)。‥‥

    ‥‥「事後処理に莫大なカネがかかる。さすがにつぶれてしまうのではないか」と思う読者が多いだろう。だがじつはそう簡単にはつぶれない。‥‥

    ‥‥まさしく“焼け太り”である。‥‥ 

    ‥‥原発はキャッシュの源泉だったのだ。‥‥

    (2011年3月25日週刊ダイヤモンドから抜粋)

    参考
    原発推進組織の資金源としての電気料金
    公的な領域(つまり国)に送電線を返して欲しい

    原発見直しの動きが広がる

    上関原発の準備工事中断 中電
    福島第一原発事故、川内原発増設への影響必至
    串間原発住民投票 市長が見送り表明
    伊勢市長、中電に浜岡原発の稼働停止求める
    浜岡原発、安全対策見直し要求−−知事
    米子市議会 プルサーマル中止要望
    電力各社:原発計画の見直し必至
    東芝や日立など原発関連売り止まらず、福島緊迫−海外で見直し動き
    スイス、原発計画を当面凍結 「国民の健康が最優先」

    ドイツで原発廃止デモ 25万人参加
    メルケル独首相、国内原発の稼働延長を凍結 福島原発事故を受け
    ドイツ首相「敗因は福島原発」 州議会選で連立与党敗北
    オバマ政権のエネルギー政策、日本の原発被災で見直し求める声
    イタリア、原発再開計画1年間停止へ
    イタリア、原発再開を無期限凍結 反原発ムードに機先
    ロシア 原発政策見直し論急増
    原子力政策見直し、枝野官房長官が理解示す
    経済産業省は、向こう20年間で国内に原子力発電所を14基以上増設することなどを盛り込んだ「エネルギー基本計画」の見直しについても検討を進める方針

    参考
    原発「津波に耐え素晴らしい」経団連会長が発言
    「フクシマ」で原発政策を転換しない日本
    廃炉は明言避ける−東電副社長
    これからの原発政策について聞かれた保安院 「災害に強い原発を作り」と明言
    与謝野経済相「原子力の利用は避けて通れない道」
    災害に強い原子力発電所づくり (新潟県中越沖地震の際の東電メッセージ)

    日本の原子力発電が止まらない理由(動画)
    田中優×小林武史 緊急会議 「今だからこそできる話がある」送電線を電力会社が全部押さえていたら、つまり風力発電や太陽光発電を作るといっても分配はみんな電力会社に決められてしまうわけだったんですね。テレビコマーシャルなどで「原発はいいものだよ」とPRするたびに、それも経費として3.5%利益としてとれる。その結果、あらゆるメディアは電力会社にビビって、電力会社の意向に逆らうことだけは言えなくなった。
    高価な原子力発電所を建てても、利益は保証される仕組みになっているのです。 ここから言えるのは、電力会社には経営外圧がかからないシステムになっていて、採算の悪い投資を行っていても決して赤字にならないようになっている、ということです。
    原子力安全・保安院と経産省を始めとする原子力推進ロビーに支えられ「奢り高ぶった」企業の体質が、原発内の事象や技術報告の隠蔽を生み出した温床ではないか
    東京電力にも元官僚がたくさん天下っている。政治家や国民を無視することに慣れ、また質問に答えるより命令を下すことに慣れた人々だ。
    反原発なので逮捕されたとも言われている佐藤栄佐久元福島県知事インタビュー
    失敗するトップの"7つの習慣" 習慣その1 自分と会社が市場や環境を"支配している"と思い込む 習慣その2 自分と会社の境を見失い、公私混同する 習慣その3 自分を全知全能だと勘違いする 習慣その4 自分を100%支持する人間以外を排斥する‥‥
    「日本の放射線防護政策は、何より原子力産業の保護を優先する」として、原発作業員が白血病などを発症しても、めったに労災と認定されないと批判。
    隠された被爆労働〜日本の原発労働者「沈黙をお金で買われている姿でありまして、原発を受け入れている地域は民主主義が破壊されている。」
    日本のマスメディアが原発報道をスポンサーに気遣い 自主規制していると痛烈に批判
    原発事故報道にみる、「報道しない」という手口
    マスコミは「原発タブー」から覚醒してほしい
    郡山市長の廃炉の訴え 福島原発の「廃炉」を求める有志の会(署名のお願い)
    日弁連「原子力発電所の新増設を停止し、既存の原子力発電所については、電力需給を勘案しつつ、危険性の高いものから段階的に停止すること。」
    福島第一原発昨年も同様な事故
    原発震災 原発を全部止めたら?
    もんじゅ性能試験工程を疑問視
    エネルギー問題に関しては、「技術が解決してくれる」という楽観的な見方もある。歴史は、高度な複雑化が逆に文明崩壊の引き金になることを教えている。
    人類は、核分裂や核融合によって太陽のエネルギーを使いこなすのには向いていない
    地震と津波に弱い原発の9割が日本にある
    原子力発電はピークオイルから日本を救えるか
    原発は温暖化防止に役立つか

    自然エネルギーを加速させる世界と立ち後れる日本

    石油が入らなくなるや(原発)冷却のコストを払えなくなる

    ‥‥この度の大惨事から学ぶべきことは、たとえ原子炉の稼働を正常に停止した後でも、冷却のためのコストを払い続けることができなくなれば、放射性物質が飛散する大惨事を招き得るということである。今すぐ日本全国津々浦々にある原子力発電所を段階的に全廃する方向に舵を取らないと、十分な石油が手に入らなくなるや、ヒトが住めない国土になってしまうだろう。
    (2011年3月23日shiftm.jから抜粋)

    参考
    原子力発電はピークオイルから日本を救えるか?
    石油を使わない時代の人々に長期間の冷却と放射能の監視が必要な放射性廃棄物を押し付けることは無理

    オール電化住宅、普及裏目‥‥原発2基分の消費増
    東京電力が、給湯や調理などすべてを電気でまかなう「オール電化住宅」の普及を推進してきたことが、今回の電力不足に拍車をかけている。この3年間で戸数が倍増し、最大で原子力発電プラント2基分にあたる約200万キロ・ワット分の電力消費能力が増えた可能性がある。東電は、東日本巨大地震後、計画停電をせざるをえない状態で、オール電化の普及策は抜本的な見直しを迫られている。‥‥ ‥‥「原子力は発電時に二酸化炭素を排出せず、地球温暖化の防止につながる。省エネにもなる」とアピールし、電気料金の割引を適用してきたが、急速な普及策が裏目に出た形だ。‥‥
    (2011年3月23日読売新聞から抜粋)
    歴史的な日!太陽光発電が原発を超えた ドイツ
    まさにドイツにおいて歴史的な日。太陽光発電の発電量が、はじめて、原子力発電を超えました。2011年3月22日12時30分(ドイツ時間)のことです。 ソーラーテクノロジー(株)<Die SMA Solar Technology AG (SMA)>(※1)によると、電力供給網への太陽光発電からの供給容量が12,1GWに達しました。現在、供給網につながっている9基の原子力発電所の出力は、12GW。 1993年当時電力大手が予測したのは、長期的にも、太陽光、水力、風力は、電力需要の4%以上をカバーすることはできないだろう、というものだった。‥‥
    (2011年3月22日Web マガジン「Klimaretter.info」から抜粋)
    原発危機が気候変動問題にもたらしうる二つの前途
    ■危ぶまれる化石燃料への逆行  これによる日本を含む世界のエネルギーの不足分は、短期的には化石燃料で穴埋めされると他の専門家は予測する。ロンドンに拠点を置くエネルギー問題コンサルタント、世界エネルギー研究所のアナリスト、ジュリアン・リー氏は「日本の原子力産業の破たんは、石油やガスによる発電への依存が高まることを意味する」と指摘する。‥‥
    ■再生エネルギーへの転換が加速する可能性も  他方、原子力エネルギーに対する投資が減速する分、リーマンショックで歯止めがかかっていた再生エネルギーへの投資に資金が流れ込むかもしれない。先の英バークレイズのマドラーニ氏は「今後数年間、風力エネルギー、太陽エネルギーへの需要が年間10%ずつ増加する見込みがある」と言う。同氏は、メキシコ湾の原油流出事故以降の石油価格高騰や、石油採掘にかかるコスト増なども追い風要因に挙げる。‥‥
    (2011年3月15日AFPから抜粋)
    グリーンランドや南極で氷床の縮小が加速、国連の海表面上昇見通しが甘過ぎる

    グリーンランドや南極大陸で氷床が縮小するペースが速まっており、国連の海表面上昇見通しが甘過ぎることが示唆されている、との調査を米航空宇宙局(NASA)の研究チームが発表した。 ‥‥
    (2011年3月9日ブルームバーグから抜粋)

    参考
    グリーンランドの氷床融解、2010年に過去最大を記録
    グリーンランドと南極で進む氷河の薄化、衛星画像で明らかに
    南極大陸西部やグリーンランドの氷床が溶解した場合の影響について
    南極の氷の減少、規模・速さ予測を上回る
    南極で巨大氷山衝突:海洋循環への影響

    魚の乱獲損害、世界で3兆円 カナダの大学試算

    過去約50年間、主要な魚種のほぼ半分で乱獲が進んでおり、乱獲をせずにきちんとした資源管理が行われていれば、2004年の世界の漁獲量は約1千万トン多かったはずだとの試算結果を、カナダ・ブリティッシュコロンビア大の水産学センターのグループが9日までにまとめた。 ‥‥
    (2011年3月9日共同通信から抜粋)

    参考
    警告!「海洋生態系の"ティッピング・ポイント"が近づいている」
    50年までに漁業不可能の恐れ 国連環境計画
    「40年で天然海産物が無くなる」:深刻な魚の激減
    海のエコラベル認証漁業が地球環境大賞
    海水の酸性化、急速に進行(最近2千万年の中で最も変化が激しかった時に比べても100倍) 50年には今の2.5倍に

    もはや従来の「資源ナショナリズム」ではない?  流通過程でも起き始めた原油や穀物の"囲い込み"

    ‥‥中国やインド、ブラジルなど、多くの人口を抱える国が工業化の段階に入り、庶民の所得水準が大きく上昇し始めた。所得が増えると、人々がまず、「おいしいものを食べたい」「きれいなものを身に着けたい」と思うのは人情だ。 一挙に需要が盛り上がると同時に、おカネの価値が下落する。経済のパラダイムが、デフレからインフレへとシフトするのである。 しかも問題は、シフトの速度が速いため、その潮流についていけない国が出てくることだ。その一例が、足もとのアラブ諸国で今起きていることに他ならない。‥‥
    (2011年3月8日DIAMOND onlineから抜粋)

    参考
    産油国における国内消費が増えていけば、世界市場に出回るアブラの量は相対的に減ってしまう
    枯渇性資源の問題は、まず持たざる国から政府を追い詰めていく
    中国の原油備蓄わずか10日分、中東情勢に緊迫
    ルービニNY大教授:原油140ドルなら一部先進国・地域は二番底に
    レスター・ブラウン氏「2011年の大食料危機」
    近づく飢饉の足音 再び始まった食料高騰
    限られた食料が奪い合いになり、中国などに買い負ける時代が来るかもしれない。いつまでも輸入できる保証はない。
    気候変動は既に世界の食糧供給の安全に影響を及ぼしており、行動を起こさない限り、その状況は悪化するだけだ
    自然農法で、途上国の食料収量倍増も=国連
    日本の政財界の指導者たちは皆、北アフリカおよび中東の 情勢を注意深く見守っている。しかし、彼らにできることといえば、反体制デモが平和裏に収束してくれることを祈るくらいしかないのだ。
    リビア 政権側と反政府側との衝突続く 原油生産量が3分の1以下に落ち込む

    停滞深刻、日本の風力発電 昨年、中国の75分の1

    昨年1年間、日本で新たに建設された風力発電の容量は22万1千キロワットで、最も多かった中国の約75分の1にとどまったことが、業界団体でつくる「世界風力エネルギー協会(GWEC)」の調査で7日、分かった。  地球温暖化対策や石油代替エネルギー源として世界各国で風力発電の建設ラッシュが続き、総容量は前年比22・5%の伸び。日本はここでも約10%と世界平均の半分以下で、立ち遅れは鮮明だ。‥‥
    (2011年3月7日中日新聞から抜粋)

    参考
    風力発電失敗は国のせい? 自治体職員「運営力」の欠如
    全量買い取り、産業界が異論 「再生可能エネルギー」政府方針で
    「自然エネルギー自給率」が10%以上なのは全国に7県あった。
    英国政府が、とてつもない規模の風力発電計画
    自然エネルギーを加速させる世界と立ち後れる日本

    サウジ、抗議デモや行進を禁止 内務省が阻止警告

    サウジアラビア内務省は5日、全ての抗議行動やデモ行進を禁止、秩序を混乱させる企てに対しては、あらゆる手段を講じて治安部隊が対応すると警告する声明を国営テレビで出した。ロイター通信が伝えた。‥‥
    (2011年3月5日共同通信から抜粋)

    参考
    サウジ、ここ数年で最大の試練に直面―11日は「怒りの日」抗議へ
    サウジ東部でシーア派住民デモ 聖職者解放など要求
    サウジアラビア以外は増産余力はゼロ
    サウジアラビアにすべての命運を託している事態は異常だ
    日本の原油輸入 中東への依存度は87% 外交青書2010
    米国の原油輸入 2009年の対サウジ依存度が35%も減少
    中東民衆デモ「新政権アメリカ離れ」で日本深刻
    日本は「軍事パートナー」失格だ
    サウジアラビア王室が庶民の声を力で押さえ込むのか、あるいは要求を受け入れるのかで中東情勢が大きく変化する可能性
    原油価格急騰で世界経済はどうなる 政情不安がサウジに飛び火すれば 未曾有の原油高で最悪スタグフレーションも
    エネルギー問題は、もともとピークオイルという根源的な部分が十分に議論されないまま、将来的なエネルギー供給に不安を抱えたまま推移しているわけで、その状況下で起こっている目下の中東の動乱は強い脅威である。

    そこで伺います。知事は国際機関IEAの2006年ピークオイルの追認評価をどのように受け止められますか。
    ‥‥そこで伺います。 知事は国際機関IEAの2006年ピークオイルの追認評価をどのように受け止められますか。知事はピークオイル問題への注意を国に対して喚起するおつもりはありませんか。‥‥
    (2011年3月5日ん!-ピークオイル時代を語ろう-から抜粋)
    もんじゅ性能試験工程を疑問視 県会特別委 「徹底調査を」

    福井県議会は1日、原子力発電特別委員会を開いた。高速増殖炉「もんじゅ」(敦賀市)で昨年8月、原子炉容器内に炉内中継装置が落下したトラブルに関して委員から、日本原子力研究開発機構が2011年度内に性能試験を再開するとしている工程を疑問視する意見が相次いだ。各委員はトラブルの徹底的な原因究明と対策を求めた。‥‥
    (2011年3月1日福井新聞から抜粋)

    参考
    高速増殖炉「もんじゅ」課長が自殺
    技術的常識に従えば本格運転も廃炉措置もできない袋小路に追い込まれた
    事故の重大性を指摘する発想は一切なく、儲かればいいとばかりに駆け引きの道具になってしまっている。なぜ、ここまで知的堕落が進んでしまったのか。もんじゅを”封印”しても原子炉内にはプルトニウムを含んだMOX燃料と放射能を浴びた大量の液体ナトリウムが残る。それを永遠に管理することなどできはしない。
    これまで全く経験がない引き上げ作業が本当に無事済むのか、過去の失敗の数々からも疑わしいと思います。
    高速増殖炉開発の歴史は事故の歴史 主要先進国はすべて増殖炉開発に見切りをつけて中止
    エネルギー問題に関しては、「技術が解決してくれる」という楽観的な見方もある。歴史は、高度な複雑化が逆に文明崩壊の引き金になることを教えている。
    残された研究はますます費用を要するようになり、解決も困難になって、わずかばかりの知的前進となる傾向がある(pdf)
    高速増殖炉開発の歴史は、ナトリウム技術の困難とその対策による経済的不成立を立証(pdf)
    核原料国際会議(IPFM)「失敗した「高速増殖炉」は長期原発廃棄物処分問題の解決にはならない」
    ストップ・ザ・もんじゅ 吉永小百合さんのご協力を得て、ビデオ『もんじゅ―問われている叡知』を自主制作し‥‥
    情報公開で出てきた3年間の資料だけで、約1億5000万円もの「研究開発費」を接待に流用
    原発推進組織の資金源としての電気料金
    民主主義に隠された官僚独裁主義
    もんじゅ - Wikipedia 高速増殖原型炉もんじゅへようこそ
    もんじゅ、装置引き抜き手順了承

    サウジ増産でも1バレル150ドルの恐怖

    原油価格の高騰を食い止めるためにサウジアラビアが増産を発表したが、既に生産量はほぼ限界に達しているとの見方も‥‥ ‥‥「リビアの減産を補えるのはサウジアラビアだけだ。サウジアラビアにすべての命運を託している事態は異常だ」‥‥
    (2011年2月28日Newsweekから抜粋)

    参考
    世界は新たな石油危機に対処するには厳しい状況にある。
    野村ホールディングス リビアとアルジェリアが原油輸出を停止した場合、原油相場が220ドルまで急騰する可能性
    ピークオイルの考え方がゆっくりと浸透する中、抜本的なエネルギー改革を我々自らがやっていかなくては抜き差しならない時節に入っていることは確かだ。カダフィ大佐だけに原油高騰の原因を押し付けるのは誤りだ。
    サウジアラビア石油埋蔵量は40%誇張されていた
    NY原油、100ドル突破 広がる中東不安 サウジ増産も効果なく
    FAOの食料価格指数、8か月連続上昇 最高値更新
    食料高騰や不均衡是正に打つ手なし 主導する国不在の世界経済危機
    韓国で深夜の消灯令、中東情勢による原油高騰で
    原油価格急騰で世界経済はどうなる 政情不安がサウジに飛び火すれば 未曾有の原油高で最悪スタグフレーションも
    エネルギー問題は、もともとピークオイルという根源的な部分が十分に議論されないまま、将来的なエネルギー供給に不安を抱えたまま推移しているわけで、その状況下で起こっている目下の中東の動乱は強い脅威である。

    幻に終わるか、「第2東電」構想

    ‥‥政府の自然エネルギー政策の混乱もあり、国内の風力やバイオマスなどの発電所を運営する企業のなかには、厳しい経営を強いられているケースも多い。確実に「CO2ゼロ電力」の需要はありながら、供給側とのミスマッチが続いている。両者をつなぐ役割を期待されていた日本卸電力取引所に設けられたグリーン電力の取引市場は、開設された2008年11月以来、取引実績ゼロが続いている。‥‥
    (2011年2月28日日経から抜粋)

    参考
    日本卸電力取引所におけるグリーン電力等の卸電力取引の開始について

    TPPは「社会的共通資本」を破壊する 宇沢弘文氏

    ‥‥宇沢氏は、TPPが謳う無条件の自由貿易は、各国が持つ固有の社会状況を無視して、全ての国を同一のルール上で競争させることを前提とするもので、これは社会的正義に反すると主張する。‥‥
    (2011年2月26日ビデオニュースドットコムから抜粋)

    参考
    【特別寄稿(上)】菅政権のめざすことと、その背景 宇沢弘文・東京大学名誉教授、日本学士院会員
    「お金よりも環境の整備」数学的に証明される事実として

    温室ガス、途上国と共同で削減 政府が国連に提案へ
    政府は25日、温室効果ガス削減を進めるため、2013年以降の地球温暖化対策の枠組みについて新たな提案をまとめた。国連機関の承認を得ずに先進国と途上国の二国間だけで進める削減策「二国間クレジット」を、国連の温暖化対策として認めてもらうのが狙い。近く国連に提出する。‥‥
    (2011年2月26日asahi.comから抜粋)
    2050年には地球上のほぼすべてのサンゴ礁が失われる恐れ
    世界のサンゴ礁の75%が環境破壊や地球温暖化によって消滅の危機にあるとする研究結果を、国連環境計画や世界資源研究所などの国際研究チームが23日、発表した。  このまま温暖化が進めば2050年には地球上のほぼすべてのサンゴ礁が失われる恐れがある‥‥
    (2011年2月24日共同通信から抜粋)
    2度目標なら40年代に化石燃料排出ゼロに 今後10年間で気温の上昇傾向が再び顕著に

    地球温暖化対策の国際交渉などで目標に掲げられる将来の気温上昇を産業革命前に比べて2度未満に抑えるためには、少なくとも40年代に石油など化石燃料からの排出量をほぼゼロにする必要があることが、海洋研究開発機構などの研究で明らかになった。今後10年間で気温の上昇傾向が再び顕著になることも判明した。‥‥
    (2011年2月24日毎日jpから抜粋)

    参考
    世界は20年以内に、気温上昇を摂氏2度以下に抑えるための許容排出量を使い果たしてしまう。
    2℃が限界?! 地球温暖化の最新情報
    2℃を超えると、2050年の時点で世界の人口のうち約30億人が危機にさらされる
    2度以内に抑えるには、先進国は1990年比で2020年までに25〜40%削減することが必要だ。
    これまでと同じようにエネルギーを大量消費するインフラが増えて行けば、一部の設備を早期に停止しない限り、目標の“2度”達成は非常に困難になるだろう。つまり、今後10年間がすべての鍵を握る

    原油が100ドル超えて推移すれば危機再発の恐れ=IEA事務局長

    ‥‥田中事務局長は国際エネルギー・フォーラムでロイターに対し「われわれは状況を非常に懸念している。原油の安定供給に対するリスクだ」と指摘。‥‥
    (2011年2月23日ロイターから抜粋)

    参考
    緊迫する中東情勢
    NY原油、一時100ドル台 2年4カ月ぶり高値
    野村ホールディングス リビアとアルジェリアが原油輸出を停止した場合、原油相場が220ドルまで急騰する可能性
    混乱極めるリビア情勢、石油危機に発展も
    地政学的緊張の高まりが持続すれば、生産能力拡大に向けた中東への追加投資が阻まれるのは確実とみられる
    貿易赤字:1月は4714億円‥‥輸出鈍化や資源高で
    日銀副総裁、食料・資源高の影響「予断許さず」
    民主的な政権が生まれても、食料の高騰が収まらず、空きっ腹をなんとかしない限り、ふらふらと足下が定まらない状態は続くだろう。
    世界各国の政府:食糧備蓄を拡大か、補助金増額も−商品トレーダーら
    北朝鮮で停電や食料不足に怒った住民がデモ
    インドで数万人が抗議デモ 食料高騰と汚職に不満

    楽園「死んでしまう」/上関原子力発

    ‥‥土砂を入れられたら生物が死んでしまう。浅い所ほど貴重な生きものが多く、ショックだ。生物多様性の議論がある中で埋め立てを強行するのはあまりに性急ではないか‥‥
    (2011年2月22日asahi.comから抜粋)

    参考
    現地からのライブ配信
    「疲れたとは言わない。命はってる」上関原発で海の埋め立て再開(動画ニュース)
    原発予定地の埋め立て本格着工 反対派ともみ合い
    もみ合いの写真 埋め立て工事を再開した台船写真
    上関原発を建てさせない祝島島民の会 上関みらい通信 
    ストップ!上関原発! 上関原子力発電所
    虹のカヤック隊 リポート カヤック隊の若者達の思い 琉球朝日放送(動画ニュース)
    世論に対して強行に政策実現できる体制が、推進派と反対派の対立を作り出し、とその狭間で地域住民の存在基盤である共同体をことごとく破壊してきたというのが日本の原子力開発の大きな流れ
    民主党原子力政策・立地政策PTの上関原発に関する議論の議事録の写しを入手した。 これを見ると、エネ庁って、ホント大丈夫か?
    「ミツバチの羽音と地球の回転」日本とスウェーデンの違いはいったいどこにあるのでしょうか?
    「反原発」の島、エネルギー自給率100%構想
    原子力発電はピークオイルから日本を救えるか 原発は温暖化防止に役立つか
    日本のマスメディアが原発報道をスポンサーに気遣い 自主規制していると痛烈に批判
    原発事故報道にみる、「報道しない」という手口
    マスコミは「原発タブー」から覚醒してほしい
    上関町・祝島で、反対派の住民とその支援者たちが、中国電力を相手に声を枯らし、体を張って抵抗していることは、日本に暮らす私たち全員に突きつけられた、後回しにできない大問題なのである。
    上関原発計画 社民・福島党首が中電に凍結要請
    モラトリアム・カミノセキ 記者会見
    原子力委員会では、新たな原子力政策大綱を策定するにあたり、我が国の原子力政策に対する国民の皆様からのご意見を募集します。 ご意見の募集要領はこちらです。

    自然エネルギーを加速させる世界と立ち後れる日本
    風力や太陽光発電を巡る世界の動きが加速している。2010年の速報によると、世界の風力発電は累積設置容量で、急成長する中国が米国を抜いて世界一になった。太陽光発電の分野でも、トップを行くドイツが10年の1年間で発電能力を70%も伸ばした。「環境大国日本」は過去の話。今、行動しないと世界から置き去りにされることになる。‥‥
    (2011年2月22日ECO JAPANから抜粋)

    参考
    EU、2050年まで再生可能エネルギーに完全移行
    ドイツ政府の諮問機関、「2050年までに100%再生可能電力の供給は可能」
    英国政府が、とてつもない規模の風力発電計画
    世界のスピードについていけない日本の再生可能エネルギー
    再生可能エネルギーだけでやっていけるでしょうか?

    サウジアラビアの出荷量が落ちて、OPEC石油輸出は2%減少 地元消費が増大
    ‥‥石油輸出国機構による総輸出量は、アルジェリアとアラブ首長国連邦を除いて、日産387,000バレル〜1940万バレル落ちたと、Joint Data Initiativeのウェブサイトが本日示しました。‥‥ ‥‥「サウジアラビアがその月の間に地元でまる232万バレルを消費したかどうかは明らかでありません、しかし、明白なことは地元消費の増大が際立っているということです」‥‥
    (2011年2月20日bloombergから抜粋)

    参考
    産油国における国内消費が増えていけば、世界市場に出回るアブラの量は相対的に減ってしまう
    枯渇性資源の問題は、まず持たざる国から政府を追い詰めていく
    サウジアラビア石油埋蔵量は40%誇張されていた

    日本が産油国になる日

    石油の需要に供給が追いつかなくなり、価格が大幅に上昇する"ピークオイル"が間近に迫っていると言われる中、藻類が作り出す油を大量生産する研究が進んでいます。‥‥ ‥‥従来有力とされてきた「ボトリオコッカス」と比べ、油を10倍以上の効率で作り出せるという「オーランチオキトリウム」を発見した、日本の微細藻類研究の第一人者、筑波大学大学院生命環境科学研究科の渡邉信教授にロングインタビュー。‥‥

    日本の年間原油輸入量約2億tを賄うには
    培養施設2万haで可能となる計算
    日本の耕作放棄地39.6万haの約5%

    ‥‥4%しかエネルギー自給率がないわけですから。それなのになぜこんなに危機感がないのか。。ほんとに不思議に思いますけどね。‥‥なぜなのかなってときどき思うんですけど、、それでもなおかつですね、こういう状況でやはり日本を想い、そして日本が世界に先んじて技術開発を行って、そして世界の平和の中心になって貢献していくと、こういう姿を今夢見てるんですけどね。‥‥

    (2011年2月19日未来の人類に生命あふれる地球を残そう!から抜粋)

    参考
    日本を産油国にする「藻」 生産効率10倍の品種を発見、商業化へまた1歩
    オーランチオキトリウムが、日本を産油国にする
    生産能力10倍 「石油」つくる藻類、日本で有望株発見
    これまで発見された藻類から抽出できる油は1ヘクタール当たり年間約140トンほどだったが、「オーランチオキトリウム」はその10倍から12倍の生産量が期待できる。
    国内の耕作放棄地などを利用して生産施設を約2万ヘクタールにすれば、日本の石油輸入量に匹敵する生産量になる
    日本が産油国になっていくということは計算上、十分可能です。
    「休耕田畑を油田に」−藻類でバイオ燃料生産、CO2排出半減視野に

    豪雨や洪水、温暖化で増加 実際のデータで裏付け

    人間の活動によって大気中に排出された温室効果ガスが、豪雨や洪水が起きる危険性を高めたとする研究結果を、カナダや英国、日本の国立環境研究所などのチームが実際の気象データを用いた解析でまとめ、17日付の英科学誌ネイチャーに発表した。‥‥
    (2011年2月17日共同通信から抜粋)

    参考
    ある地域に大洪水が起きる一方で、別の地域が干ばつに見舞われるなど、気候の“二極化”がますます進行する
    北半球陸域の大部分での非常に激しい雨の発生率に、温室効果ガス増大が統計的に有意な影響を及ぼしていることを見いだした。
    気候変動によって極端になると言われる大雨や砂漠化の現象が海洋上でもすでに起きている

    地球温暖化研究では従来用いられていなかった非常に水平方向に細かい格子を持つ大気モデルを使用し、極端な気象現象の正確な予測を行う。

    安い食料の時代は終わった FAOのニュースレターが指摘

    ‥‥穀物だけでなく、大豆、砂糖、綿花など広範な農産物価格が上昇しているため、個々の農産物の作付拡大の余地は限られてくるし、また天候不順による減産など供給側のショックがある場合は、さらなる価格高騰のおそれもあり、今年は食料の需給や価格動向に警戒を強める必要がある――と強調した。
    (2011年2月17日JAcomから抜粋)

    参考
    食料高騰や新興国インフレがリスク G20、懸念表明へ
    コメ31%牛肉46%高騰、20年農水省試算
    IMF、食料価格高や公的財政によるリスク増大を警告
    日本の消費者物価において、食料は26%と大きなウェイトを有する。これは韓国(27%)、台湾(26%)に匹敵する高さだ。米国、ユーロ圏がいずれも14%であることを考慮すると、日本の高さが実感できよう。

    両生類の絶滅急速に進む 100種中、確認は4種
    絶滅が心配されているカエルなど、21カ国で100種類の両生類の生息状況を確認する大規模調査で、見つかったのはわずか4種類だったと、調査の中心になった環境保護団体、コンサベーション・インターナショナル(CI)が17日、発表した。‥‥
    (2011年2月17日共同通信から抜粋)
    CO2「90年比25%削減」は達成可能だ=小宮山宏
    私は、約1年半前から日本が2020年までに90年比で二酸化炭素(CO2)など温室効果ガス排出量を25%削減する目標は適切であると主張している。民主党政権の迷走もあり、あたかも荒唐無稽(むけい)な目標とみる人もいるが「日々のくらし」での排出を削減すれば十分、達成可能である。目標とする年は着実に近づいており、スピード感を持って取り組まないと手遅れになる。あらゆる力を結集し、具体的行動を取るべきだ。‥‥
    (2011年2月17日毎日JPから抜粋)

    参考
    自立国債で太陽光発電 東大前総長の未来提言
    東大元総長小宮山氏がFDCを立ち上げ、スマートシティプロジェクトを推進

    エクソン、シェルともにピークオイルが見えてきたこと、あるいはすぐにもそうなることを基本的に認める
    ‥‥ピークオイルがすでにあるいはまもなくやってくるとピークオイル研究者がずっと言ってきたことに、大手石油会社が(地味ではあるが)いかにして公に同調することになったか。ウォールストリートジャーナルは、エクソンモービルが新しい石油を見つけるのにどんなに苦労しているか浮き彫りにしています。‥‥ (仮訳なので原文にあたってください)
    (2011年2月16日Treehuggerから抜粋)

    参考
    エクソンは新しい石油を見つけるのにもがいている。
    シェル報告 ピークオイルは今あるいはすぐ
    シェルがピークオイルを警告

    TPPで大騒ぎは日本だけ

    ネットで日本のメディアをみると毎日のように“TPP”という言葉が出てくる。いつのまにか首相の公約になっていて、混迷極める政権の命運がかかった政策の一つになっているようだ。私が知る限りにおいてだが、アメリカでは経済番組でも一般ニュースでも“TPP”という言葉に出会ったことがない。私が在籍するエール大学はじめニューヨークやボストンのアメリカ東海岸の知識人層の間でもTPPの意味がわかる人に出会ったことがない。‥‥
    (2011年2月15日DIAMOND on lineから抜粋)

    参考
    異様な「TPP開国論」歴史の連続性を見抜け 内橋克人氏講演会

    グリーンランドの氷床融解、2010年に過去最大を記録

    米国のニューヨーク市立シティカレッジは1月21日、2010年のグリーンランドの氷床融解が過去最大規模で、今後数十年に予想されている海面上昇の主因となるだろう、と報じた。‥‥
    (2011年2月15日日刊温暖化新聞から抜粋)

    参考
    グリーンランドの「氷の島」分離、地球温暖化の警鐘
    グリーンランドと南極で進む氷河の薄化、衛星画像で明らかに
    南極大陸西部やグリーンランドの氷床が溶解した場合の影響について

    「氷の無い北極」に備える各国の軍隊
    グリーンランドとスバールバル諸島の間の海氷面積、過去800年間で最小
    約十万年前以来、北極海2航路の氷消滅
    地球温暖化という危機でさえも欲望達成の手段にしようとする人類

    産油国における国内消費が増えていけば、世界市場に出回るアブラの量は相対的に減ってしまう

    ‥‥サウジではアブラと天然ガスが国内のエネルギー需要をほとんどすべてまかなっており、ここ数年その消費が急激に伸びていることがこのグラフから分かります。‥‥ ‥‥国内のエネルギー消費は前年比4.2%の伸びです。先のロイター電はOPEC諸国の電力需要の増加を年率8%としています。こんな伸び率が9年続けばエネルギー需要は倍増してしまいます。‥‥ ‥‥主流のメディアが「アブラ輸出の崩壊」を取り上げるのは珍しいことで、それなりに評価しなければなりませんが、この計算はかなり楽観的です。国内消費の伸び、そして、現在稼働中の油田の生産の鈍化についての見方がきわめて甘いと思います。たとえこうした楽観的な読みが当たってたとしても、需要と供給が著しく逼迫した状態ではこれだけの量が市場から消えてしまうことは大問題です。オイルピークは生産が頭打ちになるということですが、その影響は玉突き式に社会の隅々にまで波及します。「輸出の崩壊」はその一例に過ぎません。‥‥
    (2011年2月14日THE JOURNALから抜粋)

    参考
    毎年10%拡大するサウジの電力消費の急拡大がサウジの原油輸出の脅威になっている。
    日本の輸出依存度は上から58番目 本当は貿易だけで食べて行けない?今後、世界中の資源価格がエネルギー多消費型の新興国の成長によって高騰していくと、日本の交易損失は膨らみやすくなる。
    ‥‥金になるのであれば、枯渇性資源は「政治的物資」として、戦略的に使われるようになる。‥‥ただ、そうやって政治戦略化にしている間は、まだ文明には余裕があるということだ。本当に枯渇性資源が枯渇してしまったらそんなゲームすらできなくなる。 持てる国はもはや絶対に輸出しない。自国が生き残るために他国を犠牲にするようになる。そもそも、自国内でも限られた資源を求めて国民同士が奪い合い‥‥
    すべての油井が枯渇するずっと前に、国際的な市場で石油を買い付けることができなくなって、輸入国は寒い外に置き去りにされるということを意味します(日本語訳あり)
    エネルギー自給率3290% !! 日本にもあるエネルギー永続地帯って何?
    都道府県別自然エネルギー自給率

    原子力発電はピークオイルから日本を救えるか? 日本はエネルギー安全保障の時限爆弾の上に座っていることになるかもしれない。

    国際エネルギー機関を含む複数の団体が最近発表した、世界の石油産出量がピークに近づいたことに関する声明が正しいとすれば、日本はエネルギー安全保障の時限爆弾の上に座っていることになるかもしれない。 最も懸念されるのは、この時限爆弾は最短では2015年に、可能性として高いのは石油危機が起こると予測される2020年より前に爆発するかもしれないという点だ。‥‥ ‥‥ここで指摘すべき重要な点は、原子力発電所の設計、建設、操業には何十年という時間と、非常に多くのエネルギーが必要だということで、日本も、そして他のどの国も、時間との競争を余儀なくされているのかもしれない。なぜならピークオイル以降の石油減耗率が、石油に代わる選択肢をどのくらい早急に見つけるべきかを決定する重要な要素だからだ。‥‥
    (2011年2月11日国連大学OurWorld2.0から抜粋)

    参考
    「オイル・クランチ」 (石油の需給逼迫)というのは、 石油の需要に供給が追いつかない状態で、 いわゆる「最後の石油危機」のことです。 それが、なんと、2015年には来るというので、 欧米ではその話で持ち切りです
    IEA(国際エネルギー機関)による400の大規模油田の減耗率評価の研究結果「生産増加のための特別な投資がなければ、自然な産出量の減耗率は年当たり9.1%となる」という。驚くべき数字だ。‥‥18ヶ月ごとに新たなサウジアラビアが必要となる
    原発、60年の長寿運転時代へ
    エネルギー基本計画を閣議決定 原発14基以上増設
    新たに建設するにしても、計画外の新規立地がなければ2010〜2040年の間に、原子力の比重は落ちて行きます。
    原子炉容器の寿命が尽きる時、原発は必ず現役引退しなければならない
    二つのピーク危機を同時に解決しなければならない
    在来型石油の生産量が2006年にピークを迎えた可能性が高い(IEA)
    フィンランドは世界で初めて永久地層処分場の建設を決定した国。埋設後10万年はその扉を開けてはならないというメッセージは未来の世代に伝わるのか。
    10万年消えない放射線 どうする?原発から出る核廃棄物
    イギリスで原発解体に今後必要となる費用はおよそ11兆円 負の遺産を解決できないまま今世界は原発の建設に舵を切り始めている
    石油を使わない時代の人々に長期間の冷却と放射能の監視が必要な放射性廃棄物を押し付けることは無理
    「ミツバチの羽音と地球の回転」日本とスウェーデンの違いはいったいどこにあるのでしょうか?
    「反原発」の島、エネルギー自給率100%構想
    民主党原子力政策・立地政策PTの上関原発に関する議論の議事録の写しを入手した。これを見ると、エネ庁って、ホント大丈夫か?
    楽園「死んでしまう」/上関原子力発
    原発は温暖化防止に役立つか
    世論に対して強行に政策実現できる体制が、推進派と反対派の対立を作り出し、とその狭間で地域住民の存在基盤である共同体をことごとく破壊してきたというのが日本の原子力開発の大きな流れ
    狭い国土にある日本でいわゆる自然エネルギーで賄うのは事実上不可能
    高速増殖炉開発の歴史は、ナトリウム技術の困難とその対策による経済的不成立を 立証し、ナトリウム炉を超えるはずの新概念の調査研究も、結局、ナトリウム炉に 帰って来てしまうだけの堂々巡りにすぎないことを示した。
    エネルギー問題に関しては、「技術が解決してくれる」という楽観的な見方もある。 しかしその場合の「技術」とは、往々にして「より複雑でより高度な技術」である。 ところが歴史は、高度な複雑化が逆に文明崩壊の引き金になることを教えている。
    再生可能エネルギーだけでやっていけるでしょうか?
    2050年までなら毎週1基が、送電を開始しなければならない
    毎年20の原子炉を積み増していくのは大変厳しいです。(「世界エネルギー展望2010」記者会見から)
    石油を「代替」できるエネルギーなど存在しない 原発も自然エネルギーも魔法の解決法ではない
    エネルギー自給率3290% !! 日本にもあるエネルギー永続地帯って何?

    異様な「TPP開国論」歴史の連続性を見抜け 内橋克人氏講演会

    ‥‥いま、日本の自動車は25%以上が海外生産です。日本経済がこういう日本型多国籍企業、私は「グローバルズ」と呼んできましたが、わずか百社ほどのグローバルズにおんぶしておれば、国内での雇用力は衰退し、高度失業化社会に至ること、目に見えています。完全失業者350万人、雇用調整助成金で辛うじて保たれている雇用が199万人。そのほかに「雇用保蔵」が600万人超(GDPの需給ギャップから推計)。表に出た数字からは想像もつかない大量失業の現実です。  誰が日本国内における雇用を守るのか。私は「ローカルズ」と呼んでおりますが、日本列島に固着して生きる中小企業、農業、そして協同組合などを措いてないこと、明らかなところでしょう。国内の地域社会に密着して生きていくほかにない日本人、そして地域に固着する社会的企業です。私たちはこれからますます“シンク・スモール・ファースト”(小さきもの、弱きものの利益から先に考える)という、ヨーロッパでは常識の思想性を深めていかなければならないと思います。‥‥
    (2011年2月8日JAcomから抜粋)

    参考
    TPPはトロイの木馬──関税自主権を失った日本は内側から滅びる
    「TPPに参加しないと日本は国際的に取り残される」‥‥タイタニックに乗り遅れるのは結構なことだ。
    自由貿易 コストばかり高くついて、いわれたような利益をもたらしていない。

    サウジアラビアの石油埋蔵量は40%誇張されていた。ウィキリークスが暴露

    リヤド大使館からの秘密公電は、石油価格を段階的に上昇するのを妨ぐのに十分な蓄えをサウジアラビア(世界最大の石油輸出国)が持たないかもしれないとアメリカが懸念していることを示す。公電(ウィキリークスが公開)は、石油埋蔵量が3000億バレル(ほぼ40%)誇張されたかもしれないとのサウジアラビア政府上級石油行政官の注意を深刻に受け止めるようワシントンに促している。‥‥ (仮訳なので原文にあたってください)
    (2011年2月8日ガーディアンから抜粋 他多数)

    参考
    どのような商売でも「良く見せかける」という宣伝は付き物である。しかし、石油は現代社会の土台のエネルギー資源だけに、ふつうの商品とは異なる。従って、偽りの生み出す混乱は計り知れない。
    ガーディアン紙の報道で暴露された外交電について、アル・フセイニがウォール・ストリート・ジャーナルで反論
    サウジアラビアの石油埋蔵量は過大評価と暴露
    サウジの水増し疑惑 サウジは産油量を維持するため、あれこれ手立てを尽くしているが、大規模プロジェクトで事故が続くなど、どこかヘンだ。日本の反応が鈍いのが気になる。
    米・流出外交文書でサウジの埋蔵量と生産能力に疑義

    サウジの原油埋蔵量、大幅に過大評価か 米外交公電
    ウィキリークス原文
    世界の石油生産の約40%を担うOPECが、予想以上に早く、余裕ある部分での生産能力を使わなければならない状況に入っている
    ピークオイル 想定が楽観的すぎる。サウジアラビアが生産量を倍増させるという想定など「?」である。
    石油生産がピークを過ぎた
    必要な生産量を維持するにはサウジアラビア4つ分の石油が必要だ。もし、今から2030年までに予測されている需要の増加を満たそうと思うなら、サウジアラビア6つ分の石油が必要になる
    サウジアラビアの石油省顧問は、石油需要のピーク論は真剣に考えねばならない問題であると述べ警鐘を鳴らした。
    2006年のサウジアラビアの石油生産は8%減産だった。「必死」 とも見えるようなボーリング作業を行っていながらの結果である。
    サウジアラビアの原油産出量が、政府の減産も何もないのに、2006年度、8%も原油出荷量が減った。
    2005年、サウジアラビアと世界が、同時に原油生産ピークを迎えていたのか
    投資銀行家が見たサウジ石油の真実
    サウジアラビアにある世界最大のガワール油田が枯渇しているようだ。
    産油量がピークに達していると思われる国は、サウジアラビア、メキシコと中国である。最も疑わしいのはサウジアラビアだ。
    サウジ国王、油田探索作業停止を要求
    実際はガワール油田も半分の自噴で簡単に採掘できる部分はほぼ枯渇してきており、横堀やタールサンドから採取しなければならない。それは2005〜2007年の間にピークが着ており、サウジ政府は正確な資料を出さない。
    世界の石油生産がいずれ到達する低迷期を遅らせるためには、今よりはるかに多くの石油が発見されなければならない
    非在来型石油、石炭、天然ガス燃料もその埋め合わせを行うことはできない。
    すべての油井が枯渇するずっと前に、国際的な市場で石油を買い付けることができなくなって、輸入国は寒い外に置き去りにされるということを意味します(日本語訳あり)

    金になるのであれば、枯渇性資源は「政治的物資」として、戦略的に使われるようになる。‥‥ただ、そうやって政治戦略化にしている間は、まだ文明には余裕があるということだ。本当に枯渇性資源が枯渇してしまったらそんなゲームすらできなくなる。 持てる国はもはや絶対に輸出しない。自国が生き残るために他国を犠牲にするようになる。そもそも、自国内でも限られた資源を求めて国民同士が奪い合い‥‥

    自治体が温暖化対策の中心に、全国66自治体が連携に向け集結
    ‥‥昨年の第16回国連気候変動枠組み条約締結国会議(COP16)の期間中に世界銀行が公表した「都市と気候変動 喫緊の課題」というリポートも、国単位ではなく、都市を中心に考える温暖化対策に注目している。ただし、全66自治体が参加した本会議は地域間連携を促すことを目的としているが、一足飛びにクレジット取引の相互利用まで実現できるものではない。まずは、計画書制度を運用し、事業者を巻き込んでいく必要がある。‥‥
    (2011年2月8日ECO JAPANから抜粋)
    英国政府が、とてつもない規模の風力発電計画を進めている

    英国政府が、とてつもない規模の風力発電計画を進めている。2020年までに7000基以上の洋上風力タービン(風車)を設置する計画である。英国の全消費電力の3分の1を賄い、世界中の風力発電企業の研究施設や製造拠点を集積させ、一大産業に発展させることを狙う。事業規模は約13兆円に上り、送電網の整備だけでも2兆円に達する。‥‥
    (2011年2月7日日経から抜粋)

    参考
    EU、2050年まで再生可能エネルギーに完全移行
    ドイツ政府の諮問機関、「2050年までに100%再生可能電力の供給は可能」
    世界のスピードについていけない日本の再生可能エネルギー
    再生可能エネルギーだけでやっていけるでしょうか?

    液体シリコンで薄膜太陽電池=火力発電並みに低い発電コストを実現できる可能性

    薄膜太陽電池を、液体シリコンを基板上に塗り広げて焼き固める方法で作ったと、北陸先端科学技術大学院大(石川県能美市)の下田達也教授らが7日発表した。世界初の研究成果‥‥ ‥‥安い材料を使い簡単な装置で作ることで、電力会社の火力発電並みに低い発電コストを実現できる可能性がある。‥‥
    (2011年2月7日時事ドットコムから抜粋)

    参考
    「石油」つくる藻類。日本の耕作放棄地の約5%で日本の石油輸入量に匹敵する生産量になる。
    エネルギー自給率3290% !! 日本にもあるエネルギー永続地帯って何?

    干ばつ深刻なアマゾン、CO2排出源になる危険性も 研究

    ‥‥「もっと頻繁に干ばつが起きるようになれば、アマゾンの熱帯雨林は、ある時点から、気候変動を遅れさせる貴重な場所から、温室効果ガスを排出して気候変動を加速させる主要な場所になるだろう」と警告した。
    (2011年2月7日AFPから抜粋)

    参考
    途切れた川、アマゾン干ばつ

    家電エコポイント、CO2削減試算ずさん 効果6分の1
    ‥‥環境省は廃棄に気づいた昨年7月から、内容について当時の担当者に複数回、聞き取り調査を実施。その結果明らかになった試算について「95年製を前提にした理由は不明。単一サイズしか考えなかったり、買い増しを想定しなかったり精密な計算ではなかった」としている。‥‥
    (2011年2月5日asahi.comから抜粋)
    再生可能エネルギー:2050年までに世界需要の95%に−WWF予想

    世界のエネルギー需要の95%は2050年までに風力、太陽光、地熱など再生可能エネルギーで賄われるとの見方を世界自然保護基金(WWF)とエコフィスが示した。‥‥
    (2011年2月3日ブルームバーグから抜粋)

    参考
    WWF『エネルギー・レポート』を発表 2050年までに100%再生可能エネルギーは実現可能!
    再生可能エネルギーだけでやっていけるでしょうか?

    小説で知るピークオイル

    ‥‥石油の供給が止まると、どこの国でも政府の緊急時対策案は役に立たないことが証明される。スーパーからは数日のうちに食料が消え、通りからは警察がいなくなる(彼らにも家族がいるのだ!)。当局ということになっている機関もみな、精錬所や発電所といった必要不可欠な財産を守ることでほぼ手いっぱいの状態だ。文字通り、誰もが自分のために、という状況になったのだ。 状況をさらに悪化させているのが、多くの場所でコミュニティーがもはや機能しなくなり、隣人に助けを求めることができないという事実だ。1週間のうちに、現代文明は崩壊する。‥‥ ‥‥ 小説を読んだ人々が、ピークオイル後の世界(それがいつ起こるかに関わらず)で新しい生活とどのように取り組むかをよく考えるようになることを願おう。小説に刺激を受けて、ピークオイルが現実のものであることについて考え始める人がますます増えれば、私たちみなが私たち自身のハッピーエンドを迎える可能性も高くなる。‥‥
    (2011年2月3日国連大学OurWorld2.0から抜粋)

    参考
    日本の場合は自暴自棄でした。東インド諸島から石油を略奪する以外の選択枝を考えなかったのです。

    穀物や原油が金融危機前の水準に、米悪天候やエジプト情勢受け

    穀物および原油価格は2日、米国の悪天候やエジプト情勢の影響で需給が悪化するとの懸念から上昇し、金融危機以前の水準をつけた。‥‥
    (2011年2月3日ロイターから抜粋)

    参考
    エジプトは原油純輸入国に転落する寸前 人口増加で食糧輸入が拡大すると、財政が破綻する可能性

    EU 再生可能エネルギー投資を2倍に引き上げる必要がある

    EU=ヨーロッパ連合は、風力や太陽光といった再生可能エネルギーの導入目標を達成するには、この分野への投資を現在の2倍に引き上げる必要があると明らかにし、加盟国に取り組みの強化を求めました。‥‥
    (2011年2月1日NHKから抜粋)

    参考
    EU、2050年まで再生可能エネルギーに完全移行
    世界のスピードについていけない日本の再生可能エネルギー
    再生可能エネルギーだけの未来は来るか

    世界同時不況でもCO2排出量が増加 米政府調査
    エネルギー関連の統計情報を提供している米エネルギー省エネルギー情報局は31日、ここ80年で最悪の世界同時不況にもかかわらず、温暖化ガスの世界全体の排出量は増加したというデータを発表した。‥‥
    (2011年2月1日AFPから抜粋)
    米大統領「2035年までに米国の電力の80%をクリーンエネルギーで生産する」

    ‥‥特にクリーンエネルギー関連技術に投資する。これらの投資は地球を守り、米国民に無数の雇用を生み出す。米国の科学者や技術者が結集し、クリーンエネルギーなどの困難な課題に重点的に取り組むならば、我々は現代の「アポロ計画」に投資する。2015年までに100万台の電気自動車を走らせる最初の国になる。現在、石油企業に支出している予算を廃止するよう議会に求める。2035年までに米国の電力の80%をクリーンエネルギーで生産する私の提案に加わるよう民主、共和両党に求めたい。‥‥
    (2011年1月26日毎日jpから抜粋)

    参考
    漂流する「グリーンニューディール」 米国の雇用対策から日本が学ぶこと
    EU、2050年まで再生可能エネルギーに完全移行
    世界のスピードについていけない日本の再生可能エネルギー
    再生可能エネルギーだけの未来は来るか

    食料・エネルギー急騰で、新興国で政権崩壊の可能性も

    ‥‥国連食糧農業機関(FAO)によれば、世界の食料価格は2010年12月に過去最高に達し、同年通年では25%上昇した。また、ニューヨーク原油先物相場は1バレル当たり80ドル台後半と、過去10年間の平均を5割余り上回る水準で推移している。アルジェリアとエジプトでは反政府デモが起き、チュニジアではベンアリ大統領が14日に出国、亡命する事態となっている。 ‥‥
    (2011年1月26日ブルームバーグから抜粋)

    参考
    北アフリカ抗議デモ拡大か 失業、食料高騰…世界に波及
    中東情勢不安、世界経済の新たなリスクに 原油供給への影響懸念
    仏大統領「食糧・エネルギー市場に規制を」 ダボス会議

    人工光合成 夢見る気持ちを大切に

    「できるかどうかの問題ではなく、いつできるかの問題だ」。クロスカップリング反応でノーベル化学賞を受賞した根岸英一・米パデュー大特別教授が、このところ「人工光合成」について力強く語っている。  植物は太陽光をエネルギー源に、水と二酸化炭素から炭水化物と酸素を作り出している。根岸さんはこの植物の力を人工的に再現する研究を旗印に、新しい化学反応の探索プロジェクトを「オールジャパン」で進めようと旗振り役を務めている。‥‥
    (2011年1月26日毎日jpから抜粋)

    参考
    意外にいける? 太陽エネルギーを蓄積する人工光合成の現実味
    触媒活用しCO2を資源化、東工大が手法開発
    温暖化対策や化石原料削減の切り札 化学各社、CO2の資源化加速
    CO2を吸収できるコンクリート開発

    石油市場の展望〜高値安定から市場崩壊まで3つのシナリオ

    (英フィナンシャル・タイムズ紙)‥‥石油輸入国では、価格上昇が所得を圧迫し、需要を減退させる。また、労働と資本投資のリターンの魅力を低下させるため、供給も制限される。お決まりの帰結がスタグフレーション(スタグネーション=停滞=とインフレが重なった状態)だ。石油の生産・輸出国では逆の現象が起きる。 石油価格の見通しは曖昧で、価格変動の影響も同じくらい不確かだ。しかし、起こり得る3つのシナリオが主な可能性を示している。‥‥
    (2011年1月25日日経から抜粋)

    参考
    「オイル・クランチ」 それが、なんと、2015年には来るというので、 欧米ではその話で持ち切りですが、なぜか日本のマスコミはスルーしています。
    英国 この日の予想外のGDP統計でスタグフレーション(景気沈滞化のインフレ)の見通しも浮上

    英国ピーク事情

    ‥‥些細なことにばかり終始するどこかの国の議員は爪のあかでも煎じて飲んでほしいものです。英国の同僚に見えることがあなた方にはなぜ見えないのですか。どんな時代に生きているのか、その時代はどんな問題を抱えているのか、真正面から見てください。‥‥
    (2011年1月25日THE JOURNALから抜粋)

    参考
    英国はピーク(オイル)以後の時代にすでに突入
    「石油生産のピーク(ピーク・オイル)」に関する秘密文書の情報開示を拒み続けている英国政府
    石油生産がピークを過ぎた。国際エネルギー機関(IEA)が認める。
    英国政府が、とてつもない規模の風力発電計画を進めている

    北極での太陽光反射率の低下は気候モデル予想の2倍以上

    ‥‥「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の2007年報告書に使われた気候モデルには、これだけ大きな減少を示したものはない」と述べる。
    (2011年1月25日日刊温暖化新聞から抜粋)

    参考
    北極の寒さは戻らない可能性も=米海洋大気局
    海氷の減少が北極域温暖化の主な原因 温暖化過小評価のおそれ
    アイス・アルベド・フィードバック
    北極圏海氷面積最新情報 JAXA

    自然エネルギーは日本でなぜ増えないのか

    再生可能(自然)エネルギーの利用で日本は世界の潮流から取り残されつつある。‥‥
    (2011年1月24日asahi.comから抜粋)

    参考
    2010年再生可能エネルギー大型プロジェクト
    環境省が「再生可能エネルギー導入ポテンシャルマップ」を公開
    2010年の再生可能エネルギー技術ブレイクスルーTop10
    世界のエネルギー使用量は増えていく
    再生可能エネルギーはマイノリティ
    再生可能エネルギーの現状と未来
    ドイツは自然エネルギー!・・・なの?
    EU、再生可能エネルギー目標の「2020年までに20%」を上回る見込み
    再生可能エネルギーだけの未来は来るか

    「TPPに参加しないと日本は国際的に取り残される」‥‥タイタニックに乗り遅れるのは結構なことだ。

    ‥‥貿易を支える海運も、燃料の高騰で採算がきつくなる。ピークオイルの厳然たる事実は、今世紀はエネルギーと食料の危機の世紀であること、そして人類の未来は長期的には農業中心の地域共同体にあることを示している。‥‥ ‥‥TPPどころではない。われわれは手遅れにならないうちに、文明の転換のための作業を始めなければならない。‥‥
    (2011年1月20日THE JOURNALから抜粋)

    参考
    「TPPは日米貿易に過ぎない」とか、米国が輸出拡大戦略をとろうとして輸入しないようにしているということぐらい知ってもらわないと、戦略を立てようがありません。推進派の人たちが国を開けとか、外を向けとか言っていますが、本当に外を向けば、TPPでは何のメリットもないことがわかるんです。
    アメリカでは経済番組でも一般 ニュースでもTPPという言葉に出会ったことがない。
    自由貿易 コストばかり高くついて、いわれたような利益をもたらしていない。
    物流は石油に依存しているので、商取引は急激に高騰するだろう。結果として、生命に関わる重要な物資の供給不足が発生する、例えば食糧の供給がそれだ。
    自動車を走らせることさえ困難な時代が86年も続くことを意味する。
    食糧危機が来てしまえば、田舎に田畑があるからといって安心できない。 一晩で作物が全部もっていかれるということもありうる。
    世界の食料価格が高騰 異常気象、新興国の需要拡大で過去最高に
    石油減退が食料危機を招き 石油文明の崩壊へつながる

    お金のいらない世界は可能か

    ‥‥全ての持続不可能な活動は、その表現が示す通り、必ずいつかは終わる。現在のシステムの終焉や唐突な中断について考える前に、少しばかり視点を変えて、社会を一から作り直すとしたらどうなるかを考えてみよう。‥‥
    (2011年1月20日国連大学OurWorld2.0から抜粋)

    参考
    貨幣進化論──「成長なき時代」の通貨システム

    再生可能エネルギーだけの未来は来るか

    エネルギーの80%以上を化石燃料に依存している現代社会だが、環境へ負荷をかけないエネルギーシステム実現に向けての模索も続いている。しかし、風や太陽、波、地熱のみから電力を得る世界に、わずか数十年で転換できるのだろうか? 「風、水、太陽のエネルギーで永久に需要を満たすことは可能だ」。こう話すのは‥‥
    (2011年1月18日ナショナルジオグラフィックニュースから抜粋)

    参考
    再生可能エネルギーだけでやっていけるでしょうか?

    EU、2050年まで再生可能エネルギーに完全移行
    ドイツ、再生可能エネルギー100%への戦略
    なぜヨーロッパは自然エネルギーにシフトしているか? 「ピークオイル」を理解しているから。 先日、ドイツの軍部のデータが流出した。 そこには「ピークオイル」についてきちんと書かれており、それを中心に戦略を練っている。 しかし、日本人はピークオイルについて知らされていない。
    ドイツ連邦軍のシンクタンクによる研究が劇的な石油危機を警告
    世界のスピードについていけない日本の再生可能エネルギー
    世界初、自然エネルギーだけのスマートタウン(青森県六ケ所村)

    TPPはトロイの木馬──関税自主権を失った日本は内側から滅びる

    ‥‥「TPPに入ってアジアの成長を取り込む」と言いますが、そこにアジアはほとんどありません。環太平洋というのはただの名前に過ぎません。仮に日本を TPP交渉参加国に入れてGDPのシェアを見てみると、米国が7割、日本が2割強、豪州が5%で残りの7カ国が5%です。これは実質、日米の自由貿易協定(FTA)です。‥‥
    ‥‥米国と日本の両国が関税を引き下げたら、自由貿易の結果、日本は米国への輸出を増やせるかもしれないというのは大間違いです。米国の主要品目の関税率はトラックは25%ですが、乗用車は2.5%、ベアリングが9%とトラック以外はそれほど高くありません。日米FTAと言ってもあまり魅力がありません。‥‥
    ‥‥日米間で関税を引き下げた後、ドル安に持って行くことで米国は日本企業にまったく雇用を奪われることがなくなります。他方、ドル安で競争力が増した米国の農産品が日本に襲いかかります。日本の農業は関税が嫌だからといって外国に立地はできず、一網打尽にされるでしょう。グローバルな世界で関税は自国を守る手段ではありません。通貨なんです。‥‥
    ‥‥幕末の開国はペリーが武力で迫ったものですが、今回はそんなことはありません。世界第2位のGDPがあり、何度も言っているようにすでに開国しています。なぜ自爆しようとするのでしょうか。こんな平成の開国の歴史を、僕らの子どもや孫にどうやって教えますか。‥‥
    ‥‥穀物はまず国内を食わせて余剰分を輸出します。当然不作になれば輸出用を減らして国内へまわすものです。もともと農業は天候に左右されるため量と価格が変動しやすく、特に輸出用は調整弁なので変動が大きいのです。変動リスクが大きいから、穀物の国際先物市場が発達したのです。‥‥
    (2011年1月14日THE JOURNALから抜粋)

    参考
    中野剛志先生のよくわかるTPP解説―日本はTPPで輸出を拡大できっこない!
    「TPPに参加しないと日本は国際的に取り残される」‥‥タイタニックに乗り遅れるのは結構なことだ。

    自由貿易 コストばかり高くついて、いわれたような利益をもたらしていない。
    アメリカでは経済番組でも一般ニュースでも“TPP”という言葉に出会ったことがない。

    ローマ帝国の興隆と衰退、気象変動が一因=古木の年輪で判明

    スイスやドイツ、オーストリア、米国の国際研究チームは、古木の年輪を調べた結果、地球の気象変化がどうやらローマ帝国の興隆と衰退の要因の一つだったことが分かったとの論文を14日付の米科学専門誌サイエンスに発表した。研究チームは、21世紀に生きる現代人も地球温暖化のリスクをもっと深く自覚すべきだと強調している。‥‥
    (2011年1月14日ロイターから抜粋)

    参考
    環境考古学が予言する地球温暖化の行く末
    現代文明てのはね、2050年〜2070年ぐらいに崩壊するっていう説を出したんですよ
    "森の国”の思想が次の経済システムを作る
    気候安定と文明の期間は重なる

    プランB―文明を救う計画

    ‥‥「私たちの文明の終焉は、もはや理屈でも学問上起こり得ることでもない。私たちはまさにその道を歩んでいるのだ」と環境保護基金の気候プログラム・ディレクターであるピーター・ゴールドマークは述べている。時間切れになる前に、果たして別の道を見つけ出すことができるだろうか? 私はできると思う。その道を私はプランBと呼んでいる。‥‥
    (2011年1月14日環境メールニュースから抜粋)

    参考
    文明社会 頂点に達した後 数十年以内に崩壊します。

    地球の未来

    ‥‥こういった回避できない現実とともに生きる方法をどうしたら見つけられるだろうか。現実は耐え難いほどだが、私たちを解放してくれるものでもある。多くの人々は恐怖のあまり、予想できる確実性に逃げ込んでしまいたい誘惑に駆られている。しかし予想できる確実性、すなわち近視眼的なナショナリズム、外国人嫌悪、植民地支配による安全保障、成長の限界の否定、そして購買行動によってのみ豊かさを測ることは、痛ましくも新しい認識世界において、すでに廃れてしまったのだ。 何百万人もの栄養失調の子供たち、生態系の汚染、一部の限られた人々の手に富が蓄積され続ける状況といった、世界中にはびこる地獄のような痛みや不正を嘆く声のすべてを、個人の力で止めることは現実的に不可能だ。しかし私たちにできるのは、自分自身を全体から分離した存在と見る幻想を認知することだ。この強力な幻想があるからこそ、国家と宗教と階級の関係性が停止不可能にも見える巨大な推進力を生んでいるのだ。‥‥
    (2011年1月14日国連大学Our world2.0から抜粋)

    参考
    人口や経済が地球の物理的限界を行き過ぎてしまったら、引き返す道は二つしかありません。

    豪洪水被災地ブリスベン「戦後」並みの清掃作業始まる  水害の犠牲者数600人近くに ブラジル南部

    オーストラリア第3の都市、ブリスベンでは洪水の影響で数多くの住宅に浸水などの被害が出ており、住民らは「戦後」並みの再建に取りかかることになる。オーストラリア東北部のクイーンズランド州全域を襲った今回の洪水は各地で大きな損害を与えている。‥‥
    (2011年1月14日ウォール・ストリート・ジャーナルから抜粋)

    ‥‥洪水や土砂崩れはリオデジャネイロ州テレゾポリスなどの山間部中心に起き、巨石が落ち民家や車両を押しつぶす被害も出ている。山間部の斜面や川の堤防近くには数千世帯がまだ住んでおり、濁流にのみ込まれるなどの危険に直面している。住民は「空から津波が襲ってきた」とも形容している。‥‥
    (2011年1月16日CNNから抜粋)

    参考
    「ノアの方舟級」大洪水
    豪州洪水、第3の都市はゴーストタウン
    【映像特集】世界で猛威を振るう異常気象

    CO2を吸収できるコンクリート開発 中国電、鹿島など

    ‥‥主要な建設材料であるコンクリートは、材料であるセメントの製造過程にCO2を大量に発生することが課題となっている。今回開発したコンクリートは、CO2を吸収することでコンクリートを硬化させる性質を持つ特殊混和材を使用。火力発電所から排出されるCO2を吸収するとともに、セメント使用量の削減により、製造時におけるCO2排出量を実質ゼロ以下にすることが可能になるという。‥‥
    (2011年1月13日ecool.jpから抜粋)

    参考
    日本の二酸化炭素排出量の約半分は、たった167工場が出している

    日本の温室効果ガス排出量の半分は、わずか150の事業所が占めている。大口の排出者の排出を確実に減らしていく国内排出量取引制度は、25%削減の核となる政策である。熟慮なきまま、導入を棚上げする方針が固まりつつあることに、激しい危機感と怒りを抱かざるを得ない。

    昨年の地球の気温は過去最高タイ=米NOAA
    ‥‥NCDC科学部のデービッド・イースターリング部長は「統計結果からは、地球の気象が引き続き温暖化の影響を受けていることが明らかになった」と述べ、温暖化防止の必要性を訴えた。ロシアやパキスタンなどでは熱波や洪水に見舞われ、農業に大きな打撃を与えた。この結果、食料価格は高騰し、食糧暴動も発生した。イースターリング部長によれば、温暖化を個別の気象異変と直接結び付けることはできないが、気温の上昇傾向は熱波や干ばつなど異常気象が発生する可能性を高めているという。‥‥
    (2011年1月13日ロイターから抜粋)
    ピークオイルも含めた見通しを

    ‥‥「世界の二酸化炭素排出量を充分に減らし、一方で貧困国が成長を続けることを可能にするためのただ1つの方法は、今後20年のあいだ富裕国の経済成長を停止させることだ」と述べている。経済成長はすでに世界的ピークに達しており、(OECD加盟国や、中国やインドのような経済新興国に見られたような)成長をもう一度繰り返そうとすれば、石油価格が3桁にはね上がり、それがさらなる経済崩壊を引き起こすことを示す、説得力のある証拠があるのだ。また、このまま経済成長が続けば、石炭のような重い化石燃料に極度に依存することになるだろう。‥‥ ‥‥最悪の場合、石油価格が3桁にはね上がり、需要が破壊され、政治危機や戦争が起こるなどして、工業国のGDPが大幅に減少することが考えられる。たとえば、イランとの紛争が起こった場合、 石油価格は急騰するだろう。また、 アメリカ統合戦力軍が出した2010年の報告では、2012年までには「余分な石油を産出する能力は完全になくなる」こと、また、エネルギーが原因で紛争が起こる可能性があることを警告している。残念ながら、IPCCなどの機関による気候変動の予測には、このような要素は含まれていない。‥‥
    (2011年1月12日国連大学Our world2.0から抜粋)

    参考
    在来型石油の生産量が2006年にピークを迎えた可能性が高い(IEA)

    米統合軍 環境報告 2年以内に石油の需要が供給能力を上回り 2015年には最大で日量1000万バレルの深刻な石油不足がおきるおそれがある。
    本当の持続可能性とは何か?

    中国、世界の資源権益4兆円超買収 10年3倍に

    中国企業の海外での資源エネルギー権益の買収が2010年に4兆円を超え、前年の3倍以上となった。‥‥
    (2011年1月11日日経から抜粋)

    参考
    油田確保へ中国の壁 権益争い激化 苦境の日本勢
    中国をはじめ新興国が世界のエネルギーの将来像を方向づける(PDF)

    石油ピーク後の経済

    石油ピークの後、人口とエネルギー消費は減少し、経済は縮小していく。‥‥ ‥‥銀行経営は不可能になるだろう。‥‥ ‥‥「減価するお金」が簡単に実現できる。‥‥ ‥‥いったん食糧危機が来てしまえば、田舎に田畑があるからといって安心できない。 一晩で作物が全部もっていかれるということもありうる。‥‥ ‥‥経済収縮に伴い生活スタイルはしだいにスローダウンし、自給自足的なものに帰っていくだろう。‥‥ ‥‥ 娯楽・サービス産業 真っ先に縮小をせまられる分野かと思われる。‥‥ ‥‥ 高い生産能力を維持し有効に活用するには、うまく市場をコントロールし適度な競争を維持しつつ、ワークシェアリングする方法を考えないといけない。 関税と所得税の累進強化で、市場独占へのインセンティブを削ぎ、地産地消を推進する。 最も心配な食糧生産は、計画経済でまかなっていく。 また減価するお金で消費を刺激する。 そして江戸時代の農村のような、スローライフの互助的共同体を形成し「見えざる社会的コスト」の低減を目指すことで、老いても心豊かな暮らしを実現できるのではなかろうか。
    (2011年1月10日ShiftM.jpから抜粋)

    参考
    我が国は、急激な変化によって引き起こされる衝撃を今から長期視点に立って変革することが必要になっている。経済成長は今後目標にはならない。長期的な視点からの新たな夢の実現が重要な要素である。

    油田地帯の帰属巡り対立、スーダンで33人死亡

    ‥‥10日までに双方で少なくとも計33人が死亡した。大規模な油田を抱えるアビエイ地区は、スーダン北部と南部が帰属を巡って対立。‥‥
    (2011年1月10日読売新聞から抜粋)

    参考
    いよいよ恐れていた油切れが来たかと。急いでなんかしようと思っても他になんにも手がないと。あそこにある油いただきに行こうや、というきわめて単純な結論でおっぱじめたわけですね。(元日本陸軍省燃料課員)
    金になるのであれば、枯渇性資源は「政治的物資」として、戦略的に使われるようになる。‥‥ただ、そうやって政治戦略化にしている間は、まだ文明には余裕があるということだ。本当に枯渇性資源が枯渇してしまったらそんなゲームすらできなくなる。 持てる国はもはや絶対に輸出しない。自国が生き残るために他国を犠牲にするようになる。そもそも、自国内でも限られた資源を求めて国民同士が奪い合い‥‥

    世界の食料価格が高騰 異常気象、新興国の需要拡大で過去最高に

    ‥‥国連食糧農業機関(FAO)の主要食料価格指数が昨年12月、世界各地で暴動を引き起こした2007〜08年の食料危機時を上回った。異常気象による不作や新興国の需要増で砂糖や油脂、穀物の価格が上昇し、米ドル安も影響した。今年、食料危機が再発する恐れもあり、先進国の中で食料自給率が低い日本は対策を迫られそうだ‥‥
    (2011年1月10日産経ニュースから抜粋)

    参考
    食料危機再来が懸念される事態
    G20、食糧安保問題を協議する見通し
    国産品を食べで3万8491tのCO2を削減 「フードマイレージ・プロジェクト」
    世界同時食糧危機 アメリカ頼みの食が破綻する

    原油価格は世界経済にとって「危険ゾーン」=IEAエコノミスト

    英フィナンシャル・タイムズ(FT)紙によると、国際エネルギー機関(IEA)の主任エコノミスト、Fatih Birol氏は、原油価格は世界の景気回復を脅かす「危険ゾーン」まで上昇していると警告した。  同氏は「原油価格は世界経済にとって危険な領域に入りつつある。原油の輸入価格は景気回復に対する脅威となっている。これは、原油消費国と産油国への警鐘だ」と述べた。‥‥
    (2011年1月5日ロイターから抜粋)

    参考
    オイルピークの影響が既に出始めたということなのかもしれません。
    石油生産がピークを過ぎた。国際エネルギー機関(IEA)が認める。
    IEA、今後5年間の世界石油需要見通しを引き上げ
    OPEC、原油価格が100ドルに上昇しても増産せず=事務局長
    原油100ドルに上昇、OPEC一部加盟国が予想−石油消費国は警戒
    米原油先物が91ドル台、2年超ぶり高値に

    本当の持続可能性とは何か?

    ‥‥今日、持続可能である必要性を誰もが口にする。実際のところ、組織も人々もこの概念に注目するあまり、自分たち自身が持続可能であるとの確信を持っているようだ。企業の中には、環境に関する厳しいポリシーに従っているのだと少なからず主張している企業もある。‥‥
    ‥‥企業は多くの場合、本当の持続可能性とは何かという全体的なビジョンに欠いている。私たちは誰でも、食事を作り家庭で電力を使うためにエネルギーを必要としている。しかし化石燃料による電力を提供するエネルギー供給会社は、本当に持続可能だと言えるだろうか。‥‥
    ‥‥繁栄は完全な社会の建設には結びつかず、ましてや持続可能な社会は実現されないことが歴史によって証明された。人類の発展を追求する社会にとって、本当の持続可能性は存在し得るのかという疑問が数多く投げかけられてきた。人間性が戦っているのはユートピアの実現のためか、物理的な目的のためか。そもそも人間とは持続可能ではない存在なのか。‥‥
    ‥‥今こそ民間部門が率先して、持続可能性をより正確に定義づけて説明する、包括的かつ厳重な基準を作り上げるべき時なのだ。‥‥
    (2011年1月4日国連大学OurWorld2.0から抜粋)

    参考
    「成長すれば経済は豊かになり、汚染を取り除く技術にお金が回せるようになる」とよく言われますが、これはある時点で真実ではなくなります。
    政府がどんな約束をしても、技術がどれだけ進歩しても、環境と気候のリスクから人類を救うことはできない 地球白書

    経済成長なき社会発展は可能か?
    誰もが「成長の限界」 という壁に突き進むチキンレースから逃れられない。(PDF)
    無限の経済成長を目指す社会 住民全員に生存のための条件を保障することができない
    地球を守るため成長を制限する
    経済の成長は人を幸せにしない
    脱成長の経済を生きる。
    持続可能な未来へ ―組織と個人による変革―

    ロックフェラー家、“脱石油”のエコ農業に乗り出す

    ‥‥多量のエネルギー、肥料、機械をつぎ込み、単一品目の大規模栽培を通じて効率を追求する20世紀の「産業型農業」は、何よりロックフェラー家が確立した石油社会のたまものだった。今、そのロックフェラー家が「石油後」を模索しているのは興味深い。‥‥
    (2011年1月4日SankeiBizから抜粋)

    参考
    石油生産がピークを過ぎた。国際エネルギー機関(IEA)が認める。
    石油生産量 2006年にピーク 可能性高い(IEA)

    環境破壊の損害530兆円 温暖化で08年、国連

    地球温暖化や大気汚染など、人間活動が原因の環境破壊による2008年の損害額は約6兆6千億ドル(約530兆円)に上り、世界の国内総生産(GDP)総計の11%にもなるとの調査結果を、国連環境計画(UNEP)金融イニシアチブなどの研究グループが30日までにまとめた。  UNEPは、現在の傾向が続けば50年の損害額は4倍超の28兆6千億ドル余りに上ると推定。「環境対策を放置することは、今後の世界経済にとって大きなリスクになる」と警告した。‥‥
    (2010年12月30日共同通信から抜粋)

    参考
    自然資源を持続可能に活用しなければ企業も生き残れない時代がやってくる。
    世界銀行が「緑の」国民経済計算を提唱
    多くのアジア諸国で株式投資に環境の視点を盛り込む試みは現実のものとなっている
    インドとその諸州が世界初の生態系の算定基準を採用することを表明したが、今後3〜5年の間にこの算定方法を導入する国が20〜30カ国は増えるだろう これに賛同しない人々は、取り残されていくでしょう
    生態系サービス利用に代価を支払う動きが広がる
    生態系保全年3.6兆円投資なら経済価値400兆円
    動植物や他の生命体の多様性がいかに価値があり、健全で機能的な生態系にどれほど貢献しているかを、経済大国の多くは理解していない。
    「自然資源という資本」を経済学者は考慮に
    資源が枯渇に直面した今、経済学者に検討してもらいたい
    経済学の重大な欠陥 都合が悪いことは外部不経済
    市場が犯す大きな失敗
    生物多様性の喪失によってもたらされるコストは、人間社会における対応の範囲を超えている

    猛暑日50倍、冬日25分の1 東京、温暖化が押し上げ
    21世紀に入って10年。東京都心でこの10年に記録した気温35度以上の「猛暑日」数は20世紀初頭の10年と比べて約50倍に増えた一方、最低気温が氷点下の「冬日」は約25分の1に激減していることが29日、気象庁の観測データから分かった。‥‥
    (2010年12月29日共同通信から抜粋)
    排出量取引、先送りを決定=温暖化対策で閣僚委

    ‥‥国内排出量取引制度については、産業への影響や主要国が参加する温暖化対策の国際的な枠組みの成否を見極めた上で「慎重に検討する」として、目標としていた2013年度からの導入を事実上先送りした。‥‥
    (2010年12月28日時事ドットコムから抜粋)

    参考
    熟慮なきまま、導入を棚上げする方針が固まりつつあることに、激しい危機感と怒りを抱かざるを得ない。

    2年連続減少、過去最低に 国内の温室効果ガス

    環境省は27日、2009年度の国内の温室効果ガス排出量(速報値)が二酸化炭素(CO2)換算で12億900万トンとなり、08年度に比べ5・7%減少したと発表した。リーマン・ショック以降の景気後退が続き、原発稼働率が上がったのが要因。‥‥
    (2010年12月27日共同通信から抜粋)

    参考
    CO2排出3年ぶり増 京都議定書の達成苦しく
    温暖化ガス排出量(速報値)、京都議定書の基準年から初の減少

    原油100ドルに上昇、OPEC一部加盟国が予想−石油消費国は警戒

    原油相場が2年ぶりの高値近辺に上昇した影響について石油輸入国は警戒を強めている。石油輸出国機構(OPEC)加盟国は相場がさらに上昇し1バレル当たり100ドル台に乗せると予想している。‥‥
    (2010年12月27日ブルームバーグから抜粋)


    参考
    原油価格は世界経済にとって「危険ゾーン」=IEAエコノミスト

    英国はピーク(オイル)以後の時代にすでに突入している

    英国のエネルギー担当相、クリス・フーンは12月16日に放送されたラジオのインタビューでオイルピークに言及し、それが国の舵取り、政策立案に影響を与えるとしています。‥‥ ‥‥いわば、英国はピーク以後の時代にすでに突入している、ピークは際物でも「説」でも傍流でもない。左翼やユダヤの陰謀でもない。それに関して産業界でも取り組みが始まっている、政治の場でもそれなりの興味を引いてきた。今回のエネルギー担当相の発言もそうした理解が世間一般に広がっていること、切羽詰まってきたことが反映されただけなのかもしれません。‥‥
    (2010年12月25日THE JOURNAL から抜粋)

    参考
    英国政府が、とてつもない規模の風力発電計画を進めている
    「オイル・クランチ」 (石油の需給逼迫)というのは、 石油の需要に供給が追いつかない状態で、 いわゆる「最後の石油危機」のことです。 それが、なんと、2015年には来るというので、 欧米ではその話で持ち切りですが、なぜか日本のマスコミはスルーしています。
    石油生産がピークを過ぎた。国際エネルギー機関(IEA)が認める。
    石油生産量 2006年にピーク 可能性高い(IEA)
    再生可能エネルギーだけでやっていけるでしょうか?
    石油文明が分水嶺を超え、エネルギー下降時代に入ると、政府は対症療法的な政策をなりふり構わず導入していく。ファシズムの到来さえあり得る

    地熱開発に本腰を入れていた国は一気にブレーキを踏んだ

    ‥‥クリーンエネルギーとして期待される地熱発電の国内開発計画が宙に浮きそうだ。国の2011年度予算案の調査関係予算は、外部有識者による事業評価で廃止を含む抜本的改善を求められ大幅削減の見通し。近年、地熱開発に本腰を入れていた国は一気にブレーキを踏んだ形だ。‥‥
    (2011年1月11日岩手日報から抜粋)

    参考
    日本は自国のエネルギー経済の中心に地熱を据えるべきである
    経産省、地熱開発促進へ 温暖化対策の切り札に

    CO2排出3年ぶり増 10年度、猛暑や生産拡大で 京都議定書の達成苦しく
    2010年度の二酸化炭素(CO2)排出量が3年ぶりに前年比プラスに転じる見込みだ。猛暑に伴う冷房需要の増加に加え、秋までの景気持ち直しで企業の生産活動が拡大したため。‥‥
    (2010年12月23日日経から抜粋)
    国産品を食べで3万8491tのCO2を削減 「フードマイレージ・プロジェクト」

    食料自給率の向上をめざし国産品の利用を呼びかける「フードマイレージ・プロジェクト」に取り組んでいる大地を守る会、パルシステム連合会、生活クラブ生協、グリーンコープ連合は、取り組み開始から約1年で約3万8500tのCO2削減に貢献できたと12月21日の記者会見で発表した。‥‥
    (2010年12月22日農業協同組合から抜粋)

    参考
    フードマイレージプロジェクト
    10億人以上が慢性的な飢餓状態 あなたに見えないコストをどこかで誰かが支払っている
    世界で排出される温室効果ガスの51%が畜産業に起因 ワールドウォッチ研究所
    世界飢餓にまつわる12の神話
    食糧改革を阻止する企業に国連が警告
    フードマイレージ 日本は群を抜いて世界ワースト1
    日本は世界で一番、食べ物を無駄に捨てている
    シュメールやマヤ文明は食料生産の行き詰まりがきっかけで文明が崩壊した。
    石油減退が食料危機を招き 石油文明の崩壊へ
    ザ・ベストハウス123で紹介された「いのちの食べ方」(この映像をショッキングだと感じたなら、わたしたちの今の暮らしこそが、ショッキングなのだ。監督)

    再生可能な森林は「ロシアの面積に相当」研究者ら試算
    人間の活動によって破壊された世界各地の森林のうち、再生が可能とみられる区域は合わせて15億ヘクタールと、ロシアの国土とほぼ同じ面積に上ることが、国際自然保護連合(IUCN)の研究者らの報告で明らかになった。‥‥
    (2010年12月22日CNNから抜粋)
    温暖化ガス25%削減の工程表 環境省まとめる
    環境省は21日に中央環境審議会(環境相の諮問機関)有識者委員会を開き、温暖化ガス排出量を2020年に1990年比で25%削減する目標の達成に向けた工程表をまとめた。‥‥
    (2010年12月22日日経から抜粋)
    自由貿易 コストばかり高くついて、いわれたような利益をもたらしていない。

    ‥‥オーストラリアには生産性委員会という独立研究機関が政府のなかにあり、これが12月13日、自由貿易協定について報告書を発表しています。 ‥‥  ‥‥報告書はその6つの自由貿易協定に関して、これが果たしてオーストラリアのためになっているのか、一年かけた研究に基づくものです。400ページもある報告書、最初の要約を読んだだけですが、それによれば、自由貿易は二国間のものであれ、ASEANとのあいだの地域協定であれ、コストばかり高くついて、いわれたような利益をもたらしていない。自由貿易協定を結んだからといって、必ずしも貿易拡大や経済成長につながるわけではない。「メンバー国間の貿易が拡大し、域外よりも急速に拡大したという証拠はない」としています。 ‥‥  ‥‥自由貿易はアメリカにとっても国益にそわないという報告もあります。 アメリカと自由貿易協定を結んだ17の国との貿易について、パブリックシティズンが今年の9月に出した報告書は、オーストラリアの生産性委員会と同じように、自由貿易がアメリカの利益になっていない、協定を結んでいない国との貿易の方が伸びている、など否定的な内容です。 ‥‥
    (2010年12月21日the-journalから抜粋)

    参考
    FTA政策に見る日韓の温度差 「同盟」強化のために毒素条項を飲むのか?

    平均気温:日本も世界も高かった 気象庁発表

    気象庁は21日、1〜11月の世界と日本の平均気温の平年差(速報値)を発表した。世界は平年比プラス0・36度で統計を取り始めた1891年以来2番目の高さとなり、陸域に限ると同0.68度と過去最高。 ‥‥
    (2010年12月21日毎日jpから抜粋)

    参考
    欧州、記録的寒波で交通混乱拡大 空の便欠航相次ぐ
    欧州で近年増加する大寒波、原因は「温暖化」 独研究
    [熱波・寒波]50℃を超える暮らしの備えが常識に どうなる どうする世界の温暖化
    世界中を熱波や寒波が襲っている原因は、「熱圏」の崩壊にある(NASA)

    米シェールガスに“逆風” 環境影響などに懸念

    資源業界にブームを巻き起こした米国のシェールガス開発に、環境性と採算性の両面から懸念が生じている。連邦議会や一部の州でシェールガスの採掘技術が環境や健康に及ぼす影響を把握する動きが顕在化し、ニューヨーク州では来年7月まで新規掘削ができなくなった。‥‥
    (2010年12月21日電気新聞から抜粋)

    参考
    米国発「シェールガス」開発投資が加速 市場一変、商社も食指
    ガスランド 米国の公害 天然ガス採掘が自然破壊・環境破壊・人間を病気、死へおいやっている
    水圧破砕法によるシェールガスの採掘なんてものは環境破壊そのもの

    IEA がピークオイルを認めたことの重大さについて世間ではまったく理解されていない

    ‥‥IEA は2010年11月はじめに発表した「世界エネルギー展望」という年次報告で、 はじめてピークオイルそのものにページを割いている。ピークへの言及がこれまでなかったことは驚くべきことだが、それ以上にびっくりするのは同報告書でIEA は"通常原油の生産は既に2006年にピークに達した"とピークを過去形で語っていることだ。マスコミはこの報告書に触れることもなく、政策論議の場でも討議されることはない。したがって、IEA がピークオイルを認めたことの重大さについて世間ではまったく理解されていない。(訳注から)‥‥

    ‥‥我々が文明と呼ぶ複雑な社会が地球規模で一気に全面的に崩壊してしまう可能性を過小に評価するつもりはない。その危険は少なからぬものがある。しかし、全面崩壊論は人を宿命論に押しやりがちで、さもなければ、自分や家族の生存だけにかまけさせてしまう傾向がある。崩壊論はほとんどの人にとって衝撃が強すぎて、将来についてこれまで以上に思考停止させてしまうおそれもがある。その結果、一挙全壊に至らなかった場合のエネルギー下降をよりいっそう厳しいものにしてしまう。もしかすると大半の人は文明崩壊が不可避だと考えているのかもしれないが、それでも自分の目の黒いうちには起きないと思うか、そうならぬよう願っているだけなのかもしれない。長期的な崩壊のシナリオの可能性とそれへの現実的な対応を探ることは、すなわち、長期にわたるエネルギー下降のシナリオの可能性や見込みを深く詳細に理解することにほかならない。‥‥
    (2010年12月20日発行「未来のシナリオ」から抜粋 )

    参考
    石油生産がピークを過ぎた。
    石油生産量 2006年にピーク 可能性高い(IEA)

    ノーマイカーウイークで渋滞改善 CO2も20トン削減

    交通渋滞の緩和や二酸化炭素の排出量削減を目的に、県や松江市などが実施した社会実験「ノーマイカーウイーク」(10月18〜24日)の結果がまとまった。2回目の今回は、慢性的な渋滞が続く交差点で改善が見られ、二酸化炭素削減量は昨年を上回った。 ‥‥
    (2010年12月20日asahi.comから抜粋)

    参考
    松江市一斉ノーマイカーウィーク ノーマイカーデー ノーカーデー カーフリーデー 車のない日、カーフリーデー 
    ヨーロッパカーフリーデー日本公式サイト 
    TOKYOカーフリーデー

    エネルギー下降時代 ファシズムの到来さえあり得る

    ‥‥気候変動が発症し、石油文明が分水嶺を超え、エネルギー下降時代に入ると、政府は対症療法的な政策をなりふり構わず導入していく。ファシズムの到来さえあり得ると言っています。‥‥
    (2010年12月19日THE JOURNALから抜粋)

    参考
    石油生産がピークを過ぎた。
    石油生産量 2006年にピーク 可能性高い(IEA)
    再生可能エネルギーだけでやっていけるでしょうか?

    文明社会 頂点に達した後 数十年以内に崩壊します。

    人工的に地球を冷やす  温暖化対策でIPCC

    ‥‥成層圏に微粒子をまいて太陽光を遮るなどして人工的に地球を冷やす「ジオエンジニアリング(地球工学)」と呼ばれる新たな温暖化対策を、各国が実施した場合の効果や環境影響について評価することを決めた。  こうした手法は生態系や気象に悪影響を及ぼす懸念もあるが、温室効果ガス排出が増え続けて急激な気温上昇が起きる恐れもあるため、非常手段としての可能性を探る。‥‥
    (2010年12月18日共同通信から抜粋)

    参考
    ジオ・エンジニアリングという「劇薬」

    温暖化対策で注目集める「ジオエンジニアリング」、救世主か危険な賭けか
    ジオ・エンジニアリング概説pdf
    ケム・トレイル(wikipedia)

    日本の温室効果ガス排出量の半分は、わずか150の事業所が占めている。

    ‥‥日本の温室効果ガス排出量の半分は、わずか150の事業所が占めている。大口の排出者の排出を確実に減らしていく国内排出量取引制度は、25%削減の核となる政策である。極めて単純化されて「産業への負担になる」と語られたり、国際的な取引制度と混同され「国富の流出になる」といった筋違いの理屈まで加わり、熟慮なきまま、導入を棚上げする方針が固まりつつあることに、激しい危機感と怒りを抱かざるを得ない。‥‥
    (2010年12月16日気候ネットワークから抜粋)

    参考
    日本の二酸化炭素排出量の約半分は、たった167工場が出している

    環境税上げ、3段階で 15年度から完全実施へ

    政府税制調査会は15日、全体会合を開き、来年10月に導入する地球温暖化対策税(環境税)について、3年半かけて段階的に税率を引き上げ、2015年度から完全実施するなど詳細を決めた。これで11年度の税制改正の全体像が固まり、政府は16日、税制改正大綱を閣議決定する。‥‥
    (2010年12月16日東京新聞から抜粋)

    参考
    環境税11年度導入へ
    環境に優しいからという理由で行動していたわけではないんです。とにかく必要だから節約してきただけなんです。でもたぶんそれが環境税の意義なんだと思います。無意識でなにかをやるんです。

    EU加盟国、今の3倍の炭素削減努力が必要
    ベルギー、ブリュッセル発―世界自然保護基金(WWF)は11月23日、欧州連合(EU)諸国では現時点で、2050年までに低炭素経済を達成するために必要とされている行動の1/3しか進んでいない、と発表した。‥‥
    (2010年12月16日日刊温暖化新聞から抜粋)
    シロクマも「雑種化」、気候変動で北極圏ほ乳類の異種交配進む

    気候変動の影響で、ホッキョクグマなど北極圏に住むほ乳類が近縁種と交配を余儀なくされ、一層絶滅へと追いやられているとの論文が、15日の英科学誌ネイチャーに発表された。‥‥
    (2010年12月16日AFPから抜粋)

    参考
    異種間ハイブリッドについて、「絶滅危惧種にとって、とどめの一撃になる可能性がある」
    ホッキョクグマの絶滅阻止可能=温室ガス削減で−米地質調査所

    石炭ピーク(は思ったより近い?)

    ‥‥すべての生態系は基礎となるエネルギーの制約を受けるもので、人類の経済、政治や文化も同様にエネルギー源の制約を受けるということです。人間の生活や経済を律する「見えざる手」は市場ではなくエネルギーなのです。‥‥ ‥‥ここ数年の生産だけを見て、中国の石炭埋蔵量が格段に多いだろうと結論することもできません。それは英国の北海油田の減耗を見てもわかるように、進歩した技術や桁違いの投資をすれば、ピークの時期を先送りすることは可能になります。しかし、その代償はピーク以降の急激な減耗です。 北海油田の2002年から2008年にかけての減耗率は年率6.7%です(それに相当する時期の米本土48州の減耗率は3.9%)。中国が同じように石炭を絞れるだけ絞っているならば、ピーク以後、生産は急にがくんと落ち込むことでしょう。中国を当てにする世界経済への影響は深刻です。‥‥

    (2010年12月14日 THE JOURNALから抜粋)

    参考
    中国政府、ピーク・コールを懸念して石炭生産の制限を検討
    Mining the Truth on Coal Supplies
    石油生産がピークを過ぎた。国際エネルギー機関(IEA)が認める。
    石油生産量 2006年にピーク 可能性高い(IEA)

    世界石油消費量の増加、予想を超過 OAPEC 生産量を増やさない

    フランスメディアの13日の報道によりますと、IEA・国際エネルギー機関はこのほど、2011年の世界石油需要量を3回も引き上げ、来年の世界石油消費量を毎日26万バレル増加するとしています。  国際エネルギー機関は「北米の石油消費量は数ヶ月前より明らかな増加を見せ、中国の10月の石油消費量増加は12%を超えた。そのため、2011年の世界石油需要量は毎日88.8万バレルに達する見込みだ」としています。
    しかし、OAPEC・石油輸出国機構は2011年の世界石油需要量が毎日約87万バレルを維持するとしています。石油輸出国機構関係者は「当機構は2008年12月以降定められた石油生産量を変えることはない。投機により石油価格が一バレル当たり100ドルに上がったとしても、生産量を増やさない」と示しました。

    (2010年12月14日 CRI onlineから)

    参考
    IEA、今後5年間の世界石油需要見通しを引き上げ

    OPEC、原油価格が100ドルに上昇しても増産せず=事務局長
    サウジ国王、油田探索作業停止を要求
    石油生産がピークを過ぎた。国際エネルギー機関(IEA)が認める。

    IT企業が狙いを定める「スマートハウス」
    家庭内の機器のエネルギー使用量を、ITを駆使して最小限に抑える「スマートハウス」。その実現に向けて、半導体メーカーやソフトウエアメーカーが活発に技術提案を始めている。‥‥
    (2010年12月13日 日経から抜粋)
    油生産効率10倍 "藻" 発見

    従来の10倍以上の生産効率で油を取り出すことができる藻の仲間を筑波大学の研究グループが新たに発見したと発表することになり、バイオ燃料としての実用化に弾みがつくと期待されています。‥‥
    ‥‥ 1リットル当たり50円程度で生成できる見込みだということで、バイオ燃料としての実用化に弾みをつけるものと期待されています。‥‥
    (2010年12月10日 NHKから抜粋)

    参考
    生産能力10倍 「石油」つくる藻類、日本で有望株発見
    これまで発見された藻類から抽出できる油は1ヘクタール当たり年間約140トンほどだったが、「オーランチオキトリウム」はその10倍から12倍の生産量が期待できる。
    国内の耕作放棄地などを利用して生産施設を約2万ヘクタールにすれば、日本の石油輸入量に匹敵する生産量になる
    筑波大大学院教授・渡邉信さん 緑藻からバイオ燃料
    日本が産油国になっていくということは計算上、十分可能です。
    藻類によるバイオ燃料の生産と実用化
    「休耕田畑を油田に」−藻類でバイオ燃料生産、CO2排出半減視野に

    生物多様性保全でも進む 「外部費用の内部化」

    ‥‥これまでタダだったのが当り前ではなく、逆に、これまで払っていなかったのがそもそも間違いであった。もっと早くからコストを払うべきだったと考えるべきなのだ。原油であれ、その他の資源であれ、あるいは技術であれ、ビジネスは企業の生き残りに必要だと考えれば無理をしてでもコストを払うではないか。その受け入れるべきコストの一部として温暖化や生態系をコストとして認識する必要がある。払うのが当たり前、という発想に切り替えなくてはならない。‥‥
    (2010年12月8日 ECO JAPANから抜粋)

    参考
    結局、企業は生物多様性のために何をしたらいいのか?
    自然資源を持続可能に活用しなければ企業も生き残れない時代がやってくる。
    世界銀行が「緑の」国民経済計算を提唱
    多くのアジア諸国で株式投資に環境の視点を盛り込む試みは現実のものとなっている
    インドとその諸州が世界初の生態系の算定基準を採用することを表明したが、今後3〜5年の間にこの算定方法を導入する国が20〜30カ国は増えるだろう これに賛同しない人々は、取り残されていくでしょう
    生態系サービス利用に代価を支払う動きが広がる
    生態系保全年3.6兆円投資なら経済価値400兆円
    地球上の生態系破壊 損失最大「年380兆円」
    動植物や他の生命体の多様性がいかに価値があり、健全で機能的な生態系にどれほど貢献しているかを、経済大国の多くは理解していない。
    「自然資源という資本」を経済学者は考慮に
    資源が枯渇に直面した今、経済学者に検討してもらいたい
    環境破壊による損失は年間500兆円
    経済学の重大な欠陥 都合が悪いことは外部不経済
    市場が犯す大きな失敗
    生物多様性の喪失によってもたらされるコストは、人間社会における対応の範囲を超えている

    途切れた川、アマゾン干ばつ

    ‥‥太平洋の中央部から東部にかけての熱帯海域で海水温が周期的に上昇するエルニーニョ現象の影響によるこのような深刻な干ばつは、通常100年に1回程度の頻度で発生する。しかしロイター通信によれば、アマゾン地方を襲った前回の“大干ばつ”はわずか5年前であり、また今回の干ばつは地球温暖化により21世紀に異常気象が発生するとの予測とも符合するという。
    (2010年12月7日 ナショナルジオグラフィックニュースから抜粋)

    参考
    干ばつでアマゾン支流最低水位に 温暖化も影響か
    温暖化の影響か、アマゾン川の水位が過去40年で最低に ペルー
    アマゾンの“空飛ぶ川”が干上がる?
    地球温暖化でアマゾン原生林約60%消滅の危機
    アマゾン熱帯雨林「想像以上に最悪」
    アマゾンが砂漠へ

    中電:原発新設へ 原子力比率50%に引き上げ
    中部電力が発電電力量に占める原子力の比率を、30年度をめどに50%超とし、現在の15%程度から3倍以上に引き上げる計画であることが5日明らかになった。二酸化炭素(CO2)の排出量削減による温暖化対策や発電コストの引き下げが課題になっているためで、来春まとめる長期経営ビジョンに目標値として盛り込む方向だ。‥‥
    (2010年12月6日 毎日jpから抜粋)

    参考
    原発、60年の長寿運転時代へ
    エネルギー基本計画を閣議決定 原発14基以上増設
    新たに建設するにしても、計画外の新規立地がなければ「2010〜2040年の間に、原子力の比重は落ちて行き」ます。
    原子炉容器の寿命が尽きる時、原発は必ず現役引退しなければならない
    二つのピーク危機を同時に解決しなければならない
    在来型石油の生産量が2006年にピークを迎えた可能性が高い(IEA)
    イギリスで原発解体に今後必要となる費用はおよそ11兆円 負の遺産を解決できないまま今世界は原発の建設に舵を切り始めている
    石油を使わない時代の人々に長期間の冷却と放射能の監視が必要な放射性廃棄物を押し付けることは無理
    原発は温暖化防止に役立つか
    2050年までなら毎週1基が、送電を開始しなければならない
    毎年20の原子炉を積み増していくのは大変厳しいです。(「世界エネルギー展望2010」記者会見から)
    石油を「代替」できるエネルギーなど存在しない 原発も自然エネルギーも魔法の解決法ではない

    政府税調、環境税11年度導入へ 暫定税率分は引き下げ
    政府税制調査会は5日、11年度に地球温暖化対策税(環境税)を導入する方針を固めた。現行の石油石炭税の税額を増やして税収を最大5割引き上げ、増収分の名目を環境税とする方向で調整している。‥‥
    (2010年12月5日 共同通信から抜粋)

    参考
    環境税の導入問題
    環境税とは
    環境税 賛成派が反対派を平成21年度も引き続き上回る 環境にやさしい企業行動調査
    政府税調は地球温暖化対策税(環境税)を11年10月から導入することを決めた。
    環境税:導入でも…温室ガス、たった1%減 90年比で−−国環研試算

    米国発「シェールガス」開発投資が加速 市場一変、商社も食指

    天然ガスの中でも商業生産が難しかった「シェールガス」の開発投資が米国を中心に加速している。掘削技術が発達し、安価に生産できるようになったためだ。今のところ商業生産しているのは米国だけだが、それ以外にも豊富に存在するとされ、開発が進めば世界の天然ガス市場を一変させる可能性もある。‥‥
    (2010年12月3日 SankeiBizから抜粋)

    参考
    マーセラス・シェール開発、期待と不安
    シェールガスは世界を変える
    揺れる天然ガス大国ロシア 米国発「シェールガス革命」の衝撃
    米国発のガス革命が世界の資源地図を塗り替えようとしている。
    米シェールガスに“逆風” 環境影響などに懸念

    「未曾有の不確実性」はらむ世界のエネルギー市場

    ‥‥田中伸男・IEA事務局長は、11月に東京で開かれた「国際エネルギーシンポジウム2010」で、WEO2010について講演を行い、その冒頭で、「今年のバージョンは人気で、発行前から何千もの注文がきている。その最大の原因は、これからのエネルギー市場に未曾有の不確実性があるからで、それに対し、 IEAはどう見ているのかが注目されているのだと思う」と述べた。‥‥
    (2010年12月2日 ECOマネジメントから抜粋)

    参考
    IEAが発表した「世界エネルギー展望2010」(World Energy Outlook 2010)について、田中伸男IEA事務局長が記者会見
    石油生産量 2006年にピーク 可能性高い(IEA)
    真の持続可能なエネルギーシステムに向かうのに程遠い
    ピークオイル 想定が楽観的すぎる
    公的な機関がピークオイル=原油の供給限界論について語られたのは初めてに近いことではないだろうか。
    ドイツ連邦軍のシンクタンクによる研究が劇的な石油危機を警告

    世界の海は過去6500万年の間には見られなかったペースで化学変化が進んで‥‥

    世界の海は過去6500万年の間には見られなかったペースで化学変化が進んでおり、海洋生物の多様性や食糧安全保障を脅かしかねない状況になっている 。‥‥
    ‥‥酸性化が進むとサンゴの骨格や貝類の殻の形成に必要な鉱物が縮小し、こうした生物の存続が難しくなる。‥‥
    ‥‥さらに、世界で10億人以上が魚類を主要たんぱく源としていることから、食糧安全保障上の危険にさらされる恐れもあるという。‥‥
    (2010年12月3日 CNNから抜粋)

    参考
    警告!「海洋生態系の"ティッピング・ポイント"が近づいている」
    50年までに漁業不可能の恐れ 国連環境計画
    「40年で天然海産物が無くなる」:深刻な魚の激減
    海水の酸性化、急速に進行(最近2千万年の中で最も変化が激しかった時に比べても100倍) 50年には今の2.5倍に

    ヤマダ電機 電気自動車を販売開始

    ヤマダ電機と三菱自動車は12月1日、電気自動車“i−MiEV(アイ・ミーブ)”の試行販売に関する覚書を締結し、同日よりヤマダ電機の東京都、神奈川県、埼玉県の17店舗でi−MiEVを販売を開始した。‥‥
    (2010年12月2日 asahi.comから抜粋)

    参考
    ヤマダ電機で電気自動車を買おう 仕組みを変えなければ温暖化は止まらない

    電力の80%を再生可能エネルギーに ドイツの挑戦、研究現場を訪ねる

    ドイツのメルケル首相は今年9月に「2050年までに電力の80%を再生可能エネルギーで賄う」とする新エネルギー政策を発表した。ドイツは太陽光や風力などの再生可能エネルギーの積極的な導入で世界をリードしてきたが、地球温暖化対策とグリーン産業の成長を狙い、もう一段強くアクセルを踏み込んだ。‥‥
    (2010年12月1日 日経から抜粋)

    参考
    EU、2050年まで再生可能エネルギーに完全移行
    ドイツ、再生可能エネルギー100%への戦略
    ドイツの軍部のデータが流出した。 そこには「ピークオイル」についてきちんと書かれており、それを中心に戦略を練っている。 しかし、日本人はピークオイルについて知らされていない。
    石油は、すべての工業製品の95パーセントの生産において、直接または間接的に使われます。中期的に、世界的な経済システムとあらゆるマーケット指向の国民経済は、崩壊します。(ドイツの軍事シンクタンクによる分析)
    世界のスピードについていけない日本の再生可能エネルギー
    世界初、自然エネルギーだけのスマートタウン(青森県六ケ所村)

    COP16情報

    京都議定書延長巡り先進国と途上国対立 COP16開幕
    COP16生中継
    途上国「議定書に基づき削減を」 温暖化会議で先進国に要求
    COP16、交渉のカギは“緑の成長”
    メキシコで始まるCOP16 日本は「ドン・キホーテ」か
    EUが京都議定書“延長”を容認した本当のワケ
    「「京都議定書単純延長」の議論について」気候ネットワーク

    温暖化をとめたい、という市民の声を、日本政府と各国政府に届けましょう
    COP16で日本に「化石賞」
    最も簡単な温暖化対策は「電球交換」 国連が報告書
    もたつく米国に中国が反転攻勢−交渉の主役交代へ
    温暖化で30年には84万人死亡 COP16で発表
    COP16、日本と中国が激しく対立
    京都議定書の延長が焦点、COP16で孤立する日本
    温暖化対策法案継続審議に COP16で説得力欠くのは必至
    両論併記の報告書を提出=途上国「京都延長」明記を要求−COP16
    中国は二酸化炭素排出量の削減目標を拘束力のあるものにする用意があるとの考えを示した。
    COP16 主要排出国のインドが態度軟化
    京都延長反対は「譲れない一線」=意見聴取に日本政府−COP16
    温暖化のコスト増を警告 IEA事務局長
    膠着するCOP16に発想の転換促す世銀レポート
    温暖化抑制の国際的枠組み合意「非現実的」、国連は断念を−米元高官
    米中、温暖化では接近? カンクン会議、思惑一致か
    COP16:「ポスト京都」は先送り カンクン合意案、採択向け調整
    今ある唯一の法的拘束力ある枠組みを形骸化させることは、逆に米中を含む主要排出国を巻き込む足場を失うことになる。
    京都議定書延長、結論先送りで合意案
    産業界、「最悪の展開」回避に安堵=温暖化対策で貢献強調−COP16
    合意達成の高揚感なく閉幕したCOP16
    京都議定書後 戦略なき日本の「延長反対」

    世界初、自然エネルギーだけのスマートタウン (青森県六ケ所村)

    ‥‥太陽光と風力という自然エネルギーだけで、スマートグリッド(次世代送電網)とスマートハウスの実証実験を行った例は、世界でもほとんどなく、日本ではもちろん初めて。実証実験を成功させ、世界に売り込んでいきたい‥‥
    (2010年11月30日 日経から抜粋)

    参考
    横浜市の環境都市実証実験
    藤沢市に「環境都市」 CO2を70%減
    スマートシティ 40兆ドルの都市創造産業
    世界スマートシティ「100カ所調査」
    東大元総長小宮山氏がFDCを立ち上げ、スマートシティプロジェクトを推進
    スマートシティの動き、日本でも本格化
    欧州、中東、アフリカ‥‥ 脱CO2巨大プロジェクトのインパクト

    貨幣進化論──「成長なき時代」の通貨システム

    長い歴史の果てに貨幣は裏付けを見失う
    ‥‥物財は時の経過とともに劣化するのに、貨幣を貸せばプラスの利子が付く。その差は貸し付けがリスクを負ったことへの対価で、これまで技術革新や人口増によってまかなわれた。しかし技術も人口も、長い歴史からすればほんの一部、19世紀以来に成長と利潤をもたらしたにすぎない。それがいま、先進国で失われつつあるとしたら−−。兆候はある。日本のみならず拡(ひろ)がっているデフレである。
    グローバリゼーションもあり、経済の実体(自然利子率)がマイナス成長に向かっているとすれば、プラスの金利を操作する既存の政策は無効になってしまう。これに対し、かつてケインズは「時の経過とともに目減りする(マイナス金利の)貨幣」を提案したが、実現不可能として空想視された。だが現在、それは可能になったのでは、と本書の結末は示唆する。‥‥
    (2010年11月28日 毎日jpから抜粋)

    参考
    老化するお金
    「貯蓄税」について
    経済成長なき社会発展は可能か?
    石油ピーク後の経済 「減価するお金」が簡単に実現できる。

    貧困解消のためのインフラ整備が、地球全体の環境保全にも貢献する

    ‥‥「貧困解消のためのインフラ整備が、地球全体の環境保全にも貢献することを示唆している」と話す。‥‥
    ‥‥現在、全世界で15億人が電気とまったく縁のない生活を送っている。また、安定した電力供給を見込めない10億人に加えて、世界の総人口の約半数は現在も薪や木炭、動物の糞を生活燃料として利用しており、人々の健康被害や大気汚染の原因ともなっている。 ‥‥
    ‥‥政府や公的機関がインフラ整備に投資する際に短期支出を重要視する結果、長期的なメリットが相殺されてしまう傾向がある。その代表例がディーゼル発電だ。先行投資費用が安い上に燃料の入手が容易なので、新興国の貧しい農村地域で採用されることが多い。調査チームは、結果的に不利なディーゼル発電採用の背景には、不安定な原油価格がコスト高を招くという認識が不足していると指摘する。 ‥‥
    (2010年11月26日 ナショナルジオグラフィックニュースから抜粋)

    参考
    エネルギー貧困の真相
    UNEP報告書:途上国におけるグリーン経済への移行を支援する方法
    30年には年1・4兆円必要 国連、途上国温暖化対策で

    脳は「不公平」を嫌う:経済格差の実験

    ‥‥われわれは何千年もの間、自分たちのことを、生まれながらにして利己的であり、得られる限りの快楽を求めるよう、遺伝子に突き動かされている生き物だと考えてきた。われわれは何よりもまず自分のことを気にかける。だからこそ税金を嫌い、他者の苦しみを見て見ぬふりをし、そして大抵の場合、正しい人生を送るのに苦労する。それが人間の原罪なのだ、と。――しかし、こうした悲観的な見方は、おおむね間違っているか、はなはだ不完全なものだ。
    近年、心理学や神経科学の分野で、人間の行動に対するこうした見方を取り払う研究が行なわれ始めている。われわれは私利私欲のない天使ではないかもしれない。しかし、単なる堕落した動物でもないのだ。‥‥
    (2010年11月26日 WIRED VISIONから抜粋)

    参考
    所得水準と貧富の格差の相関図
    Wealth Year 2015
    日本人は個人主義の米国人よりも冷たい? 競争社会米国の100分の1しか寄付しない日本
    「日本人は集団主義的でアメリカ人は個人主義的だ」と考えられているが、それは浅薄な「常識」である。

    京都議定書延長に反対 産業界9団体

    鉄鋼、化学など産業界の主要9業界団体が24日、東京都内で共同記者会見し、日本など一部先進国だけに温暖化ガス削減義務がある京都議定書を2013年以降も延長する動きに反対する考えを表明した。‥‥
    (2010年11月24日 日経から抜粋)

    参考
    EUが京都議定書“延長”を容認した本当のワケ
    京都議定書延長への声強まる 日本が孤立する恐れも出てきている。
    「「京都議定書単純延長」の議論について」気候ネットワーク

    今年をピークに原油生産は枯渇へ!? 国策を背景に成長していく中国エネルギー産業

    今回は中国のエネルギー業界を見ていきたいと思います。まずは代表的な原油の動向からです。国際原油価格は2008年7月に147ドルの過去最高値をつけましたが、その後の金融危機で価格は急落。2008年12月には約5分の1となる32ドルの安値を付けました。その後原油価格は反発しています。  ここで長期的な観点から原油の需給を俯瞰してみましょう。まずは需要ですが、世界の人口は現在も増え続けており、65億の人口はあと30年で30 億人増えると予想されています。また、中国やインドなどの新興国の生活水準の上昇が急に止まるとは思えません。仮に数年間不況になったとしても、その構図は変わることなく、長期的には人類がかつて経験したことがないレベルにまで需要を押し上げていきます。  一方で供給ですが、2000年以降は伸び悩んでおり、需要の伸びを上回ることはありませんでした。 今年、世界の原油生産はピークを迎え 長期的には枯渇する方向へ!?  注目したい点として、多くの人が意識していないことですが、2010年をピークに世界の大油田の生産量が急速に減少に向かう可能性が高いということがあります。‥‥
    (2010年11月24日 DIAMOND on lineから抜粋)

    参考
    在来型石油の生産量が2006年にピークを迎えた可能性が高い(IEA)
    中国政府、ピーク・コールを懸念して石炭生産の制限を検討
    Mining the Truth on Coal Supplies
    持続不能!?中国の無謀なエネルギー消費拡大

    温暖化ガス濃度、過去最高=メタンが再び増加傾向−09年

    世界気象機関(WMO)と日本の気象庁などは24日、二酸化炭素(CO2)など温室効果ガスの2009年の世界平均濃度が、前年に続き過去最高を更新したとの報告書をまとめた。鈍っていたメタンの増加ペースが再び加速する傾向がうかがえると分析、地球温暖化対策が急務と訴えている。‥‥
    (2010年11月24日 時事ドットコムから抜粋)

    参考
    北極海大陸棚メタンが漏出、温暖化促進の恐れ

    環境省 報告書「気候変動適応の方向性」を公表

    環境省は、報告書「気候変動適応の方向性」を平成22年11月24日までにとりまとめ公表した。  この報告書は、日本における気候変動適応に対する意識向上を図るとともに、適応に関する基本的な考え方を提示し、関係府省や地方公共団体における適応策の検討・実施を支援することを目的として同省が設置した「気候変動適応の方向性に関する検討会」の検討成果をとりまとめたもの。‥‥
    (2010年11月24日 EICネットから抜粋)

    参考
    報告書『気候変動適応の方向性』

    地球温暖化で冬の気温が下がる

    ‥‥地球の北半球の全般的な温暖化により、寒い冬がもたらされる可能性を指摘した。‥‥
    ‥‥北極東部の海氷の縮小が原因で地域の低大気層の気温が上昇することで、大気の気流で強い異常が発生し、北半球の大陸全体が冷却化しかねない。‥‥
    (2010年11月23日 日刊温暖化新聞から抜粋)

    参考
    今冬、寒波は? 気まぐれ「北極振動」に気象庁やきもき
    英に寒波、広範囲で降雪 1993年以来の早さ

    世界のCO2排出量1.3%減どまり 09年、日米欧など算出
    ‥‥リーマン・ショックなどを受け、前年比で初めて減少に転じた。 09年の国別増減率は日本が11.8%減、米国が6.9%減、ドイツが7%減と先進国は景気低迷を受け軒並み減った。しかし新興国は中国が8%増、インドが6.2%増と経済成長に伴って大幅に増加した。省エネ技術導入の遅れも一因と分析している。10年は世界の経済成長が予測通りなら、総排出量は3%以上増える見通しだという。‥‥
    (2010年11月22日 日経から抜粋)
    温暖化対策交渉:数十年かかる見込み−WTO設立や核兵器削減同様に
    核兵器削減や貿易摩擦の解消を目指す条約を策定するまでには数十年に及ぶ交渉が必要だった。その前例から考えれば、地球温暖化抑制に向けた取り組みは始まったばかりなのかもしれない。 ‥‥
    (2010年11月22日 ブルームバーグから抜粋)
    ビョルン・ロンボルグを描いたドキュメンタリー映画『クール・イット / Cool it』(原題)が完成

    世界的に論争を巻き起こした著書「環境危機をあおってはいけない 地球環境のホントの実態」を執筆し、雑誌「エスクァイア」で21世紀で最も影響力のある人物と評されたデンマークの政治学者/作家/講演者であるビョルン・ロンボルグを描いたドキュメンタリー映画『クール・イット / Cool it』(原題)が完成し、その新作についてオンディ・ティモナー監督が語った。‥‥
    (2010年11月22日 シネマトゥデイ映画ニュースから抜粋)

    参考
    ロンボルグが転向。巨額の気候変動対策の必要を認める
    Bjorn Lomborg: $100bn a year needed to fight climate change

    気候治療法はどれがいい?

    ‥‥炭素排出削減を推進する政策が、経済成長を推進する政策と対立した場合には勝つのはいつでも後者であるというのが「気候政策においての鉄則」だと指摘している。 この視点のリアリズムは尊重すべきだが、この鉄則どおりならば、世界の脱炭素化へ向けた選択肢が狭まり、私たちの思考が縛られてしまうことになり厄介だ。イギリスの著名な社会学者 アンソニー・ギデンズ氏と同じように「産業文化は自らを破壊しつつあり──存在の危機に直面している──気候変動はその表れの1つに過ぎない」と考えれば、この鉄則は大問題である。
    ‥‥では、もし「経済成長」の一般的な概念が明確ではないと考えるならば(新経済財団による最近の活動を見ていただきたい)、この鉄則をどのように解釈したらよいのだろう。「経済成長」の定義をより明確にすれば、鉄則も少しは形を変え得るかもしれない。‥‥
    (2010年11月22日 国連大学OurWorld2.0から抜粋)

    参考
    世界銀行が「緑の」国民経済計算を提唱

    ピークオイル 想定が楽観的すぎる

    国際エネルギー機関(IEA)は先進国28カ国がメンバーで、毎年、将来の石油需給の見通しを発表している。この手の予測では、最も権威のあるリポートだ。 2010年の報告が先日発表された。びっくりするようなことが書いてある。「在来型の石油生産は今後、06年の水準である日量7000万バレルを超すことはないだろう」というのだ。 ほう、これは驚いた。IEAは昨年まで、そんなことはオクビにも出さなかった。それが在来型の石油に関する限り、すでに「ピークオイル」に突入していると、明言したのである。欧米のメディアやネットで非常な論議を呼んでいるが、日本はあまり騒いでいない。読み方次第で「騒ぐ必要はない」と読めるのかもしれない。在来型の石油はこれから、高原状の6800万バレル台の生産にとどまるが、カナダのオイルサンド(超重質油を含む砂岩)とか米国のシェールガス(頁岩(けつがん)層に閉じこめられているガス)とかの非在来型エネルギーが増産される。だから、それを含めれば石油生産量は増加し2035年には9900万バレルに達するという。 これに関して「想定が楽観的すぎる」という声が(日本を除いて)あちこちからあがっているのである。サウジアラビアが生産量を倍増させるという想定など「?」である。サウジにはまだ探査していない広大な地域が残っており、探せばいくらも油田がみつかるという人もいるが、どうかな。 ともあれ、在来型石油に関する限りピークオイルに突入済みと、IEAが「公認」した事実は特筆に値する。 非在来型の石油生産は値段が上がっても簡単には増やせない。たとえばオイルサンドの生産は3倍増を見込んでいるが、採掘には大量の水が必要だ。いまでさえ不足気味なのにどう確保するのか。‥‥
    (2010年11月17日 毎日jpから抜粋)

    参考
    在来型石油の生産量が2006年にピークを迎えた可能性が高い(IEA)
    未来の減耗も予想できていない、発見率の悪化という実績を反映できていないものであり、悲鳴を隠すための煙幕として置かれているに過ぎない
    必要な生産量を維持するにはサウジアラビア4つ分の石油が必要だ。もし、今から2030年までに予測されている需要の増加を満たそうと思うなら、サウジアラビア6つ分の石油が必要になる
    サウジアラビアの石油省顧問は、石油需要のピーク論は真剣に考えねばならない問題であると述べ警鐘を鳴らした。
    2006年のサウジアラビアの石油生産は8%減産だった。「必死」 とも見えるようなボーリング作業を行っていながらの結果である。
    サウジアラビアの原油産出量が、政府の減産も何もないのに、2006年度、8%も原油出荷量が減った。
    2005年、サウジアラビアと世界が、同時に原油生産ピークを迎えていたのか
    投資銀行家が見たサウジ石油の真実
    サウジアラビアにある世界最大のガワール油田が枯渇しているようだ。
    産油量がピークに達していると思われる国は、サウジアラビア、メキシコと中国である。最も疑わしいのはサウジアラビアだ。
    サウジ国王、油田探索作業停止を要求
    事実が分かるのは2,3年さきになるだろう。かなりの深刻な事態となることがこのままではよそうされます。
    世界の石油生産がいずれ到達する低迷期を遅らせるためには、今よりはるかに多くの石油が発見されなければならない
    非在来型石油、石炭、天然ガス燃料もその埋め合わせを行うことはできない。
    IEAが発表した「世界エネルギー展望2010」(World Energy Outlook 2010)について、田中伸男IEA事務局長が記者会見(18分以降がピークオイルについて YouTube)
    世界エネルギー展望2010(PDF)
    すべての油井が枯渇するずっと前に、国際的な市場で石油を買い付けることができなくなって、輸入国は寒い外に置き去りにされるということを意味します(日本語訳あり)

    米統合軍 環境報告 2年以内に石油の需要が供給能力を上回り 2015年には最大で日量1000万バレルの深刻な石油不足がおきるおそれがある。
    ドイツ連邦軍のシンクタンクによる研究が劇的な石油危機を警告
    自動車を走らせること困難な時代が86年続く
    再生可能エネルギーだけでやっていけるでしょうか?
    石油生産がピークを過ぎた。国際エネルギー機関(IEA)が認める。


        (IEA記者会見資料から)

    パナソニック、藤沢市に「環境都市」 CO2を70%減

    パナソニックと神奈川県藤沢市は17日、同市のパナソニック工場跡地に環境配慮型の街を共同でつくると発表した。2013年度に開業し、2500〜3000 人の居住を見込む。太陽電池などの省エネ機器を標準装備することで、通常の街より二酸化炭素(CO2)排出量を70%減らせる見通しだ。‥‥
    ‥‥環境配慮型の街を一からつくるのは国内初の試みという。‥‥
    (2010年11月17日 日経から抜粋)

    参考
    スマートシティ 40兆ドルの都市創造産業
    世界スマートシティ「100カ所調査」
    東大元総長小宮山氏がFDCを立ち上げ、スマートシティプロジェクトを推進
    スマートシティの動き、日本でも本格化
    欧州、中東、アフリカ‥‥ 脱CO2巨大プロジェクトのインパクト

    自動車を走らせることさえ困難な時代が86年も続くことを意味する。

    石油の使用と代替燃料の開発が現在のペースで進むと、石油は代替エネルギー源が利用可能になる約100年も前に枯渇する恐れがあるとする研究結果が、前週、米国化学会機関誌「Environmental Science and Technology(環境科学と技術)」電子版に掲載された。‥‥
    ‥‥石油が2054年に枯渇するという最も楽観的な予測をとったとしても自動車を走らせることさえ困難な時代が86年も続くことを意味する。‥‥
    ‥‥政府が代替燃料開発促進の新たな政策を発表すれば、代替エネルギー会社の株価が上昇し、石油が枯渇し代替燃料が使用可能になるまでの空白期間が縮まる可能性もある。
    (2010年11月16日 AFPから抜粋)

    参考
    ピークが起る20年ほど前に緊急プログラムを開始すれば、需給ギャップが起ることなしに、ソフトランディング的にエネルギー転換を行える。ハーシュ・レポート

    ハーシュ・レポートには、ピークオイルの準備に20年ほど必要だと書かれていました。ハーシュらの見解にもとづくならば、私たちはすでに準備し損なったわけです。(PDF)
    石油産出国がピークを迎えてから石油輸出量がゼロになるまでの期間は最大で9年と予測する。非在来型石油、石炭、天然ガス燃料もその埋め合わせを行うことはできない。21世紀は私たちの知る産業文明の終焉となるかもしれない。だが今より遥かに公正で持続可能で調和の取れた脱炭素文明を思い描き実現させるための、例を見ない機会でもある。
    再生可能エネルギーだけでやっていけるでしょうか?
    石油生産がピークを過ぎた。国際エネルギー機関(IEA)が認める。
    文明社会 頂点に達した後 数十年以内に崩壊します。

    公的な機関がピークオイル=原油の供給限界論について語られたのは初めてに近いことではないだろうか。

    ‥‥IEA(国際エネルギー機関)事務局長 田中伸男氏による「World energy outlook 2010」。今回のシンポジウムは、IEAによる世界の代表的な長期エネルギー需給見通しWorld Energy Outlookの2010年版を田中氏自らより紹介。‥‥
    ‥‥公的な機関がピークオイル=原油の供給限界論について語られたのは初めてに近いことではないだろうか。‥‥
    ‥‥WTI原油がこれから近い将来、100ドル相場が常態化する可能性が高い中、危機は、もう足元に来ているし、中国を中心とした新興国の爆発的な需要増からすると、絶対量が足りなくなっているのは明白だし、近い将来、世界はエネルギー争奪戦に入っていくことだろう。‥‥
    (2010年11月16日 asahi.comから抜粋)

    参考
    石油生産がピークを過ぎた。国際エネルギー機関(IEA)が認める。
    在来型石油の生産量が2006年にピークを迎えた可能性が高い(IEA)
    IEAが発表した「世界エネルギー展望2010」(World Energy Outlook 2010)について、田中伸男IEA事務局長が記者会見(18分以降がピークオイルについて YouTube)
    世界エネルギー展望2010(PDF)
    自動車を走らせること困難な時代が86年続く

    自然は完璧な循環を最小のエネルギーで駆動する

    ‥‥生活者が「エコの商品だから買っていい」という、エコ消費財が購買時の免罪符になっていると思われます。例えば、「エコカーを買ったから今までの走行距離よりもたくさん走ってもいい」という意味です。‥‥
    ‥‥2030年ごろにはこれらのリスクが限界に達し、文明崩壊の引き金を引くかもしれません。これらをリスクにしてしまったのは人間活動の肥大化です。すなわち地球環境問題とは、人間活動の肥大化をいかに縮小できるかということになります。そのためにはライフスタイルを変え、そのライフスタイルに必要なテクノロジーを投入することが大切です。‥‥
    ‥‥自然は完ぺきな循環を最も小さなエネルギーで駆動し、唯一持続可能な社会を持っています。‥‥
    ‥‥新しいテクノロジーの形は物欲ではなく精神欲を満たすものになり、自然観を持つものになります。 それは愛着や簡明などの要素を含んだ“粋”という概念で成立します。文化とライフスタイルがセットになったテクノロジーを生まれなければいけません。心豊かに生きながら生活価値の肥大化を縮小させるテクノロジーです。その原点は江戸の文化にあります。日本人は精神欲を生かすことを過去に行っており、そのメカニズムを再び学べばいいのではないでしょうか。‥‥
    (2010年11月15日 J-Net21から抜粋)

    参考
    「成長すれば経済は豊かになり、汚染を取り除く技術にお金が回せるようになる」とよく言われますが、これはある時点で真実ではなくなります。実際には、成長する経済は、加速度的な費用曲線をたどることになり、「これ以上の削減にはお金が出せない」という点に達するのです。
    政府がどんな約束をしても、技術がどれだけ進歩しても、環境と気候のリスクから人類を救うことはできない 地球白書
    「日本人の生活はシンプルだから貧しい者はいっぱいいるが、そこには悲惨というものはない」と書き、日本人に欧米諸国の貧困層がもつ野蛮さがないことに驚嘆したうえで、それがしだいに失われていく日本を哀惜した。
    これといった資源のない国ブータンは、“国民の幸福度”が世界一高いといわれる。国民の94%の人たちが幸せだと思っている。発展途上の、資源保有国と資源がない国に関するパラドックスだ。
    国民1人当たりの所得が上昇しても、個人の幸福は増大しないことが実証的に明らかになっている
    途上国の人々がみずから を貧しいと思わなくても先進国の基準で判定されると貧困のレッテルを貼られてしまう。(PDF)
    「日本では1950年代から80年代の30年間で、実質GDPは6倍になった。しかし、日本人の主観的幸福感の平均値はまったく変化がない。 物質的な豊かさは、人々をまったく幸福にさせなかった」ともいわれる。(PDF)
    自然に学ぶ技術を探せ!〜 JFSバイオミミクリ・プロジェクト

    再生可能エネルギーで私たちのエネルギー消費を賄えるのか

    化石燃料に頼らない「低炭素社会」がクローズアップされる中で、太陽光や風力などを利用した再生可能エネルギーで私たちのエネルギー消費を賄えるのか。「新技術」を使えば、直面する二酸化炭素削減問題を解決できるのか。そんな疑問に英国ケンブリッジ大学物理学教授の著者が「形容詞でなく数値で」解答を引き出した。‥‥
    (2010年11月14日 西日本新聞から抜粋 持続可能なエネルギー ──「数値」で見るその可能性の抜粋へ)

    参考
    現在の化石燃料依存率85%を脱却するために必要な施策をあらゆる角度から「数値」を基に論じた、イギリスでのベストセラーの和訳。
    Can We Live off Sustainable Energy?
    日本初「自然エネルギー白書」発刊
    ドイツ、再生可能エネルギー 100%による電力供給は2050年までに達成可能
    石油生産がピークを過ぎた。国際エネルギー機関(IEA)が認める。

    在来型石油の生産量が2006年にピークを迎えた可能性が高い(IEA)

    国際エネルギー機関(IEA)は11月9日、在来型石油の生産量が2006年にピークを迎えた可能性が高いとオーストリアのウィーンで明らかにした。‥‥
    ‥‥このシナリオでは、「2006年に記録した史上最高の7000万バレルに再び並ぶことはない」と書かれている。‥‥
    ‥‥「2035年までに2000万バレルを切る」とビロル氏は予測する。現在の生産量を維持するだけでも、再開発や新たな発見などによって大幅に生産を増やす必要がある。 ‥‥
    (2010年11月10日 ナショナルジオグラフィック ニュースから抜粋)

    参考
    石油生産がピークを過ぎた。国際エネルギー機関(IEA)が認める。
    世界エネルギー展望2010(PDF)
    IEAが発表した「世界エネルギー展望2010」(World Energy Outlook 2010)について、田中伸男IEA事務局長が記者会見(18分以降がピークオイルについて YouTube)
    石油産出国がピークを迎えてから石油輸出量がゼロになるまでの期間は最大で9年と予測する。非在来型石油、石炭、天然ガス燃料もその埋め合わせを行うことはできない
    Is ‘Peak Oil’ Behind Us?(ニューヨークタイムス)
    The end of cheap oil(ル・モンド)
    想定が楽観的すぎる
    未来の減耗も予想できていない、発見率の悪化という実績を反映できていないものであり、悲鳴を隠すための煙幕として置かれているに過ぎない
    公的な機関がピークオイル=原油の供給限界論について語られたのは初めてに近いことではないだろうか。
    2030年以前には、世界はピークオイルには直面しないだろう。国際エネルギー機関(IEA)は様々な情報を分析したうえでそう判断しているが‥(2006年6月)
    主要国に比べ国産エネルギーの自給率が著しく低く、石油などの供給が突然途絶えるリスクがある
    すべての油井が枯渇するずっと前に、国際的な市場で石油を買い付けることができなくなって、輸入国は寒い外に置き去りにされるということを意味します(日本語訳あり)
    ピークオイル 各国指導者達 対処できないでいる
    自動車を走らせること困難な時代が86年続く
    対策を先延ばしにすればするほど裁量の余地は狭まり、その段階で「石油後」の世界を構想しようにも身動きが取れなくなる
    日本国内における議論の低調さは,何に由来するのだろう。メディアに影響力のある人物や団体が,何らかの意図を持って世論操作をしているのではないか,と疑りたくなる状況だ。あるいは,我々は余りにも世界情勢に疎く,壊れたアンテナしか備えていないのだろうか。(pdf)
    新聞社にも事の重大さは理解できていない。理解できていれば、この記事は1面トップの扱いになるはずだ。
    ドイツ連邦軍のシンクタンクによる研究が劇的な石油危機を警告
    石油がなくなるという幻影にずっとおびえていたわけよ、日本中がね。幻影におびえながら、実はなんにもしなかったわけよ。いよいよ恐れていた油切れが来たかと。急いでなんかしようと思っても他になんにも手がないと。あそこにある油いただきに行こうや、というきわめて単純な結論でおっぱじめたわけですね。(元陸軍省燃料課員)

    太陽活動停滞で0.7度寒く 13年以降にミニ氷河期?

    ‥‥太陽活動が停滞すると、北半球の平均気温が0.7度ほど下がることが東京大などの研究からわかった。地球に降り注ぐ宇宙線を遮る太陽の磁場活動が弱まるためだという。日本では梅雨の湿度が1〜2割高まり、降水量が増えることもわかった。宇宙線の変化による地球の気候への影響が初めて確かめられた。今週の米科学アカデミー紀要電子版に掲載される。  太陽活動は2013年をピークに数十年の停滞期を迎えることが予想されており、地球がミニ氷河期に入る可能性もあるという。 ‥‥
    (2010年11月9日 asahi.comから抜粋)

    参考
    無黒点太陽の磁場が気候を変えた ―樹木年輪から解明した17-18世紀の急激な太陽地球環境変動―
    屋久杉を使って1100年前の太陽活動の復元に成功
    過去1200年間における太陽活動および宇宙線変動と気候変動との関わり(PDF)
    2013年5月に新たな人類の危機、巨大な太陽フレアによる「ソーラーストーム」が地球に到達する可能性
    太陽活動、次のピークは2013年5月?
    活発な太陽活動は地球寒冷化を招く?
    地球は一時冷却化へ? IPCCの予測を否定するものではない
    「ミニ氷河期」報道で原子力の東芝に脚光、好決算も発表
    今年の太陽活動は過去最低の水準だ。それなのに気温が過去最高を記録するのは注目すべきことだ。
    20世紀半ば以降の黒点数はほぼ横ばい、最近の温暖化は温室効果ガスの増加が原因
    最近の急激な温暖化は太陽活動の活発化だけでは説明できない
    太陽活動だけでは地球温暖化は説明できない
    「地球温暖化の原因は太陽の活動」説を否定する新論文
    宇宙線減少は地球温暖化の原因ではない
    太陽活動周期は、ループ状のプラズマ流の影響で長引いた?
    太陽この100年で一番元気なし
    太陽風、ここ50年間で最も弱く
    強力な太陽嵐で2012年に大停電? 対抗策は
    磁気シールドに破れ、太陽嵐の影響懸念 次の太陽活動極大期は2012年に始まると予測されている。
    今日の宇宙天気情報

    資源、エネルギー、食料、水 近い将来ものすごい激しい争奪戦になるんではないか

    ‥‥資源、エネルギー、食料、あるいは最近は水も入ってね、近い将来ものすごい激しい争奪戦になるんではないかというシナリオを書く人が増えてきてるんですよ。そうするとやっぱり国家の元首とかそういうリーダーからすれば、どうやって将来それを確保するかというのが、それが国家の国益に一番かなうという考えになっておかしくはないんですよね。その戦争がもう始まったのかな、それが嫌な感じがしますね。‥‥
    (2010年11月7日 サンデーモーニングから抜粋)

    参考
    誰もが「成長の限界」 という壁に突き進むチキンレースから逃れられない。(PDF)
    経済成長なき社会発展は可能か?
    世界の石油生産量は2010年から2020年の間にピークを迎える 非在来型石油、石炭、天然ガス燃料もその埋め合わせを行うことはできない

    温暖化と消費社会のグローバル化、世界の脅威に 国連報告
    ‥‥「人間社会の発達における進化を維持するうえで最大の脅威は、生産と消費のパターンが明らかに持続性を失いつつある点にある」と指摘している。‥‥
    (2010年11月5日 AFPから抜粋)
    世界銀行が「緑の」国民経済計算を提唱:インドなどがパイロット国に

    世界銀行(WB)はこのほど、森林や湿地帯、サンゴ礁など生態系の経済価値を国民経済計算のシステムに組み込むツールを途上国に提供する新たなグローバル・パートナーシップを発表した。経済・開発政策の前提として自然環境を効果的に管理することを目標としている。  新パートナーシップは、国連環境計画のプロジェクト「生態系と生物多様性の経済学(TEEB)」が発表した最終報告書を踏まえたもの。TEEBは特に、多くの場合、自然の恵みの経済的価値が「目に見えない」ために、自然資本がいたるところで軽視され、ひいては生態系の恵みや生物多様性を損なう決定が行われていると指摘している。‥‥
    (2010年11月4日 インド新聞から抜粋)

    参考
    あらゆる局面でジャパン・パッシング 多くのアジア諸国で株式投資に環境の視点を盛り込む試みは現実のものとなっている
    インドとその諸州が世界初の生態系の算定基準を採用することを表明したが、今後3〜5年の間にこの算定方法を導入する国が20〜30カ国は増えるだろう これに賛同しない人々は、取り残されていくでしょう
    生態系サービス利用に代価を支払う動きが広がる
    生態系保全年3.6兆円投資なら経済価値400兆円
    地球上の生態系破壊 損失最大「年380兆円」
    生物多様性 損失懸念‥‥経営者の3割未満
    動植物や他の生命体の多様性がいかに価値があり、健全で機能的な生態系にどれほど貢献しているかを、経済大国の多くは理解していない。
    「自然資源という資本」を経済学者は考慮に
    資源が枯渇に直面した今、経済学者に検討してもらいたい
    環境破壊による損失は年間500兆円
    経済学の重大な欠陥 都合が悪いことは外部不経済
    世銀 方針転換 途上国へ米国的政策押しつけ終幕
    「生態系と生物多様性の経済学(TEEB)」の最終報告書が完成

    気候はすでに危機的な転換点を越える瀬戸際

    ‥‥近年、気候変動に関する科学文献に、劇的な、さもなければ恐るべき変化が起きている。「人間活動が果たして気候変動を引き起こしているのかどうか」は、もはや大問題ではなくなった。むしろ、争点は次の段階に来ている。すなわち、「地球気候システムの復帰不能な限界点はどこで、人類がそこを越えてしまうまでに、あとどれくらいの猶予があるのか」という問題だ。 著名なNASAの科学者、 ジェームス・ハンセン氏によれば、それは危険なほど近いという。気候はすでに危機的な転換点を越える瀬戸際まで来ており、「世界規模の大変動という『破滅的事態』を引き起こす要素は整っている」と、同氏は警鐘を鳴らす。‥‥
    ‥‥その上、この地球にいくつの転換点があり、現代の炭素社会がそれらにどれくらい近づいているのかを、いかなる精度においても科学者には予想することができないということも強調しておかなければならない。上記の意味で、転換点は地球気候システムにおけるブラックホールだと考えると良いだろう。そこにあることは知っているが、踏み入れるまでそれらはほとんど目に見えず、ジェームス・ハンセン氏が警告するように、その先に「贖罪は無い」のである。‥‥
    (2010年10月29日 国連大学OurWorld2.0から抜粋)

    参考
    温暖化は暴走する?
    気候安定と文明の期間は重なる
    文明社会 頂点に達した後 数十年以内に崩壊します。
    20年ごろには温暖化が暴走
    人類が生き残るには、楽観的に見てもこの10年が勝負
    政府がどんな約束をしても、技術がどれだけ進歩しても、環境と気候のリスクから人類を救うことはできない 地球白書
    1万年の安定した地球の気候のおかげで文明というものを開花することができた
    氷床が加速度的に溶ける
    人類が目指してきた方向には巨大な断崖絶壁が
    個人の努力だけでは限界 強い誘導策がなければ、なにも起こらない
    人類文明を救うために:あなたと私にできること
    気候変動との戦いは勝てるものであるし、そして勝たなくてはならない 国連開発計画 (PDF)

    動植物種の絶滅の速度は、人間の影響がない場合に比べて1000倍も速い

    ‥‥人間による自然破壊がもたらす動植物種の絶滅の速度は、人間の影響がない場合に比べて1000倍も速いと警告を発している。IUCNは前年、地球の歴史において6回目となる生物大量絶滅が今現在起きているとする報告書を発表した。ちなみに前回の大量絶滅が起きたのは、恐竜が絶滅した6500万年前だ。‥‥
    (2010年10月27日 AFPから抜粋)

    参考
    地球上の3分の1以上の生物に絶滅のおそれがある
    5分の1の植物が絶滅危機に
    環境白書、生態系の危機訴え 年4万種が絶滅
    50年までに漁業不可能の恐れ 国連環境計画
    絶滅が最も多く見られたのは東南アジアだった。この地域は狩猟やダム建設、そして森林をパーム油のプランテーションや水田に転換する開発が劇的に進んだ。
    日本の消費による東南アジア森林破壊問題

    干ばつでアマゾン支流最低水位に 温暖化も影響か

    ‥‥河床が干上がって漁業ができず、水上交通が寸断されるなどして、AP通信によると、流域の6万世帯以上に被害が出ている。‥‥
    (2010年10月27日 共同通信から抜粋)

    参考
    温暖化の影響か、アマゾン川の水位が過去40年で最低に ペルー
    アマゾンの“空飛ぶ川”が干上がる?
    地球温暖化でアマゾン原生林約60%消滅の危機
    アマゾン熱帯雨林「想像以上に最悪」
    アマゾンが砂漠へ

    10億人以上が慢性的な飢餓状態 あなたに見えないコストをどこかで誰かが支払っている

    ‥‥国際連合食糧農業機関(FAO)によれば、10億人以上が慢性的な飢餓状態にあるという。‥‥
    ‥‥世界の飢餓問題は、十分な食糧の欠如の問題というよりは、食糧の配分と経済的不平等の問題‥‥
    ‥‥明らかなのは、世界で最も貧しい人々の基本的条件が、世界で最も豊かな数カ国に翻弄されているということだ。‥‥
    ‥‥レジで支払う金額は安いかもしれないが、あなたに見えないコストをどこかで誰かが支払っているのかもしれない。代償を負わされているのは、汚染されたメコン川流域に住む人たちかもしれない。彼らが住む場所は、かつては豊かなマングローブ林だったが、私たちのシーフードへの飽くなき欲求に何とか応えようとした水産養殖産業によって破壊されてしまった。あるいは、安価なトマトを生産するために、低賃金で長時間働いているスペイン南部の季節労働者かもしれない。‥‥
    (2010年10月25日 国連大学OurWorld2.0から抜粋)

    全閣僚、TPPの勉強会 関税撤廃の農業への影響を議論

    ‥‥関税の撤廃が国内の農業に与える影響を中心に意見交換し、TPP交渉参加の是非を議論したが、結論は出なかった。‥‥
    (2010年10月22日 asahi.comから抜粋)

    参考
    貧困と環境破壊を招く自由貿易の問題点を検証する
    TPPを締結すれば、日本の農業や酪農が壊滅することは火を見るより明らかだ。
    自由貿易によって、開発途上国の農家は市場から見放され、生活が圧迫されてしまう
    石油生産 2010年から2020年 ピークを迎える 非在来型石油、石炭、天然ガス燃料もその埋め合わせを行うことはできない

    石油減退が食料危機を招き 石油文明の崩壊へ
    ピークオイル 各国指導者達 対処できないでいる

    北極の寒さは戻らない可能性も=米海洋大気局

    ‥‥米海洋大気局(NOAA)は21日、北極が以前の寒い状態に戻らない公算が大きいとする報告書を発表した。‥‥
    ‥‥その理由の1つは極地増幅と呼ばれる現象。温かい空気が太陽を反射する白い雪や氷を解かすと、色が濃く熱を吸収しやすい水や土地が表面に現れ、さらに温暖化が進む。北極では夏、24時間太陽が当たっているため、その効果はさらに増大する。‥‥
    (2010年10月22日 ロイターから抜粋)

    参考
    海氷の減少が北極域温暖化の主な原因 温暖化過小評価のおそれ

    途上国の森林保全へ‥‥政府が米中と協力

    政府は、違法伐採や開発で急減している途上国の森林を保全するため、新たな途上国支援に乗り出すことを決めた。野生生物を保護するとともに地球温暖化対策に役立てる。‥‥
    (2010年10月22日 毎日jpから抜粋)

    参考
    熱帯雨林を伐採・焼却するとる温室効果ガスの20%が排出される。世界中の車、トラック、飛行機が出す排気ガスを合わせたものより多い
    森の消滅が温暖化を招く
    森林破壊、世界の温室効果ガスの20%を占める
    気候変動で森林のCO2排出が吸収量を上回る!?
    木々を保存する方が切り倒すよりも儲かるようにすれば、人々も森林を愛するようになるだろう。
    森林の維持に報酬がなければ、途上国は保全を引き受ける手段も動機も持てない。
    NASAが地球の森林地図を発表
    原生林は8000年前と比較して8割が消滅

    森林破壊の参考サイト等の一部ご紹介
    「市場の力」で森林を守る「REDD」

    破壊される世界の森林─奇妙なほど戦争に似ている

    生態系保全、年3.6兆円投資なら経済価値400兆円 国連機関報告

    国連環境計画(UNEP)は20日、生き物や自然環境の経済的価値などを分析した「生態系と生物多様性の経済学(TEEB)」の最終報告書を公表した。動植物や森林の保護など生態系保全に年450億ドル(約3兆6千億円)を投じれば長期的には水産資源の増加や温暖化防止効果などで年5兆ドル(約400兆円)の経済価値を生み出せるとの試算を紹介。保全を一切しないと最大で年4兆5千億ドルの損失が出る可能性があるとした。‥‥
    (2010年10月21日 日経から抜粋)

    参考
    世界銀行が「緑の」国民経済計算を提唱

    原子力大綱への見直し意見、9割に
    内閣府原子力委員会は10月12日、現行の原子力政策大綱の5年ぶりとなる見直しの必要性の是非について行った意見募集の結果を発表した。それによると、全回答者数のうち実に9割が、原子力開発の推進を明記した現大綱の見直しを求めていることがわかった。政府が進める原子力政策に、国民から「待った」がかけられた形だ。‥‥
    (2010年10月21日 オルタナから抜粋)
    温暖化・海洋汚染などで魚体縮小 国連報告、漁獲も減少

    40年後に日本周辺で捕れる魚の平均体長はわずか23センチになる―。‥‥
    (2010年10月21日 共同通信から抜粋)

    参考
    魚の平均体重がこの30年で半減、地球温暖化の影響か 仏研究
    2050年までに絶滅の魚種 日韓間の海域が最多
    警告!「海洋生態系の"ティッピング・ポイント"が近づいている」
    50年までに漁業不可能の恐れ 国連環境計画
    「40年で天然海産物が無くなる」:深刻な魚の激減

    世界の石油生産量は2010年から2020年の間にピークを迎える
    非在来型石油、石炭、天然ガス燃料もその埋め合わせを行うことはできない

    ‥‥世界で最も著名な石油地質学者100名に調査を行ったところ、その大多数が世界の石油生産量は2010年から2020年の間にピークを迎えると考えていることがわかった。‥‥
    ‥‥ダラスの石油地質学者ジェフリー・ブラウン氏のExport Land Modelは、石油産出国がピークを迎えてから石油輸出量がゼロになるまでの期間は最大で9年と予測する。 様々な専門家が、 2012から 2015年の間に石油供給の危機を迎え、その後は供給が激減する中、需要が増すため価格は高騰するだろうと警告している。中国やインドなどの 新興成長市場での産業向上、人口増加によって、その事態はますます悪化するというのが一致した意見だ。‥‥
    ‥‥残念ながら、問題なのは石油だけではない。非在来型石油、石炭、天然ガス燃料もその埋め合わせを行うことはできないのだ。‥‥
    ‥‥「非常に楽観的なシナリオで考えてもカナダのオイルサンドがピーク・オイルを防ぐことはできない」と結論付けている。‥‥
    ‥‥世界の天然ガス生産は 2025年までにピークを迎えるとしている。‥‥
    ‥‥世界の石炭生産は2007年の生産量から30%増加する 2025年がピークであると警告する。‥‥
    ‥‥核エネルギーの原料であるウランの生産がピークを迎えるのは2030年〜2035年の間だと警告した。‥‥
    ‥‥そもそも原子力は化学燃料にとって代わるには効率性が十分ではない。2010年から2050年まで毎年10.5%ずつ増産しなければならない計算になり、「持続不可能な展望」である。‥‥
    ‥‥つまり今世紀の産業文明は現在の形のままでは存続不可能だということを意味する。‥‥
    ‥‥エネルギーの枯渇、気候変動、食の不安、経済不安定、激しい紛争など重大な問題が集中して起こり、各国がこれらの危機に効果的に対応できないことが一層明白となりつつあることもあいまって、「世界同時破綻」、そして 崩壊へと進むこともありうる。近視眼的に軍事的解決に転換したところで、この崩壊を食い止めるどころか、早めるだけになるだろう。‥‥
    ‥‥壊滅的な資源不足を避けるのは出来ないかもしれないが、保全やエネルギー効率を上げて化石燃料消費を大幅に減らす努力によって衝撃を和らげることはできる。 100%脱炭素で再生可能なエネルギーを使用するという「理想の世界」の経済モデルはまだ理論上のものでしかないが、現在の幾何学的成長をベースにしていてはならない。 人類は自然環境と深く関わっているという大きな意識に基づいた脱炭素文明でなければならない。種の生存に必要な利己的競争ではなく、 人間同士の協力の重要性に基づいたものでなければならない。つまり 物質的価値観より、持続可能な反映に必要な健康、自由、教育に基づいたものでなければならないのだ。 21世紀は私たちの知る産業文明の終焉となるかもしれない。だが今より遥かに公正で持続可能で調和の取れた脱炭素文明を思い描き実現させるための、例を見ない機会でもある。
    (2010年10月20日 国連大学OurWorld2.0から抜粋)

    参考
    石油生産がピークを過ぎた。国際エネルギー機関(IEA)が認める。
    在来型石油の生産量が2006年にピークを迎えた可能性が高い(IEA)
    ピークオイル 各国指導者達 対処できないでいる
    石油減退が食料危機を招き 石油文明の崩壊へ
    大規模なエネルギー消費国のエネルギー安全保障(安定供給の仕組み)にまつわる不安は、1970年代の二度のオイルショック以降、いまや最大限に高まっている。

    「世界の石油産出量、2020年にピークに」--IEAチーフ・エコノミストが警鐘
    ピークオイルから低エネルギー化へ
    日本はピークオイルに備えて何をしているか?
    日本の化石エネルギーの輸入額 10年前には5兆円程度だったのが、昨年は23兆円に
    2007年から2009年には、掘削コストは、石油と天然ガスの売上の85%を超えています。
    石油生産の減少は温暖化対策に良いと誤解
    ピークが起る20年ほど前に緊急プログラムを開始すればエネルギー転換を行える
    原油生産ピークを迎えていたのか
    石油の代わりに使われるのはより多くの温室効果ガスを発生するオイルサンドや石炭液化であり、逆効果になりかねない。
    ピークオイル時代 リンクのページ
    枯渇する石油 ピークオイル
    すべての油井が枯渇するずっと前に、国際的な市場で石油を買い付けることができなくなって、輸入国は寒い外に置き去りにされるということを意味します(日本語訳あり)
    ポスト・ピークオイルに対応する新OS
    ピークオイルと気候変動の運動に橋を掛ける
    石油生産のピーク、地球規模で
    気候変動より深刻な資源枯渇「危機は2020年より前に到来」デニス・メドウズ
    崩壊の必要はない
    「石油が一番安い」というトリック

    石油不足の事態を控えめに見せかけてきた。これはIEA内部からの告発だ。
    石油の次、道二つ
    石油の需給逼迫を踏まえた持続可能な社会を考える(PDF)
    中国政府、ピーク・コールを懸念して石炭生産の制限を検討
    Mining the Truth on Coal Supplies
    無限の経済成長を目指す社会 住民全員に生存のための条件を保障することができない
    ピークオイルや気候変動がもたらす影響に左右されない地域づくりを進めるコミュニティ
    トランジション運動には不思議な力があるのです その不思議な力によって、私たちはコミュニティーと関わりたいと願うようになるのです。

    地球の広範囲で大干ばつの恐れ、米研究
    温室効果ガスが削減されなければ、30年以内に地球の広範囲が大干ばつに見舞われるおそれがあるとする論文が19日、学術誌「Wiley Interdisciplinary Reviews: Climate Change」に発表された。‥‥
    (2010年10月20日 AFPから抜粋)
    パプア人拷問 熱した棒で男性器を焼いている。過去40年間で40万人以上のパプア人が殺害された。

    ‥‥インドネシア国軍の兵士が東部パプア州で住民を拷問する様子を撮影したとされる映像が流出し、その残虐さが問題になっている。‥‥
    ‥‥兵士とみられる男が「武器はどこにある」と尋問しながら足で踏みつけ、熱した棒で男性器を焼いている。‥‥
    ‥‥パプアは天然資源が豊かで米国系企業が採掘する世界有数の金・銅鉱山があるが、今も貧困率は国内で最も高く、中央政府や外国資本に収奪されているという不満が強い。‥‥
    ‥‥西パプア亡命政府の外相を務めるヤコブ・ルンビアック氏は「過去40年間で40万人以上のパプア人が殺害された。この映像はインドネシアによる虐殺や人道に対する罪が今も続いていることを示している」と話す。
    (2010年10月20日 毎日jpから抜粋)

    参考
    拷問する様子を撮影したとされる映像(マスキング入り)
    インドネシア:国軍兵士らパプア人集落焼き打ち 映像入手
    私達はどうやって生きてゆけばよいのでしょうか‥‥。企業は私達に死ねというのでしょうか‥‥ 本当に長い間闘い続けてきましたが、世界はまるで無関心です。国際社会がここで何が起っているのかに注意を払わないでいる間に、インドネシアによって私たちの土地は奪われ多くの同胞が殺されてしまいました。
    インドネシア軍は西パプアの人々を動物のように扱います。まるで動物であるかのように私たちを殺すのです。
    山の中の村に英国製のホークジェットで機銃掃射し、高原をナパーム弾で爆撃し、見せしめとしてヘリコプターからふり落としたり、軍艦からサメの泳いでいる太平洋に放り投げたりしていた。なぜ『先進』とされる強い者たちの方針に従わないといけないのか? なぜ豊かな国が、特価で資源をひったくり、パプア人を安い労働力として使い、貿易の条件を決め、西側の選んだものの中に導こうとすることが許されるのか? なぜ『進歩』というものを、自分たちで定義できないのか?
    インドネシア軍だけでなく、警察も、広範な弾圧を行い、単に平和的な手段で、独立を支持しただけの人びとを、反逆罪(Rebellion)などで逮捕・立件しています。
    活動家の一人、ナガン・ラヤのパーム油労働者で35歳のツミジャンは、拉致され、4 日後に下水溝の中で発見された。喉が切り裂かれ、肢体は切断されて電線で縛られていた。
    パプアでは、人権侵害の実態を調査し取りまとめるのが、よりいっそう困難になっている。外国人の人権モニター(監視員)とジャーナリストの立ち入りが制限されているからである。
    インドネシア国軍ビジネスは、長い間、人権侵害・犯罪・汚職の原因となってきた
    アジアに対する開発援助供与においては、常に、日本が必要とする資源の獲得と日本企業の投資誘導が最重視されてきました。最貧国でもないインドネシアがずっと援助対象国の第1位であった事実がそれを証明しているでしょう。
    インドネシアはアジアの主要銅生産国であり、日本の銅輸入量において重要な役割を担っている。
    インドネシアの金・銅鉱山(グラスバーグ鉱山)で、地元先住民が資源開発会社に対して3兆円の損害賠償を求め訴訟を起こした。
    日本へ金と銅を輸出するグラスバーグ鉱山鉱滓が破壊した森林 
    グラスバーグ鉱山(A地点)下流、鉱滓が残した異常な色の部分が森林破壊エリア GoogleMap
    資源開発の闇〜ブーゲンヴィル銅鉱山を巡る暗闘
    日本のコピー用紙が安くなったのは、インドネシア製の安い紙が大量に輸入されるようになったから
    コピー用紙が破壊する熱帯林−インドネシア
    インドネシアで生産される木材の50%以上が違法伐採木材であると報告。(外務省)
    インドネシアでは毎分サッカー場5つ分の森林が破壊されている
    オイルパーム・プランテーションがインドネシア森林破壊の最大の元凶
    中国や日本は、パラダイス・フォレストからの違法伐採木材の最大の輸入国
    西パプアドキュメンタリー(動画 英語)
    大きな資源の発見があった国は以前よりひどい貧困に陥る可能性がある。
    資源国の悲惨が指し示す人類の危機

    金属の「2050年枯渇説」が浮上
    2050年までの累積で現有埋蔵量の数倍の使用量が予想される金属は、銅、鉛、亜鉛、金、銀‥‥
    銅鉱山の開発が難しくなるにつれて、「平均粗鋼品位」、すなわち粗鋼に占める銅の品位が2000年をピークに毎年、徐々に低下傾向
    資源の呪い
    資源の生産、消費、貿易の販売価格は、環境破壊や資源枯渇などのコストを含んでいない

    「生態系と生物多様性の経済学(TEEB)」の最終報告書が完成

    欧州委員会は、3年間に渡って実施された研究プロジェクト「生態系と生物多様性の経済学(TEEB)」の最終報告書「自然の経済学の主流化」が完成したことを公表した。報告書では、生態系の侵害、生物多様性の喪失によってもたらされるコストは、人間社会における対応の範囲を超えていることを示す経済的証拠が集められている。‥‥
    (2010年10月20日 EICネットから抜粋)

    参考
    反響呼ぶ生物多様性の経済価値分析―TEEB中間報告解説
    生態系と生物多様性の経済学詳細解説
    生態系保全年3.6兆円投資なら経済価値400兆円

    2050年までに絶滅の魚種、日韓間の海域が最多見通し

    国連環境計画(UNEP)が19日、2050年までに最も多くの種類の魚が絶滅するのは、北大西洋では日本と韓国に挟まれた海域とする将来予測を公表した。‥‥
    (2010年10月19日 日経から抜粋)

    参考
    警告!「海洋生態系の"ティッピング・ポイント"が近づいている」
    50年までに漁業不可能の恐れ 国連環境計画
    「40年で天然海産物が無くなる」:深刻な魚の激減
    2048年 海の幸が消滅 ほぼ確実
    海水の酸性化、急速に進行 50年には今の2.5倍に
    持続可能な海の利用を 環境省、初の保全戦略を策定へ

    IPCCが特定の政策を推奨することはない
    ‥‥IPCCに関係してきた 日本の有志10名による「IPCC報告の科学的知見について」と題する声明が公にされた。‥‥
    ‥‥ここでは次の通り、IPCCが特定の政策を推奨することはないと明言すると共に、政策は科学に準拠はするものの、経済・社会の幅広い見地から総合的に判断するべきであるとしている。‥‥
    (2010年10月18日 ECO マネジメントから抜粋)
    生態系サービスの利用に代価を支払う動きが広がる

    ‥‥人間の生活や企業活動の多くは、生態系が提供するサービスに依存している。生態系は食料や木材など様々な生物資源を提供したり、気候を一定に保ったり、水や空気を浄化したりしている。これらを生態系サービスと呼ぶ。生物多様性の保全なしには得られないものである。
    自分たちが利用している生態系サービスの対価や、サービスを持続可能な形で利用するための保全活動に必要なコストを直接支払う──これがPESの考え方だ。‥‥
    (2010年10月18日 ECO JAPANから抜粋)

    参考
    世界銀行が「緑の」国民経済計算を提唱
    インドネシアの金・銅鉱山(グラスバーグ鉱山)で、地元先住民が資源開発会社に対して3兆円の損害賠償を求め訴訟を起こした。
    生態系保全 企業も本腰 消費者、資源枯渇を意識
    地球上の生態系破壊 損失最大「年380兆円」
    生物多様性 損失懸念‥‥経営者の3割未満

    動植物や他の生命体の多様性がいかに価値があり、健全で機能的な生態系にどれほど貢献しているかを、経済大国の多くは理解していない。
    「自然資源という資本」を経済学者は考慮に
    資源が枯渇に直面した今、経済学者に検討してもらいたい
    大きな資源の発見があった国は以前よりひどい貧困に陥る可能性がある。
    環境破壊による損失は年間500兆円
    持続可能な未来へ ―組織と個人による変革―
    無限の経済成長を目指す社会 住民全員に生存のための条件を保障することができない

    経済学の重大な欠陥 都合が悪いことは外部不経済

    CO2は最も影響力のある温室効果の"調整ノブ" 存在量によって大気中の水蒸気量が決まる

    ‥‥一連の理想的な気候モデル実験のなかで、大気のさまざまな温室効果ガスを増減し、気温調整における各ガスの役割を解明しようとした。その結果、CO2は最も影響力のある温室効果の“調整ノブ”であり、その存在量によって大気中の水蒸気量が決まることが証明された。‥‥
    (2010年10月15日 Scienceから抜粋)

    参考
    温暖化はやはり減速中?――原因は水蒸気か自然変動か

    地球温暖化の鈍り、成層圏の水蒸気減少が影響?
    二酸化炭素の増加は温暖化を進行させる 水蒸気量の増加が温暖化をさらに増幅

    水蒸気は温暖化を増幅しているが、その引き金を引いているのが、二酸化炭素を始めとする人為起源の温暖化ガス
    改めて問われる温暖化の原因

    現在の消費生活を続けると、2030年までには地球2個分、2050年には地球3個分が必要になる

    ‥‥WWFジャパンは「人口が増加し、食糧事情も限られていく中、地球が持ちこたえられるか。消費生活を見直し、環境負荷を減らす必要がある」と訴えている。
    (2010年10月14日 産経ニュースから抜粋)

    参考
    人類の自然資源に対する需要は、地球が供給できる量より50%も超過
    日本人と同じ生活をすれば、地球が2.3個必要
    世界飢餓にまつわる12の神話
    人口爆発が問題と思うのは、間違った神話だ。人口増加は『症状』であって『問題の原因』ではない。

    【チリ救出】今年チリ銅鉱山で亡くなった方、30人を超えている

    ‥‥今回の事故、あきらかに人災なんですね。この鉱山たびたび安全管理義務違反を犯しています。さらに死亡事故も起こしています。さらに今年に入ってチリにある銅鉱山で亡くなった方、実は30人を超えているんですね。毎年過去5年間35.6人〜40人で推移しているんですが、今年はまたハイペースで死亡事故が推移していました。‥‥

    ‥‥これからも世界中で資源の争奪戦がさらにヒートアップするであろうという状況下にあって、そのあたりに問題を提起している今回の落盤事故でもあるわけです。‥‥
    (2010年10月14日 報道ステーションから抜粋)

    参考
    中国では、鉱山事故による09年の死者は公式の記録だけで2631人
    大きな資源の発見があった国は以前よりひどい貧困に陥る可能性がある。
    資源国の悲惨が指し示す人類の危機

    金属の「2050年枯渇説」が浮上
    2050年までの累積で現有埋蔵量の数倍の使用量が予想される金属は、銅、鉛、亜鉛、金、銀‥‥
    銅鉱山の開発が難しくなるにつれて、「平均粗鋼品位」、すなわち粗鋼に占める銅の品位が2000年をピークに毎年、徐々に低下傾向
    鉱物、金属、化石燃料などの再生不可能な資源の採掘コストの急増によって、資源のフローを維持するために必要な投資が加速度的に増え、他の部門への投資資金が欠乏
    インドネシアの金・銅鉱山(グラスバーグ鉱山)で、地元先住民が資源開発会社に対して3兆円の損害賠償を求め訴訟を起こした。
    日本へ金と銅を輸出するグラスバーグ鉱山鉱滓が破壊した森林 
    グラスバーグ鉱山(A地点)下流、鉱滓が残した異常な色の部分が森林破壊エリア GoogleMap

    フリーポート社を護衛するインドネシア軍とアムンメ族が衝突し、過去三〇年間でアムンメ側には数千名の犠牲者が出ている
    資源開発の闇〜ブーゲンヴィル銅鉱山を巡る暗闘
    資源の呪い
    厚い国家主義の壁 策定は難航 資源貿易の国際ルール
    拷問する様子を撮影したとされる映像が流出‥‥過去40年間で40万人以上のパプア人が殺害された。その映像

    国民1人当たりの所得が上昇しても、個人の幸福は増大しないことが実証的に明らかになっている

    ‥‥貧困概念や貧困指標を定めることの難しさである。従来、貧困は人口1人当たりの所得水準などを基に定義されてきた。しかし、インド出身の経済学者A.センは、潜在能力(capability)アプローチを展開し、人間が自分の潜在能力を発揮し、自ら価値あると考える生き方を選び取る自由が阻害され、人間の発達(human development)が制約されている状態を貧困とした。貧困概念をこのように考えれば、国連開発計画(UNDP)が1990年から毎年公表している「人間開発報告書」からも明らかなように、経済成長が貧困を解決するとは単純に言えない。貧困概念を転換し具体的に定式化することが、経済成長や開発の内容を問い直すことにつながるのである。‥‥

    ‥‥所得と幸福に関する基本的な関係が、無条件に成立してきた伝統的な経済学の主張に、根拠がないことが明らかになってきた。つまり、「長期的に見れば、国民1人当たりの所得が上昇しても、個人の幸福は増大しない」ことが実証的に明らかになっているのである。‥‥
    (2010年10月12日 ECO JAPAN『地球温暖化防止の環境経済学』から抜粋)

    参考
    「日本人の生活はシンプルだから貧しい者はいっぱいいるが、そこには悲惨というものはない」と書き、日本人に欧米諸国の貧困層がもつ野蛮さがないことに驚嘆したうえで、それがしだいに失われていく日本を哀惜した。
    これといった資源のない国ブータンは、“国民の幸福度”が世界一高いといわれる。国民の94%の人たちが幸せだと思っている。発展途上の、資源保有国と資源がない国に関するパラドックスだ。
    大きな資源の発見があった国は以前よりひどい貧困に陥る可能性がある。

    パーム油(加工食品や洗剤などの原料)が熱帯雨林を違法伐採

    ‥‥アブラヤシの実からつくられるパーム油は加工食品や洗剤などの原料として世界的に需要が急増しています。生産地のインドネシアやマレーシアでは、アブラヤシの畑をつくるため熱帯雨林が違法に伐採され、オランウータンなどの住みかが奪われています。‥‥
    (2010年10月12日 NHKクローズアップ現代から抜粋)

    参考
    『大豆とパームオイルと熱帯林』森につながる私たちの暮らし
    インドネシアにおける紙パルプとオイルパームの環境影響
    コピー用紙が破壊する熱帯林−インドネシア
    セミナー「生物多様性〜トラとオランウータンとわたしたち」
    生態系保全 企業も本腰 消費者、資源枯渇を意識
    地球上の生態系破壊 損失最大「年380兆円」
    生物多様性 損失懸念‥‥経営者の3割未満
    “緑の監獄”一度プランテーションの中に閉じ込められたら二度と外に出て行くことができない人たち
    生物多様性、「保護」と「保全」の大きな違い

    温暖化交渉、対立解けず 特別作業部会が閉幕

    ‥‥11〜12月にメキシコ・カンクンで開く同条約の第16回締約国会議(COP16)で次期枠組み交渉が決着するのは絶望的な状況となり、13年以降に国際的な温室効果ガスの排出削減義務が存在しない「空白期間」が生じる恐れが強まった。‥‥
    (2010年10月9日 共同通信から抜粋)

    参考
    温暖化対策作業部会 米中対立
    中国のCO2排出量65億トン、2位米と差拡大 08年
    中国が温暖化で日本批判 議定書の枠組みめぐり
    中国の環境問題が世界に与える影響

    経団連会長「温暖化基本法、成長戦略に逆行」

    日本経団連の米倉弘昌会長は8日の記者会見で、政府が地球温暖化対策基本法案を閣議決定したことについて、「菅直人首相が進める新成長戦略に正反対の方向を向いている」と批判した。‥‥
    (2010年10月9日 日経から抜粋)

    参考
    EC環境委員会、「30%排出量削減はEUの経済成長を促す」
    地球温暖化対策基本法案:閣議で決定 排出量25%削減
    地球を守るため成長を制限する
    経済成長なき社会発展は可能か?
    無限の経済成長を目指す社会 住民全員に生存のための条件を保障することができない

    石油自体は増産されていない。すでにピークオイル(採掘可能量の上限)を迎えているという説もある。

    ‥‥ノーベル賞の創設者として知られるアルフレッド・ノーベルの親族が中心になって設立したノーベル・チャリタブル・トラスト(NCT財団)が、環境や持続可能なエネルギーの分野でアワード(表彰)や奨学金を立ち上げることを明らかにした。‥‥

    ‥‥世界はいつもそうだが、一般的な関心事としての危機感は長続きしない。しかし、それこそが本当の危機なのだ。ここ数年、石油価格の高止まり傾向は続いているにもかかわらず、実は石油自体は増産されていない。すでにピークオイル(採掘可能量の上限)を迎えているという説もある。エネルギー問題が多くの人々の生存さえ脅かしかねない深刻な問題だということは何度でも強調しておきたい。‥‥
    (2010年10月8日 ECO JAPANから抜粋)

    参考
    石油生産 2010年から2020年 ピークを迎える
    在来型石油の生産量が2006年にピークを迎えた可能性が高い(IEA)

    太陽活動衰退期にも可視光放射増加、改めて問われる温暖化の原因

    太陽活動の衰退期は、予想されてきたほど地球の冷却化に貢献していないとする研究結果が7日の英科学誌ネイチャーに発表された。‥‥
    (2010年10月8日 AFPから抜粋)

    参考
    もし事実であれば、いままでは太陽による気候変動への影響が過大評価され、人間活動の影響は過小評価されていたことになる。
    今年の太陽活動は過去最低の水準だ。それなのに気温が過去最高を記録するのは注目すべきことだ。
    20世紀半ば以降の黒点数はほぼ横ばい、最近の温暖化は温室効果ガスの増加が原因
    温暖化は太陽活動の活発化だけでは説明できない
    人為起源の温暖化ガスの影響によって、気温が自然のサイクルでは説明できないほどに上昇
    「地球温暖化の原因は太陽の活動」説を否定する新論文
    宇宙線減少は地球温暖化の原因ではない
    今日の宇宙天気情報

    地球を守るため成長を制限する

    ‥‥環境への意識が高く活動的な市民が、成長を制限する政策作りのための政治的意志を盛り上げていかなければならない。今、若い世代に投資をすると同時に、知識としてだけ持っている価値観を実際の行動に移すべきである。「すべてのタマゴをひとつのカゴにいれるな」と言われるが、その「カゴ」をひとつ増やせるのだ。 調査や研究によると人々は環境に対する信条はいくつかあるものの、個人的、家庭的、社会的、心理的理由があって行動に移せないでいる。このようなためらいこそ、公共政策やビジネス習慣において取り挙げられるべきだ。 「必要なのは、人々に新しい価値観を実行に移すよう指導できる人材です。個人ではなく、ポジティブな変化を進めるあらゆる団体が必要なのです」とメドウズ博士は言う。‥‥
    (2010年10月7日 国連大学OurWorld2.0から抜粋)

    参考
    気候変動より深刻な資源枯渇「危機は2020年より前に到来」デニス・メドウズ(成長の限界 著者)
    人口や経済が地球の物理的限界を行き過ぎてしまったら、引き返す道は二つしかありません。
    (成長の限界の)デニス・メドウズ氏に日本国際賞 天皇、皇后両陛下が出席
    経済成長なき社会発展は可能か?
    無限の経済成長を目指す社会 住民全員に生存のための条件を保障することができない
    資源国の悲惨が指し示す人類の危機
    経済学の重大な欠陥 都合が悪いことは外部不経済

    温室ガス20年に30%超過も WWFが警告
    世界自然保護基金(WWF)は6日、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの排出が、対策を強化しない場合、2020年に「深刻な影響が出る温暖化を防ぐための許容量」を最大で30%以上も上回るとの試算結果を発表した。‥‥
    (2010年10月6日 共同通信から抜粋)
    欧州で最も注目される思想潮流『経済成長なき社会発展は可能か?』

    ‥‥単に成長のスピードを緩めるのではない。成長とは異なる位相の、要は人間の身の丈に合った生活を、経済を構想しようというのである。
    いわゆる現実主義者たちの冷笑が目に見えるようだ。とまれ、しかし、それこそ現実は限界に近づいているではないか。脱成長の実現に向けた、本格的な議論を始めよう。
    (2010年10月5日 毎日jpから抜粋)

    参考
    経済の成長は人を幸せにしない
    脱成長の経済を特集する次号は12月6日発売。
    “成長”を考え直す世界の動きについての勉強会
    持続可能な未来へ ―組織と個人による変革―
    無限の経済成長を目指す社会 住民全員に生存のための条件を保障することができない

    肉食は地球環境への脅威、食生活改善が必要=カナダ研究

    ‥‥米科学アカデミー紀要に掲載されたこの論文によると、おおよその試算から、現在の状態が続けば2050年までに、畜産の影響だけで、気候変動や動植物の生息地の破壊が危険なレベルに近づくという。また同研究チームは、人口の増加や所得水準の向上を考慮すると、2050年までに1人当たりの肉の消費量を世界平均で19%―42%減らさなければ、現状レベルの環境は維持できないと説明している。
    (2010年10月4日 ロイターから抜粋)

    参考
    世界で排出される温室効果ガスの51%が畜産業に起因 ワールドウォッチ研究所
    食糧改革を阻止する企業に国連が警告
    温暖化防止へ肉食減らして IPCC議長が提言
    フードマイレージ 日本は群を抜いて世界ワースト1
    日本は世界で一番、食べ物を無駄に捨てている
    国連、2009年の全世界の飢餓人口は10億人に
    世界同時食糧危機 アメリカ頼みの食が破綻する
    シュメールやマヤ文明は食料生産の行き詰まりがきっかけで文明が崩壊した。
    ザ・ベストハウス123で紹介された「いのちの食べ方」(この映像をショッキングだと感じたなら、わたしたちの今の暮らしこそが、ショッキングなのだ。監督)

    世銀、方針転換へ 途上国への米国的政策押しつけ終幕

    世界銀行のゼーリック総裁が29日の講演で、米政府と国際機関が、発展途上国に米国的な政治・経済政策を押しつける「ワシントン・コンセンサス(ワシントン合意)」が終幕を迎えているとして、世銀の透明性を向上させる自己改革を表明した。世銀が、過去の手法の終わりを自ら宣言するのは異例で、新興国が台頭し、多極化が進む世界経済に対応するのが狙いだ。 ‥‥
    (2010年9月30日 asahi.comから抜粋)

    参考
    ワシントン・コンセンサス
    国際機関(IMF 、世界銀行、WTO) は、先進工業国の利益のために、もっと正確に言うなら先進国内の特定の利権(農業、石油大手など)のために動いている。
    世界銀行が「緑の」国民経済計算を提唱

    5分の1の植物が絶滅危機に 「絶滅種」動物の生存例も

    英王立植物園が行った調査で、世界の植物の5分の1が絶滅の危機にあることが判明した。 ‥‥
    (2010年9月30日 CNNから抜粋)

    参考
    生物多様性 損失懸念‥‥経営者の3割未満
    地球上の3分の1以上の生物に絶滅のおそれがある

    「自然資源という資本」を経済学者は考慮に

    地球上の生態系破壊  損失最大「年380兆円」
    世界経済を支える生物多様性

    生態系オフセットがないのは先進国では日本くらいだ

    ‥‥生態系サービスの価値を何らかの手段で測定し、開発時に等価の生態系をどこかで保全することを開発側に義務付ける生態系オフセット(埋め合わせ・相殺)の考え方は、すでに欧米で一般的だ。米国では湿地などの開発に伴うオフセットは数十年の歴史がある。欧州でも重要な生物種が生息する地域を開発する場合は埋め合わせとなる保全抜きでは認めないとする欧州連合(EU)指令がある。こうした制度がないのは先進国では日本くらいだ‥‥
    (2010年9月29日 日経から抜粋)

    参考
    生物多様性がビジネスを変える
    COP10をどう歩くか、道案内します

    貧困・温暖化対策へ国際連帯税検討 政府、航空券税想定

    グローバル化の恩恵を受けている経済活動に課税して、貧困や温暖化などグローバル化の影の部分の対策に必要な財源に充てる「国際連帯税」の創設に向け、菅政権が動き始めた。‥‥
    (2010年9月27日 asahi.comから抜粋)

    参考
    通貨取引に国際課税を提言 途上国支援や温暖化対策に
    国際連帯税を推進する市民の会

    石油減退が食料危機を招き 石油文明の崩壊へつながる

    ‥‥石油がピークを迎えるということは、日本の食料調達が危機を迎えつつあるということなのです。
    食料は人間の生存の基盤、その危機は文明の崩壊につながります。‥‥
    (2010年9月22日 東洋経済から抜粋)

    参考
    世界の石油生産量は2010年から2020年の間にピークを迎える 非在来型石油、石炭、天然ガス燃料もその埋め合わせを行うことはできない
    ピークオイル 各国指導者達 対処できないでいる
    シュメールやマヤ文明は食料生産の行き詰まりがきっかけで文明が崩壊した。
    温暖化でアジア人の食生活ピンチ、減少するコメ生産量
    食料自給率 主食なき国の危うい夏
    気候変動が食糧安全保障を脅かす
    食料自給率低下/総力戦で50%の必達を
    食料安全保障
    食糧危機が懸念される今、アフリカや東欧の農地を外国企業が囲い込む「ランドラッシュ」と呼ばれる争奪戦が激化している。
    世界同時食糧危機 アメリカ頼みの食が破綻する
    異常気象の頻発が食糧危機の引き金に

    世界飢餓にまつわる12の神話
    在来型石油の生産量が2006年にピークを迎えた可能性が高い(IEA)
    文明社会 頂点に達した後 数十年以内に崩壊します。

    生態系保全、企業も本腰 消費者の目や資源枯渇を意識

    いろいろな生物がかかわり合う生態系全体(生物多様性)を保全するための取り組みが、企業に広がっている。生態系破壊に消費者の目が厳しくなる一方、生物資源が枯渇すれば事業存続も難しくなるからだ。‥‥
    (2010年9月21日 asahi.comから抜粋)

    参考
    生物多様性 損失懸念‥‥経営者の3割未満
    動植物や他の生命体の多様性がいかに価値があり、健全で機能的な生態系にどれほど貢献しているかを、経済大国の多くは理解していない。
    地球上の生態系破壊  損失最大「年380兆円」
    インドネシアの金・銅鉱山で、地元先住民が資源開発会社に対して3兆円の損害賠償を求め訴訟を起こした。
    資源国の悲惨が指し示す人類の危機

    国連:事務総長が「50−50−50チャレンジ」を提唱

    ‥‥国連の潘基文(バン・キムン)事務総長は、2050年までに地球の人口は50%増の90億人に達する一方で、温室効果ガスを50%削減する「50−50−50チャレンジ」を提唱した。‥‥
    (2010年9月21日 毎日.jpから抜粋)

    参考
    人口と工業生産は成長を続けるが、資源の入手が困難になり工業製品とサービスの生産が減り始める。

    国連、過去最高額の災害支援要請 パキスタンに1700億円

    ‥‥自然災害被害の支援要請額としては、国連が現在の支援要請制度を導入した1991年以降で最高額。‥‥
    (2010年9月18日 共同通信から抜粋)

    参考
    死者2000人以上、被災者2000万人と言われるパキスタン大洪水
    パキスタン水害被災者支援 現地リポート
    地球温暖化の長期的な気温上昇傾向は続いており、(今夏に)似たケースは増えると予想される

    日本の被害額予測 削減努力をしないケースでは17兆円増
    温暖化進み高潮被害29兆円 今世紀末の東京湾
    温暖化対策にいくらかかるのか〜富の1%を提供できますか?

    デング熱:大流行の兆し 東南アジアで死者数拡大

    東南アジアでデング熱が大流行の兆しを見せている。フィリピン、ラオスではすでに感染者数、死者数とも昨年1年間の数を超えた。大流行の原因は明らかではなく、旅先で感染する日本人感染者も増えている。‥‥
    (2010年9月16日 毎日jpから抜粋)

    参考
    温暖化の進行に伴い、日本においてもデング熱を媒介する蚊の生息域が拡大するなど感染症のリスクが高まります。

    西アフリカで食糧危機が深刻化
    ‥‥8月初め、国際援助の不足から、国連の食料プログラムは、ニジェールで2歳以上の子どものいる家庭への食料援助を一時停止せざるを得なくなった。「これらの人々は、来年の10月の収穫まで、自力で生き延びるすべを考えるしかない。緊急事態です」‥‥
    (2010年9月15日 EOLニュースから抜粋)
    日本海:深部酸欠 温暖化で循環滞り、100年後「死の海」?−−国環研チーム分析
    日本海の深海域が将来、無酸素状態になる可能性があることが、国立環境研究所や海洋研究開発機構のチームの分析で分かった。‥‥
    温暖化が現在のペースで進めば、100年後には日本海の海底付近が無酸素状態の「死の海」になる恐れもあるとして、チームは詳細な調査に乗り出した。‥‥
    (2010年9月14日 毎日jpから抜粋)
    環境が成長の柱 国の新ビジョンが続々
    参議院選挙で民主党が大敗したことで、同党の公約だった「CO2 25%削減」の扱いに不透明感が増している。だが、低炭素社会への変革を経済成長と雇用につなげようとする世界的な潮流はもはや止められない。 ‥‥
    (2010年9月13日 ECO JAPANから抜粋)
    風力発電の開発停滞 全量買い取り決まらず投資足踏み

    風力発電の新たな開発が停滞している。政府は2012年度にも風力の電力を高値で電力会社に全量買い取らせる制度を導入して支援を強化する方針だが、制度の詳細が固まらず、事業者が投資に二の足を踏んでいるためだ。しかも新制度の関連法案はねじれ国会の影響で、成立するかどうか不透明。新制度が、風力の普及拡大に水を差しかねない状況だ。 ‥‥
    (2010年9月13日 asahi.comから抜粋)

    参考
    再生可能エネルギーの全量買取制度の大枠

    地球温暖化は食い止められるか?

    ‥‥これまでと同じようにエネルギーを大量消費するインフラが増えて行けば、一部の設備を早期に停止しない限り、目標の“2度”達成は非常に困難になるだろう。つまり、今後10年間がすべての鍵を握る‥‥
    (2010年9月10日 ナショナルジオグラフィック ニュースから抜粋)

    参考
    日本の二酸化炭素排出量の約半分は、たった167工場が出している
    楽観的に見てもこの10年が勝負

    スマートシティ 40兆ドルの都市創造産業 〜 新インフラ市場に日本は勝機をつかめるか?

    ‥‥中国を筆頭にインドや韓国、そしてこれまでベースオブピラミッドと呼ばれたBOP途上国が急速に経済発展しようとしています。
    彼ら新興国が、20世紀に欧米や日本が作り上げたような多消費型の都市を次々と建設しようとしたら、世界全体のエネルギー問題、そして環境問題がすぐに破たんを来すであろうことは、だれの目にも明らかです。
    そこで登場したまったく新しい、きわめて効率的な仕組みでゼロから構築していく都市計画。それがスマートシティです。
    カギとなるのは、ITに環境技術。交通網や電力などのエネルギー配分、建設物のレイアウトや環境に対する配慮など。都市開発が環境破壊と同義語だった20世紀の常識を翻す。より快適に、よりエコに。そんなスマートシティが、実は続々と誕生しているのです。‥‥
    (2010年9月6日 日経ビジネスから抜粋)

    参考
    世界スマートシティ「100カ所調査」
    スマートシティ国際会議
    東大元総長小宮山氏がFDCを立ち上げ、スマートシティプロジェクトを推進
    スマートシティの動き、日本でも本格化
    欧州、中東、アフリカ‥‥ 脱CO2巨大プロジェクトのインパクト

    温暖化の影響か、アマゾン川の水位が過去40年で最低に ペルー

    アマゾン川の水源に近いペルー北東部で今年、水位が過去40年間で最低レベルに低下している。‥‥
    (2010年9月3日 AFPから抜粋)

    参考
    アマゾンの“空飛ぶ川”が干上がる?
    地球温暖化でアマゾン原生林約60%消滅の危機

    アマゾン熱帯雨林「想像以上に最悪」
    アマゾンが砂漠へ

    中国の経済、最大の敵は温暖化 最悪なら穀物生産5分の1に

    地球温暖化が最悪のシナリオを辿った場合、中国の主要穀物の収穫高は現在の5分の1にまで減少する恐れがあるとする論文が、1日の英科学誌ネイチャーに掲載された。‥‥
    (2010年9月2日 AFPから抜粋)

    参考
    温暖化でアジア人の食生活ピンチ、減少するコメ生産量
    食料自給率 主食なき国の危うい夏
    気候変動が食糧安全保障を脅かす
    食料自給率低下/総力戦で50%の必達を
    食料安全保障
    食糧危機が懸念される今、アフリカや東欧の農地を外国企業が囲い込む「ランドラッシュ」と呼ばれる争奪戦が激化している。
    世界同時食糧危機 アメリカ頼みの食が破綻する

    海洋酸性化、今世紀末までに海洋生物の崩壊をもたらす

    ‥‥過去の研究では、多様性の損失は30%だと示されていたが、今回の有孔虫についての結果はこれをさらに上回っている。ティッピング・ポイント(それを超えると一気に加速する閾値)は、pH平均値7.8だが、今世紀末にはこのpH濃度に達すると予測されている。‥‥
    ‥‥ 私たちが二酸化炭素排出量を削減しなければ、大量絶滅の危険を冒し、沿岸水域の品質を低下させ、有毒なクラゲと藻類の発生を促すことになる。‥‥
    (2010年9月2日 日刊温暖化新聞から抜粋)

    参考
    警告!「海洋生態系の"ティッピング・ポイント"が近づいている」
    50年までに漁業不可能の恐れ 国連環境計画
    「40年で天然海産物が無くなる」:深刻な魚の激減
    海水の酸性化、急速に進行 50年には今の2.5倍に
    持続可能な海の利用を 環境省、初の保全戦略を策定へ

    113年間で最も暑い夏に=記録ずくめ、55地点で最高値更新−気象庁

    気象庁は1日、今年の夏(6〜8月)の平均気温が平年より1.64度高く、統計を開始した1898年以降で最も高かったと発表した。全国154の観測点のうち55地点で記録を更新し、特に北日本と東日本では過去最高になった。‥‥
    (2010年9月1日 時事ドットコムから抜粋)

    参考
    熱中症死者、全国で約500人=戦後最悪の猛暑が影響
    「異常な夏」世界各地で 猛暑に豪雨、大規模災害も

    IPCC、「抜本的改革が必要」 国際検証委が勧告

    国連の「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」の地球温暖化見通しに誤りが指摘された問題で、外部の専門家によって構成された国際検証委員会は30日、再発防止のため抜本的なIPCCの機構改革が必要だとの勧告を行った。‥‥
    (2010年8月31日 産経ニュースから抜粋)

    参考
    ヒマラヤのIPCC報告書に誤り
    地球温暖化 不信を広げる研究者の姿勢
    地球温暖化論への懐疑
    トップの科学者たち、地球温暖化人為的説での総意を確認
    地球温暖化のデータねつ造疑惑、英専門委員会は「証拠見つからない」と否定
    温暖化報告書の誤りをめぐり、IPCCの調査を依頼 国連
    IPCCは変われるか?
    地球温暖化は本当なのか
    温暖化の科学的論争の行方はどうであれ、各国が温室効果ガスの排出削減に努めていくべきであることに変わりはない

    IPCC のデータ捏造疑惑は本当か?
    相次ぐ政治家・メディアの誤認 信頼回復に向けたIPCCの課題
    温暖化問題 揺らぐIPCCの報告書 検証の中身は
    IPCCに関係してきた 日本の有志10名による「IPCC報告の科学的知見について」と題する声明

    世界中の人が、日本人と同じ生活をすれば、地球が2.3個必要となる計算だ

    日本のエコロジカル・フットプリントに関する初めての報告書を公表
    ‥‥世界中の人が、日本人と同じ生活をすれば、地球が2.3個必要となる計算だ。‥‥
    ‥‥将来的に気候変動によって、世界の穀物生産量が減少するようなことがあれば、我が国は影響を免れないだろう。‥‥
    ‥‥日本は二酸化炭素を削減するための法制度を整備できていない。‥‥
    (2010年8月27日 WWFホームページから抜粋)

    参考
    「エコロジカル・フットプリント」は、1980年代の半ばに地球1個分の生物生産力(および二酸化炭素の吸収力)のラインを超え、2005年の時点でおよそ1.3の数値を示しています。
    地球の収支は大赤字! エコロジカルフットプリント

    エコロジカルフットプリント
    人口や経済が地球の物理的限界を行き過ぎてしまったら、引き返す道は二つしかありません。

    レアアースの価格が一段と高騰している

    ハイブリッド車や液晶基板の生産に不可欠なレアアース(希土類)の価格が一段と高騰している。‥‥
    ‥‥主産国の中国が輸出規制を強化したあおりで供給量が減っている。‥‥
    (2010年8月27日 日経から抜粋)

    参考
    レアアース、対欧米も輸出停止か=中国が措置拡大とNYタイムズ紙−米は調査へ
    15年でレアアース輸入も 中国、資源枯渇に危機感
    中国、レアアース対日輸出停止を通告
    中国の寡占支配が招くレア・アース供給危機 2012年に日本の成長産業の命運が決まる?
    資源獲得競争は時に人々の暮らしと自然を破壊する。その競争が行き過ぎると武力衝突につながることを忘れてはならない。
    レアアースの不足に備えよ
    中国のレアアース輸出規制に見る「資源ナショナリズム外交」への対処法

    もんじゅで作業中に装置落下か 3トン超、原子炉容器内
    日本原子力研究開発機構は26日、高速増殖炉原型炉もんじゅ+(福井県敦賀市)の原子炉容器内で燃料交換に使う装置をつり上げて撤去する際、全長約12メートルの筒状で重さ約3・3トンの装置が落下した可能性があると発表した。損傷程度は不明だが、炉心や周辺環境への影響は出ていないという。作業を中断して詳しい状況を調べている。‥‥
    (2010年8月26日 共同通信から抜粋)
    陸上植物が保持する炭素が減少

    過去10年間で地球大陸上の植物の炭素保持量が減少し、それ以前の20年間の傾向に逆行していることが研究者らにより報告された。‥‥
    (2010年8月20日 サイエンスから抜粋)

    参考
    森の光合成が停止 温暖化が促進
    気候変動で森林のCO2排出が吸収量を上回る!?

    異常気象の裏に気流変化、国連機関「緊急に調査必要」

    ‥‥ブロッキング現象は大雨や熱波を増長し、同じ地域にとどめ、異常気象を引き起こす可能性がある。地球温暖化のもとではより頻繁に起こると考えられている。‥‥
    ‥‥これらの現象が規模、期間、発生範囲のいずれの面においても、「前例のない連続的な現象」だとし、「ブロッキング現象発生の頻度や期間が今後変化するのか否かの解明は、気象科学における急務だ」と指摘した。‥‥
    (2010年8月19日 AFPから抜粋)

    参考
    ロシアの熱波とアジアの洪水は連動

    露大統領 干ばつで穀物収穫高の4分の1が壊滅

    ロシアのメドベージェフ大統領は12日、干ばつの影響で同国の穀物収穫高の4分の1が失われ、多くの農家が破産寸前の状況にあると述べた。 ‥‥
    (2010年8月12日 CNNから抜粋)

    参考
    国が壊滅する! ロシア全土を焼きつくす勢いの山火事
    ロシア森林火災とパキスタン洪水の関係
    世界の異常気象 長期化も見据えて備えを

    地球上の生態系破壊  損失最大「年380兆円」

    地球上の生態系破壊による損失は毎年最大4兆5000億ドル(約380兆円)に上ることが、国連環境計画(UNEP)研究グループの分析で分かった。‥‥
    ‥‥過去10年間で毎年、2兆ドル(約170兆円)から最大4兆5000億ドルの自然資産が失われていると結論づけている。
    今後も各国政府が何の対策もとらなかった場合、地球上の自然は2050年までにオーストラリア大陸と同じ大きさの約750万平方キロが消失すると予測。大型魚種の多量捕獲で漁獲高全体が減り、逆にクラゲが大量発生するなどして海の生物多様性が損なわれれば、50年以内に漁業が崩壊するとした。‥‥
    (2010年8月12日 中日新聞から抜粋)

    参考
    「自然資源という資本」を経済学者は考慮に
    資源が枯渇に直面した今、経済学者に検討してもらいたい
    インドネシアの金・銅鉱山で、地元先住民が資源開発会社に対して3兆円の損害賠償を求め訴訟を起こした。
    大きな資源の発見があった国は以前よりひどい貧困に陥る可能性がある。
    人口や経済が地球の物理的限界を行き過ぎてしまったら、引き返す道は二つしかありません

    ラニーニャ現象:気象庁が発生と発表 今冬寒くなる可能性
    気象庁は10日、太平洋赤道域の海面水温が基準値より0.5度以上低くなるラニーニャ現象が発生しているとみられると発表した。ラニーニャ現象はエルニーニョ現象と同様、異常気象の原因の一つと考えられている。‥‥
    (2010年8月10日 毎日jpから抜粋)
    この氷河の崩壊は史上最大規模の可能性

    グリーンランドのペテアマン氷河からマンハッタン島の約4倍の大きさの氷塊が分離したと2010年8月6日に発表された。この氷河の崩壊は史上最大規模の可能性があるという。‥‥
    (2010年8月9日 ナショナルジオグラフィックから抜粋)

    参考
    NASAによる衛星画像

    tbsnewsiの動画
    グリーンランドの「氷の島」分離、地球温暖化の警鐘

    世界のスピードについていけない日本の再生可能エネルギー

    ‥‥これでは、世界の再生可能エネルギー導入のスピードに日本がついていけないのは明々白々だ。海で隔てられたそれ以外の世界と、全く別の日本の時間感覚。「未来から目をそらし、変化が先送りされるよう時間稼ぎに全力を費やす」という性癖を改めない限り、この国のフェード・アウトは免れ得ない。
    (2010年8月5日 ECO JAPANから抜粋)

    参考
    努力すれどもCO2増加/自主努力の日本←→意気揚々とCO2削減/政策誘導のドイツ
    再生可能エネ、世界は順調な伸び 日本は停滞

    再生可能エネルギーの全量買取制度の大枠を取りまとめ─経済産業省

    経済産業省では、2009年11月に設置された「再生可能エネルギーの全量買取に関するプロジェクトチーム」における検討の結果を踏まえ、再生可能エネルギーの全量買取制度の大枠(基本的な考え方)を取りまとめました。‥‥
    (2010年8月4日 経済産業省ホームページから抜粋)

    参考
    日本が大きく立ち遅れているとの認識が乏しく、今回がラストチャンスであるとの危機感が乏しい(PDF)
    これが本当の省エネ(自家消費)インセンティブと言えます。
    自立国債で太陽光発電 東大前総長の未来提言
    財政の負担なしに新産業を創出する「自立国債」を提案する
    参議院会議録情報 第171回国会 国際・地球温暖化問題に関する調査会 第7号

    太陽が再び目を覚ました

    ‥‥今回の太陽嵐は、太陽活動が異例の長期間に渡った停滞期を終えて活発化し始めたことを示す兆候の1つでもあるという。太陽活動は約11年周期で活発化と停滞を繰り返す。前回の極大期は2001年に終わり、その後長い停滞期に入った。最近になって黒点の数が急増しているのに加え、8月1日に表面爆発が発生したことで、太陽が再び目を覚ましたと考えられている。‥‥
    (2010年8月4日 ナショナルジオグラフィックから抜粋)

    参考
    太陽の巨大爆発、フレアや津波もくっきり NASA
    太陽活動周期は、ループ状のプラズマ流の影響で長引いた?
    今年の太陽活動は過去最低の水準だ。それなのに気温が過去最高を記録するのは注目すべきことだ。
    太陽この100年で一番元気なし
    太陽風、ここ50年間で最も弱く
    20世紀半ば以降の黒点数はほぼ横ばい、最近の温暖化は温室効果ガスの増加が原因

    強力な太陽嵐で2012年に大停電? 対抗策は
    磁気シールドに破れ、太陽嵐の影響懸念 次の太陽活動極大期は2012年に始まると予測されている。

    今日の宇宙天気情報

    資源争奪戦 最新レポート2030年の危機

    ‥‥総人口8億人と言われる先進国が牽引してきた経済から 30億人とも言われる新興国の時代へとシフトしていることを考えれば 限られた資源を巡ってのグレートゲームが激化するだろうことは 想像に難くありませんね。 しかも、簡単に開発・生産が可能で、市場への搬出も容易だとされる イージーオイルのほとんどは消費つくされており、今後は 開発・生産の難しいオイルサンドなどの非在来型石油資源への移行が、 進んでいくことになるだろうとのことですが、これには採掘のコストも精製のコストも かさみますので、自ずとエネルギー価格上昇となるのは止むを終えません。 供給サイドにはピークオイル説が、 需要サイドには新興国の成長が台頭してきており、 現状のコストでいられるはずがないというのが今後の エネルギー価格を考える上でのポイントでしょう。‥‥
    (2010年7月31日 ラジオNIKKEIから抜粋)

    参考
    人口と工業生産は成長を続けるが、資源の入手が困難になり工業製品とサービスの生産が減り始める。

    2030年前後に地球は「臨界点」を迎えてしまう
    ピークオイル 各国指導者達 対処できないでいる
    <原油市況>大局的に資源枯渇と地球温暖化を背景にして上昇が続く
    世界の大油田、生産ピーク過ぎた IEA研究者が警告
    なぜ交渉は行き詰まったのか〜イラク巨大油田争奪戦〜
    日本の化石エネルギーの輸入額 10年前には5兆円程度だったのが、昨年は23兆円に
    主要国に比べ国産エネルギーの自給率が著しく低く、石油などの供給が突然途絶えるリスクがある(政府エネルギー白書)
    気候変動より深刻な資源枯渇「危機は2020年より前に到来」

    資源国の悲惨が指し示す人類の危機
    大きな資源の発見があった国は以前よりひどい貧困に陥る可能性がある。
    在来型石油の生産量が2006年にピークを迎えた可能性が高い(IEA)

    地球温暖化は否定できない、米政府報告

    米国海洋大気庁(NOAA)が2010年7月28日に発表した年次報告書『気候の状態(State of the Climate)』の最新版によると、10の気候指標を詳細に分析した結果、すべてが過去30年間に著しい温暖化か起きたことを示し、特に直近の10年間は観測史上最も気温が高かったという。‥‥ ‥‥最新のデータから、過去50年間に温室効果ガスに閉じ込められた熱の90%以上が海に吸収されたことが示されている。 ‥‥
    (2010年7月29日 ナショナルジオグラフィックから抜粋)

    参考
    多くの気候科学者が「地球温暖化に対する疑念が高まっているのではないか」と懸念している。

    温暖化対策、失速ムード ポスト京都に黄信号

    地球温暖化への対応を巡り先進国を中心に推進力がしぼんでいる。2013年以降の「ポスト京都議定書」と呼ばれる枠組み作りに向け、米国は11月の中間選挙も意識して温暖化ガスの削減目標に踏み込まない方向に傾いた。日本や欧州の動きも鈍く、年内に具体策で合意するのは難しい情勢だ。各国が景気浮揚や財政再建など緊急度の高い問題に労力を費やす一方で企業は環境対応を掲げて生き残りに懸命だ。‥‥
    (2010年7月29日 日経から抜粋)

    参考
    米、温暖化ガスの削減目標先送り

    熱波の2010年、史上稀に見る暑さに
    ‥‥長期的な温暖化傾向はエスカレーターに乗っている状態に例えられるという。それに対し、エルニーニョやラニーニャのような自然現象は、上昇するエスカレーターの上でステップを数段飛ばして上り下りする行為に似ているという。トレンバース氏も同意見で、エルニーニョとラニーニャはあくまでも「小さな変化」で、「こうした現象が長期的な気温の上昇傾向に加わったときに記録が更新される。地球温暖化だけでも自然現象だけでもない。両方の組み合わせだ‥‥
    (2010年7月27日 ナショナルジオグラフィックから抜粋)
    世界の太陽光発電パネル独占へ虎視眈眈、中国企業が低コストで大躍進
    ‥‥中国企業は価格を大幅に引き下げ、日本企業が数十年前に家電分野を支配したのと同様のやり方で、太陽エネルギー市場で寡占状態をつくり出そうとしている。価格下落で太陽エネルギーによる発電コストは徐々にグリッドパリティー、すなわち再生可能エネルギーによる発電コストと従来型エネルギー源による発電コストが同一の状況に近づいている。 ‥‥
    (2010年7月27日 ブルームバーグから抜粋)
    生物多様性:失われたら‥‥「会社成長に悪影響」経営者の3割未満──国連報告書

    生物多様性が失われると、会社の成長に悪影響を与えると懸念する国際企業の経営者が全体の3割に満たないとの報告書を、国連環境計画(UNEP)などがまとめた。一方で、生物多様性は木材の供給や地球温暖化防止などの恩恵をもたらし、その市場規模は20年には約25兆円に拡大すると試算、経営者に意識改革を求めた。‥‥
    (2010年7月26日 毎日jpから抜粋)

    参考
    インドネシアの金・銅鉱山で、地元先住民が資源開発会社に対して3兆円の損害賠償を求め訴訟を起こした。
    動植物や他の生命体の多様性がいかに価値があり、健全で機能的な生態系にどれほど貢献しているかを、経済大国の多くは理解していない。

    レアアースの不足に備えよ

    希少金属の一種、希土類(レアアース)の価格が中国の輸出削減で高騰している。希土類は電気自動車をはじめ成長分野の部品原料として欠かせず、政府や関連企業は供給不足への対策が急務だ。希土類の鉱石からは17種類の金属が抽出される。世界の2割を占める日本の需要は、9割を中国からの輸入に頼る。‥‥
    ‥‥供給が不足すれば部材の値上がりにとどまらず、ハイブリッド車や電気自動車、パソコンのハードディスク駆動装置などのモーター生産に支障が出る。‥‥
    ‥‥国内の在庫の統計さえない日本の現状は危機感に欠ける。供給不足の懸念は目前にあり、対応の遅れは許されない。‥‥

    (2010年7月24日 日経から抜粋)

    参考
    中国が世界の生産量の9割以上を占めるレアアースについて「需要に応えられるのは15〜20年で、将来的に輸入に依存する可能性がある」
    中国、レアアース対日輸出停止を通告
    レアメタル、独り勝ち中国と“無教養”日本
    中国、鉱物資源に依存する都市の4割が破たん危機に直面
    「資源枯渇型都市」は44都市 中国
    「資源ナショナリズム」の拡大が供給抑制する恐れ−英豪リオのCEO
    資源ナショナリズム
    レアメタル争奪の4000キロ
    鉄高騰 広がる衝撃 原料価格5倍に? 鉄が“素材の王者”を明け渡す日
    中国:世界的な資源獲得競争に「積極的」に参加へ

    差し迫るピークオイル問題に懸念が高まっているにも関わらず、各国の指導者達は明らかにこの事態を対処できないでいる

    ‥‥この事故は、完全に石油に依存している世界経済へ警鐘を鳴らすきっかけとなるべきだ。経済成長を促す燃料として頼ってきた石油に別れを告げ、密接な関係を断つ時が来たのである。石油は貴重な資源だ。今日のように無駄に消費するわけにはいかない。 しかし、ほとんどの人がこの現実を知らない、もしくは否定している。‥‥
    ‥‥“早ければ2014年には石油の需要が供給を上回る”と論じた。 偶然にも、そのわずか数日前にはクウェート大学の研究者がモデリング研究の結果を発表し、予測では世界の石油生産は2014年にピークを迎える、と指摘していた。 これらの発表や研究結果は英国エネルギー研究センターが 世界的石油枯渇に関して2009年に発表した“世界の石油生産は2020年より前にピークを迎える危険性が非常に大きい”という報告内容をさらに正当化するものだ。 私たちには本当に僅かな時間しか残されていないのである。‥‥
    ‥‥差し迫るピークオイル問題に懸念が高まっているにも関わらず、各国の指導者達は明らかにこの事態を対処できないでいる。この問題は今のところG20の検討課題にもなっていなければ国連総会の議題に上っているわけでもない。‥‥
    ‥‥国レベルで石油供給に混乱が生じた様々な歴史的前例を考察したフリードリッヒ教授は、考えられる“ピークオイルの軌跡”を3つ挙げた。(1)太平洋戦争前とその最中の日本の侵略的軍国主義、(2)冷戦終結時とその後の北朝鮮における全体主義体制下の経費節減、(3)国際的制裁への反応として見られたキューバにおける社会経済への適応。 教授の出した結論は非常に衝撃的で思考を挑発するものだ。
    「代用燃料となりうる組み合わせが見つかり代替技術の開発が間に合えば、ピークオイルの影響を緩和し世界のエネルギー消費の減退をしばらくは先延ばしできるでしょう。しかし、先送りしても時を改めてまた問題は起きるのです。有限の地球で無限に続く成長など不可能なのです。産業社会も自由貿易も、いつかは崩壊し始めるでしょう」‥‥
    (2010年7月23日国連大学 OurWorld2.0から抜粋)

    参考
    世界の大油田、生産ピーク過ぎた IEA研究者が警告
    なぜ交渉は行き詰まったのか〜イラク巨大油田争奪戦〜
    日本の化石エネルギーの輸入額 10年前には5兆円程度だったのが、昨年は23兆円に
    2030年前後に地球は「臨界点」を迎えてしまう
    気候変動より深刻な資源枯渇「危機は2020年より前に到来」
    ドイツ、再生可能エネルギー 100%による電力供給は2050年までに達成可能
    再生可能エネ、世界は順調な伸び 日本は停滞
    主要国に比べ国産エネルギーの自給率が著しく低く、石油などの供給が突然途絶えるリスクがある(政府エネルギー白書)
    在来型石油の生産量が2006年にピークを迎えた可能性が高い(IEA)

    NASAが地球の森林地図を発表 衛星から高さも把握

    米航空宇宙局(NASA)は20日、地球観測衛星「ICESat」などを使って作製した地球全体の森林地図を発表した。森林の広がりだけでなく高さも分かるのが特徴で、地球上のすべての森林を観測した地図は初めて。NASAは地球温暖化の研究に役立てたいとしている。‥‥
    (2010年7月21日共同通信から抜粋)

    参考
    地球全体の森林地図 NASA
    原生林は8000年前と比較して8割が消滅

    森林破壊の参考サイト等の一部ご紹介

    研究報告:気候変動「懐疑派」は科学的専門知識が不足

    気候変動人為説に懐疑的な少数の科学者たちは、支持派の科学者に比べ、気候研究の専門知識や重要性の点でかなり劣っていることが、米国スタンフォード大学の研究者による調査で明らかになった。‥‥
    (2010年7月20日 日刊温暖化新聞から抜粋)

    参考
    多くの気候科学者が「地球温暖化に対する疑念が高まっているのではないか」と懸念している。

    北極圏の海氷、予想以上に溶け3年前の過去最小に並ぶ可能性−ロシア

    ロシア連邦水文気象・環境監視庁は北極圏の海氷が予想以上に溶け、今季の消失量は海氷面積が過去最小となった3年前に並びそうだ、との見通しを示した。 ‥‥
    (2010年7月20日ブルームバーグから抜粋)

    参考
    北極の夏の氷は10年で消える? ナショナルジオグラフィック ニュース
    北極振動に伴う気温変化のパターンと、近年の地球温暖化にみられる変化パターンがとてもよく似ている。
    北極では、もはや後戻りのできない変化が
    北極海の氷、薄くなる─NASAおよびNSIDC調査
    北極圏海氷面積最新情報 JAXA

    異常な寒さが南米で猛威 死者など各地で被害
    ‥‥南米大陸南部がこのところ強い寒気に覆われ、各国で死者が出るなど被害が拡大している。 ペルーの国営通信によると、ボリビアでは低温の影響でこれまでに18人が死亡している。ボリビア当局は19日、主要都市サンタクルス・デラシエラの気温が3度となり、29年ぶりの低温を記録したと伝えた。他の地域では零下に達したところもあるという。 ‥‥
    (2010年7月20日CNNから抜粋)
    豪雨をもたらしたエルニーニョもどき

    ‥‥梅雨明け直前になぜこれほどの雨が各地で降ったのか。専門家は「エルニーニョもどき、と我々呼んでますけども、この現象にあると思っています。」‥‥
    (2010年7月18日サンデーフロントラインから抜粋)

    参考
    ゲリラ雷雨メール
    豪雨集中のわけは? 偏西風蛇行に‥‥
    寒暖が繰り返す エルニーニョもどき
    NY襲った熱波が東京に来襲の可能性、蛇行偏西風猛威か
    酔って遊泳1200人水死 穀物被害、火災も急増
    中国の大雨被害 死者200人
    パキスタンで大洪水、400人以上が死亡
    荒れる地球 異常気象

    <人口爆発>2015年には2300万人、2020年には2500 万人の可能性も―北京市

    北京市政府の調査によると、同市の人口が急激に増加しており、2015年には2300万人、2020年には2500万人を突破し、一部都市機能が麻痺する可能性があるという。北京晩報が伝えた。 ‥‥
    ‥‥さらにはエネルギー問題がある。同市は98%の資源・エネルギーを外部に依存しているため、このまま人口が膨張し続けると、例えば「南水北調プロジェクト」で同市が南部地区から導入する水資源は、増加する人口分ですべて消費されてしまう可能性があるという。‥‥

    (2010年7月16日レコードチャイナから抜粋)

    参考
    2033年に人口がピークの15億人に、2040年以降は減少で負の影響も―中国
    河南省の人口が今月中にも1億人を突破!初の“1億超え省”に―中国
    中国がエネルギー消費世界一に 09年、IEA発表
    アジアが水危機にはまっていることは間違いない。時間が経てば状況はますますひどくなるだろう
    中国:世界的な資源獲得競争に「積極的」に参加へ
    それでも資源囲い込みを続ける中国
    2030年前後に地球は「臨界点」を迎えてしまう
    気候変動より深刻な資源枯渇「危機は2020年より前に到来」
    人口や経済が地球の物理的限界を行き過ぎてしまったら、引き返す道は二つしかありません

    世界飢餓にまつわる12の神話
    人口爆発が問題と思うのは、間違った神話だ。人口増加は『症状』であって『問題の原因』ではない。

    原油流出止まる=米メキシコ湾事故後初めて−BP
    再生可能エネ、世界は順調な伸び 09年、日本は停滞

    ‥‥国連環境計画(UNEP)も同日、再生可能エネルギー開発への投資に関する調査結果を発表。「地球温暖化対策やエネルギー安全保障の観点から関心は高く、世界的な経済不況にもかかわらず、民間企業などの投資は堅調だ」とした。  日本の太陽光発電の新設容量は増えたものの、トップであるドイツの約8分の1。各国で急成長している風力発電の停滞が深刻で、09年末段階での再生可能エネルギーの総設備容量は、1位の中国の約7分の1、世界6位にとどまった。
    REN21によると、09年に新たに設置された風力発電の容量は3800万キロワットで過去最高。うち1380万キロワットが中国で、再生可能エネルギーの急拡大ぶりを見せつけた。‥‥
    (2010年7月15日共同通信から抜粋)

    参考
    ドイツ、再生可能エネルギー 100%による電力供給は2050年までに達成可能

    ヒトが滅びかけているのは内的要因だ。しかもヒトが作った「巨大企業」という、利益をむさぼる恐竜によって滅ぼされようとしているのだ。
    14年前にアメリカのカリフォルニア州で、電気自動車が大ヒットした。 しかし、それは唐突に生産を打ち切られた。なぜか?
    ● 恐竜たちが滅びたのは外的要因だった。いま、ヒトが滅びかけているのは内的要因だ。しかもヒトが作った「巨大企業」という、利益をむさぼる恐竜によって滅ぼされようとしているのだ。
    ● 3秒に1人のスピードで子どもが死んでいく飢餓問題は、元をたどれば先進国が途上国に融資した資金の返済をめぐって起きている。
    ● 今の自動車は発熱したエネルギーのわずか12%しか、移動のエネルギーに使えていない。
    ● 電力会社の最大コストは発電所ではない。送電設備なのだ。
    ● ‥‥だから日本の電力料金はアメリカの3倍、スウェーデンの8倍高い。
    (2010年7月14日 「ヤマダ電機で電気自動車を買おう 仕組みを変えなければ温暖化は止まらない」田中優 著から抜粋)
    経済の成長は人を幸せにしない 経済哲学者・ラトゥーシュ氏に聞く
    無限の経済成長を目指す社会 住民全員に生存のための条件を保障することができない

    ‥‥この袋小路の中で、日本の政界や産業界は近代の成長パラダイムを根本から問いに付すことなく、成長社会を維持するための戦略──成長戦略──を新たに計画することに躍起になっている。そこには「豊かさ」の意味を根本から聞い直す態度もなければ、また成長社会とは全く異なる論理で活動する社会を描く構想力も見受けられない。現行の経済体制を維持したままの一時凌ぎの政策では、長期的な社会変化の展望を描くことは困難であり、人々は不安と隣り合わせで生活を続けていくだけであるとしても、である。

    真に「安心・安全な社会」とは、日本で生活するすべての人々の生存を数世代にわたり保障する価値と原理を展望として提供できる社会であり、そのような社会は実行可能な参加型プロジェクトの取り組みに裏打ちされた理想によって支えられるものである。無限の経済成長を目指す生産主義的で消費主義的な社会が構造的な矛盾を抱えており、住民全員に生存のための条件を保障することができないのであれば、社会が依拠する価値と進むべき方向を転換し、社会を構成する文法を新たな目的に向かって徐々に変えてゆくことが重要である── 〈脱成長〉論が提案していることは至極単純で本質的なことである。ラトゥーシュがわれわれに訴えかけることは、そのような社会の価値と目的の転換が絵空に終わらないためにも、望ましい理想をローカルで地道な実践によって一つ一つ具現化していくことの大切さである。‥‥
    (2010年7月10日発行「成長なき経済発展は可能か?」日本語版解説から抜粋)

    参考
    経済の成長は人を幸せにしない 経済哲学者・ラトゥーシュ氏に聞く
    欧州で最も注目される思想潮流『経済成長なき社会発展は可能か?』
    経済成長のない世界
    2030年前後に地球は「臨界点」を迎えてしまう
    「自然資源という資本」を経済学者は考慮に
    資源が枯渇に直面した今、経済学者に検討してもらいたい
    環境破壊による損失は年間500兆円
    人口や経済が地球の物理的限界を行き過ぎてしまったら、引き返す道は二つしかありません
    持続可能な未来へ ―組織と個人による変革―

    ピークオイルや気候変動がもたらす影響に左右されない地域づくりを進めるコミュニティ

    高度な技術が文明崩壊の引き金になる
    ‥‥対策を先延ばしにすればするほど裁量の余地は狭まり、その段階で「石油後」の世界を構想しようにも身動きが取れなくなる‥‥
    ‥‥複雑性が増えると見返りも増えるが、ある時点でピークを迎えてしまう。その後も、社会は複雑性を増しながら問題解決を目指すのだが、事態はますます悪化していく。‥‥
    ‥‥過去の経験に照らし合わせる限り、「より複雑化させることで問題解決を求めようとするアプローチ」は限界にぶつかってしまう。特に、投入する補助エネルギーが制約される世界では問題の解決策が見つからない可能性が高い。エネルギー問題に関しては、「技術が解決してくれる」という楽観的な見方もある。しかしその場合の「技術」とは、往々にして「より複雑でより高度な技術」である。ところが歴史は、高度な複雑化が逆に文明崩壊の引き金になることを教えている。‥‥
    ‥‥過去に崩壊した文明の共通点として「失敗の連鎖」を指摘している。それによると、(悪い事態の)予測に失敗→(その意味や真相を)認めることに失敗→克服のための試みに失敗→最終的に問題解決に失敗――という過程を辿るという。  つまり、崩壊した文明の本当の問題は、誰も将来を見通すことができず、危機的な状況に陥ることを予測できなかった点にあるのではない。過去の文明でも危機に対して警鐘を鳴らした人は存在したが、社会全体がそれを認めることに失敗し、その結果として克服のための試みが行えなかったわけだ。 同様のことは、前述したテインター教授も「人間の意識や行動パターンを改めることこそが困難であり、ここに過去の文明社会が崩壊へと突き進んでいった原因があるだろう」‥‥
    (2010年7月8日 JB pressから抜粋)

    参考
    Joseph A. Tainter の「崩壊」に関する歴史考察
    石油生産量 2006年にピーク 可能性高い(IEA)
    文明社会 頂点に達した後 数十年以内に崩壊します。

    欧州、中東、アフリカ… 脱CO2巨大プロジェクトのインパクト

    ‥‥今、世界の注目を最も集めている次世代エネルギーの巨大プロジェクトが「マスダールシティー」だ。アラブ首長国連邦(UAE)のアブダビ首長国が、約2兆円を投じて、約7km2の敷地に建設中の“環境都市”である。
    目標はゴミとCO2排出をゼロにすること。エネルギーはすべて太陽光や太陽熱、風力などの再生可能エネルギーで賄い、ガソリン車の流入は制限する。排ガスゼロのLRT(次世代路面電車)と自律走行する電動のコンパクトカーが動き回る。砂漠地帯には欠かせない水は、太陽光を利用した海水淡水化施設で作る。‥‥
    (2010年7月8日 ECO JAPANから抜粋)

    参考
    スウェーデンのエコタウンが金賞受賞

    世界各地で異常気象 北米は熱波、中南米では豪雨続き被害 NYで39.4度を記録
    世界各地で異常気象が起こっている。北米では熱波に見舞われ、中南米では豪雨が続き被害が出ている。 今週初めから熱波に見舞われているアメリカ東海岸では6日、ニューヨークで39.4度、ワシントンでは38.9度を記録した。‥‥
    (2010年7月8日 FNNから抜粋)
    IEA、「エネルギー技術革命が進行中だが、長期的に必要なCO2削減には程遠い」
    ‥‥これらの取り組みはすべて、気候変動をうまく限定させることにおいて重要だが、現在の展開は、依然として断片的かつ脆弱で、地球の気温の危険なまでの上昇を防ぐには、進捗の速さがかなり遅いことが示された。‥‥
    (2010年7月4日 日刊温暖化新聞から抜粋)
    警告!「海洋生態系の"ティッピング・ポイント"が近づいている」

    ‥‥世界の海洋生態系は"ティッピング・ポイント"に確実に近づいていると我々はますます確信するようになった。一旦"ティッピング・ポイント"が来ると、変化は加速され、他のシステムにも無差別に影響を与えるようになる。今までに前例がないので、対処するどころか、何が起こるか予測さえできない状態になる‥‥
    (2010年6月29日EOLニュースから抜粋)

    参考
    50年までに漁業不可能の恐れ 国連環境計画
    「40年で天然海産物が無くなる」:深刻な魚の激減
    海水の酸性化、急速に進行 50年には今の2.5倍に
    持続可能な海の利用を 環境省、初の保全戦略を策定へ

    三大危機:金融・食糧・気候変動

    ‥‥UNU-WIDER(国連大学世界開発経済研究所)会議参加者は 過去においてエネルギー価格と入手方法の混乱がいかに世界経済を揺るがしてきたか、いかにエネルギー浪費は現在の世界成長が持続不可能な方法に基づいているか、という点を取り上げた。これらは富裕国が経済復興に向かい化石燃料源への圧力を強めるにつれ、ますます大きな問題として取り上げられるだろう。エネルギーをめぐる競争は戦いの火種でもあるのだ。‥‥
    (2010年6月24日国連大学 OurWorld2.0から抜粋)

    参考
    2030年前後に地球は「臨界点」を迎えてしまう

    ドイツ、再生可能エネルギー 100%による電力供給は2050年までに達成可能

    再生可能エネルギー研究連盟(FVEE)は、ドイツ連邦環境省に対し、研究報告書「エネルギーコンセプト2050」を提出した。報告書では、再生可能エネルギー100%による電力供給を、2050年までに達成可能であることを示している。‥‥
    (2010年6月23日EOCネットから抜粋)

    参考
    再生可能エネルギーの全量買取制度の大枠
    再生可能エネ、世界は順調な伸び 日本は停滞

    APEC 原発促進明記へ

    アジア太平洋経済協力会議(APEC)のエネルギー相会合が十九日午前、福井市内のホテルで始まった。十一月に横浜市で開く首脳会議に向け、エネルギー・環境分野での国際的な協力関係のあり方について討議。焦点の地球温暖化対策に関連して、二酸化炭素(CO2)削減に直結するエネルギー源として「原子力発電所の新規建設を促進する」との文言を盛り込んだ共同声明を同日夕、採択する見通しだ。
    午前の会合では、APEC域内で石油などを安定的に確保する「エネルギー安全保障」や、エネルギー利用の効率化をテーマに意見交換。午後には、議長国の日本が共同声明での明記を念頭に、原子力発電所の建設推進を強く提唱する。‥‥
    (2010年6月19日東京新聞から抜粋)


    エネルギー基本計画を閣議決定 原発14基以上増設

    政府は18日、2030年までのエネルギー政策の方向性を示す「エネルギー基本計画」を閣議決定した。エネルギーの安定調達や地球温暖化対策を強化するため、30年までに14基以上の原発を新増設し、太陽光発電など再生可能エネルギーの導入拡大を盛り込んだ。
    (2010年6月18日asahi.comから抜粋)

    参考
    マスコミでは語られない話題 原子炉解体にかかる天文学的費用
    原子力発電所では(放射性)廃棄物の長期的な処理方法がまだ分かっていない。温暖化のリスク以上に危ない
    イギリスで原発解体に今後必要となる費用はおよそ11兆円 負の遺産を解決できないまま今世界は原発の建設に舵を切り始めている

    世界初の商業原発解体作業進まず
    原発は温暖化防止に役立つか
    風力発電だけで先進国の2020年までの削減目標の65%を達成可能
    二酸化炭素排出量を1990年比で25%削減可能 原子力発電所は建設せずに既存の原発を40年で廃炉にする
    世論に対して強行に政策実現できる体制が、推進派と反対派の対立を作り出し、とその狭間で地域住民の存在基盤である共同体をことごとく破壊してきたというのが日本の原子力開発の大きな流れ

    米ルイジアナ州沖原油流出:「米最悪の環境災害」 オバマ大統領がテレビ演説

    オバマ米大統領は15日夜(日本時間16日朝)、メキシコ湾の原油流出事故について、ホワイトハウスの大統領執務室からテレビ演説した。今回の原油流出事故を「米国が直面した史上最悪の環境災害」と明言。‥‥
    ‥‥歴代大統領は重要局面における演説で、大統領執務室を使ってきたが、オバマ大統領が執務室から演説を行うのは初めて。‥‥
    ‥‥4月20日の事故発生以来の流出量は最大276万バレルで、アラスカ州沖で89年に起きたタンカー座礁事故による25万バレルの原油流出の10倍を上回り、米史上最悪の記録を大きく塗り替えている。
    (2010年6月16日毎日jpから抜粋)

    参考
    流出原油の80%は今もメキシコ湾に滞留している可能性がある

    海外での資源自主開発を エネルギー白書を閣議決定 石油供給など途絶えるリスクも

    政府は15日、2009年度のエネルギーに関する年次報告(エネルギー白書)を閣議決定した。地球規模で激化する資源獲得競争の中で日本の弱点を分析。主要国に比べ国産エネルギーの自給率が著しく低く、石油などの供給が突然途絶えるリスクがあると指摘し、資源の自主開発権益の確保や石油備蓄の拡大などを課題に挙げた。太陽光など再生可能エネルギーの導入促進も急務とした。  
    白書は必要な資源量を低コストで確保できているかを示す「エネルギー安全保障」について、主要6カ国と日本の実力を比較。日本はエネルギー効率と石油以外への供給源の多様化、停電の少なさで評価が高かったが、自給率や輸送ルートの安全性確保の面で低い評価に終わった。中東の原油に依存するぜい弱な構造を克服できずにいる。  
    自前の資源確保を急ぐ欧米先進国に比べると、日本の競争力は低い。北海油田の開発で自給率が高い英国、再生可能エネルギーの導入を拡大するドイツなどは安全保障の意識が徹底している。また中国は国産石炭の産出が豊富なうえ、石油の輸入先をロシアやアフリカなどに広げている。‥‥
    (2010年6月15日日本経済新聞から抜粋)

    参考
    世界の大油田、生産ピーク過ぎた IEA研究者が警告
    「石油が一番安い」というトリック
    日本の化石エネルギーの輸入額 10年前には5兆円程度だったのが、昨年は23兆円に

    世界の石油生産量は2010年から2020年の間にピークを迎える 非在来型石油、石炭、天然ガス燃料もその埋め合わせを行うことはできない

    日本はついていけるか? 世界で自然エネルギー革命が始まった レスター・ブラウン
    環境問題で世界に最も影響を与えた人物のひとり、レスター・ブラウン氏。常に新しい変化や動きに注目し、提言などを世界に発信してきた。同氏は「この2年で、米国、中国、欧州を中心に再生可能エネルギーの開発が、かつてないほどの規模とスピードで進んだ」と評価する。その動きは同氏も驚くほどだという。
    あのテキサスが変わった‥‥
    (2010年6月1日ECO JAPANから抜粋)
    環境白書、生態系の危機訴え 年4万種が絶滅

    政府は1日の閣議で、2010年版「環境・循環型社会・生物多様性白書」を了承した。10月に名古屋市で生物多様性条約第10回締約国会議が開かれることを受け、地球上で年約4万種が絶滅していると報告、生態系の危機を訴えた。‥‥
    (2010年6月1日日本経済新聞から抜粋)

    参考
    途上国の水不足に日本技術を=10年版環境白書−政府
    温室ガス25%減は可能
    排出量25%削減で政策総動員 10年版環境白書
    東京 100年で気温3度上昇

    氷河期を終わらせたのは海が吐き出したCO2、英研究
    ‥‥研究は、南極海の深海から周期的に大量のCO2が大気中に放出されることによって地球規模での氷河溶解が10万年周期で起きたとしている。1回の大量放出期に吐き出されたCO2は、産業革命以降に排出されてきたCO2量に匹敵する量だという。‥‥
    (2010年6月1日AFPから抜粋)
    CO2:「輸入」日本2位 製造国・地域での排出量

    日本が輸入した中国製品の製造過程で排出された二酸化炭素(CO2)は、年間2億トン近くに上ることが、米シンクタンク・カーネギー研究所の分析で分かった。製品とともにCO2も輸入したとみなせば、日本は米国に次ぐ「CO2輸入大国」になる。‥‥
    ‥‥日本のために新興国での排出が増えていると国際社会から指摘される可能性がある。‥‥
    (2010年5月30日毎日jpから抜粋)

    参考
    温暖化対策の途上国支援方針を決定=政府

    文明社会 頂点に達した後 数十年以内に崩壊します。問題を作ったのが我々なら 問題を解決することも可能

    ‥‥崩壊した あるいは崩壊しなかった 過去の文明社会と 今日 崩壊の危機に立つ文明社会を比較すると 共通の特徴が見えてきます。 興味深い特徴の一つは 文明社会が そのピークにたどり着いた後 急速に崩壊することです。 多くの文明社会は 段階的に縮小していくのではなく 築き上がり、より豊かで強力になり そして頂点に達した後 短期間内 数十年 以内に崩壊します。例えば ユカタンの古代低地マヤ文明は800年代初期に崩壊しましたが それはマヤの人口が最大に達し 最大の記念碑を建ててから 文字通り数十年後のことでした またソビエト連邦の崩壊は ソビエト連邦が最も偉大な大国であった時から およそ20年もしくは10年以内に起こりました。これを例えるならシャーレの中のバクテリアの培養です 利用可能な資源と資源の消費とが釣り合わないときや 経済的支出と潜在的経済力とが釣り合わないときに 急速な崩壊に見舞われやすくなります。シャーレの中でバクテリアは増殖します 世代ごとに2倍になるとしましょう。最後から5世代前にはシャーレは 16分の15が空いています。3世代前には 残りが 4分の3になってその次には半分が空いています。半分空のシャーレは、一世代で一杯になります。食べるものが無くなれば バクテリアは壊滅します。そうです、これが文明社会が頂点に達した後 すぐに崩壊するという よくあるパターンです。‥‥

    ‥‥実のところ 我々の辿っている道は 持続不可能な道です。これは定義上 維持できないことを意味します。そしてこの結果は 数十年以内に出るでしょう‥‥ ‥‥我々はこれらの 持続不可能な時限起爆装置を 自分たちで対処することを選択して好適な解決を図るか さもなければ これらの紛争は我々の選択を離れ 不快な方法で解消されるでしょう。すなわち 戦争 病気または飢餓によって しかし確かなことは 我々の持続不可能な道は 数十年のうちに何らかの方法で解消されるということです。このセッションのテーマは選択ですが 言い換えれば我々には選択肢があります。これは我々が悲観的に打ちのめされることを 意味するのでしょうか? 私の結論は反対です。今日 世界が直面する大問題は制御不能ではありません。我々の最大の脅威は 地球に衝突しようとする 小惑星のような 制御不可の事ではないのです。その代わりに 今日 私達が向き合う すべての大きな脅威は 我々が作った問題です。そして問題を作ったのが我々なら 問題を解決することも可能です。これは これらの問題に取り組むかどうかは 完全に人類の手中にあることを意味します。我々全員が出来る事とは 具体的に いったい何でしょう? これらの選択に興味があるならば あなたが出来ることは沢山あります。我々が理解するべきなのに 理解していないことが沢山あります そして我々はすでに理解しているにもかかわらず やっていないことも沢山あります。それを我々はやるべきです。
    (2010年5月29日「文明崩壊は何故起こるのか」ジャレド・ダイアモンド VISUALECTUREから抜粋)

    参考
    人類文明を救うために:あなたと私にできること
    人類が目指してきた方向には巨大な断崖絶壁が
    文明崩壊 滅亡と存続の命運を分けるもの
    気候安定と文明の期間は重なる
    救うべきは地球でなく文明
    文明を救う計画 規模は壮大 極めて速く
    個人の努力だけでは限界 強い誘導策がなければ、なにも起こらない
    地球はすでに破滅に向けて加速し続けている
    人類は危機に・地球環境に最大級の警告
    石油生産がピークを過ぎた。国際エネルギー機関(IEA)が認める。
    石油文明が分水嶺を超え、エネルギー下降時代に入ると、政府は対症療法的な政策をなりふり構わず導入していく。ファシズムの到来さえあり得る
    人口や経済が地球の物理的限界を行き過ぎてしまったら、引き返す道は二つしかありません。
    高度な技術が文明崩壊の引き金になる
    衰亡論を持った文明の生き方

    世界経済を支える生物多様性

    ‥‥人間は生物多様性なしでもどうにか生きられるという幻想を捏造した。 ‥‥
    ‥‥動植物や他の生命体の多様性がいかに価値があり、健全で機能的な生態系にどれほど貢献しているかを、経済大国の多くは理解していない。 ‥‥
    (2010年5月29日国連大学Our World 2.0から抜粋)

    参考
    地球上の3分の1以上の生物に絶滅のおそれがある

    「自然資源という資本」を経済学者は考慮に
    環境破壊による損失は年間500兆円

    第三世界の住民たちは、人口増加や森林破壊、魚介類乱獲などのもたらす害について熟知している
    インドネシアの金・銅鉱山で、地元先住民が資源開発会社に対して3兆円の損害賠償を求め訴訟を起こした。
    生物多様性条約第10回締約国会議支援実行委員会

    海水温上昇 温暖化を裏付けか
    ‥‥気象庁によりますと、海水は温暖化に伴う熱の大半を吸収しているとみられていますが、気温に比べて観測が難しく、全体の温度変化を正確にとらえたデータはありませんでした。‥‥
    ‥‥1993年からおととしまでの16年間に世界の海水には1平方メートル当たり、およそ0.6ワットの熱量が加わり、温度に換算すると海水が平均0.1度程度、上昇したとみられることがわかりました。これを空気に置き換えた場合、30度を超える気温の上昇に匹敵し、‥‥
    (2010年5月29日NHKニュースから抜粋)
    温暖化で小型哺乳類が危機に 1万年前の激減から回復せず

    北米に生息するリスやネズミなどの小型哺乳(ほにゅう)類は、地球温暖化で大きな影響を受ける恐れがあり、既に限界点に近付いているとする研究報告が米科学誌「ネイチャー」に掲載された。
    スタンフォード大学の研究チームはカリフォルニア州北部から出土した小型哺乳類の化石を調べた。その結果、前回の地球温暖化が起きた約1万2000年前に、小型哺乳類の個体数が激減していたことが判明。多くは個体数が回復しないまま、さらなる温暖化の影響にさらされやすくなっていることが分かったという。 ‥‥

    (2010年5月29日CNNから抜粋)

    参考
    地球上の3分の1以上の生物に絶滅のおそれがある

    火山国の日本、地熱エネルギーの先駆者に 米環境学者

    米国の著名な環境学者で米アース・ポリシー研究所所長のレスター・ブラウン氏は26日、「火山国である日本は、地熱エネルギー開発で世界をリードすべきだ」と呼びかけた。‥‥
    ‥‥米国や中国にとっての風力エネルギー同様に、日本も地熱を自国のエネルギー経済の中心に据えるべきだと語った。‥‥
    ‥‥先進国の中に地熱エネルギー分野で突出した国がないことを強調し、日本が全力で地熱エネルギー開発に取り組めば、二酸化炭素排出の削減だけでなく、同分野において世界の主導権を握ることができると説明した。‥‥

    (2010年5月26日AFPから抜粋)

    参考
    ブラウン博士の主張は、日本は自国のエネルギー経済の中心に地熱を据えるべきであるというものです。
    経産省、地熱開発促進へ 温暖化対策の切り札に

    「資源枯渇型都市」は44都市、方向転換難しく―中国

    中国新聞社によると、過去に豊富な資源によって注目された都市から、徐々にその資源が枯渇している。 ‥‥
    (2010年5月25日レコードチャイナから抜粋)

    参考
    中国:世界的な資源獲得競争に「積極的」に参加へ

    大きな資源の発見があった国は以前よりひどい貧困に陥る可能性がある。

    50年までに漁業不可能の恐れ 国連環境計画が警告

    国連環境計画(UNEP)は18日までに、世界の水産資源は乱獲で既に30%が失われるなど危機的な状況に直面しており、保護海域設定などの対策を早急に取らなければ「2050年までに商業漁業が不可能になる恐れがある」と警告する暫定報告書を発表した。‥‥
    ‥‥暫定報告は、各種統計や専門家の推計値として世界の海から既に30%の水産資源が失われ、漁獲高は10%減少していると指摘。ニューヨークの国連本部で記者会見したUNEPのシュタイナー事務局長は「世界中の漁場で(水産資源は)取り尽くされ、回復できるかどうかぎりぎりのところだ」と強調した。
    (2010年5月19日共同通信から抜粋)

    参考
    「40年で天然海産物が無くなる」:深刻な魚の激減
    海水の酸性化、急速に進行 50年には今の2.5倍に

    温暖化対策基本法案が衆院通過

    2020年までに温室効果ガス排出量を25%削減する中期目標を盛り込んだ地球温暖化対策基本法案は18日、衆院本会議で与党の賛成多数で可決された。参院に送付され、政府・与党は今国会での成立を目指す。‥‥
    (2010年5月19日asahi.comから抜粋)

    参考
    25%削減のためのしくみづくりを弱めたりすることは、私たち市民との約束違反です。
    25%削減 国民対話が始まる
    産業界には反発の声も多い。温暖化対策にどう取り組むべきか。
    COP16:枠組み、方針明記なく 各国主張併記のみ

    グリーン電力を天然ガスに変えて貯蔵
    世界中で、電力源がどんどんと風力や太陽光などに移っているが、ドイツの研究者たちはこのたび、再生可能エネルギーによる電気を天然ガスとして貯蔵することに成功した。これより、グリーン電力の安定した供給が期待される。‥‥
    (2010年5月17日EOLニュースから抜粋)
    今後300年で生存不適地が拡大する恐れ、熱ストレスで 温暖化研究
    気候変動で、今後わずか300年の間に、地球の大部分で人が住めなくなるほどの高温になる可能性があるとする論文が、11日の米科学アカデミー紀要に掲載された。‥‥
    (2010年5月12日AFPから抜粋)
    CO2濃度、最悪を更新=87年以降毎年−気象庁
    気象庁は12日、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)の2009年の年平均濃度(速報値)が、国内の観測3地点すべてで観測史上の最高値を更新したと発表した。‥‥
    (2010年5月12日時事ドットコムから抜粋)
    生物の多様性損失は人類の危機‥‥国連報告書
    ‥‥報告書は生息地の破壊などで、地球上の両生類の3分の1、鳥類の7分の1が、絶滅または絶滅の危機にあると指摘、地球全体の絶滅危惧種の状況は悪化したと評価した。‥‥
    ‥‥名古屋会議では実効性のある新しい目標づくりが重要になる」と日本のリーダーシップに期待を表明した。‥‥
    (2010年5月10日読売新聞から抜粋)
    日本の温暖化対策「進展遅い」 経済協力開発機構
    経済協力開発機構(OECD)の作業部会は、「日本の二酸化炭素排出量の削減の進捗(しんちょく)は、ほかのOECD加盟国と比べ遅れている」などとする日本の環境政策に関する評価報告書を発表した。‥‥
    (2010年5月10日sankeibizから抜粋)
    高速無料化:CO2は…減るの?増えるの? 国交省と環境省の試算、正反対
    6月に始まる高速道路無料化の社会実験が、運輸部門の二酸化炭素(CO2)排出量に与える影響について、環境省と国土交通省が7日、正反対の試算結果を発表した。環境省は「0・1%増」、国交省は「0・1%減」。試算の前提となる、無料化による移動手段の変化をめぐる見解の相違が原因で、両省は「実験の影響はごくわずか」と苦しい結論を導いている。‥‥
    (2010年5月8日毎日jpから抜粋)
    オゾンホールに縮小の兆し

    25年前の発見以来、オゾンホールは地球環境への一大脅威と考えられてきた。しかし世界規模で展開されている空前のオゾン層回復策が功を奏し、現在は縮小傾向にあるという。気候変動も大きな環境問題の1つだが、同様に抑え込める望みはあるだろうか。しかし、オゾンホールの縮小が地球温暖化を加速しているとの話も聞こえてくる。‥‥
    (2010年5月6日ナショナルジオグラフィックニュースから抜粋)

    参考
    CO2の2000倍。見過ごされた代替フロン問題
    代替フロン:中国から大量排出 研究チーム分析

    海氷の減少が北極域温暖化の主な原因 温暖化過小評価のおそれ

    北極域の気温がここ数十年間で急激に上昇した原因は海氷の減少だとする論文が28日、英科学誌ネイチャー(Nature)に発表された。‥‥
    ‥‥気候変動の影響で北極の氷冠が減少し、それがさらに温暖化を促進するという「正のフィードバック」が地域的な規模ですでに発生していると主張した。‥‥
    ‥‥国連(UN)の気候変動に関する政府間パネルが使用したモデルは最近の北極海の海氷の減少の影響を過小評価しており、将来の海氷の減少とそれによる温暖化も過小評価しているおそれがあると指摘した。

    (2010年4月29日AFPから抜粋)

    参考
    北極の夏の氷は10年で消える? ナショナルジオグラフィック ニュース
    北極振動に伴う気温変化のパターンと、近年の地球温暖化にみられる変化パターンがとてもよく似ている。
    北極海海氷減少と北極振動が相互に影響しあっていることを発見
    北極では、もはや後戻りのできない変化が
    北極海の氷、薄くなる─NASAおよびNSIDC調査
    北極圏海氷面積最新情報 JAXA

    カナダ極北の北極圏で降雨、「異常な現象」と関係者
    カナダ極北の北極圏で先週末、雪ではなく降雨が記録されていたことが分かった。‥‥
    ‥‥北極圏の気温上昇は、ほかの地域に比べて3倍のスピードで進んでいるとされ、専門家は地球温暖化の原因といわれる温室効果ガスとの関連が指摘されている。
    (2010年4月28日ロイターから抜粋)
    経済成長のない世界

    ‥‥「 成長は不可能である」という報告書においてより断固たる警告を発した。彼らは、私たちが成長という観念をすべて捨て去るべきだと主張している。私たちに必要なのは「人類全体が際限なく増加する消費に頼らずに繁栄できるような」新しい経済モデルだという。‥‥
    (2010年4月26日国連大学OurWorld2.0から抜粋)

    参考
    人口や経済が地球の物理的限界を行き過ぎてしまったら、引き返す道は二つしかありません

    経済の成長は人を幸せにしない
    資源が枯渇に直面した今、経済学者に検討してもらいたい

    温室ガス:削減目標達成しても2割増 独研究チーム試算

    各国が国連に提出した20年までの温室効果ガス削減目標を達成しても、排出量は現在より最大2割増加するとの試算をドイツの研究チームがまとめた。目標数値が低い国が大半を占めるほか、目標達成に森林吸収分などを考慮することで、結果として増加を容認することになるという。22日付の英科学誌ネイチャーに掲載された。
    ‥‥「コペンハーゲン合意」では、先進国に20年までの削減目標、途上国に削減の取り組みを同条約事務局に提出するよう求めた。今月13日時点で76カ国が削減目標などを同条約事務局に提出。日本は90年比25%減、欧州連合は同20〜30%減、米国は05年比17%減−−などとなっている。‥‥
    ‥‥だが、同合意に基づく各国の目標を達成しても今世紀末までに50%以上の確率で上昇幅は3度を超えると予測している。
    (2010年4月22日毎日jpから抜粋)

    参考
    世界は20年以内に、気温上昇を摂氏2度以下に抑えるための許容排出量を使い果たしてしまう。
    2℃が限界?! 地球温暖化の最新情報
    2℃を超えると、2050年の時点で世界の人口のうち約30億人が危機にさらされる
    2度以内に抑えるには、先進国は1990年比で2020年までに25〜40%削減することが必要だ。
    先進国の温室効果ガス排出削減時期が2020年より10年遅れると、地球の平均気温が2度以上高くなる確率が15ポイント増の42%になる
    1.5〜2度の温暖化は7〜9メートルの海面上昇を招く恐れがある

    地球温暖化で海洋の塩分濃度が大きく変化している
    ‥‥今回の研究で明らかになったのは熱帯域と高緯度地域の水の塩分濃度が下がり、亜熱帯のエリアの塩分濃度が高まっていることだ。気候変動によって極端になると言われる大雨や砂漠化の現象が海洋上でもすでに起きていることを表している。 この変化は海洋表面だけに止まらない。海洋大循環と呼ばれる海水の移動によって塩分濃度の変化が深海にも影響を与え、海洋全体の塩分濃度に変化をもたらしているという。‥‥
    (2010年4月22日エコロジーオンラインから抜粋)
    宙に浮く?「25%削減」 温暖化対策法案、国会審議入り
    温室効果ガス排出量を2020年までに1990年比で25%削減する中期目標を盛り込んだ地球温暖化対策基本法案の国会審議が20日、衆院本会議で始まった。鳩山由紀夫首相は本会議で「(脱化石燃料に向け)社会のあり方を変えよう」と呼びかけ、法案の早期成立に強い意欲をみせた。だが、自民党はかねて25%削減を「非現実的」(谷垣禎一総裁)と真っ向から否定し独自の対案を提出しており、23日から環境委員会で本格化する法案審議の難航は必至の情勢だ。‥‥
    (2010年4月21日サンケイビズから抜粋)
    EU、2050年までに再生可能エネルギーに完全移行

    ‥‥今後開発される再生可能エネルギー技術によって、2050年までにEU全体の二酸化炭素(CO2)排出量は、1990年比で90%以上削減でき、さらに2050年までに関連事業で610万人の雇用が創出されるなど、社会的利益も導いていくと述べている。
    (2010年4月20日ecool.jpから抜粋)

    参考
    『RE-thinking2050(2050年再考)』は、2050年までに欧州の全エネルギーを再生可能エネルギーで賄うという長期的なビジョンをまとめたもの
    2030年までに世界中で再生可能エネルギーを100%にできる!

    日本が産油国になっていくということは計算上、十分可能です。
    とうもろこしなどから作るこれまでのバイオ燃料は食物と競合。おととしにはバイオ燃料のあおりで食物が高騰しました。これを解決する切り札として期待される次世代バイオ燃料。日本は戦前から培われた技術を活かしてその先頭を走っています。‥‥
    ‥‥世界最大の産業・エネルギー業界の革命だ。この革命を制したものが世界を一変させる。‥‥
    ‥‥「石油を採る時代」から「石油を作る時代」になるだろう。日本が産油国になっていくということは計算上、十分可能です。‥‥

    (2010年4月20日クローズアップ現代から抜粋)
    世界各地で相次ぐ自然災害 太陽活動低下との関係

    ‥‥どうやら我々が忘れているのは地球が太陽の子供だっていうことを忘れてるんですね。なぜかというと昨年、太陽に黒点がない日が80%なんですよ。異常なことなんですね。つまり太陽活動が低下してくると、地球上に来る宇宙線量の度合いが変わってくるんですね。それによって地下のマグマに含まれている超臨界水(液体でもなければ気体でもない)に影響を及ぼすわけです。それが膨張するということが起きてくる。‥‥ ‥‥これが一連全部引き起こしている。今年になっても1月、2月からずっと4月にかけて、マグニチュード7以上の地震が5回以上起きている。‥‥
    (2010年4月18日サンデーモーニングから抜粋)

    参考
    太陽活動と火山活動 泡箱としての火山(PDF)
    地震も噴火も宇宙線で予知ができる!?
    地球温暖化の真犯人は雲、宇宙線、太陽

    温暖化は太陽活動の活発化だけでは説明できない
    太陽この100年で一番元気なし
    太陽風、ここ50年間で最も弱く
    地球の気候当面「寒冷化」
    温暖化「太陽犯人説」を否定
    米陸軍の主任科学者:地球温暖化の原因は「太陽」
    「地球温暖化の原因は太陽の活動」説を否定する新論文
    人為起源の温暖化ガスの影響によって、気温が自然のサイクルでは説明できないほどに上昇
    20世紀半ば以降の黒点数はほぼ横ばい、最近の温暖化は温室効果ガスの増加が原因

    宇宙線減少は地球温暖化の原因ではない
    太陽風は銀河宇宙線が地球に降り注ぐのを防ぐバリアの役目を果たしている
    太陽風から地球を守る地球磁気圏
    今日の宇宙天気情報

    寒暖が繰り返す エルニーニョもどき

    寒暖が繰り返す一因について東京大学の山形教授はエルニーニョもどきという現象をあげる。‥‥  ‥‥今、太平洋の中央部付近の水温が上がっているというのだ。‥‥  ‥‥偏西風が蛇行を始め、日本付近に寒気が入りやすくなると、大気が不安定になり、低気圧ができやすくなる。低気圧は時計とは逆の方向へ回りながら移動していくので、初めは南からの温かい風、その後北からの冷たい風が吹きこむという。非常に温かい日が急に寒い日になる、そういうことが頻繁に起きている。
    (2010年4月13日報道ステーションから抜粋)

    参考
    温室効果ガスの人為起源の変化を取り入れた気候モデル 新種のエルニーニョの発生比率 21世紀後半までに最大で5倍
    エルニーニョとエルニーニョもどきが与える影響(PDF)
    3月の世界の気温、過去最高=エルニーニョなど影響−気象庁

    「地球温暖化対策に係る中長期ロードマップ(環境大臣試案)」に対する意見の募集について

    地球温暖化対策について、我が国は、温室効果ガスの排出量を中期的には2020年までに1990年比で25%削減、長期的には2050年までに80%削減するという目標を掲げているところです。これらの中長期目標を達成するためには、いつ、どのような対策・施策を実施していくのかという道筋(ロードマップ)を明らかにしていくことが必要であることから、平成22年3月31日に地球温暖化対策に係る中長期ロードマップの環境大臣試案を公表しました。
    本試案について、広く国民の皆様からの御意見をお伺いするため、4月12日(月)から意見の募集を行います。 ‥‥

    (2010年4月12日環境省から抜粋)

    参考
    エネルギー基本計画見直しに関するご意見の受付について 経産省

    COP16:新議定書、見送りへ

    13年以降の地球温暖化対策を協議する今年末の国連気候変動枠組み条約第16回締約国会議(COP16)で、「京都議定書」に代わる新議定書の採択は見送られる見通しとなった。‥‥ ‥‥途上国が要求する京都議定書の延長を容認する考えが欧州を中心に浮上している。‥‥ ‥‥EUは「京都(議定書)に問題がある国は代替案を提示するか、延長にどう対応するかを示す必要がある」(ヘデゴー委員)と米国に対応を促している。
    (2010年4月10日毎日jpから抜粋)

    参考
    COP16:特別作業部会 新議定書、見送りへ 温暖化対策「京都」延長論
    議定書延長 米中が参加する新たな枠組みができれば日欧が容認姿勢に転じた COP15

    エネルギー基本計画の見直し始まる

    ‥‥ここにきてようやく経済産業省が、2007年の新国家エネルギー戦略に基づいたエネルギー基本計画を新たな予見によって書き直そうと踏み出している。‥‥
    ‥‥日本の将来を語るとき、コメンテーターのように、適当にその場その場をしのいで意見を言うのではなく、やはり、思想の軸がいる。その思想の軸なくして、議論をしていても例えば、CO2の25%削減の意味も、科学的根拠も、何も論点が深まらないまま、それぞれがため息をつき、世の中の流れによって、泡粒のように消えてしまうだろう。その意味では、「エコ」の分野にかかわる人々の思想が試される時代になってきている。
    (2010年4月5日ECO JAPANから抜粋)

    参考
    エネルギー基本計画見直しに関するご意見の受付について 経産省
    「環境・エネルギー政策に関する国民対話」の開催について 経産省

    温暖化による東京湾高潮、死者7600人と試算

    政府の中央防災会議の「大規模水害対策に関する専門調査会」は2日、超大型台風による首都圏の大規模水害について報告書を公表した。地球温暖化に伴う海面上昇による高潮で被る人的被害を初めて試算。強大な台風が東京湾を襲った場合、沿岸部で最悪7600人の死者が出るとした。同調査会は、国連の「気候変動に関する政府間パネル」が示す21世紀末の海面水位上昇予測(最大59センチ)を基に、被害を計算。‥‥
    (2010年4月2日読売新聞から抜粋)

    参考
    風速80mのスーパー台風襲来? 温暖化で今世紀後半に

    東京都、CO2の削減義務化と取引制度定めた「キャップ・アンド・トレード」開始

    ‥‥東京都は4月1日から、CO2の削減義務化と取引制度を定めた、いわゆるキャップ・アンド・トレードをスタートさせた。 3月30日、石原都知事は「先進的なことをして、逆に国を引っ張っていくぐらいのつもりでやります」と述べた。‥‥
    (2010年4月1日FNNから抜粋)

    参考
    オフィスビルなどを対象に加えて総量規制するのは海外にも先例がない
    総量削減義務と排出量取引制度 東京都
    東京都CO2削減義務化 排出量取引、国をけん引

    地球温暖化のデータねつ造疑惑、英専門委員会は「証拠見つからない」と否定
    25%削減!地球温暖化対策の政策議論に貢献 脱炭素社会へ向けた具体的な政策提言を発表

    本日、WWF(世界自然保護基金)ジャパンは、参議院会館において「脱炭素社会へ向けたポリシーミックス提案(第2版)」を発表した。本提案は、鳩山政権の掲げる温室効果ガス削減中期目標25%(2020年までに90年比)を確実に達成し、長期的に日本を脱炭素社会へと導くための、具体的な政策提案である。‥‥
    (2010年3月31日WWFから抜粋)

    参考
    国内対策だけで25%減可能 環境保護団体試算
    国内25%削減を、余裕をもって達成する道筋と削減可能性
    脱炭素社会へ向けたポリシーミックス提案

    大規模な暴力的衝突がグローバリゼーションの諸傾向の進展を押しとどめる

    ‥‥政治経済学者の故カール・ポランニーは、二O世紀前半の世界を捉えた社会的危機の諸根源を、市場を自由化しグローバル化させようとした誤った営為に求めた。商業的利益が冷酷な市場論理を通じて社会を圧倒的に支配するようになり、人々の経済活動は〔それまでの〕社会関係から実質的に断ち切られたのである。自由市場の競争ルールは、人々の相互の義務からなる複合的な社会関係を破壊し、市民参画、互酬性、再分配といった、社会に深く根ざした規範と価値を土台から掘り崩した。大部分の人々は、自らが適切な社会保障システムや共同体からの支援を得ていないことに気づき、市場のグローバリゼーションから自らを守るための過激な手段に訴えたのである。

    ポランニーは、自由奔放な資本主義に対抗したこれらのヨーロッパでの運動が、結果的に一国レベルで社会政策上の保護立法を強引に押し通そうとする政党の誕生をもたらしたのだと記している。第一次世界大戦終結後の長期の深刻な経済的混乱の後、一国的な保護主義の衝動は、イタリアのファシズムおよびドイツのナチズムというもっとも極端なかたちで発現するにいたった。結局のところ、すべての国民国家を自由市場の要求に従わせるという自由主義の理想は、市場を全体主義国家のまったくの付属物にしてしまうという、同じく極端な対抗運動を生み出したのである。

    ポランニーの分析を現在の状況に適用可能であることは一見して明らかである。一九世紀の先行例のように、市場派グローバリズムの現代版もまた、世界的な規模で経済の規制緩和と消費主義文化を解き放つという巨大な実験を代表している。一九世紀のイギリスのときと同様、倣慢な「アメリカ帝国」の主導する経済統合のグローバルな論理によって抑圧され、搾取されていると感じている世界の各地から、アメリカに対して尊敬と侮蔑の両方が寄せられている。‥‥

    ‥‥グローバリゼーションそのものが生きのびるかどうかは、それが二一世紀に人類が直面している地球温暖化、経済的不平等の拡大、政治的・社会的暴力の拡大という、三つのグローバルな主要課題に対処できるかどうかにかかっている。‥‥
    (2010年3月26日発行 新版 グローバリゼーション マンフレッド・B・スティーガー(著)/岩波書店から抜粋。)

    米温暖化対策法案から学ぶ 議論に不可欠な定量的評価
    ‥‥そういう意味でこの法案は、2050年までに80%削減という環境目標を実現すると同時に、分配調整に配慮した効率的削減を目指した総合的法案になっていることが分かる。低炭素社会への移行シナリオを、政策の制度設計から誰にどういう影響が及ぶのかまでを含めて提示した本法案は、今後、世界で移行過程を論じていく際の一つの標準を提供したといえる。今後の審議が注目される。
    繰り返しになるが、こうした効果分析が法案とともに明示されていることに、率直な驚きを表明しておきたい。法案を審議するための基礎情報が法案と合わせて提示されているのを見て、責任を持って法案を議会に出すとはこういうことではないかと思った次第である。法案審議を実のあるものにするためにも、今後、日本でもこうした方式は検討されるべきだろう。
    (2010年3月23日ECO JAPANから抜粋)
    原発14基を新増設=温暖化対策に軸足−エネルギー基本計画原案
    大雪の原因、北極発の寒波 「30年に一度の異常気象」

    この冬、北半球の各地を襲った大寒波。国内でも日本海側の各地がたびたび大雪に見舞われた。原因は北極圏の寒気が中緯度地域に流れ込む、地球規模の「北極振動」という現象だった。気象庁の検討会は「30年に1度の異常気象」とする見解をまとめ、詳しい分析を進める。  「めったに断言しないが、今年は異常気象と言える」。‥‥
    (2010年3月18日asahi.comから抜粋)

    参考
    原因は北極の強い「寒気放出期」北半球の寒波
    大雪の原因は「北極振動」 寒気、流れ込みやすく
    異常気象をもたらす北極振動の謎
    北極海海氷減少と北極振動が相互に影響しあっていることを発見
    北極振動に伴う気温変化のパターンと、近年の地球温暖化にみられる変化パターンがとてもよく似ている。

    北極圏の資源確保に意欲=気候変動で国家間対立も−ロ大統領

    ロシアのメドベージェフ大統領は17日、同国安全保障会議で「北極圏の資源に対するロシアの開発権を制限しようとする試みは容認できない」と警告、豊富とされる北極圏のエネルギー資源確保に強い意欲を示した。‥‥ ‥‥既に周辺国は科学研究活動や軍事プレゼンス拡大の動きを活発化させている」と指摘した。
    (2010年3月17日時事ドットコムから抜粋)

    参考
    中国が「氷のない北極」に進出意欲

    「氷の無い北極」に備える各国の軍隊
    地球温暖化という危機でさえも欲望達成の手段にしようとする人類
    日本の化石エネルギーの輸入額 10年前には5兆円程度だったのが、昨年は23兆円に

    日本人の危機感、世界基準以下 温暖化意識調査

    地球温暖化に対する日本人の危機意識は決して高くない−。NTTデータスミスとカナダの社会調査機関グローブスキャンが共同で行った「地球温暖化に関する意識調査」で、こんな傾向が浮き彫りになった。‥‥
    ‥‥今すぐに大きな温暖化対策が必要と考える人は、回答した日本人(1000人)の52%にとどまり、世界全体の61%(全調査国に占める割合)より低かった。‥‥

    (2010年3月15日SankeiBizから抜粋)

    参考
    世界24カ国地球温暖化意識調査(NTTデータスミス)
    地球環境アンケート(旭硝子財団)

    温暖化基本法 削減も成長も心配だ

    ‥‥地球温暖化対策基本法案は、鳩山政権が掲げた理想から大きく後退した感がある。環境と経済の両立どころか、このままでは、低炭素社会をめざす新しいビジネスの潮流からも取り残される。‥‥
    ‥‥削減への基本メニューも骨抜きにされた感がある。中でも排出量取引について、民主党の政権公約には、多排出事業所に総量規制の枠(キャップ)を課し、過不足分を売買(トレード)するキャップ&トレード(C&T)方式の導入が明記されていた。ところが、一部産業界への配慮から生産量に応じて排出枠を決める原単位方式との併記になった。原単位方式では、生産量に比例して排出量も増大する。英国が十年前に試みて、失敗に終わったやり方だ。EUはC&T市場を拡大しつつある。‥‥
    ‥‥原発推進には、確かに数値上の削減効果がある。が、風力や太陽光など再生可能エネルギーの普及にとってはブレーキだ。核廃棄物をどうするか、新設の立地や建設費の負担はだれが負うのか、国民の合意はできていない。‥‥
    (2010年3月13日中日新聞から抜粋)

    参考
    人口や経済が地球の物理的限界を行き過ぎてしまったら、引き返す道は二つしかありません。
    経済同友会の桜井正光代表幹事「地球が求めているのは総量の削減。原単位方式では総量が減らないこともある」

    地球温暖化対策基本法案:政府が閣議決定
    私たちはこんな妥協をする温暖化対策を支持をしてきたわけではありません。
    温暖化対策基本法案を閣議決定 産業界から不満の声
    声明:地球温暖化対策基本法案の不十分な「キャップ」
    地球温暖化対策基本法案、公約から大きく後退〜国内排出量取引はキャップ&トレード型とすべき〜

    マスコミでは語られない話題 原子炉解体にかかる天文学的費用
    原発の推進は持続可能な社会を実現しない 地球温暖化対策としての原発推進に反対する環境 NGO の要請書
    原子力発電所では(放射性)廃棄物の長期的な処理方法がまだ分かっていない。温暖化のリスク以上に危ない
    イギリスで原発解体に今後必要となる費用はおよそ11兆円 負の遺産を解決できないまま今世界は原発の建設に舵を切り始めている

    世界初の商業原発解体作業進まず
    原発は温暖化防止に役立つか
    地球温暖化対策:原発さらに20基必要 30年以降出力維持なら−−エネ庁試算
    風力発電だけで先進国の2020年までの削減目標の65%を達成可能
    二酸化炭素排出量を1990年比で25%削減可能 原子力発電所は建設せずに既存の原発を40年で廃炉にする
    欧州、再生可能エネルギー20%目標、達成の見込み

    IPCCの検証、第三者に依頼 温暖化データ問題で国連

    国連環境計画(UNEP)と世界気象機関が合同でつくった「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」の温暖化問題に関する報告書に誤りがあった問題で、国連は10日、同パネルの運営などの検証を第三者機関に依頼したと発表した。‥‥
    ‥‥国連の潘基文(バン・キムン)事務総長は目的について「完全な透明性や正確さを保証し、今後は潜在的な誤りを最小限にする必要がある」と語った。検証は「国連から完全に独立して実施される」とも強調した。‥‥
    (2010年3月12日NIKKEI NETから抜粋)

    参考
    地球温暖化 不信を広げる研究者の姿勢
    地球温暖化論への懐疑
    トップの科学者たち、地球温暖化人為的説での総意を確認
    IPCCの運営について独立委員会設置
    IPCC のデータ捏造疑惑は本当か?
    相次ぐ政治家・メディアの誤認 信頼回復に向けたIPCCの課題
    温暖化問題 揺らぐIPCCの報告書 検証の中身は
    IPCCに関係してきた 日本の有志10名による「IPCC報告の科学的知見について」と題する声明

    経済学という学問の重大な欠陥 都合が悪いことはすべて外部不経済

    ‥‥資源枯渇の問題すなわち地球の資源が有限であるという明らかな事実を無視し、競争者間の資源配分という2次的な問題にのみ目を向けているのである。これは、経済学という学問の重大な欠陥である。‥‥
    ‥‥都合が悪いことはすべて外部不経済。あるべき姿を描いてバック・キャスティングすることは学問の体系上できないのだろう。 ‥‥
    ‥‥持続可能な文明へパラダイム転換、ここ10〜20年が正念場‥‥
    (2010年3月11日日経ビジネスから抜粋)

    参考
    人口や経済が地球の物理的限界を行き過ぎてしまったら、引き返す道は二つしかありません。
    「自然資源という資本」を経済学者は考慮に

    外部不経済の問題点と内部化 外部不経済
    市場が犯す大きな失敗

    環境問題が生じる原因は、環境がタダとして扱われてしまう市場経済にある。このような現象は「市場の失敗」として知られている

    長さ100km、南極の超巨大氷山が衝突

    今年の2月初頭、全長約96.5キロメートルの『B-9B』氷山が、南極大陸のメルツ氷河から突き出た氷舌[ひょうぜつ:氷河の海岸線から舌状に突き出た部分]に衝突した。その様子が一連の衛星レーダー画像で捉えられている。 この衝突により、『C-28』という、全長約80キロメートル、横幅約40キロメートルの巨大な氷山が新たに生まれた。‥‥
    ‥‥これら2つの氷山は、ポリニアにそれまで存在していた海洋循環を妨げており、もしそのまま移動しなければ、この地域の海洋生物は酸素を奪われる可能性がある。

    (2010年3月8日WIRED VISIONから抜粋)

    参考
    南極の氷の減少、規模・速さ予測を上回る
    南極で巨大氷山衝突:海洋循環への影響
    海流の循環が止まってしまうと北大西洋地域は一気に寒冷化してしまう。
    熱塩海洋循環の停滞は何をもたらすのか

    北極海大陸棚からメタンが漏出、温暖化促進の恐れ 米研究

    二酸化炭素(CO2)より30倍も温暖化効果が強いメタンが、東シベリアの北極海の海底から従来考えられていたよりも急速に漏出しており、地球温暖化を加速する恐れがあるという論文が米科学誌サイエンスに掲載されることが4日、明らかになった。‥‥
    ‥‥調査海域の深海水の80%以上と表層水の50%以上で、メタン濃度が通常の約8倍になっていることが分かったという。‥‥
    ‥‥論文によれば専門家の間で、東シベリアの北極海大陸棚の海底にある永久凍土層には大量の炭素が含まれており、その炭素がメタンの形で大気中に漏出すれば気温が上昇して、さらに永久凍土層からのメタン放出を促進するという正のフィードバックを引き起こし、急激な気候変動が起きる恐れがあると懸念されている。

    (2010年3月5日AFPから抜粋)

    参考
    メタンガスが予想以上に早く、大気へ放出されている サイエンス
    北極海の永久凍土層からメタンが噴出
    メタン濃度の増加、北極圏の異常高温と熱帯地域の多雨が原因
    メタン 2007年に均衡が崩れる
    大気中の二酸化炭素とメタン、2007年に急増
    メタン 悲惨な気候変動が不意に起こる
    西シベリアの永久凍土が急速に溶解 メタン放出で温暖化ガス削減努力も無にする恐れ
    永久凍土が考えられないペースで溶けている。温暖化加速の危機。
    気温上昇による海底のメタンガス放出、温暖化をさらに加速
    シベリア永久凍土急速に融解
    メタンガスの放出によって温暖化が進み、さらにメタンガスが放出されるという「終わりのない悪循環」が起きる可能性

    生物多様性の損失続く 環境省検討委が初の評価

    環境省の専門家による検討委員会は2日の会合で、国内の生物多様性の状況について「全体として損失の傾向は止まっていない」と厳しく分析した、初の総合的な評価報告をまとめた。生物多様性に関しては「損失速度を2010年までに顕著に減少させる」とする生物多様性条約の国際目標があるが、日本としてその達成が厳しい状況が浮き彫りになった。‥‥
    (2010年3月2日共同通信から抜粋)

    参考
    地球上の3分の1以上の生物に絶滅のおそれがある

    中国が「氷のない北極」に進出意欲

    地球温暖化の影響で海氷の溶解が進む北極海域から経済的利益を得ようと、中国が本格的な戦略調査を開始したと、スウェーデンのストックホルム国際平和研究所が1日に発表した報告書のなかで指摘した。
    推定900億バレルの埋蔵石油が期待される北極海域については、カナダ、デンマーク、ノルウェー、ロシア、米国が領有権や埋蔵資源の配分などをめぐり対立している。‥‥
    (2010年3月2日AFPから抜粋)

    参考
    中国:世界的な資源獲得競争に「積極的」参加へ
    気候変動より深刻な資源枯渇「危機は2020年より前に到来」
    「氷の無い北極」に備える各国の軍隊
    北極海:温暖化で アジア・欧州「最短航路」
    グリーンランドとスバールバル諸島の間の海氷面積、過去800年間で最小
    約十万年前以来、北極海2航路の氷消滅
    地球温暖化という危機でさえも欲望達成の手段にしようとする人類

    今世紀末までにサンゴ礁が消える!?

    大気中のCO2が産業革命前比の2倍になるとき、サンゴ溶解が進みサンゴ礁が消える可能性があると、カリフォルニア州サンディエゴで開かれた米国科学振興協会の年次ミーティングで複数の発表があった。‥‥
    (2010年3月2日エコロジーオンラインから抜粋)

    参考
    二酸化炭素排出が温暖化の原因であろうとなかろうと毒性の高い汚染物質 海洋を死滅させる

    海洋の酸性化、予想の10倍以上の速さで進行 海洋の食物網に深刻な影響
    温暖化で酸欠海域「デッドゾーン」増える
    海はCO2で飽和状態?
    海中のCO2増加 生態系に深刻な影響が出る恐れ

    (モナコ宣言) CO2排出による海の酸性化が加速、人類にも影響 海洋科学者ら警告
    海のCO2吸収量が減少 温暖化の悪循環の可能性

    CO2濃度500ppmを超えると、大部分のさんご礁が消失する
    海中の砂漠化進む危険
    さんご礁育たぬ海ばかり
    太平洋のさんご礁が急減

    二酸化炭素は、それが地球温暖化の原因であろうとなかろうと、海を酸性化させている

    温暖化はやはり減速中?――原因は水蒸気か自然変動か

    ‥‥このように、温暖化が止まったように人々が感じているのには錯覚の部分があります。‥‥
    ‥‥米国のスーザン・ソロモン氏が、最近、興味深い論文を発表しました。ニュースにもなったので知っている人もいると思いますが、成層圏(高度10〜50km程度の大気)の水蒸気が温暖化を減速しているという分析です。‥‥
    ‥‥ソロモンの論文によれば、成層圏の水蒸気の温室効果の変動は、このメタンからの発生によるよりも対流圏からの流入量の変動の方が効果がずっと大きいとのことです。  さて、この論文は、これまでのIPCCの結論を覆すものではもちろんなく、むしろ補強するものだといえるでしょう。近年に観測された気温の変動を従来よりもうまく説明した上で、CO2などの温室効果ガスがこのまま増加すれば、地球の温度が上昇するという見込み自体に変更は生じないわけですから。‥‥
    ‥‥ 「温暖化は止まった」のか、「一時的に減速している」のか、そのどちらが正しいかは、やがて時間が明らかにするでしょう。‥‥ ‥‥そして、僕自身は、現時点で自分が知り得る限りの科学的な知識に照らして、「温暖化は再び顕著になるはずだ」というかなり強い確信を持っています。‥‥
    (2010年3月1日日経エコロミーから抜粋)

    参考
    地球温暖化の鈍り、成層圏の水蒸気減少が影響?
    現在の大気の温室効果は約6割が水蒸気、約3割が二酸化炭素
    史上最も暖かい冬季五輪

    温暖化対策、後退の恐れ

    政府が今国会に提出予定の地球温暖化対策基本法案の全容が判明、同法で定める二酸化炭素の排出量取引制度や再生可能エネルギーの導入促進策が、環境省の当初案と比べて温暖化対策としては大幅に後退する恐れもある内容になっていることが、26日分かった。‥‥
    (2010年2月27日ロイターから抜粋)

    参考
    地球温暖化対策:基本法案「ボコボコに」 首相、検討難航への不満吐露
    緊急集会「ゆがめられる地球温暖化対策基本法」〜密室の官僚主導でマニフェスト違反を許していいのか〜
    地球温暖化対策:基本法案、業界9団体が反対 「民主的プロセスない」
    「強力な温暖化基本法案を」 民主党議員ら集会で
    温暖化基本法 問題多い25%削減ありき

    地球温暖化 不信を広げる研究者の姿勢

    地球温暖化問題の前提とされてきた科学的な論拠を巡り、国内外で場外乱戦が起きている。温暖化の主因は、人類が出した二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスとされてきた。以前から、これに懐疑的な研究者は少なくないが、両者の論争は今や、スキャンダル絡みの様相も呈している。不信が拡大する中、特に今冬は世界各地で寒さが厳しく豪雪も重なったため、欧米では温暖化それ自体を疑う人さえ増えている。‥‥
    (2010年2月25日読売新聞から抜粋)

    参考
    温暖化報告書の誤りをめぐり、IPCCの調査を依頼 国連
    トップの科学者たち、地球温暖化人為的説での総意を確認
    IPCCの運営について独立委員会設置
    IPCCは変われるか?
    温暖化問題を新たな国際政治ゲームの一環としてとらえる地政学的視点
    温暖化懐疑派の声拒絶を=対策前進求める−国連総長
    米大統領 懐疑派にも呼び掛け
    地球温暖化は本当なのか
    温暖化の科学的論争の行方はどうであれ、各国が温室効果ガスの排出削減に努めていくべきであることに変わりはない

    IPCC のデータ捏造疑惑は本当か?
    相次ぐ政治家・メディアの誤認 信頼回復に向けたIPCCの課題
    温暖化問題 揺らぐIPCCの報告書 検証の中身は
    IPCCに関係してきた 日本の有志10名による「IPCC報告の科学的知見について」と題する声明

    永久凍土、50年間で130キロ後退

    カナダのラヴァル大学は2月17日付けのリリースで、生物学科の研究者が行った研究によると、カナダ北東部のジェームズ湾で、永久凍土の南限が、50年前よりも北へ130キロメートル後退したと発表した。‥‥
    ‥‥こうした傾向が続くと、同地域の永久凍土は近い将来に完全に消失するだろうと述べている。
    (2010年2月25日日刊温暖化新聞から抜粋)

    参考
    永久凍土が考えられないペースで溶けている。温暖化加速の危機。
    海氷減少で凍土もピンチに 温暖化「悪循環」の危険も
    西シベリアの永久凍土が急速に溶解 メタン放出で温暖化ガス削減努力も無にする恐れ
    シベリア永久凍土急速に融解

    持続可能な未来へ ―組織と個人による変革―

    ‥‥創造プロセスの理解が時代や国境を超えたものであるのと同じく、使命をよりどころとする新世代の企業も当然ながら、歴史ある考え方のうえに成り立っており、そのなかには工業化時代が幕を開ける以前からの考え方もある。

    この種の企業は、自然界のすこやかな繁栄に貢献することをおもな存立趣旨としている。「企業の唯一の目的は利益をあげることだ」という考え方を否定し、従業員、納入業者、顧客の関係性の質こそが、繁栄の度合いを示す本当のモノサシだという立場をとっている。そして、このような考え方を抱くことで自社を原点へと引き戻しているのだ。スウェーデン語でビジネスを意味する最も古い言葉は、もともと「生命の滋養」を指す。古代中国語では、「生命の意味」を指すふたつの漢字がこれにあたる。 英語の「会社(カンパニー)」は、「仲間(コンパニオン)」と同じく、「パンを分け合う」という意味のラテン語に由来する。

    ロイヤル・ダッチ・シェルは1980年代はじめ、"長寿企業"の調査を行った。200年以上も存続している少数の企業を世界中から見つくろい、調査した結果は、1997年になってようやく公表された。そのなかでシェルの元幹部アリー・デ・グースは、"利益創造マシン"を自任する大多数の企業と長寿企業とを鮮やかに対比させている。後者は、みずからを何よりも「人間のコミュニティ」としてとらえているという。

    循環型社会を創造するには、大小のあらゆる組織がリーダーシップを発揮し、イノベーションを推進しなくてはならないだろう。しかし、筆者たちの考えでは、製品やプロセスを考えなおす方法だけでなく、バブル後の世界を支える存在として企業を問い直す方法を学ぼうとするうえでは、シェルのおおもとの研究において「『何をするか』よりも『何者であるか』を大切にする」と評された企業が、とりわけ大きな役割を果たすだろう。‥‥
    (2010年2月22日 持続可能な未来へ ピーター・センゲ著 から抜粋)

    古代文明 気候変動の影響調査

    地球の気候変動が、ピラミッドで知られる古代エジプト文明にどのような影響を与えたかを解明するため、日本の研究機関などがナイル川の水位の変遷をたどる調査を始めました。‥‥
    ‥‥調査にあたっている国際日本文化研究センターの安田喜憲教授は「エジプト文明はすでに歴史が年単位でわかっているので、気候の歴史が年単位で復元されれば、環境の変化が人間の歴史にどのような影響を与えたか、はっきりとらえられると思う」と話しています。‥‥
    (2010年2月22日NHKから抜粋)

    参考
    環境考古学が予言する地球温暖化の行く末
    現代文明てのはね、2050年〜2070年ぐらいに崩壊するっていう説を出したんですよ
    "森の国”の思想が次の経済システムを作る
    気候安定と文明の期間は重なる

    温暖化懐疑論法廷へ CO2は“真犯人”か

    地球温暖化の原因は何なのか−。科学者同士の論争が損害賠償訴訟の形で法廷に持ち込まれた。法廷で論争に決着がつく可能性は低いが、二酸化炭素(CO2)を主因とする温暖化に対する懐疑論や温暖化そのものへの疑問が根強いことを示した。‥‥
    (2010年2月16日東京新聞から抜粋)

    参考
    CO2温暖化議論を封じ込められた槌田敦裁判を応援する会
    控訴棄却(pdf)
    槌田敦「CO2温暖化説は間違っている」を読む

    米、原発30年ぶりに新設へ 費用の政府保証を初実施

    オバマ米大統領は16日、エネルギー効率の高い新型原子力発電を推進する原発建設費の政府債務保証を初めて実施すると発表した。地球温暖化対策と雇用創出が狙いで、1979年のスリーマイル島事故以降止まっていた米国の原発建設が、約30年ぶりに再開されることになる。‥‥
    (2010年2月16日asahi.comから抜粋)

    参考
    原子力発電所では(放射性)廃棄物の長期的な処理方法がまだ分かっていない。温暖化のリスク以上に危ない
    マスコミでは語られない話題 原子炉解体にかかる天文学的費用
    イギリスで原発解体に今後必要となる費用はおよそ11兆円 負の遺産を解決できないまま今世界は原発の建設に舵を切り始めている

    世界初の商業原発解体作業進まず
    原発は温暖化防止に役立つか
    原子力発電 推進派が増加 現状・廃止派減少へ

    世界の風力発電が31%増 09年新設は原発25基分超
    昨年1年間に世界で新たに建設された風力発電施設の規模は、大型原発25基分超に相当する3750万キロワット、総発電容量は2008年から31%増えたとの調査結果を、業界関係者らでつくる世界風力エネルギー協会(GWEC、本部・ベルギー)が16日までにまとめた。
    ‥‥一方で日本での新設は、17万8千キロワットと08年比で半減、順位も13位から18位に大きく後退した。‥‥
    (2010年2月16日東京新聞から抜粋)

    参考
    中国、米国を抜き世界最大の風力発電国に
    風力発電だけで先進国の2020年までの削減目標の65%を達成可能
    原子力 温暖化のリスク以上に危ない

    気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は変われるか?

    ‥‥IPCCが、今後も世界中の政府機関の気候変動に関する政策決定において、中心的役割を果たすためにどうすべきかをイギリスのガーディアン紙がまとめた。‥‥
    (2010年2月16日EOLニュースから抜粋)

    参考
    国連の温暖化報告書、誤記や金銭問題浮上
    ヒマラヤのIPCC報告書に誤り
    地球温暖化データにねつ造疑惑

    中国:農地、進む酸性化 米中チーム分析、「温暖化加速」警告

    大量の化学肥料使用で中国の農地が80年代以降、急速に酸性化していることが、中国農業大や米スタンフォード大などの分析で分かった。肥料中の窒素は温暖化を進める亜酸化窒素の発生源で、チームは環境悪化の加速を警告している。‥‥
    ‥‥中国は急激な人口増加に対応するため化学肥料を大量使用。肥料による酸性化は酸性雨の10〜100倍の影響があり、発生する亜酸化窒素は二酸化炭素の約300倍の温室効果があるという。
    (2010年2月12日毎日jpから抜粋)

    参考
    中国の土壌酸性化は化学肥料が原因

    荒廃する穀倉地帯、ナイルデルタに海水侵入

    古代から世界有数の穀倉地帯となっているエジプトのナイルデルタが、海面上昇により塩分の多い荒れた土地に変わりつつあり、一部の農民たちが移住を余儀なくされている。
    専門家らによると、地球温暖化の影響で、ナイルデルタに面した地中海の水位が過去100年間で20センチ上昇し、海水の浸入が深刻な問題となっている。 ‥‥
    ‥‥専門家らは、このような状況が続くと大規模な食糧不足が起こり、今世紀末までに700万人の「気候難民」が発生すると指摘する。‥‥

    (2010年2月10日AFPから抜粋)

    参考
    食糧危機が懸念される今、アフリカや東欧の農地を外国企業が囲い込む「ランドラッシュ」と呼ばれる争奪戦が激化している。

    「土壌放出のCO2は過小評価されている」、フィンランド環境機構

    フィンランド環境機構は8日、土壌から放出される二酸化炭素がこれまでの予想以上に地球温暖化の原因となっている可能性があることが研究で明らかになったとして、気候変動予測の見直しを求める声明を発表した。‥‥
    ‥‥増加しつつある土壌からの二酸化炭素の放出量を相殺するために必要な森林バイオマスについて、これまでの研究は「70〜80%増やす必要がある」としてきたが、同機構は「100〜200%の増加が必要」としている。‥‥
    (2010年2月9日 AFPから抜粋)

    削減目標 56か国が提出

    去年12月に開かれた地球温暖化をめぐる国連の会議「COP15」での合意を受けて、先月末の期限までに、アメリカや中国など温室効果ガスの主要排出国を含む56か国が2020年までの削減目標などを国連に提出しました。 ‥‥
    ‥‥主要国が今回提出した目標は、これまでにそれぞれが発表したものと変わらず、国連のデ・ブア事務局長は「温暖化の脅威に立ち向かうには十分でない」といっそうの削減を求めています。‥‥
    (2010年2月2日NHKから抜粋)

    参考
    中国「排出量上限は当面設けない」、COP15代表団高官
    日本、「25%削減目標」正式決定を国連に提出

    EU温室ガス90年比20%減目標 30%に引き上げも

    地球温暖化の鈍り、成層圏の水蒸気減少が影響?

    今世紀に入って地球の気温上昇が鈍り、横ばい傾向になっているのは、上空の成層圏にある水蒸気の減少が関係しているとの分析を米海洋大気局(NOAA)のスーザン・ソロモン博士らのグループがまとめた。米科学誌サイエンス(電子版)に発表した。  
    国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の2007年報告書は地球温暖化により、今世紀末に気温は20世紀末に比べ1.1〜6.4度上昇すると予測している。しかし、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)は増え続けているのに気温上昇が横ばいなことから、一部の専門家は「地球温暖化は止まった」とIPCCの分析を疑問視している。 ‥‥

    (2010年1月31日asahi.comから抜粋)

    参考
    地球温暖化はもう止められない、気象学の世界的権威が新論文


    米大統領:温暖化対策法案への支持、懐疑派にも呼び掛け 一般教書

    オバマ米大統領は、温暖化ガス排出削減法案について、気候変動に対して懐疑的な見方をしている議員らにも支持を呼び掛けた。‥‥
    ‥‥たとえ証拠について疑問を抱く人々がいても、エネルギー効率向上やクリーンエネルギー推進に向けインセンティブを提供するのはわれわれの将来のために正しいことだ。なぜなら、今後、クリーンエネルギー経済をリードする国が世界経済をリードし、米国はその国になる必要があるからだ‥‥
    (2010年1月28日ブルームバーグから抜粋)

    参考
    米、原発30年ぶりに新設へ
    「どこが温暖化?」 米大雪で勢いづく懐疑派、ゴア氏おちょくりも
    気候変動を現実と考える米国人、57%に低下 米大学調査
    地球温暖化は本当なのか
    温暖化の科学的論争の行方はどうであれ、各国が温室効果ガスの排出削減に努めていくべきであることに変わりはない

    世界の大油田、生産ピーク過ぎた IEA研究者が警告

    「国内対策だけで25%減可能」 環境保護団体が試算
    環境保護団体の「地球環境と大気汚染を考える全国市民会議」(大阪市)は22日、国内対策だけで2020年のエネルギー起源の二酸化炭素(CO)排出量を1990年比で25%削減することは可能だとの試算結果を発表した。
    石炭火力による発電量を90年比で約43%減少させる一方で、太陽光発電や風力発電の普及により再生可能エネルギーの発電量が同約80倍と大幅に増加する場合、CO25%減が実現するという。‥‥
    ‥‥試算は、08年の世界的な不況の影響を織り込むとともに、新規の原子力発電所は建設せずに既存の原発を40年で廃炉にすると想定。‥‥

    (2010年1月22日共同通信から抜粋)

    参考
    国内25%削減を、余裕をもって達成する道筋と削減可能性
    脱炭素社会へ向けたポリシーミックス提案

    原子力開発が本格化=温暖化対策や脱石油模索−中東諸国

    原油資源の豊富な湾岸産油国を含めた中東諸国で、民生用原子力エネルギー開発が本格化してきた。各国とも人口増や経済成長による電力需要拡大に加え、地球温暖化の主因である化石燃料の大量消費に対する批判や将来的な原油資源枯渇といった「ポスト石油時代」を見据えて対策を急いでいる。‥‥
    (2010年1月22日時事ドットコムから抜粋)

    参考
    原子力発電所では(放射性)廃棄物の長期的な処理方法がまだ分かっていない。温暖化のリスク以上に危ない
    原子炉解体にかかる天文学的費用
    イギリスで原発解体に今後必要となる費用はおよそ11兆円 負の遺産を解決できないまま今世界は原発の建設に舵を切り始めている

    世界初の商業原発解体作業進まず
    原発は温暖化防止に役立つか
    原子力発電 推進派が増加 現状・廃止派減少へ

    09年は過去2番目の暖かさ NASA「温暖化は継続」
    米航空宇宙局(NASA)は21日、2009年の世界の平均気温について、観測データがある1880年以降では2007年と並んで2番目に高かったと発表した。
    「ヒマラヤの氷河が35年にも消失する」とした国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の報告書に誤りが見つかったことなどで温暖化に対する懐疑論も出ているが、NASAは「温暖化は衰えずに続いている」と警戒を呼び掛けた。‥‥
    (2010年1月22日共同通信から抜粋)
    ヒマラヤのIPCC報告書に誤り 35年に氷河消失せず
    世界中の科学者で構成する国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は20日、2007年に発表した第4次報告書の中で、ヒマラヤの氷河が35年にも消失するとした記述が誤りだったとする声明を発表した。‥‥
    ‥‥これは一般向けの科学雑誌や環境保護団体の冊子に掲載されたデータの引用で、学術誌に発表された研究成果ではなかったという。このデータの基になったとみられる未発表研究では、世界全体の氷河の消滅時期が2350年となっていた。  
    IPCCのパチャウリ議長は「データの信頼性を十分にチェックをするというIPCCの手続きが守られていなかった」としている。 一方で、数千ページにおよぶ3部会の報告書を約70ページにまとめた統合報告書に記された「ヒマラヤやアンデス山脈などの氷河の後退は21世紀中に加速する」という記述は揺るがないとしている。‥‥

    (2010年1月21日共同通信から抜粋)

    参考
    国連の温暖化報告書、誤記や金銭問題浮上
    温暖化の信ぴょう性に疑問の声
    IPCCへのさらなる疑問について・ヒマラヤ氷河問題とクライメートゲート続々報
    気候変動報告の誤り、責任執筆者「確信犯」 英紙報道
    ヒマラヤの氷河は本当に消失するのか?
    地球温暖化データにねつ造疑惑
    グリーンランドと南極で進む氷河の薄化、衛星画像で明らかに
    南極大陸西部やグリーンランドの氷床が溶解した場合の影響について
    南極西部の氷床、溶解すれば海面上昇3メートル 研究報告
    氷河 数十年で消滅も 国連が警告

    海面上昇、氷河の影響大
    地球温暖化は本当なのか
    温暖化の科学的論争の行方はどうであれ、各国が温室効果ガスの排出削減に努めていくべきであることに変わりはない
    IPCC のデータ捏造疑惑は本当か?
    相次ぐ政治家・メディアの誤認 信頼回復に向けたIPCCの課題
    温暖化問題 揺らぐIPCCの報告書 検証の中身は
    IPCCに関係してきた 日本の有志10名による「IPCC報告の科学的知見について」と題する声明

    地球上の3分の1以上の生物に絶滅のおそれがある

    EU=ヨーロッパ連合は、自然環境の悪化で地球上の3分の1以上の生物に絶滅のおそれがあるとして、EUとしては2020年までに実施する独自の目標を掲げて、ことし10月に名古屋で開かれる国連の生物多様性条約の会議に臨む方針を示しました。‥‥
    ‥‥地球上の生物のうち3分の1以上が絶滅のおそれがあり、自然環境の悪化による経済的な損失は年間日本円にして6兆5000億円に上ると指摘し、危機感をあらわにしました。‥‥
    (2010年1月20日NHKから抜粋)

    参考
    野生生物の総個体数 20年間で40%減った
    生物多様性保護 温暖化対策を
    1.5〜2.5度上昇 動植物 30%が絶滅
    気温1度上昇で絶滅生物10%増
    地球温暖化が進むと、種は絶滅する。その後地球が冷却を始めると、生物が再び繁栄し始める。今後の気温動向は地球の大量絶滅期の気温に似たものになると予想している。
    温暖化で50年後に動植物2〜3割絶滅か 動植物種の多くはどうやら気候変動を生き抜いていけそうもない。
    地球上の主要な脊椎(せきつい)動物のうち、両生類の30%、哺乳類の23%、鳥類の12%が絶滅の危機にある。
    生物多様性の損失「減速目標の達成困難」 科学者ら声明
    「自然資源という資本」を経済学者は考慮に
    環境破壊による損失は年間500兆円

    世界は集団絶滅に向かって急速に突き進んでいる

    人口が増加してゆけば問題は悪化する一方
    森林の維持に報酬がなければ、途上国は保全を引き受ける手段も動機も持てない。

    大量絶滅時代の恐れ 環境省 初の生物多様性白書

    地球環境の急速な悪化で、生物の絶滅速度が100倍に
    霊長類の半分絶滅危機 予測よりはるかに深刻
    鳥類の30%が絶滅か
    ヒトを除く全霊長類の3分の1近くが絶滅の危機
    国連環境計画が「地球の6度目の絶滅が進行中だ」という内容の環境報告書を発表
    地球は6度目の大量絶滅のまっただ中にいる
    哺乳類の4分の1が絶滅の危機

    地球環境の激変につながりうる7つの転換点
    ‥‥『米国科学アカデミー紀要』は、地球環境における転換点という特集を掲載した。転換点とは、限界を超えたときに大規模な変化を起こし、元の安定性には戻らなくなる可能性があるポイントだ。‥‥
    ・両極の氷・メタンハイドレート・メキシコ湾流・チャドからの砂塵・南アジアのモンスーン・アマゾンの熱帯雨林

    (2010年1月20日WIRED VISIONから抜粋)
    原子力発電所では(放射性)廃棄物の長期的な処理方法がまだ分かっていない。温暖化のリスク以上に危ない

    ‥‥講師の東京大大学院の佐々木力教授(科学史・科学哲学)は、地球温暖化が叫ばれ、原子力発電所が石油を使わないクリーンなイメージがあることを懸念。「原子力発電所では(放射性)廃棄物の長期的な処理方法がまだ分かっていない。温暖化のリスク以上に危ない」と指摘した。
    国内では原子力発電について「核の平和利用▽日本は無資源▽技術水準の高さ−−から容認されたが、海外では原発について市民の知識は高い。日本ではタブーのように触れられてこなかった」と評した。‥‥
    (2010年1月18日毎日JPから抜粋)

    参考
    マスコミでは語られない話題 原子炉解体にかかる天文学的費用
    イギリスで原発解体に今後必要となる費用はおよそ11兆円 負の遺産を解決できないまま今世界は原発の建設に舵を切り始めている

    世界初の商業原発解体作業進まず
    原発は温暖化防止に役立つか
    原子力発電 推進派が増加 現状・廃止派減少へ

    政府がどんな約束をしても、技術がどれだけ進歩しても、環境と気候のリスクから人類を救うことはできない 地球白書

    地球を救うカギは「大量消費」との決別 米シンクタンク
    地球温暖化などの環境問題に取り組むうえで、各国政府による対策の妨げとなるのは「大量消費」の文化であり、まずそこから変える必要がある――との報告書を、米シンクタンク「ワールドウォッチ研究所」がこのほど発表した。 報告書は、同研究所が毎年出している「地球白書」の2010年版。大量消費社会から持続可能な社会への変革が実現しなければ、「政府がどんな約束をしても、技術がどれだけ進歩しても、環境と気候のリスクから人類を救うことはできない」と警告している。そのうえで、大量消費からの脱却に向けた戦略や、持続可能な社会の事例など、専門家60人による研究結果を紹介している。 ‥‥
    (2010年1月16日CNNから抜粋)

    参考
    人口や経済が地球の物理的限界を行き過ぎてしまったら、引き返す道は二つしかありません。
    「自然資源という資本」を経済学者は考慮に
    地球は人類を養い続ける余力を失っている
    環境破壊による損失は年間500兆円

    資源の減少と人口増加の曲線の交差が起きて、大変な時代になると予測されるのが、2020年問題です。
    気候変動より深刻な資源枯渇「危機は2020年より前に到来」
    外部不経済の問題点と内部化 外部不経済
    市場が犯す大きな失敗
    世界は集団絶滅に向かって急速に突き進んでいる
    拡大、拡張、増大、増加こそが進歩であり発展であるという理念は早急に見直さざるをえない。

    温室効果ガス排出量の主要因としての人口動向
    温暖化や人口増で「人類は危機に」 国連環境計画が警告

    温暖化対策で重要性増す各国の人口政策
    地球環境の悪化を食い止め、貧困をなくし、人口を安定させるために行動しなければ、子供たちの世界は経済的に衰退し、政治的にも崩壊してしまうだろう。
    地球温暖化、世界各国でのミドルクラスの急激な勃興、急速な人口増加が一気に重なったいま、この地球はきわめて不安定な時代に突入しようとしている。
    人口が増加してゆけば問題は悪化する一方
    人口の増加は避けられないし、豊かさを覚えた人間は、もう元には戻れない。さらにはいま豊かでない人間も、豊かさを求めるようになる。それを解決しなければ、われわれやその子孫に将来はない。
    人口爆発が問題と思うのは、間違った神話だ。人口増加は『症状』であって『問題の原因』ではない。

    世界の人口が爆発的に増えているという点については議論の余地がなく、新たなエネルギー技術の開発は、地球温暖化の問題をさておいても急務
    成長の限界の標準計算グラフ
     一般の人が気づかない微妙な変化を感じ取り、将来の準備を始める
    環境問題を解決するためには、増大を前提にした文明を、縮小を目指す文明に転換することが必要
    『2020年問題』は、地球規模の人類最大の宿命的問題

    こうした成長傾向を修正し、将来長期にわたって持続可能な生態学的・経済的な安定性を確立することは可能である。
    衰亡論を持った文明の生き方
    環境問題が生じる原因は、環境がタダとして扱われてしまう市場経済にある。このような現象は「市場の失敗」として知られている

    原因は北極の強い「寒気放出期」 北半球の寒波

    昨年末から北米や欧州、アジアなど北半球を襲っている寒波は、北極圏の寒気の動き「北極振動」が強い寒気放出期になったのが原因とする分析を米雪氷データセンターが12日までにまとめた。 ‥‥
    ‥‥同センターなどによると、北極振動は気圧の変動により大気の流れが周期的に変化する現象。今冬は北極圏の気圧が高く中緯度地域は低い北極振動指数がマイナスの状態で、北極圏から放出された寒気が中緯度地域に流れて気温が低くなる一方、北極周辺は気温が高い状態が続いている。‥‥

    (2010年1月13日共同通信から抜粋)

    参考
    大雪の原因は「北極振動」 寒気、流れ込みやすく
    北極振動:北半球の異常低温の原因 79年以降で最も強い寒気放出
    氷河期?‥‥「北極振動で温暖化が足踏み」
    異常気象をもたらす北極振動の謎
    北極海海氷減少と北極振動が相互に影響しあっていることを発見
    アイス・アルベド・フィードバック 北極振動
    北極振動に伴う気温変化のパターンと、近年の地球温暖化にみられる変化パターンがとてもよく似ている。
    北米の寒冷化は地球温暖化と矛盾しない
    地球温暖化は本当なのか
    米の記録的豪雪、原因は地球温暖化?
    北極圏海氷面積最新情報 JAXA

    温暖化の科学的論争の行方はどうであれ、各国が温室効果ガスの排出削減に努めていくべきであることに変わりはない。

    ‥‥地球温暖化のメカニズムについては、科学的に未解明な部分が多い。人為的に排出される二酸化炭素(CO2)が主因であることに懐疑的な科学者は少なくない。‥‥
    ‥‥だが、温暖化の科学的論争の行方はどうであれ、各国が温室効果ガスの排出削減に努めていくべきであることに変わりはない。排出削減努力は、省エネルギーを促し、限りある資源である石油、石炭への依存からの脱却につながる。‥‥
    (2010年1月12日 読売新聞から抜粋)

    参考
    地球温暖化は本当なのか

    「世界の大油田、生産ピーク過ぎた」IEA研究者が警告
    気候変動より深刻な資源枯渇「危機は2020年より前に到来」
    CO2排出による海の酸性化が加速
    政府がどんな約束をしても、技術がどれだけ進歩しても、環境と気候のリスクから人類を救うことはできない 地球白書

    原油高騰を予測したルービン氏:年末までに100ドル−新興国需要で

    カナダのCIBCワールド・マーケッツの元チーフエコノミスト、ジェフ・ルービン氏は、原油相場が1−3月(第1四半期)に90ドルに上昇し、年末までに100ドルに達するとの見通しを示した。同氏は過去10年間の原油高騰を予測した。   
    ルービン氏(55)はアジアと中東での需要拡大の加速により、オイルサンドなどコストの高い非在来型エネルギー源への依存度が高まらざるを得ないとみている。‥‥  
    ‥‥ルービン氏によると、石油消費の増加は需要が既にピークに達した可能性の高い西欧や米国などの工業国ではなく、中国やインドなどの新興国にけん引される見通しだ。
    (2010年1月7日ブルームバーグから抜粋)

    参考
    大油田 生産ピーク過ぎた 5年以内に供給不足
    「世界の石油産出量、2020年にピークに」--IEAチーフ・エコノミストが警鐘
    石油の代わりに使われるのはより多くの温室効果ガスを発生するオイルサンドや石炭液化であり、逆効果になりかねない。
    中国の石油最大手、カナダのオイルサンド事業の権益取得
    中国:世界的な資源獲得競争に「積極的」に参加へ
    日本はピークオイルに備えて何をしているか?
    日本の化石エネルギーの輸入額 10年前には5兆円程度だったのが、昨年は23兆円に
    ピークが起る20年ほど前に緊急プログラムを開始すればエネルギー転換を行える
    原油生産ピークを迎えていたのか
    枯渇する石油 ピークオイル
    ピークオイルと気候変動の運動に橋を掛ける
    石油生産のピーク、地球規模で
    「石油が一番安い」というトリック
    ピークオイル.気候変動に左右されない地域づくり
    石油の次、道二つ
    温暖化の科学的論争の行方はどうであれ、各国が温室効果ガスの排出削減に努めていくべきであることに変わりはない

    北米の寒冷化は地球温暖化と矛盾しない

    2008年、北アメリカ全域で平均気温が低下した。地球温暖化が進んでいるという議論と矛盾するようだが、そうではない。最新の研究によると、この寒冷化現象は地球の大気循環のパターンが自然に変化したことによるもので、地球温暖化の影響を一時的に覆い隠しているが、温暖化はむしろ進行しているという。‥‥
    (2010年1月6日ナショナルジオグラフィックニュースから抜粋)

    参考
    米の記録的豪雪、原因は地球温暖化?
    「どこが温暖化?」 米大雪で勢いづく懐疑派、ゴア氏おちょくりも
    原因は北極の強い「寒気放出期」北半球の寒波
    地球温暖化は本当なのか
    寒冷期には温暖化への人々の意識が薄れる可能性がある
    地球温暖化がもたらす極端現象(PDF)
    最近の気象異変を見ると、本当に地球温暖化は正しいのかという疑問を抱く

    2030年前後に地球は「臨界点」を迎えてしまう可能性が高い

    ‥‥問題は、「地下系」資源から「太陽系」エネルギーへの移行は、自然に訪れるものではなく、我々が意識して作り上げなければならないということだ。しかもかなり強引に進めていかない限り、移行期間には今後50〜60年を要してしまうだろう。しかし、そのような悠長な時間の余裕は我々にはたぶん残されていない。
    おそらく2030年前後に地球は「臨界点」を迎えてしまう可能性が高いためだ。例えば、原油は楽観的見方に立っても30年には、「液体で濃縮され、生産コストの安い」原油は埋蔵量の半分を掘り尽くされ、生産のピーク、すなわちピーク・オイルを迎える。地球の平均気温が18世紀の産業革命前に比べ2度上昇してしまうのも、早ければ32〜40年との見方がある。世界人口が地球の養える人口80億人を超えるのは25年だ。一見バラバラに進んでいる現象が30年前後にひとつに繋がって、ついに臨界点に達してしまう。
    我々は「地下系」から「太陽系」への移行を急がなければならない。‥‥
    (2010年1月5日「資源争奪戦 最新レポート2030年の危機」かんき出版から抜粋)

    参考
    世界の大油田、生産ピーク過ぎた IEA研究者が警告
    地球は人類を養い続ける余力を失っている
    気候変動より深刻な資源枯渇「危機は2020年より前に到来」
    拡大、拡張、増大、増加こそが進歩であり発展であるという理念は早急に見直さざるをえない。
    人口や経済が地球の物理的限界を行き過ぎてしまったら、引き返す道は二つしかありません。
    環境問題を解決するためには、増大を前提にした文明を、縮小を目指す文明に転換することが必要
    こうした成長傾向を修正し、将来長期にわたって持続可能な生態学的・経済的な安定性を確立することは可能である。
    衰亡論を持った文明の生き方
    政府がどんな約束をしても、技術がどれだけ進歩しても、環境と気候のリスクから人類を救うことはできない 地球白書
    枯渇に向かう金属資源
    希少資源獲得へ総力戦 日本の探査数、過去最高
    資源国の悲惨が指し示す人類の危機
    文明社会 頂点に達した後 数十年以内に崩壊します。

    中国:世界的な資源獲得競争に「積極的」に参加へ

    中国国家発展改革委員会(発改委)の張暁強副主任は海外投資に関する講演で、エネルギー消費で世界2位の中国が、国内需要の増加に伴い原油や天然ガス、鉱物資源の獲得をめぐる世界的な競争に「積極的」に参加すると表明した。 ‥‥
    ‥‥張副主任によれば、「計画されたプロジェクトの大半」が完了し、操業が始まれば、中国のエネルギー消費は向こう2年以内に本格的に拡大する見通し。‥‥
    (2010年1月5日ブルームバーグから抜粋)

    参考
    日本と中国の資源外交、“風林火山”
    巨竜むさぼる 中国式「資源」獲得術
    COP15と中国/露骨な資源外交に対応が急務
    英NGO、「中国の温暖化ガス排出は大量消費の欧米諸国に大きな責任」
    先進国の失敗の責任を新興国のせいにすることはできない

    日本の化石エネルギーの輸入額 10年前には5兆円程度だったのが、昨年は23兆円に

    ‥‥日本の化石エネルギーの輸入額を数字で示しています。10年前には5兆円程度だったのが、昨年は23兆円に増えています。消費量はそれほど大きく増えているわけではないのですが、価格が大きく上がってきているのです。ピークオイルが来て、ますます価格が上がってきたときに、この23兆どころではない、30 兆、40兆となっていく可能性があります。‥‥
    (2009年12月29日環境メールニュースから抜粋)

    参考
    成長戦略についてのヒヤリング(pdf)

    風力発電だけで先進国の2020年までの削減目標の65%を達成可能
    世界風力エネルギー協会は12月14日、先進国(京都議定書の附属書I国)が示している2020年までの削減目標は、風力発電だけで最大65%達成できるとする試算を発表した。‥‥
    (2009年12月25日 日刊温暖化新聞から抜粋)
    温暖化を生き抜くため、陸上生態系は年420メートル移動する必要 研究

    米カーネギー研究所によると、陸上生態系は快適な地域で生息するために、涼しい地域に向かって年平均420メートル移動しなければならなくなるという。‥‥
    ‥‥自然保護区などは、予想される生態系の移動に対応するには小さすぎると研究は指摘する。世界中にある保護区のうち、今後100年で現在の気候条件を維持できるのは10%に満たないという。
    (2009年12月24日 AFPから抜粋)

    参考
    温暖化により約1.5〜5.5km/年で移動する気候帯にはとても追いつけません。
    樹木の移動速度は4〜200km/100年のオーダーであるのに対して、温暖化はもっと速い速度で進むと見積もられている

    1.5〜2度の温暖化は7〜9メートルの海面上昇を招く恐れがある

    極地の気温が今より3〜5度高かった約12万5000年前、海面は現在よりも8メートルほど高かった可能性があるとする研究結果が、16日の英科学誌「ネイチャー(Nature)」に発表された。‥‥
    ‥‥研究者らは、こうした結果は、持続する小幅な地球温暖化に対する氷床の長期的なぜい弱性を示していると指摘。1.5〜2度の温暖化は7〜9メートルの海面上昇を招く恐れがあるとしている。
    (2009年12月23日 AFPから抜粋)

    参考
    世界は20年以内に、気温上昇を摂氏2度以下に抑えるための許容排出量を使い果たしてしまう。
    2℃が限界?! 地球温暖化の最新情報
    2℃を超えると、2050年の時点で世界の人口のうち約30億人が危機にさらされる
    2度以内に抑えるには、先進国は1990年比で2020年までに25〜40%削減することが必要だ。
    先進国の温室効果ガス排出削減時期が2020年より10年遅れると、地球の平均気温が2度以上高くなる確率が15ポイント増の42%になる

    温室効果ガス排出量を今世紀半ばには基本的にゼロにする──技術的 経済的に可能
    ‥‥十分な確率(75%)で気温上昇を摂氏2度以内に抑えようとすると、世界の温室効果ガス排出量を2015年以降に急激に削減し、今世紀半ばには基本的にゼロにする必要があることほぼ確実だろう。
    ・この挑戦に挑むのは不可能だと示す証拠はない。反対に、そのようなシナリオを世界・地域レベルで検証した分析では、技術的に可能なだけでなく経済的にも可能であり、収益性さえある、とするものが増えている。
    (2009年12月21日日刊温暖化新聞から抜粋)
    温暖化合意、「留意」で決着=条件付き採択、対象は賛成国のみ−COP15閉幕

    国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)は19日、地球温暖化対策の新たな枠組み(ポスト京都議定書)に関する政治合意(コペンハーゲン合意)について、「合意に留意する」との扱いで、条件付きで採択し、閉幕した。‥‥
    ‥‥各国は来年に持ち越す交渉で、新たな枠組みの採択を目指すが、関係国の対立は根深く、今後の調整は容易でない。‥‥
    (2009年12月19日時事ドットコムから抜粋)

    参考
    COP15 コペンハーゲン合意の要旨
    COP15:批判相次ぐ 「仕切り直し」求める声

    気候問題、国連主導限界と米紙 COP15決議で
    後押し役には国連がふさわしいと反論
    COP15:閉幕 途上国の反発根強く 「金ではなびかない」
    COP15 強気の姿勢貫いた中国の戦略

    【COP15】議定書策定を妨害! 欧州で中国批判高まる 「気候変動ポリス」創設?
    世界の最貧困層の人々にとって最悪の結果に
    COP15関連日本語サイトへのリンク

    国境を越えるCO2に関しては、国境を越えるマネー経済の儲けから税金を取る

    ‥‥いままでの方法論で地球環境が守れるのかと。むしろ財源を確保して途上国に移転する技術のお金をめんどうみるような仕組みを再設計しなきゃいけないんじゃないか、という方向にですね、議論が動き始めている新たな展開もあるんですね。
    国境を越えるCO2に関しては国境を越えるマネー経済のその儲けから税金を取るというシステム、そこを構築できるかどうか。
    (2009年12月18日報道ステーションから抜粋)

    参考
    通貨取引開発税
    国際連帯税
    通貨取引に国際課税を提言 途上国支援や温暖化対策に

    COP15成功でも─「なお持続不可能な道筋が続く」国連
    ‥‥COP15での温室効果ガス排出削減交渉が成功裏に終わっても、世界の平均気温は3度超上昇するとの国連の独自試算が17日、明らかになった。地球環境への悪影響が大きくなるとされる「2度」を大幅に超える数値で、難航するCOP15の議論に警鐘を鳴らすことになりそうだ。
    ‥‥各国案が最大限実施されれば排出削減に大きな効果があるとしつつ、「なお持続不可能な道筋が続く」と指摘している。

    (2009年12月18日時事ドットコムから抜粋)

    参考
    最悪回避、5年から10年で急激に削減する必要
    COP15で政治合意できれば、「摂氏2度以内の気温上昇」という目標を50%の確率で達成できる
    2℃が限界?! 地球温暖化の最新情報
    2℃を超えると、2050年の時点で世界の人口のうち約30億人が危機にさらされる
    2度以内に抑えるには、先進国は1990年比で2020年までに25〜40%削減することが必要だ。
    先進国の温室効果ガス排出削減時期が2020年より10年遅れると、地球の平均気温が2度以上高くなる確率が15ポイント増の42%になる
    地球の気温が2.4度上昇した場合

    COP15:温暖化ガス削減、科学者らが要求する水準での合意は無理か

    ‥‥193の国と地域が目指す合意では、温暖化ガス削減目標が科学者らの求める水準を下回る可能性がある。‥‥国連の科学者らが求めている水準の約半分にとどまる見込みだ。‥‥気候変動に関する政府間パネル(IPCC)によると、産業革命以降の世界の気温上昇をセ氏2度以下に抑える「可能性を残す」ためには、先進国は 2020年までに温暖化ガス排出量を1990年比で25−40%削減する必要がある。‥‥
    (2009年12月17日ブルームバーグから抜粋)

    海水の酸性化、急速に進行(最近2千万年の中で最も変化が激しかった時に比べても100倍) 50年には今の2.5倍に
    大気中から海水に溶け込む二酸化炭素(CO2)の量が増えることによって、世界の海水の酸性度が急速に上昇しており、2050年には現在の2・5倍に達し、海の生態系に悪影響が出るとの報告書を、生物多様性条約の事務局がまとめ14日、気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)で発表した。
    酸性化が進めば漁業資源にも多大な悪影響を与える恐れがあり、生物多様性条約のジョグラフ事務局長は「緊急に大幅なCO2排出削減をすることによってのみ不可逆的な生態系への影響が防げる」として、COP15でもこの問題を議論するように求めている。  
    報告書によると、海は地球上から排出されるCO2の25%を吸収している。だがその結果、近年、海水の酸性化が急速に進行。そのペースは最近2千万年の中で最も変化が激しかった時に比べても100倍に達し、生物が対応することが難しくなっている。‥‥

    (2009年12月14日共同通信から抜粋)

    参考
    二酸化炭素排出が温暖化の原因であろうとなかろうと毒性の高い汚染物質 海洋を死滅させる

    海洋の酸性化、予想の10倍以上の速さで進行 海洋の食物網に深刻な影響
    温暖化で酸欠海域「デッドゾーン」増える
    海はCO2で飽和状態?
    海中のCO2増加 生態系に深刻な影響が出る恐れ

    (モナコ宣言) CO2排出による海の酸性化が加速、人類にも影響 海洋科学者ら警告
    海のCO2吸収量が減少 温暖化の悪循環の可能性

    CO2濃度500ppmを超えると、大部分のさんご礁が消失する
    海中の砂漠化進む危険
    さんご礁育たぬ海ばかり
    太平洋のさんご礁が急減

    二酸化炭素は、それが地球温暖化の原因であろうとなかろうと、海を酸性化させている

    海の酸性化進み漁業直撃、「本当に恐ろしい」−米団体が訴え

    米太平洋岸北西部の漁民、ジェレミー・ブラウン氏は首都ワシントンまで出向き、地球温暖化で漁業にも被害が出ていることを議会に訴えた。同氏は「捕り過ぎではない。問題はもっと深刻だ」と危機感を募らせている。‥‥
    ‥‥同団体は海の酸性化が強まっていると指摘した。二酸化炭素(CO2)排出がサンゴ礁を傷つけ、食物連鎖の末端である小動物の数が激減し貝類、イガイ、カキの貝殻が浸食されていることが背景。‥‥
    ‥‥ブラウン氏はインタビューで、「サンゴ礁のかけらが網に引っ掛かることがあまりにも多い。健康そうには見えず、色があせている。生態系が安定していない証拠で、本当に恐ろしい」と述べた。 ‥‥
    (2009年12月10日ブルームバーグから抜粋)

    最悪の影響を回避するためには今後5年から10年で急激に削減する必要がある

    気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の報告書作成に携わった科学者たちが11月24日、地球の氷床が急速に解けており、海面水位の上昇は従来の予測を大幅に上回るとする研究報告を発表した。‥‥
    ‥‥大幅な緩和策を講じなければ、地球の平均気温は2100年までに摂氏7度上昇する可能性があるとしている。‥‥
    ‥‥海面水位は、過去15年間で5cm以上上昇しており、2001年に発表されたIPCCの予測を約80%上回る。‥‥
    ‥‥2008年の化石燃料に伴う二酸化炭素(CO2)排出量は、1990年比で40%増加。現在のままCO2の排出が続くと、世界は20年以内に、気温上昇を摂氏2度以下に抑えるための許容排出量を使い果たしてしまう。気候変動による最悪の影響を回避するためには、世界全体のCO2排出量を頭打ちにし、今後5年から10年で急激に削減する必要がある、と報告書は結論づけている。
    (2009年12月11日 日刊温暖化新聞から抜粋)

    進む温暖化、観測史上最も暑い10年
    この10年間の平均温度が、観測史上最高であったことが最新の地球温暖化データから判明した。12月8日、国連専門機関の世界気象機関(WMO)が、デンマークのコペンハーゲンで開催中のCOP15で発表した。‥‥
    ‥‥WMOの事務局長ミシェル・ジャロー氏は次のように説明する。「今回のデータは、世界各地の地上観測所をはじめとして、船舶や海上ブイ、人工衛星を利用して収集された最新版であり、地球温暖化が減速したり逆転していないことを示している」。‥‥
    ‥‥「温度傾向は時間がたつにつれて変化することがある。“温暖化”といっても温度がずっと右肩上がりで上昇し続けるわけではない。依然として寒い冬もあるだろうし、逆に冷夏も起こり得る。問題となるのは、広範囲で長期的な傾向だ。長期的な視点からみれば、低温の期間が減少し、熱波が襲う頻度が増加して強度も増すと考えられる」。 ‥‥
    (2009年12月9日ナショナルジオグラフィックニュースから抜粋)
    NGOが日本政府代表団入り 政権交代で実現
    気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)が開幕した7日、日本の非政府組織(NGO)メンバー2人が日本政府代表団に参加した。地球温暖化対策の次期枠組みの交渉としては初めて。 
    NGO側によると、自民党政権時代から枠組み交渉への代表団入りを求めていたが認められず、民主党への政権交代で実現。現場で環境問題に取り組むNGOの声を政府代表団の一員として直接伝える。‥‥
    (2009年12月8日産経ニュースから抜粋)
    EU議長国、米中を名指しで批判 2度以内に抑えるという目標を達成できない

    欧州連合(EU)議長国スウェーデンのカールグレン環境相は7日、米国、中国が公表したそれぞれの温室効果ガス削減目標について「これらの目標では、(産業革命前と比較し)気温上昇を2度以内に抑えるという目標を達成できない」と批判した。‥‥
    (2009年12月8日毎日jpから抜粋)

    参考
    世界の国々がCO2を削減しても、米国はCO2を削減すべきでないとする回答は2年前の15%から24%に急増

    COP15で政治合意できれば、「摂氏2度以内の気温上昇」という目標を50%の確率で達成できる
    2℃が限界?! 地球温暖化の最新情報
    2℃を超えると、2050年の時点で世界の人口のうち約30億人が危機にさらされる

    2度以内に抑えるには、先進国は1990年比で2020年までに25〜40%削減することが必要だ。
    先進国の温室効果ガス排出削減時期が2020年より10年遅れると、地球の平均気温が2度以上高くなる確率が15ポイント増の42%になる
    地球の気温が2.4度上昇した場合

    「京都」と同内容なら離脱 政府、COP15で方針
    政府は7日からコペンハーゲンで始まる国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)で、京都議定書を現在の内容で更新する場合、2013年以降、離脱する方針を固めた。これまでの締約国間の交渉では新たな枠組みづくりが難航しており、離脱した場合、議定書採択時の京都会議の議長国だった日本の姿勢に、更新を支持する国から激しい反発が予想される。‥‥
    ‥‥鳩山政権は20年までに温室効果ガスを1990年比で25%削減することを国際公約としているが、「主要国の実効ある参加」が前提。政府は京都議定書では世界で最も多くの温室効果ガスを排出する中国と米国が削減義務を負っておらず、問題が多いと判断している。‥‥
    (2009年12月7日東京新聞から抜粋)
    英気象庁、温度観測記録を公表へ 温暖化懐疑派に対抗

    英気象庁は来週、地球の地表温度を観測した記録をインターネットで公表し、気候データが操作されていないことを示す。‥‥
    ‥‥地球温暖化に懐疑的な人々は、英イーストアングリカ大学気候調査部(CRU)の電子メールを根拠に、気候変動が人間によって引き起こされているとの主張を補強するため、科学者らが温暖化関連のデータを操作していると主張。メールは先月CRUの研究者などの間で交換されたもので、外部に流出し論議を巻き起こしている。 しかしミッチェル教授はCNNに対し、平均温度の観測記録に全く問題はないと明言。‥‥
    (2009年12月6日CNNから抜粋)

    参考
    COP15:温暖化データ操作疑惑でIPCC議長が反論
    地球温暖化データにねつ造疑惑

    なぜ多くの人が気候変動の脅威から目を背けるのか?

    人類の活動が原因で気候変動が進み、地球規模の災厄が降りかかろうとしていることを示す証拠が次々と示されている一方、気候変動の脅威は誇張されているとか、まったくのうそだと言う人も相変わらず多い。例えば、英国で11月14日に発表された世論調査結果では、人類の活動が地球温暖化の原因になっていると回答したのは41%だけだった。なぜだろうか。

    ■快適な生活を捨てたくない
    ロンドン大学の哲学教授で著書も多いアンソニー・グレーリング氏は、「現在の快適な生活をあきらめたくないという気持ちがある」と指摘する。このような傾向は欧米だけでなく、近年中間所得層が増えた中国、インド、ブラジルのような国々にもみられるという。
    米イリノイ州のノックス大学のティム・カッサー教授(心理学)は、気候変動という現実はわれわれのアイデンティティと衝突すると話す。「わたしたちは1日に何千回も、主に広告を通して、幸福で有意義な人生を送る秘訣は消費することだと聞かされてきた。ところが最近になって科学者や環境活動家が、過剰な消費や間違った消費が温暖化の原因の一部だと言い始めた」

    ■恐怖から目をそらしたい
    別の説明もある。世界は破滅に向かっているという恐ろしい真実から目をそらしたり、脅威を和らげて理解しようとするのは人間の本性だというのだ。パリのエコール・ポリテクニークのジャンピーエル・ドュピュイ教授(社会心理学)は、「破滅に際して、人間は自分が知っていることを信じようとしない」と語る。前述のグレーリング教授も「だれもが現実を否定し――あるいは否定したいと思い――あまり大きな責任を負わされたくないと思っている。ここに一種の断絶がある」と説明する。
    オーストラリア国立大学のクリーブ・ハミルトン教授(公共倫理学)は、9月に英オックスフォードで開かれた気候変動の会議に出席したとき、科学者同士の会話を聞いて驚いたという。この会議のテーマは気温が4度上昇した場合に世界にどのような影響が出るかという問題だったが、科学者同士のフランクな会話では科学者が果たすべき役割についてなどではなく、「怖いだとか、最近眠れなくなったとか、そんなことを話していた」

    ■いつまで目をそらせるか
    脅威を感じた人間は、安心したり、脅威から目をそらすために、実にすぐれた才覚を示す。例えば、環境によい小さな行動をことさら強調する人もいる。「白熱電球を電球型の蛍光灯に替えて、自分の義務は果たしたと言う人もいる」(カッサー教授)。このような態度は米国でよく見られるという。
    温室効果ガスの排出削減に消極的な中国やインドをことさら非難したり、個人の力ではどうしようもないとため息をついてみせるのも、恐ろしい現実から目をそらしたいという心の働きの現れだ。

    しかし、いずれ現実は襲ってくる。
    オーストラリアの議会選に立候補している上述のハミルトン教授は、気候変動が現実であることを物語るショッキングな出来事を目の当たりにして、気候変動が現実だと認める人が増えていると話す。「気候変動の現実を理性ではなく感情に訴えるような出来事は、今後数年間でますます増えていくでしょう」国家が破綻したり、バングラデシュのような温暖化に脆弱な国で大災害が起きたりするなどの衝撃的な事態が2、3発生しないと、現実を認めないかもしれないとグレーリング教授は言う。「しかし、一度そうなれば『これは現実ではない』とか『科学的に解決できる、そのうち過ぎ去る』などと言うことはできなくなる」。
    (2009年12月4日AFPから)

    参考
    人類文明を救うために:あなたと私にできること
    人類が目指してきた方向には巨大な断崖絶壁が
    文明崩壊 滅亡と存続の命運を分けるもの
    気候安定と文明の期間は重なる
    救うべきは地球でなく文明
    文明社会 頂点に達した後 数十年以内に崩壊します。
    文明を救う計画 規模は壮大 極めて速く
    個人の努力だけでは生き残れない

    温暖化問題を解決するのは、個人のライフスタイルのあり方ではなく、やはり政府の政策にかかっている。
    個人の努力だけでは限界 強い誘導策がなければ、なにも起こらない
    地球温暖化は本当なのか
    二酸化炭素が海洋を死滅させる 地球温暖化の原因であろうとなかろうと
    気候変動より深刻な資源枯渇
    地球はすでに破滅に向けて加速し続けている
    人類は危機に・地球環境に最大級の警告
    『絶対あり得ない』現象が、現実に起きている
    劇的変化の前には共通症状がある

    大油田 生産ピーク過ぎた 5年以内に供給不足
    「自然資源という資本」を経済学者は考慮に

    「氷の無い北極」に備える各国の軍隊

    「氷の無い北極」に備える各国の軍隊 Photo: U.S. Navy Photo: U.S. Navy 北極の氷冠が次第に減少する中で、北極海の支配をめぐって国際競争が始まっている。ロシア、カナダ、デンマーク、さらには中国までもが、駐留軍を拡大し、国旗を立てて、氷冠の下に眠る900億バレルと推定される天然ガス等の調査をしようとしている。また、米海軍も、北極圏における米国の国益を最大限にするための戦略計画を立てて、北極圏での氷解に備えている。‥‥
    (2009年12月1日WIRED NEWSから抜粋)

    参考
    北極海:温暖化で アジア・欧州「最短航路」
    グリーンランドとスバールバル諸島の間の海氷面積、過去800年間で最小
    約十万年前以来、北極海2航路の氷消滅
    地球温暖化という危機でさえも欲望達成の手段にしようとする人類

    途上国の気候変動対策基金、英連邦会議が創設要求

    ‥‥英連邦首脳会議は28日、12月の気候変動枠組み条約締約国会議(COP15)で、途上国の気候変動対策に年100億ドル(約8660億円)を支出できる基金の創設を求める共同宣言を発表した。‥‥
    (2009年11月30日読売新聞から抜粋)

    参考
    温暖化対策で途上国支援年100億ドル COP15、7日開幕
    途上国支援額の合意失敗 EU首脳
    途上国の温暖化対策、12年までに8千億円支援 環境相
    日本政府 難局打開に“外交カード” 迫るCOP15、途上国支援基金を提案
    途上国の温暖化と環境汚染、同時解決へ 環境省
    森林の維持に報酬がなければ、途上国は保全を引き受ける手段も動機も持てない。

    「政治迎合は学者生命にかかわる」 温暖化試算、お蔵入りの背景は‥‥
    鳩山政権が国際公約に掲げる温室効果ガスの25%削減。その家計への影響を検討してきた政府のタスクフォース(有識者会議)が24日、試算をまとめたが、政府は非公表扱いとし、来年2月までの再試算を命じた。なぜ試算は“お蔵入り”となったのか−。その背景として、不都合な結果を避けたい政権の意向をめぐり、タスクフォース内で対立や暗闘があったことが29日、産経新聞が入手した議事録などで明らかになった。‥‥
    (2009年11月29日産経ニュースから抜粋)
    原子力発電 推進派が増加 現状・廃止派減少へ

    内閣府の原子力に関する国民への特別世論調査で、原子力発電に対して、積極的あるいは慎重に「推進」とする原子力発電推進派は2005年12月の調査(エネルギーに関する世論調査)に比べ4.5ポイント増え、59.6%となる一方、現状維持派は1.4ポイント減少し18.8%、廃止派(将来的に廃止、早急に廃止)も0.8ポイント減少し16.2%にとどまっていることが分かった。地球温暖化防止の上でも原子力発電は効果があると認知されてきたことも推進派増加の要因になっているとみられる。‥‥
    (2009年11月28日サーチナから抜粋)

    参考
    原子力発電所では(放射性)廃棄物の長期的な処理方法がまだ分かっていない。温暖化のリスク以上に危ない
    原子炉解体にかかる天文学的費用
    イギリスで原発解体に今後必要となる費用はおよそ11兆円 負の遺産を解決できないまま今世界は世界は原発の建設に舵を切り始めている

    世界初の商業原発解体作業進まず
    原発は温暖化防止に役立つか

    EU、住宅「CO2ゼロ」義務付け 21年以降の新築、オフィスも

    EU、住宅「CO2ゼロ」義務付け 21年以降の新築、オフィスも  欧州連合(EU)は2021年以降に新築する住宅やオフィスビルなどについて原則として、二酸化炭素(CO2)を実質的に排出しない「エコ建築物」とするよう義務付ける規制を導入する。建築物はEU域内のCO2排出量の約4割を占め、抜本策が不可欠と判断した。エコ住宅の普及を検討している日本の対応にも影響を与えそうだ。‥‥
    (2009年11月28日日経ネットから抜粋)

    参考
    追加経済対策、「環境」で消費刺激 住宅版エコポイント導入へ

    通貨取引に国際課税を提言 途上国支援や温暖化対策に

    発展途上国支援や地球温暖化対策など、国際的な課題解決の資金源として「国際連帯税」の実現を目指す政治家や専門家、市民団体メンバーらによる「国際連帯税推進協議会」(座長・寺島実郎日本総合研究所会長)は27日、国際的な為替取引に一定の税を課す通貨取引税を早期に導入すべきだとの提言を盛り込んだ中間報告書を大筋でまとめた。首相直轄の検討チーム設置も求めている。  
    国際連帯税は、岡田克也外相が導入に積極的な考えを示しているほか、推進のための国際組織に政府が加盟。議員連盟もできており、実現を目指す動きが一層活発になりそうだ。‥‥
    (2009年11月27日共同通信から抜粋)

    参考
    通貨取引開発税
    国際連帯税

    25%削減目標の達成に具体的に貢献!「脱炭素社会へ向けたポリシーミックス提案」を発表
    11月27日、WWF(世界自然保護基金)ジャパンは、鳩山政権の掲げる日本の中期削減目標25%(2020年までに90年比)を達成し、長期的に日本を脱炭素社会へと導くための、気候変動ポリシーミックスの提案を発表した。‥‥
    (2009年11月27日WWFホームページから抜粋)

    過去1,000年間の気候異常

    ‥‥過去1,500年の世界の気候記録によると、明らかに人的な要因による20世紀の温暖化より以前に、2回にわたって異常気温が長く続いている。950〜1250年頃の温暖期である中世の気象異常と1400〜1700年頃の寒冷期である小氷河時代であるが、これらの事象を引き起こしたメカニズムはほとんど解明されていない。Michael Mannらは紀元500年以降の年輪、氷床コア、サンゴ、堆積物から得た気候の代替データを解析し、代替データに基づく地球上の地表温度のパターンと気候モデルから再現したパターンを比較した。その結果、エルニーニョや北大西洋振動といった大規模な物理過程は地球に届く日射量の変化に影響され、確認されたパターンの大半の原因となったことが判明した。‥‥
    (2009年11月27日 Scienceから抜粋)

    参考
    20世紀の温暖化は自然による変化ではない
    1970年代以降の温暖化の約半分は自然変動で説明できる
    最近の急激な温暖化は太陽活動の活発化だけでは説明できない

    地球温暖化データにねつ造疑惑

    気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が採用した、人為的な地球温暖化の有力な証拠とされるデータにねつ造の疑いがあることが分かり、先週末から欧米主要メディアの報道が相次いでいる。かつてのウォーターゲート事件をもじった「クライメートゲート」という言葉も作られた。来月デンマークのコペンハーゲンで開かれる国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP15)に影響が及ぶ可能性がある。‥‥
    (2009年11月26日 日経エコロミーから抜粋)

    参考
    「温暖化は捏造」論争が過熱:メール流出で
    気候変動の研究者たちの私的な文書が大量流出し、地球温暖化に懐疑的な人々の格好の餌食になっている。
    クライメイトゲート事件
    「研究者がデータ操作」疑惑、注目集めるが・・・
    地球温暖化めぐる歪曲と暗闘
    地球温暖化は本当なのか
    温度観測記録を公表へ 温暖化懐疑派に対抗
    「クライメットゲート」疑惑 温暖化懐疑派に勢い
    COP15:温暖化データ操作疑惑でIPCC議長が反論
    COP15“観戦”記「クライメート・ゲート」反応は
    「懐疑」には「健全な懐疑」と「不健全な懐疑」がある

    温暖化ガス削減:がん、卒中、心臓病など減らす効果も

    英医学誌ランセットは25日、地球温暖化ガス削減はがん、卒中、心臓病による死亡を減らすことで人の健康面に恩恵をもたらす可能性があるとの研究結果を掲載した。‥‥
    (2009年11月25日 ブルームバーグから抜粋)

    参考
    温室効果物質の削減、世界中で何百万もの命を救う可能性も

    今世紀末には海面2メートル上昇も=研究者らが警告

    英国や米国、オーストラリアなどの環境問題の研究者26人は25日、地球温暖化防止のための対策が講じられなければ、今世紀末には地球の平均気温が最大7度上昇し、南極の氷床の融解などで海面は最大で2メートル上昇する恐れがあるとする報告を発表した。‥‥
    (2009年11月25日 時事ドットコムから)

    参考
    南極の氷の減少、規模・速さ予測を上回る 米研究
    南極西部の氷床、溶解すれば海面上昇3メートル 研究報告
    世界の最近の海面上昇 IPCC予測を上回っている
    グリーンランドの氷床損失を計算する
    「今世紀末に海面2メートル上昇」国連環境計画が報告書
    グリーンランドの氷床が急速に溶解、海面上昇への影響2倍に NGO
    海面上昇、氷河の影響大
    海面上昇は12メートルに及ぶ?
    数十年間で海面が3メートル程度上昇した

    温暖化に歯止め掛からず=温室ガス濃度、過去最高更新−08年
    世界気象機関(WMO)は23日、地球温暖化の原因となる温室効果ガスに関する年次報告書を公表した。それによると、主要な温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)などの大気中の濃度は2008年も過去最高を更新し、温暖化に歯止めが掛からない実態が改めて確認された。‥‥
    (2009年11月24日 時事ドットコムから抜粋)
    南極の氷の減少、規模・速さ予測を上回る 米研究

    これまで地球温暖化の影響をあまり受けていないとみられていた東南極で2006年以降、数十億トンの氷が融解し、将来的に海面上昇につながる恐れがあることが明らかになった。米テキサス大学の研究チームが、22日の英科学誌「ネイチャー・ジオサイエンス」で発表した。  
    また、東南極よりも小さいがより不安定な状態になりつつある西南極の氷床も、著しく質量が減少しているという。研究者らは、地球温暖化が西南極の急速な崩壊を引き起こすのではと懸念している。西南極には、融解した場合、世界の海面を約5メートル上昇させるだけの氷が存在している。
    2007年、国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は、2100年までに海水面は18〜59センチ上昇するとの予測を発表している。だが、この数字は、グリーンランドや南極にある氷床が崩壊した場合の影響は考慮されていない。‥‥
    (2009年11月23日 AFPから抜粋)

    参考
    グリーンランドと南極で進む氷河の薄化、衛星画像で明らかに

    南極温暖化:気候再構築により明らかに
    南極大陸西部やグリーンランドの氷床が溶解した場合の影響について
    南極西部の氷床、溶解すれば海面上昇3メートル 研究報告
    世界の最近の海面上昇 IPCC予測を上回っている
    温暖化、南極大陸でも進行中
    南極の氷の体積も少なくなっている

    南極の棚氷が崩壊の危機
    「南極巨大氷床の崩壊」が現実に?
    南極棚氷、大規模崩壊が進む
    減少が著しい南極大陸の氷
    南極の氷河流が加速
    南極の氷、最大2・4倍溶けた 10年間調査
    グリーンランドと南極の将来を予測するために用いられたIPCCのモデルは、氷河内部の仕組みを無視

    海はCO2で飽和状態?

    海洋中の人為起源二酸化炭素(CO2)に関する最大規模の調査が行われ、世界各地の海でCO2の吸収量が大幅に減少しつつあることがわかった。2000〜07年の間に、強力な温室効果ガスであるCO2の排出量が急増し、海に吸収される割合が27パーセントから24 パーセントに低下したという。
    ‥‥「極めて急激に低下しているうえ、その傾向もはっきりしている。海中のCO2はもはや飽和状態にある」‥‥
    ‥‥「突きつめて考えれば、地球環境を大きく左右するのは海ということになる。CO2吸収率の低下は、極めて深刻な問題だ」。 ‥‥
    ‥‥「海が私たち人類にもたらす恩恵は計り知れない。海がCO2をしっかりと吸収してくれないと、事態は化石燃料の排出ガスを制限するどころでは済まなくなる可能性もある」。
    (2009年11月20日ナショナルジオグラフィックニュースから抜粋)

    参考
    二酸化炭素排出が温暖化の原因であろうとなかろうと毒性の高い汚染物質 海洋を死滅させる

    海洋の酸性化、予想の10倍以上の速さで進行 海洋の食物網に深刻な影響
    温暖化で酸欠海域「デッドゾーン」増える
    (モナコ宣言) CO2排出による海の酸性化が加速、人類にも影響 海洋科学者ら警告
    海のCO2吸収量が減少 温暖化の悪循環の可能性

    CO2濃度500ppmを超えると、大部分のさんご礁が消失する
    海中の砂漠化進む危険
    さんご礁育たぬ海ばかり
    太平洋のさんご礁が急減

    二酸化炭素は、それが地球温暖化の原因であろうとなかろうと、海を酸性化させている

    海中のCO2増加 生態系に深刻な影響が出る恐れ

    プランクトンの体を作る炭酸イオンが、アラスカ沖の北極海で地球温暖化の影響により極端に減少していることを、海洋研究開発機構とカナダの研究所が突き止めた。海中の二酸化炭素(CO2)が増える「海洋酸性化」現象で炭酸イオンが消失したとみている。魚介類のエサとなるプランクトンが失われ、生態系に深刻な影響が出る恐れがある。  
    成果は20日発行の米科学誌サイエンスに掲載される。‥‥
    (2009年11月20日 日経ネットから抜粋)

    世界人口68億、女性貧困層の問題警告‥‥国連白書
    国連人口基金は18日、2009年版「世界人口白書」を発表し、気候変動問題に対処する上で、人口問題に考慮する必要性を訴えた。  特に女性貧困層が気候変動の影響を最も受けるとして、温室効果ガス削減の数値目標だけでなく、人的側面への配慮を求めた。 白書は、気候変動による洪水や干ばつなどが、貧困層の生活環境をさらに悪化させると指摘した。中でも、農業や家事を担う女性は「食料や水、燃料を確保するため一層の労働を強いられる」うえ、少女の教育機会も奪われると警告した。‥‥
    (2009年11月19日読売新聞から抜粋)


    参考
    温暖化は防止できる? 「途上国の女性に対する教育」
    女性は男性以上に多様な貧困の苦しみを味わっています
    日本は母子家庭の子ども貧困率66%
    地球は人類を養い続ける余力を失っている

    人口爆発が問題と思うのは、間違った神話だ。人口増加は『症状』であって『問題の原因』ではない。

    08年のCO2排出量最多、IPCC最悪シナリオレベル
    世界の08年の化石燃料燃焼に伴う二酸化炭素(CO2)排出量は、87億トン(炭素換算)で07年より2.0%増加し、1人当たりの排出量は1.3トン(同)と過去最多だったことがわかった。日本の国立環境研究所や欧米などの研究機関が加わる国際研究チームが、17日付の英科学誌ネイチャー・ジオサイエンス(電子版)に発表した。 ‥‥
    (2009年11月18日asahi.comから抜粋)
    「自然資源という資本」を経済学者は考慮に入れなくてはならない

    UNEP(国連環境計画)のレポートによれば、多くの経済学者たちは、各々の国の自然資源の価値をいまだに評価し損ねている。そのため、何十億という人々の生活をリスクにさらし、生物種の壊滅的損失という事態に貢献してしまっている。‥‥
    ‥‥各国政府や自治体は、自然資源の本当の価値を計る、もっとすぐれた会計制度を採用すべきであり、政策決定に取り入れるべきである。‥‥
    ‥‥土壌や大気、水あるいは生物資源の劣化は、人々の健康や食糧安全保障、消費者の選択、ビジネス機会といったものに負の影響を与える。自然資源にもっとも依存している農山漁村の貧しい人たちが、しばしば最大の打撃を被る‥‥
    ‥‥問題は、経済学者が生態系サービスと生物多様性に対して市場価格を与えていないことである。それは、これらの財から引き出される恩恵が、政策決定に際して、たいていの場合、無視されているか、価値を低く見積もられていることを意味する。適正な価値を与えられていないことは、ひるがえって、生物多様性の喪失のみならず、私たちの生活にも悪影響が出る行為へとつながっていく‥‥
    (2009年11月18日WWF記者発表資料から抜粋)

    参考
    環境問題が生じる原因は、環境がタダとして扱われてしまう市場経済にある。このような現象は「市場の失敗」として知られている
    市場が犯す大きな失敗
    環境破壊による損失は年間500兆円

    外部不経済の問題点と内部化 外部不経済
    地球は人類を養い続ける余力を失っている
    気候変動より深刻な資源枯渇「危機は2020年より前に到来」
    拡大、拡張、増大、増加こそが進歩であり発展であるという理念は早急に見直さざるをえない。

    人口や経済が地球の物理的限界を行き過ぎてしまったら、引き返す道は二つしかありません。
    成長の限界の標準計算グラフ
     一般の人が気づかない微妙な変化を感じ取り、将来の準備を始める
    環境問題を解決するためには、増大を前提にした文明を、縮小を目指す文明に転換することが必要

    こうした成長傾向を修正し、将来長期にわたって持続可能な生態学的・経済的な安定性を確立することは可能である。
    衰亡論を持った文明の生き方

    貧苦にあえぐ第三世界の住民、人口増加や森林破壊、魚介類乱獲などのもたらす害について熟知している。
    政府がどんな約束をしても、技術がどれだけ進歩しても、環境と気候のリスクから人類を救うことはできない 地球白書
    経済学という学問の重大な欠陥 都合が悪いことはすべて外部不経済

    森林のCO2吸収量は減少へ

    政府は15日までに、森林整備に伴う2020年の二酸化炭素(CO2)吸収量は3700万トンと、1990年のCO2など温室効果ガス排出量の2・9%分にとどまるとの試算をまとめた。京都議定書が義務付けた08〜12年平均排出量の90年比6%削減を達成するため、政府が想定する吸収量4800万トン(90年の3・8%分)から23%減る。 戦後、大量に植えた木が老齢化し成長が鈍るのが要因だ。‥‥
    (2009年11月13日 産経ニュースから抜粋)

    参考
    温暖化で森林がCO2発生源に?
    京都議定書での森林吸収の考え方
    「市場の力」で森林を守る「REDD」

    気候変動で森林のCO2排出が吸収量を上回る!?
    森の光合成が停止 温暖化が促進

    家庭のCO2、70%減らせる 10年で投資回収と国環研

    国立環境研究所は14日までに、温室効果ガスを削減するため各家庭で省エネ家電や太陽光発電などを導入した場合、数年で、現在の家庭からの二酸化炭素(CO2)排出量を70%以上削減できるとの試算をまとめた。 多額の投資をしても10年以内に回収可能で、その後は「利益」が出ることも判明。同研究所は「経済面から見ても家庭で省エネ対策へ投資するべきで、費用負担を軽減するための政策も必要になるだろう」としている。‥‥
    (2009年11月14日 共同通信から抜粋)

    参考
    CO2の7割削減は可能です。
    70%削減で破局的事態を避けられる

    グリーンランドの氷床損失を計算する

    近年のグリーンランド氷床の融解に関してはさまざまな推定値がある。それゆえに今後の海面上昇の予測は難しいのであるが、その推定値の違いが今回の新たな研究によって解決されるかもしれない。Michiel van den Broekeらは2種類の手法を用いてグリーンランドの氷床減少を計算し、2000〜2008年で質量が約1,500ギガトン減少したことを確認した。これは年間平均約0.46ミリの海面上昇に相当する。しかも2006〜2008年に限るとさらに深刻で、年間約0.75ミリとなった。‥‥
    (2009年11月13日Scienceから抜粋)

    参考
    グリーンランドと南極で進む氷河の薄化、衛星画像で明らかに

    南極の棚氷融解部分で炭素吸収、植物性プランクトンが貢献

    地球温暖化の影響で南極の棚氷が急速に融解しているとされる問題で、氷が解けて露出した海面部分が地球温暖化の一因とされる炭素ガスを大量に吸収しているとする研究が、生物学専門誌「グローバル・チェンジ・バイオロジー」に発表された。‥‥

    ‥‥研究チームは、緑色の藻が広がる様子をとらえた画像をもとに、この海域で植物性プランクトンが350万トンの炭素を吸収していると推計している。‥‥

    ‥‥ただ、これは化石燃料や森林伐採によって出る温室効果ガスの量に比べると非常に少ない。2007年にこれらの要因で排出された炭素は87億トンだった。 ペック氏はBASのプレスリリースで、「とはいえこれは重要な発見だ。逆境を生き抜く自然の能力を示している」‥‥
    (2009年11月11日AFPから抜粋)

    沿岸の藻場が大量のCO2吸収 20年後には大部分が消失する恐れがある

    日本沿岸にも広く存在する藻場やマングローブ林などの沿岸の生態系は毎年、日本の年間排出量を上回る二酸化炭素(CO2)を吸収するなど地球温暖化防止に大きな役割を果たしているとの調査報告書を国連環境計画などが10日までにまとめた。藻場やマングローブ林によるCO2吸収量やその変化を地球規模で評価した研究は少ない。  
    ‥‥一方で報告書は「これらの沿岸の生態系は、開発による破壊が深刻で、20年後には大部分が消失する恐れがある」とも指摘。「漁業などにとっても重要な藻場やマングローブ林の破壊を止めることが、有力な温暖化対策になる」として、藻場などが吸収したCO2を「排出枠」として国際的な排出量取引市場で売ることができる仕組みを作り、各国の保全の取り組みを進めるよう提案した。‥‥
    (2009年11月9日共同通信から抜粋)

    参考
    地球温暖化との戦い、カギを握る新たな武器は「藻」?
    鉄のゴミを海のサプリに 海藻の胞子を着床しやすく
    2048年 海の幸が消滅
    40年で天然海産物が無くなる 深刻な魚の激減

    北極海の氷は長期的に減少する

    英国気象庁は10月15日、海氷は極端な気候事象から常に回復するものの、海氷の減少傾向は長期にわたると報じた。
    ‥‥同気象庁は、2007年に減少した海氷が2008年と2009年には回復したことも確認し、北極海の氷はまだ限界点に達していないとする一方、北極海の氷は世界的な気温上昇にともなって、今後も減り続けると予測。「氷のない夏」は2020年までには起こりそうにないが、2060年から2080年の間に起こる可能性があるとしている。
    (2009年11月9日日刊温暖化新聞から抜粋)

    参考
    北極の夏の氷は10年で消える? ナショナルジオグラフィック ニュース
    北極振動に伴う気温変化のパターンと、近年の地球温暖化にみられる変化パターンがとてもよく似ている。
    北極海海氷減少と北極振動が相互に影響しあっていることを発見
    北極では、もはや後戻りのできない変化が
    北極海の氷、薄くなる─NASAおよびNSIDC調査
    北極圏海氷面積最新情報 JAXA

    絶滅危惧、363種増加 09年版レッドリスト

    世界の科学者や政府機関などでつくる国際自然保護連合(IUCN、本部スイス)は3日、生息状況が分かっている約4万8千種の生物のうち、絶滅が危惧されるのは前年より363種増え、約36%に当たる1万7291種に上ったとする2009年版の「レッドリスト」を発表した。既に絶滅、あるいは野生では絶滅したとされる種も6種増え875種となった。  
    IUCNは「国際生物多様性年」を迎える2010年を期限に「生物多様性の損失速度を顕著に減らす」とした目標は達成できない見通しだとした上で、各国政府が「野生生物保護を重要な政策課題に据えるべきだ」と強調。同年、名古屋市で開かれる生物多様性条約の次回締約国会議に向けた各国の努力が求められそうだ。絶滅危惧種が多いのは分析対象の7割に及んだ植物のほか、淡水魚(37%)や両生類(30%)、貝などの軟体動物(45%)。いずれも森林消失や水質汚染、狩猟などが原因とみられている。‥‥
    (2009年11月3日共同通信から抜粋)

    参考
    生物多様性保護 温暖化対策を
    「生物多様性条約ポスト2010年目標日本提案(案)」への意見募集開始

    生物多様性の損失「減速目標の達成困難」 科学者ら声明

    米大学研究:「20世紀の温暖化は自然による変化ではない」

    米国ニューヨーク州立大学バッファロー校の地質学者たちは10月19日付けの学術誌「米国科学アカデミー紀要」で、気候変動が地球誕生後に幾度となく生じた単なる自然変動である可能性は低いことを示す研究結果を発表した。 同研究によると、北極の湖で堆積物を回収して調べたところ、過去の温暖化の出来事で見られるものとは異なることが明らかになった。また、この過去に例のない劇的な変化は、20世紀半ば以降に起きていると特定された。 同大学教養学部の地質学助教授のジェイソン・P・ブレイナー博士は、「20世紀半ばの堆積物は過去の温暖期の堆積物とさほど違いはないが、それ以降はかなり変わっている。しかも異例の変化である。」と述べた。 ‥‥
    (2009年11月3日日刊温暖化新聞から抜粋)

    参考
    1970年代以降の温暖化の約半分は自然変動で説明できる
    9割が人間活動による地球温暖化が原因
    最近の急激な温暖化は太陽活動の活発化だけでは説明できない

    途上国の温暖化と環境汚染、同時解決へ 環境省、一体型支援でCDM拡大も

    ‥‥アジアの途上国は地球規模の温暖化問題に直面する一方で、急速な経済成長などを背景に深刻化する環境汚染問題への対応も急がれている。この2つの問題を同時に解決する手法がコベネフィット・アプローチで、環境省はこの分野で主導力を発揮するための構想を温めている。  
    その構想とは、アジア各国と日本が協力し、一体型支援の普及を目指す連携基盤「コベネフィット・フォーラム」の構築だ。一体型支援に合致した事業・技術の発掘から、専門家の育成に至る多様な機能を持たせる。 ‥‥
    (2009年11月1日フジサンケイビジネスアイから抜粋)

    参考
    コベネフィット・アプローチ「開発途上国の気候変動対策の推進にむけて」
    なぜ温暖化 「オンダンカクサ」 格差?
    気候変動は経済格差を拡大する

    UNEP報告書:途上国におけるグリーン経済への移行を支援する方法

    途上国支援額の合意失敗 温室ガス削減でEU首脳

    欧州連合(EU)首脳会議は30日、ブリュッセルで2日目の会合を開き、途上国に対し、地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出削減を支援するためEUが拠出する具体額について、合意できないまま閉幕した。
    京都議定書に続く温暖化対策の国際的な枠組みをめぐる交渉は難航しており、12月の気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)での新たな議定書の採択は「不可能」(デブア条約事務局長)な状況。EUが途上国支援額で合意すれば交渉の突破口を開くと期待されたが、失敗に終わり、COP15にとって大きな打撃となった。‥‥
    (2009年10月31日共同通信から抜粋)

    参考
    途上国の地球温暖化対策を支援する「鳩山イニシアチブ」の柱として、世界に乱立している温暖化基金の整理・統合を提案する。

    温暖化対策途上国支援 EU、年6.7兆円盛り込む

    10年度税制改正:「環境税2兆円」要望──環境省

    環境省は30日、10年度の税制改正要望をまとめた。鳩山由紀夫首相が掲げた20年までに温室効果ガスを90年比25%削減する目標を達成するため、税制全体のグリーン化とともに盛り込んだ地球温暖化対策税(環境税)は、ガソリンなどすべての化石燃料を対象とした。2兆円規模の税収を見込み、特定財源とはしないものの、温暖化対策に優先的に使う。‥‥
    (2009年10月30日毎日jpから抜粋)

    参考
    鳩山首相、暫定税率の撤廃と同時の環境税導入に慎重な姿勢示す
    環境税、来年度導入目指す 環境相
    暫定税率廃止は環境税への布石 藤井裕久・財務相
    環境税は環境保全に貢献しているものへの税金の負担を軽くする

    個人の努力だけでは限界 強い誘導策がなければ、なにも起こらない
    行動を後押しするのは、技術や社会構造の変革であり、それを支える政策 PR活動だけではライフスタイルは変わらない
    温暖化問題を解決するのは、個人のライフスタイルのあり方ではなく、やはり政府の政策にかかっている。
    「値札を変えること」がいちばん早く、たくさんの人の行動を変えることができる
    NGO 温暖化対策税など提案
    「地方環境税」を提案=暫定税率廃止の代替で−知事会
    CO2排出を有料にし経済的手法の導入を
    排出権取引よりも炭素税重視
    政府と産業界の密約「環境税や排出量取引は課さない」
    「環境」を、市場システムが実現することのできない より魅力的な社会を生み出す源泉だと見なす
    「環境税」賛成が上回る 内閣府調査

    昨年度CO2排出量、最大の減少=90年度比では7%増−経産省

    経済産業省が30日発表した2008年度のエネルギー需給実績速報によると、電気やガスなどのエネルギー消費による二酸化炭素(CO2)排出量は、07年度比6.7%減の11億3800万トンとなった。昨秋以降の世界的な景気悪化を受け、製造業の活動が鈍化したためで、減少率は統計を開始した1965年度以降で最大。同省は「環境と経済成長を両立した理想的な削減とは言い難い」とみている。 ‥‥
    (2009年10月30日時事ドットコムから抜粋)

    「ポスト京都」議定書の年内採択断念 COP15

    国連気候変動枠組み条約事務局のデブア事務局長は28日、コペンハーゲンで12月に開かれる同条約第15回締約国会議(COP15)で目指していた京都議定書に代わる新たな議定書の採択は「物理的に不可能だ」と語った。COP15では法的拘束力のない政治的な合意文書をまとめることに専念し、新議定書策定は来年に進めるとの考えを明らかにした。 ‥‥
    (2009年10月29日asahi.comから抜粋から抜粋)

    参考
    COP15「合意先送り」に批判 NGOや途上国から
    温暖化対策:ほころび招くのは米国か−新たな国際的枠組み協議で
    コペンハーゲンでの合意は期待薄か?その場合のシナリオは?
    COP15成功へ協力確認=日米中など7カ国が温暖化対策会議−上海
    コペンハーゲン会議に向けた削減目標「あと10%足りない」

    地球温暖化:米国民「深刻」65% 保守系キャンペーン影響か、昨年から8ポイント減

    地球が温暖化しているとの明確な科学的証拠があると考えている米国民が昨年の71%から57%へと大幅に低下したことが22日、米世論調査機関「ピュー・リサーチセンター」の調査で分かった。温暖化が産業活動や車の排ガスなど人為的な原因によると見る割合も昨年の47%から36%に下がった。‥‥
    (2009年10月22日毎日JPから抜粋)

    参考
    地球温暖化は本当なのか

    野生の脊椎動物の個体数は、1970年に比べて2000年は60%程度にまで減少
    地球の生態系は、人類を持続的に養い続ける余力を失っている

    ‥‥地球上に生息する野生の脊椎動物の個体数は、1970年に比べて2000年は60%程度にまで減少したという。淡水の脊椎動物に限れば50%以下。20世紀の経済発展は、生態系を消耗することで成し遂げられてきたのだ。
    それを示す指標が、「エコロジカル・フットプリント」である。人類が現在の社会活動を維持するのに、生態系にどれくらい依存しているかを示す数字だ。日本の値は世界平均の2.5倍。もし世界中の人が日本人と同じ生活をするなら、地球を2.5個使わなければならないことになる。世界全体のエコロジカル・フットプリントは1.25である。既に地球の生態系は、人類を持続的に養い続ける余力を失っているといえる。
    こうした生態系の危機に追い打ちをかけているのが、温暖化だ。2007年に発表されたIPCC(気候変動に関する政府間パネル)の第4次評価報告書は、 1980〜99年の世界平均気温をベースに、気温がどれだけ上昇すると生態系にどんな影響を及ぼすかを予測した。気温上昇が1.5〜2.5℃を超えた場合、植物種および動物種の約20〜30%は絶滅リスクが増大する可能性が高く、生物多様性および生態系サービスへの著しい悪影響を伴うという。‥‥
    (2009年10月22日日経エコロジーから抜粋)

    参考
    「エコロジカル・フットプリント」は、1980年代の半ばに地球1個分の生物生産力(および二酸化炭素の吸収力)のラインを超え、2005年の時点でおよそ1.3の数値を示しています。
    生物多様性の損失「減速目標の達成困難」 科学者ら声明
    野生生物の総個体数 20年間で40%減った
    温暖化で50年後に動植物2〜3割絶滅か
    地球上の主要な脊椎(せきつい)動物のうち、両生類の30%、哺乳類の23%、鳥類の12%が絶滅の危機にある。

    2048年 海の幸が消滅 ほぼ確実
    40年で天然海産物が無くなる 深刻な魚の激減
    エコロジカルフットプリント 

    生物多様性保護 温暖化対策を

    多様な生物が生息する東南アジアの自然環境の保護を話し合う会議が21日、シンガポールで開かれ、専門家から、生物の多様性を守っていくためにも、各国がより真剣に地球温暖化対策に取り組むべきだという意見が相次ぎました。 これは、来年名古屋で開かれる生物の多様性の保全をめぐる国連の会議を前に、ASEAN=東南アジア諸国連合が初めて開いたもので、東南アジアや各国の政府の担当者が出席しました。初日の21日は、IPCC=「気候変動に関する政府間パネル」のメンバーを務めるスイスの専門家が、地球の気温が2度上がれば生物のおよそ30%が絶滅の危機にさらされるという予測を紹介し、出席した専門家からは、生物の多様性を守っていくためにも、温室効果ガスの排出削減など、各国がより真剣に温暖化対策に取り組むべきだという意見が相次ぎました。また東南アジアでは、開発に伴って森林などの自然環境が急速に失われた結果、貧困層の生活の糧を奪っている実態なども報告され、生物多様性の保全と開発をいかに両立していくかについて意見が交わされました。‥‥
    (2009年10月22日NHKから抜粋)

    参考
    生物多様性の損失「減速目標の達成困難」 科学者ら声明
    1.5〜2.5度上昇 動植物 30%が絶滅
    森林の維持に報酬がなければ、途上国は保全を引き受ける手段も動機も持てない。

    「今世紀末に海面2メートル上昇」国連環境計画が報告書
    国連環境計画(UNEP)はこのほど、世界的な気候変動が従来の予測よりも進行し、今世紀末には海面が90年比で2メートル上昇するなどと分析した09年版の「気候変動科学大要」を発表した。 ‥‥
    (2009年10月20日朝日ドットコムから抜粋)
    「CO2排出は2015年までにピーク迎えるべき」、IPCC議長

    国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)のラジェンドラ・パチャウリ議長は15日、パリで開かれた国際エネルギー機関の閣僚理事会で、気温上昇抑制の目標を達成するためには厳しい中期目標を設定し、2015年までに二酸化炭素(CO2)の排出ピークを迎える必要があると警告した。 ‥‥パチャウリ議長はこの目標は「かなり重大な影響なしには達成できない」とした上で、「気温上昇幅をわたしが言及した水準(2度)に抑えることを確実にするためには、世界のCO2排出量は 2015年までにピークを迎えなければならない」と述べた。
    (2009年10月16日AFPから抜粋)

    参考
    2℃が限界?! 地球温暖化の最新情報
    2012年までに空気中の温暖化効果ガスを減少に転じさせなければ、必ずプラス2℃を突破してしまう

    「2℃」を越えて上昇すると、気候変動が手に負えなくなり、社会や生態系が破滅的な影響を被ると予想されている。
    2度以内に抑えるには、先進国は1990年比で2020年までに25〜40%削減することが必要だ。
    先進国の温室効果ガス排出削減時期が2020年より10年遅れると、地球の平均気温が2度以上高くなる確率が15ポイント増の42%になる
    70%削減で破局的事態を避けられる
    CO2の7割削減は可能です。(西岡秀三 国立環境研究所特別客員研究員)
    多くの人が石油生産の減少は温暖化対策に良いと誤解 (ピークオイル)
    日本の化石エネルギーの輸入額 10年前には5兆円程度だったのが、昨年は23兆円に

    10年以内に夏の時期の北極海の氷は大半が消え、20年から30年後には完全になくなってしまう

    14日、ロンドンで記者会見したケンブリッジ大学などの研究チーム。10年以内に夏の時期の北極海の氷は大半が消え、20年から30年後には完全になくなってしまうと警告したのです。‥‥
    (2009年10月15日TBSから抜粋)

    参考
    北極の夏の氷は10年で消える? ナショナルジオグラフィック ニュース
    WWFのニュースと「地球温暖化 北極圏は今」おはよう日本9/4から抜粋

    北極では、もはや後戻りのできない変化が
    北極海の氷、薄くなる─NASAおよびNSIDC調査
    北極海の氷 過去最小体積‥‥急減傾向が明確に
    信じ難いほどの消失ぶりだ。事態はどうしようもない方向に追い込まれている。
    北極の氷30年以内に消滅も 米研究チーム予測
    アイス・アルベド・フィードバック 北極振動
    海氷減少で凍土もピンチに 温暖化「悪循環」の危険も
    予測モデルでは北極海で起こっている現象が十分に表現されていない 海洋研究開発機構 宇宙航空研究開発機構
    IPCCの予想超す温暖化進行 北極海の海氷
    棚氷が崩壊、マンハッタン島に匹敵する氷が北極海に
    4年間で北極の氷67センチ薄く 悪循環
    北極圏海氷面積最新情報 JAXA

    北極振動に伴う気温変化のパターンと、近年の地球温暖化にみられる変化パターンがとてもよく似ている。

    日本近海、酸性化進む CO2溶け込み生態系に影響も

    海の生態系や漁業に将来、深刻な影響を与えると懸念されている「海洋酸性化」が、日本の近海でも進行していることが、気象庁の観測船を使った26年間の海水観測データで分かった。酸性化はハワイ沖やバミューダ諸島沖でも確認されているが、研究チームは「20年を超す連続観測で酸性化が加速しつつあることが裏付けられた」としている。‥‥
    (2009年10月14日朝日ドットコムから抜粋)

    参考
    二酸化炭素排出が温暖化の原因であろうとなかろうと毒性の高い汚染物質 海洋を死滅させる

    海洋の酸性化、予想の10倍以上の速さで進行 海洋の食物網に深刻な影響
    温暖化で酸欠海域「デッドゾーン」増える
    (モナコ宣言) CO2排出による海の酸性化が加速、人類にも影響 海洋科学者ら警告
    海のCO2吸収量が減少 温暖化の悪循環の可能性

    CO2濃度500ppmを超えると、大部分のさんご礁が消失する
    海中の砂漠化進む危険
    さんご礁育たぬ海ばかり
    太平洋のさんご礁が急減

    二酸化炭素は、それが地球温暖化の原因であろうとなかろうと、海を酸性化させている

    経済を良くするのは市場ではなく「人」── ノーベル経済学賞

    自由市場原理が崩壊した場合の経済協調を探求した米国のエリノア・オストロム教授とオリバー・ウィリアムソン教授が、2009年のノーベル経済学賞を受賞した。 ‥‥オストロム教授は、共有財産をめぐる争いで最良の解決をもたらすものは市場の力ではなく人間であると結論付ける研究を行った。 ‥‥誰にも属していない共有財産を集団で管理すべきと唱えた学者は、オストロム教授が初めて。そして、「炭素も生物多様性も人類の共有財産」だと世界中の人々が唱えるようになった昨今では、こうした考えはますます重みを持ってきているという。 ‥‥「市場によらない非公式な協力関係がすべての人々にとってより良い解決策になる場合もあることを、オストロム教授は示してくれている」別の専門家は、この「非公式な協力関係」は、市場の失敗を、エコノミストたちの予想以上に、そして政府の介入を必要としないほどに、修正できる可能性を秘めていると語る。貧困地域をも調査対象にした同氏の研究は、ウィリアムソン教授の研究同様に、持続的な協力関係が長期的な利益をもたらすことを実証するものだ。‥‥
    (2009年10月12日AFPから抜粋)

    参考
    環境破壊による損失は年間500兆円 空気は売買できないため「適正な市場価格」を定めることができない
    「お金よりも環境の整備」数学的に証明される事実として
    コミュニティの基盤としての社会的共通資本 ―持続可能性という共通善の実現に向けて(PDF)
    "人の手”こそ石油に代わる資源
    環境問題が生じる原因は、環境がタダとして扱われてしまう市場経済にある。このような現象は「市場の失敗」として知られている

    貧苦にあえぐ第三世界の住民、人口増加や森林破壊、魚介類乱獲などのもたらす害について熟知している。
    日本では7人に1人の子供が経済的に困窮しており、特に一人親家庭ではOECD加盟国中では最低水準
    グローバル化によって貧困者だらけの富裕国が生み出されるかもしれない
    SD/STを使った文明の興亡の分析 (PDF)

    生物多様性の損失「減速目標の達成困難」 科学者ら声明

    生物多様性を専門とする科学者の国際組織「生物多様性科学国際協同プログラム」は11日、生物多様性条約締約国会議が02年に採択している「10年までに生物多様性の損失速度を顕著に減少させる」という目標について「達成は困難」とする声明を発表した。すでに失われつつある生物多様性を守ることの難しさを、専門家として指摘した。  ‥‥多様性の保護と回復については、来年10月に名古屋市で開かれる第10回会議(COP10)で、数値目標設定などが議論される。 ‥‥声明によると、食料やバイオ燃料確保のため、1992年以降、米カリフォルニア州相当以上の面積の熱帯雨林が耕作地に転換されるなど、多くの開発があちこちで行われていることを指摘。人類の出現以降、生物絶滅のペースが100倍以上になっているとした上で、「生態系の変化や生物多様性の損失は加速し続けている」とした。そして、02年のCOP6で採択された10年までの目標が達成できないのは「確実」とした。 ‥‥
    (2009年10月12日朝日ドットコムから抜粋)

    参考
    熱帯雨林を転換したバイオ燃料用農園は気候、生物多様性に悪影響である事が確定
    大量絶滅時代の恐れ 環境省 初の生物多様性白書

    気温1度上昇で絶滅生物10%増
    地球環境の急速な悪化で、生物の絶滅速度が100倍に!
    霊長類の半分絶滅危機 予測よりはるかに深刻
    鳥類の30%が絶滅か
    地球温暖化が進むと、種は絶滅する。その後地球が冷却を始めると、生物が再び繁栄し始める。今後の気温動向は地球の大量絶滅期の気温に似たものになると予想している。
    バイオ燃料で生物絶滅加速
    ヒトを除く全霊長類の3分の1近くが絶滅の危機
    国連環境計画が「地球の6度目の絶滅が進行中だ」という内容の環境報告書を発表
    地球は6度目の大量絶滅のまっただ中にいる
    1.5〜2.5度上昇 動植物 30%が絶滅
    温暖化で50年後に動植物2〜3割絶滅か 動植物種の多くはどうやら気候変動を生き抜いていけそうもない。
    哺乳類の4分の1が絶滅の危機

    温暖化進めば‥‥真夏日2倍、熱帯夜3倍に

    地球温暖化がこのまま進むと、今世紀末には日本で真夏日が最大で2.1倍の78日に、熱帯夜は3.3倍の57日にも増える――。こんな最新予測を、文部科学省と気象庁、環境省がまとめ、9日発表した。 ‥‥今世紀末に気温が3.2度上昇した場合、洪水や土砂災害、ブナ林や砂浜の喪失、熱中症などによる日本の被害額は年間約17兆円増えると試算した。  ‥‥気候関係の試算は、最新の観測データをもとに、国連の「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」の第4次評価報告書(07年)が想定する温室効果ガスの排出見通しに応じて3パターンで計算した。IPCCが想定する最悪パターンは計算しておらず、真夏日や熱帯夜がさらに増える可能性もある。
    (2009年10月12日朝日ドットコムから抜粋)

    参考
    国連:気候変動の影響、予測よりも速く大きい

    温暖化ガス削減:古い原発どうするかで苦悩する電力各社

    営業運転から30年以上経過する原子炉が増えるなか、電力各社はどう対応するのか。地球温暖化ガス25%削減を内外に公約し二酸化炭素(CO2)排出が少ない原子力発電を推進している民主党政権に対し、電力各社は原発の稼働率引き上げが急務となっている。稼働率向上との関連で老朽化した原発をどうするのか、電力各社は頭を悩ませている。‥‥
    (2009年10月9日ブルームバーグから抜粋)

    参考
    原発解体 〜世界の現場は警告する〜

    原発は温暖化防止に役立つか

    メタン濃度の増加、北極圏の異常高温と熱帯地域の多雨が原因

    米国海洋大気庁(NOAA)は9月25日、北極圏の異常高温と熱帯地域の多雨が原因で、この10年間ほとんどゼロに近い増加率で推移していた大気中のメタン濃度が、2007年と2008年に増加に転じた可能性が高いとする報告書をまとめた。 ‥‥メタンの増加には、北極圏における異常な温暖化、熱帯雨林の焼却、インドネシアとアマゾンにおける降水量の増加、という三つの要因が影響していると述べている。 ‥‥また、観測の結果、2007年に大気中に放出されたメタンの約2割が、バイオマスの燃焼に起因していることも分かった。さらに、北極圏の気温が過去最高を記録した2007年に、北極圏で観測されたメタン濃度は、気温の上昇と足並みをそろえるように急増していた。‥‥
    (2009年10月9日 日刊温暖化新聞から抜粋)

    参考
    メタン 2007年に均衡が崩れる
    大気中の二酸化炭素とメタン、2007年に急増
    メタン 悲惨な気候変動が不意に起こる
    西シベリアの永久凍土が急速に溶解 メタン放出で温暖化ガス削減努力も無にする恐れ
    永久凍土が考えられないペースで溶けている。温暖化加速の危機。
    気温上昇による海底のメタンガス放出、温暖化をさらに加速
    シベリア永久凍土急速に融解
    74万年解けぬ、永久凍土発見 温暖化論争に一石
    メタンガスの放出によって温暖化が進み、さらにメタンガスが放出されるという「終わりのない悪循環」が起きる可能性

    9月の世界気温、過去最高 温暖化とエルニーニョ原因

    気象庁は9日、今年9月の世界の平均気温(海面水温含む)が平年を0・37度(速報値)上回り、統計を開始した1891年以降、9月としては2005年と並び過去最高タイ記録となったと発表した。‥‥
    (2009年10月9日共同通信から抜粋)

    参考
    9月の世界の陸地表面温度、過去2番目の高さを記録

    2025年までに世界の70%が砂漠化の危機!積極的防止策を呼びかけ―国連会議
    2009年10月6日、アルゼンチンで開催されている国連砂漠化対処条約(UNCCD)の第9回締約国会議(COP9)で、ルック・ニャカジャ事務局長は「各国がこのまま積極的な砂漠化防止対策を採らなければ、2025年までに地球上の約70%の土地が干上がってしまう」と警告した。‥‥
    (2009年10月9日Record Chinaから抜粋)
    脱温暖化へ新エネ技術開発を加速 首相が計画表明

    鳩山由紀夫首相は8日、温暖化対策技術の開発や省エネ型ライフスタイルの推進を柱にした「グリーン・イノベーション(技術革新)計画」を実施すると表明した。2020年までに温暖化ガス排出を1990年比で25%減らす目標を達成するため、太陽電池などの新エネルギーの開発を加速させ、普及策にも力を入れる。新産業の創出も促し、経済と環境を両立できる低炭素社会への移行を目指す。‥‥
    (2009年10月8日日経ネットから抜粋)

    参考
    米中も枠組みづくりに貢献を=温暖化対策で直嶋経産相−IEA閣僚理
    温暖化で中国に行動要請=岡田外相

    濃度の目標を350ppm以上にすることは、サンゴ礁がない世界を受け入れることを意味する

    地球温暖化の影響で世界のサンゴ礁の喪失が加速しており、保全には大気中の二酸化炭素(CO2)濃度を現在より低くする必要があるとの報告を、ドイツ政府などの主導でつくられた国際研究グループが7日までにまとめた。  
    報告書は、サンゴ礁が水産資源の育成や高潮や台風などの災害の抑制を通じ、人類にもたらす経済的な恩恵が最大で年間1720億ドル(約15兆5500億円)に上るとの試算を紹介。温暖化で被害が拡大すれば、経済的損失も巨大になると警告した。  
    サンゴは、海水温の上昇や、大気中のCO2濃度増加に伴う海の酸性化で影響を受けやすい。報告書は、産業革命前には280ppmだった大気中のCO2濃度が現在387ppmまでになっているが、より低い濃度でサンゴに影響が出ることを示す多くのデータがあると指摘。  
    「濃度の目標を350ppm以上にすることは、サンゴ礁がない世界を受け入れることを意味する」とした。‥‥
    ( 2009年10月7日共同通信から抜粋)

    参考
    (モナコ宣言) CO2排出による海の酸性化が加速、人類にも影響 海洋科学者ら警告
    二酸化炭素排出が温暖化の原因であろうとなかろうと毒性の高い汚染物質 海洋を死滅させる

    海洋の酸性化、予想の10倍以上の速さで進行 海洋の食物網に深刻な影響
    温暖化で酸欠海域「デッドゾーン」増える
    海のCO2吸収量が減少 温暖化の悪循環の可能性

    CO2濃度500ppmを超えると、大部分のさんご礁が消失する
    海中の砂漠化進む危険
    さんご礁育たぬ海ばかり
    太平洋のさんご礁が急減

    日本近海、酸性化進む
    二酸化炭素は、それが地球温暖化の原因であろうとなかろうと、海を酸性化させている

    経済同友会:「温室ガス25%削減」に協力表明

    経済同友会の桜井正光代表幹事は7日、経済産業省で直嶋正行経産相と会談し、温室効果ガスを2020年までに90年比25%削減する政府目標の実現に協力する意向を示した。これまで反対の声が強かった産業界からの協力表明は、目標達成に向けた具体策の議論に影響を与えそうだ。‥‥
    (2009年10月7日毎日jpから抜粋)

    温暖化対策の議論参加要請 直嶋経産相、経団連に

    直嶋正行経済産業相は7日午前、日本経団連の御手洗冨士夫会長と東京・大手町の経団連会館で会談し、地球温暖化対策で鳩山由紀夫首相が表明した「2020年までに1990年比で25%削減」の温室効果ガス排出削減の中期目標について「入り口でノーと言わず、ぜひ議論に参加してほしい」と要請した。 直嶋経産相は「温暖化対策をチャンスとして産業の育成をしたい。経済界からも意見をもらって進めたい」と発言。‥‥
    (2009年10月7日 産経ニュースから抜粋)

    参考
    日本が変わる:温暖化対策・閣僚委 25%削減へ検討チーム 国民負担を再試算

    グリーンランドと南極で進む氷河の薄化、衛星画像で明らかに

    英国南極局(BAS)は9月23日、BASと英国ブリストル大学の研究チームが、米国航空宇宙局(NASA)の衛星観測データを解析し、南極とグリーンランドを覆う氷床の沿岸部で、氷河の薄化が急速に進んでいることを確認したと発表した。この内容は、英科学誌『ネイチャー』にも掲載された。‥‥
    (2009年10月6日 日刊温暖化新聞から抜粋)

    参考
    南極温暖化:気候再構築により明らかに
    グリーンランド 氷の消失 温暖化でペース加速
    氷床が加速度的に溶ける
    南極大陸西部やグリーンランドの氷床が溶解した場合の影響について
    グリーンランドとスバールバル諸島の間の海氷面積、過去800年間で最小
    グリーンランドの氷床が急速に溶解、海面上昇への影響2倍に NGO
    1万4,700年前 3年間で10度 温度上昇確認 グリーンランドの氷を解析
    南極西部の氷床、溶解すれば海面上昇3メートル 研究報告
    世界の最近の海面上昇 IPCC予測を上回っている
    温暖化、南極大陸でも進行中
    南極の氷の体積も少なくなっている

    南極の棚氷が崩壊の危機
    「南極巨大氷床の崩壊」が現実に?
    南極棚氷、大規模崩壊が進む
    減少が著しい南極大陸の氷
    南極の氷河流が加速
    南極の氷、最大2・4倍溶けた 10年間調査
    グリーンランドと南極の将来を予測するために用いられたIPCCのモデルは、氷河内部の仕組みを無視

    25%削減 賛成が79%に
    ‥‥鳩山総理がニューヨークで表明した2020年までに日本の二酸化炭素排出レベルを1990年との比較で25%削減するという目標について、賛成が79%に上りました。‥‥
    (2009年10月5日 JNNから抜粋)
    温暖化対策、最大年8.9兆円必要 世銀試算、海面上昇など回避

    地球温暖化による被害を防ぐための費用が、最大で年間1000億ドル(8兆9000億円)に上ることが分かった。途上国では、海面上昇や洪水多発の影響で、堤防の建設や感染症対策、食料確保策などの拡充が必要になる。対策費用の包括的な分析が出たのは初めて。‥‥
    (2009年10月5日 日経エコロミーから抜粋)

    参考
    温暖化放置なら被害年間17兆円の試算

    CO2削減「アクセル踏む」 トヨタ社長

    ‥‥豊田社長は「(政府が打ち出した目標に)ブレーキをかけるのではなく、アクセルを踏んでいく」と表明。実現に必要な策を「社内で現在、スタディー中」だと語った。“脱石油社会”の到来は避けられず「電気自動車や燃料電池車などの投入を考えざるを得ない」とし、商品化を進めるハイブリッド車だけでなくあらゆる種類の環境対応車の開発・普及を加速させる方針を強調した。
    (2009年10月2日 日経ネットから抜粋)

    参考
    日本が変わる:温暖化対策・閣僚委 25%削減へ検討チーム 国民負担を再試算

    NOAA、今夏の世界海面水温が過去最高を記録
    米国海洋大気局(NOAA)は16日、今夏6〜8月の世界の海面水温が観測記録がある1880年以来最高だったと発表した。NOAAの気候データセンターによると、 同期間の海面水温は20世紀の平均よりも0.58度高く過去最高を記録。‥‥
    (2009年10月1日気候ネットワークメ−ルマガジンから抜粋)
    NGO 温暖化対策税など提案

    鳩山総理大臣が国際公約として表明した温室効果ガスを25%削減する中期目標を実現するためには踏み込んだ新たな制度が必要だとして、環境NGOが、ガソリン1リットル当たり7円程度の「温暖化対策税」などの具体策を環境省に提案しました。‥‥
    (2009年10月1日NHKから抜粋)

    参考
    「地方環境税」を提案=暫定税率廃止の代替で−知事会
    地球温暖化対策税と国内排出量取引制度案(第1次案)気候ネットワーク
    WWFから鳩山新政権へ気候変動政策に関する5つの要請
    温暖化対策税、導入方針の日仏に注目集まる

    環境税、来年度導入目指す 環境相
    暫定税率廃止は環境税への布石 藤井裕久・財務相
    環境税は環境保全に貢献しているものへの税金の負担を軽くする

    国連報告書:気候変動の影響、予測よりも速く大きい

    国連環境計画(UNEP)は9月24日、「気候変動科学概要2009年」と題する報告書を発行した。 同報告書によると、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の最新報告書で示される多くの予測の上限に近づきつつあることが明らかになった。 ‥‥ 海水による二酸化炭素の吸収と海洋の酸性化との関連性やそれが貝類やサンゴ礁に与える影響、予測以上の速さの氷河の消失、数年もしくは数十年以内に後戻り不可能な閾値に到達する可能性など、指摘されている。‥‥
    (2009年9月29日 日刊温暖化新聞から抜粋)

    参考
    (モナコ宣言) CO2排出による海の酸性化が加速、人類にも影響 海洋科学者ら警告
    二酸化炭素排出が温暖化の原因であろうとなかろうと毒性の高い汚染物質 海洋を死滅させる

    海洋の酸性化、予想の10倍以上の速さで進行 海洋の食物網に深刻な影響
    温暖化で酸欠海域「デッドゾーン」増える
    海のCO2吸収量が減少 温暖化の悪循環の可能性

    CO2濃度500ppmを超えると、大部分のさんご礁が消失する
    海中の砂漠化進む危険
    さんご礁育たぬ海ばかり
    太平洋のさんご礁が急減

    二酸化炭素は、それが地球温暖化の原因であろうとなかろうと、海を酸性化させている

    氷河 数十年で消滅も 国連が警告
    海面上昇、氷河の影響大
    グリーンランド氷床急速溶解 海面上昇影響2倍
    アラスカの氷河、過去15年間で劇的に縮小

    CO2削減なければ2050年代半ばまでに気温4度上昇か=研究

    英国気象庁ハドレーセンターは28日、温室効果ガスの排出が現在のペースで続いた場合、世界の気温は2050年代半ばまでに4度上昇する可能性があるとする研究結果を発表した。これは、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が2007年に出した最悪のケースの予測シナリオを上回るペースでの気候変動を確認した、国連の報告とも重なる内容。‥‥
    (2009年9月28日ロイターから抜粋)

    参考
    2012年までに空気中の温暖化効果ガスを減少に転じさせなければ、必ずプラス2℃を突破してしまう

    「2℃」を越えて上昇すると、気候変動が手に負えなくなり、社会や生態系が破滅的な影響を被ると予想されている。
    先進国の温室効果ガス排出削減時期が2020年より10年遅れると、地球の平均気温が2度以上高くなる確率が15ポイント増の42%になる
    「2℃未満」の気温上昇に抑えることを、日本政府の政策の基本として明確にしてください。
    1.5-2.5度の気温上昇で動植物の30%が絶滅

    1970年代以降の温暖化の約半分は自然変動で説明できる

    20世紀後半に急速に進行したとされる地球温暖化の相当部分は、二酸化炭素(CO2)など人為的な要因とは別の自然変動として説明できる――。筑波大学のグループがこんな結論につながる研究結果をまとめた。今後の気候変動を正確に予測する上でも注目される成果だ。 ‥‥田中教授らが注目したのは、北半球の気象や気候と深い関係をもつ北極振動という大気の振動現象。北緯60度付近をはさんで、南北の気圧が、一方が平年より高いときにもう一方が低くなるというように、シーソーのように変動する。  興味深いことに、この北極振動に伴う気温変化のパターンと、近年の地球温暖化にみられる変化パターンがとてもよく似ている。 ‥‥田中教授は1970年以降の平均気温の上昇について、「CO2の増加などの要因が寄与していることは否定しない」としつつ、「1970年代以降の温暖化の約半分は自然変動で説明できる」と考えている。‥‥
    (2009年9月25日 日経産業新聞から抜粋)

    参考
    地球温暖化の4割は自然変動がもたらした
    9割が人間活動による地球温暖化が原因
    地球温暖化は本当なのか

    温暖化ガス、首相「25%削減」表明 国連サミットで演説

    鳩山由紀夫首相は22日、ニューヨーク市内で開いた国連気候変動首脳会合(気候変動サミット)に出席し、日本の温暖化ガスの中期目標について「2020年までに1990年比で言えば25%削減を目指す」と表明した。途上国や新興国の温暖化対策を後押しするため、日本の省エネ技術や資金を提供する「鳩山イニシアチブ」構想も提唱した。積極的な削減目標と支援策を掲げ、今後の国際交渉で主導権を握りたい考えだ。‥‥
    (2009年9月23日 日経ネットから抜粋)

    参考
    温室ガス削減の影響試算、首相がやり直し指示へ
    首相演説全文 まだ見ぬ未来の子どもたちのために‥‥
    鳩山演説に高い評価=欧州、国連が歓迎
    米欧などの海外メディアは世界最大の排出国・中国の胡錦濤国家主席が表明した「大規模な削減」に関心を持ったようだ。
    国際公約で25%削減、国内の影響は
    25%削減は可能であり希望だ
    温暖化対策、内外から逆風 産業界の合意形成難航も
    温暖化対策税、導入方針の日仏に注目集まる
    温暖化対策 積極関与が日本の国益

    CO2の2000倍。見過ごされた代替フロン問題

    省エネ製品を買うほど、地球温暖化のリスクが高まる――。こんな皮肉な状況が、国内で起きつつある。  ダイキン工業やパナソニック、三菱電機などエアコン大手は、9月からこんなシールを新製品に張り始めた。「家庭用エアコンには最大でCO2(温暖化ガス)3600kgに相当するフロン類が封入されています」。 ‥‥
    (2009年9月21日 日経ビジネスから抜粋)

    参考
    見逃していませんか? 地球温暖化の原因「代替フロン」政府広報
    2009年は、フロンの温室効果について再認識すべき年です。
    代替フロン:中国から大量排出 研究チーム分析

    夏の北極海氷2年続け拡大 「温暖化で消滅」説に波紋?
    2007年に観測史上最小を記録した北極海の夏の海氷が、08年に続き、今年もさらに拡大していることが人工衛星の観測で明らかになった。拡大の原因は未解明で、さまざまな要因が絡み合っているとみられる。北見工大雪氷研究室の舘山一孝助教はその謎に迫ろうと、17日からカナダ沿岸警備隊の砕氷船に乗り組んで、北極海の現地で調査を行っている。 ‥‥
    (2009年9月21日北海道新聞から抜粋)

    参考
    大油田 生産ピーク過ぎた 5年以内に供給不足
    気候変動より深刻な資源枯渇
    (モナコ宣言) CO2排出による海の酸性化が加速、人類にも影響 海洋科学者ら警告
    二酸化炭素排出が温暖化の原因であろうとなかろうと毒性の高い汚染物質 海洋を死滅させる
    長期的な夏期の海氷減少は、今後も続くとみられる

    太陽この100年で一番元気なし
    北極圏海氷面積最新情報 JAXA

    先進国は温暖化対策ですぐ行動すべき=世銀
    世界銀行は15日、気候変動の脅威に関する報告書を公表し、先進国は地球温暖化ガスの削減に向け積極的かつ早急に取り組むべきと警告した。また、今行動を起こさなければ、増大している気候変動のコストを途上国が不均衡に負担する恐れがあるとの見解を示した。  
    報告書では、気候変動の被害に伴うコストのうち、途上国がその75─80%を負担することになると指摘。過去に多くの温暖化ガスを排出してきた先進国が、途上国の地球温暖化対策費用を負担すべき、と主張した。‥‥
    (2009年9月15日ロイターから抜粋)
    気候変動から喘息まで、劇的変化の前には共通症状がある

    世界の気候や野生生物の生息数、そして、喘息から金融市場にいたるまで、あらゆる劇的な変動の前には、同じ兆候が現れるという。オランダのWageningen